• 西日本最大級!福原ソープの相場と遊び方マップ【神戸風俗街】

    63,336 views

    兵庫風俗

    柳筋周辺

    兵庫県神戸市兵庫区にある、西日本最大級のソープ街として知られる「福原」。
    平安時代末期の武将「平清盛」がかつて、自身の政権下で福原京という首都を形成していた地域です。

    当時は大和田泊(現在の神戸港)を物流の拠点とする、国内経済・政治の中心地。源氏の栄華で福原京は鎌倉幕府に没収されますが、以降も大和田泊は物流の拠点であり続けたために、福原一帯は発展を続けます。

    福原ソープとは

    幕末になると、大和田泊周辺に外国人留置地が形成されました。

    そして周辺の有力者とその外国人の慰安所として設置されたのが、いまのソープ街の前身となる「福原遊郭」です。

    全盛期には計100軒前後の妓楼と約2,000人の芸娼妓が身を置いていたこともあり、東京の吉原遊郭と京都の島原遊郭ともに「さんばら」などと称される名所となります。 日本人だけでなく外国人からも愛され、一大歓楽街として大変に栄えました

    ちなみに現在のソープ街に移転したのは、明治のはじめにおこなわれた大阪~神戸間の鉄道敷設がきっかけ。

    そのため、平氏が形成した福原京とこの福原遊郭にはとくに関係がないといいます。 昭和の時代では、全盛期に比べると軒数や芸娼妓の数こそ減少しましたが、その活気がおさまることはありませんでした。

    かの第二次世界大戦で一度は街が破壊されたものの、いち早く復旧が進められたという話もあるほどです。

    しかしその後は、売春防止法が施行されたことで、福原遊郭はすべて廃業してしまいます。

    なのになぜ、

    福原が日本有数のソープ街になったのか。

    それは一部の貸座敷が、ソープランドの前身となる「トルコ風呂」に営業を変化させたからです。 西日本最大級のソープ街という言葉がひとり歩きする時代になりましたが、じつは福原にはこのような歴史的・文化的背景があります。

    以上を知っているかどうかで、福原エリアでの楽しみ方は大きく変わってくるかもしれません。

    現代の福原ソープランドについて

    さて現代の福原エリアには、ソープだけでなんと約70店舗もあるといいます。ほかにも「ヘルス(ホテヘル含む)」「ピンサロ」「エステ」「お座敷サロン」などといった業種がありますが、店舗数は少ないです。

    福原風俗で女の子と遊ぶのであれば、やはりソープがもっともな選択肢になるでしょう。

    競合店が多いだけに女の子の質とサービスによる競争が激しく、ほかの地域と同じ料金を払っても満足度が随分違います。 また全国から女の子が集まってくる上に、お店のなかには大手のデリヘルグループがソープを買い取って運営するところもあるようです。

    楽しめる環境は十分に整っていますので、福原エリアに足を運ぶならぜひソープを体験してみてください。

    余談になるかもしれませんが、ヘルスやピンサロ、エステ、お座敷サロンといった業種は、ソープに比べて年齢層が高い傾向にあります。

    年増の女の子や熟女とライトに遊びたいときは候補になり得ますが、若い女の子とディープに遊びたいときは避けたほうが無難です。

    おさえておきたい情報

    福原エリアの風俗は、西橘通と西多聞通に密集しています。 それぞれの入口には「桜筋」「柳筋」と書かれた大きなゲートが立っており、これらの名称で呼ばれることも少なくありません。 タクシーなどで移動する際には、たとえば桜筋と伝えても通じます。 風俗街に入ると意外と閑静であり、客引きもあまりみかけません。 というのも、風営法などが年々厳しくなっており、そのような行為が禁止されているからです。

    営業時間は基本0時まで

    風営法にひもづいて、福原エリアの風俗店は0:00時までにネオンを切り、お店を閉めなければならないと定められています。

    この関係で23時までに受付を終了するところがほとんどです。 とくに2015年12月以降は、どのお店も0:00時までにお客さんを退店させるよう徹底しています。

    補足事項として、以上を守らないお店は10カ月程度の営業停止処分を受けるようです。 お店のためにも自分のためにも、きちんとルールに乗っ取って遊ぶようにしてください。

    また福原エリアの風俗店は、日の出から0:00時までを営業時間とするお店が多いです。 じつはこの時間帯によって、女の子のレベルが変動することをご存じでしょうか。

    朝から昼間くらいまでは年増の女の子が、夕方からクローズまでは若い女の子が増える傾向にあります。 指名であれば問題ありませんが、フリーで入ることを考えているならばこちらを参考にしてください。

    参考費用・金額について

    福原で遊ぶ場合にかかる、だいたいの費用を記載いたします。

    福原ソープランドで遊べる料金

    福原のソープランドの料金ですが、60分なら20,000円~22,000円前後。 80分では27,000~28,000円(総額)ほどです。 これらは20代前半~後半の若い子が多く在籍する、大衆ソープにおける目安。

    福原エリアの大衆ソープは、ときに格安店と呼ばれることもありますが、女の子の質やサービスに関してはいわゆる中級店以降のレベルです。

    もちろん店舗数が多いだけにピンからキリまであるのは否めないものの、全体の平均としては国内トップクラスに位置しています。 大衆ソープのなかでも安い価格帯になると、45分でもっと安いところもあります。

    中級店の相場に関しては、大衆ソープのそれとあまり変わりがありません。 ただ5,000円~10,000円は高くなるケースもあります。

    最後に高級店は、120分で60,000円~70,000円が基本です。 一帯で10店舗ほどあるといいますが、いずれも120分からですので時間の余裕をもって足を運びましょう。

    ヘルスの相場

    40分8,000円~10,000円が相場です。もっとも人気を集めているとされる、花びら回転ヘルスは50分15,000円前後。相場の価格帯におさまるお店であれば、ソープのだいたい半額だと考えておくといいでしょう。

    花びら回転ヘルスに関しては、ソープが主流の区域ながらかなりの人気を誇っているといいます。その分サービス等には期待できるので、料金以上の満足感を得られる可能性は高いです。

    ピンサロの相場

    30分6,000円が相場です。福原のピンサロはほぼこの価格帯。その他の地域と比べても、ごく平均的な料金だといえるでしょう。

    エステの相場

    40分8,000円からスタートです。おそらく福原のエステは片手で数えられるほどしかなく、むしろほぼ1店舗といっても過言ではないでしょう。そのお店に限ってはスペシャルサービスが存在し、こちらになると70分13,000円~14,000円からとなります。

    お座敷サロン

    福原のお座敷サロンは60分15,000円が相場です。

    かつての福原遊郭の名残といわれる業種であり、ほかの地域ではまずみかけることはないでしょう。

    ただ年齢層はかなり高めとなっているようで、熟女と遊びたい人向けになるかもしれません。

    初心者が福原で楽しむ場合はソープ!

    福原エリアにはじめて足を運ぶなら、まずは大衆ソープか中級で遊んでみるといいでしょう。 数あるソープのなかでも大衆店がもっとも人気だといいます。

    これは先述したとおり、競合店が多いのでそれなりの料金でも一定以上の満足感が得られるからです。 ただ金~日、祝日になると、1時間待ちが当たり前のように起こります。

    混みあうときは予約で埋まってしまい、22:00時から随時終了するケースもあるようです。

    福原ソープの利用はほとんどが予約だともいわれているので、確実に楽しみたいときは前日か、遅くとも当日の早朝には連絡を入れておきましょう。

    一方で月~木は、朝も夜も利用者が少ない傾向です。通りに誰も歩いていないという状況も、そう珍しいことではありません。

    とはいえ、お店のほとんどは日の出から24:00時まで営業しています。要するに月~木に足を運ぶなら、いつ出かけてもスムーズな入店が可能です。

    取材班が福原エリアで聞いた話ですが、平日に足を運ぶといつもよりサービスがいいこともあるといいます。もし都合がつくのであれば、ぜひ平日に足を運んでみてください。

    高級店で心身ともにリフレッシュ

    またソープ遊びのために福原にいくのであれば、高級店を楽しんでみるのもひとつおすすめです。 国内にはさまざまなソープが点在していますが、大規模な風俗エリアでなければ高級店は存在しません。

    相場は120分60,000円~70,000円と決して安い金額ではありませんが、それだけの価値は保障されています。

    ビジュアルはもちろん、なによりサービスのスケールが違っており、たとえばお迎えの段階でひざまづいて待ってくれていることもあるとか。

    隅々まで行き届いたおもてなしの心を感じれば、心身ともにリフレッシュされることでしょう。

    福原へのアクセス・行き方

    福原エリアの歓楽街は、柳筋・桜筋のゲートがある「西橘通」と「西多聞通」。
    これらの電車でのアクセスは以下のとおりです。ちなみに福原エリア周辺にはコイン

    パーキングも複数あるので、車でのアクセスも便利でしょう。

    電車でのアクセス

    阪急・阪神鉄道の「新開地駅」「高速神戸駅」、あるいは神戸市営地下鉄「湊川駅」が最寄りです。 たとえば、新幹線の玄関口であるJR新神戸からの所要時間は、前者だと「三宮駅」での乗り換えを含めて15分程度、後者であれば直通で7分程度。


    駅から柳筋・桜筋ゲートまでは、いずれの駅からでも徒歩5~10分前後です。 JR新神戸駅からのアクセスに限っては湊川駅のほうが便利でしょう。

    ただどちらを選んでもさほど時間は変わりませんので、利用しやすい地点から乗車してください。 またJR神戸駅からであれば、徒歩での移動も可能です。 所要時間は15分前後。

    中央改札口から地下道に降り、「メトロこうべ」方面を歩き続けると「No.1」出口がみえます。 そちらから地上に出ると、柳筋ゲートすぐ近くです。

    福原風俗案内所について

    福原エリアには風俗案内所が複数ありますが、そのうち協会指定の案内所はひとつだけです。ほかは個人経営だといわれています。 協会指定の案内所は良質な店舗を紹介してくれる上、サービスにも期待できるのでまずはそちらを利用するといいでしょう。 アクセスは以下のとおりです。

    協会指定の福原風俗案内所の行き方

    無料案内所道順1 暗くて分かりづらいですが、こちらは前項のJR神戸駅から徒歩で向かった場合の出口です。 そこから付近にある「柳筋ゲート」に向かってください。ほかの駅から足を運ぶ場合は、北側にある柳筋ゲート入口を目指します。 無料案内所道順2 柳筋ゲートの目の前には、大きな交差点とホテルがあります。周辺に目立つ建物は少ないために、すぐに分かるはずです。 柳筋ゲートをくぐり真っすぐ歩く 柳筋ゲートをくぐり真っすぐ歩くと、「TODA」と書かれた看板が光るマルボロのタバコ屋がみえます。 こちらを左折しててください。 黄色いネオンの看板 するとひと際目立つ、黄色いネオンの看板がみえます。 こちらが協会指定の風俗案内所です。 福原の風俗で遊ぶ時の参考にして頂けたらと思います。 保存