• AV女優「嘉門洋子」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    1,133 views

    オススメAV

    AV女優「嘉門洋子」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    グラビアモデルとしてデビューし、「笑っていいとも!」など人気番組に出演していた嘉門洋子。薬物や暴力団との関わりなど数々の事件に関わっていたことでも有名です。それからAVデビューにまで至り、「堕ちたアイドル」と称されたことも。そんな嘉門洋子のデビューから現在までを丸裸にして紹介します。嘉門洋子のプライベート事情やおすすめ動画なども合わせて見ていきましょう。

    AV女優「嘉門洋子」のプロフィール

    https://www.pinterest.com/pin/384776361905319586/

    生年月日 1980年3月6日
    出身 石川県金沢市
    スリーサイズ B:85cm(Eカップ),W61cm,H88cm
    女優タイプ 足長スレンダー,巨乳,
    総出演本数 1本
    受賞歴 無し
    現在 女優としてテレビや映画で活躍中

    90年代後半から2000年にかけて一世風靡した元人気グラビアアイドルの嘉門洋子(かもんようこ)は、当時16歳とは思えないほどの豊満なEカップボディーで世の男性を虜にしていました。

    グラビア雑誌の表紙を何度も飾り、人気深夜番組だった「ろみひー」や誰もが知っている「笑っていいとも!」の金曜レギュラーを務めるなど順風満帆な芸能界人生を歩んでいた売れっ子グラビアアイドルです。

    ドラマや映画の出演も増えて女優としても方向性が見えてきた矢先、2000年を境に徐々にテレビでの露出が減っていきます。理由は嘉門洋子が薬物や暴力団に関係する事件に巻き込まれたてしまったことから始まりました。

    濡れ衣と主張した嘉門洋子でしたが、テレビ出演ができる状況ではなくなり芸能界から姿を消すことに。程なくして芸能界に復帰した嘉門洋子でしたが、事件のイメージがまだ強く迷走している時期もありました。

    そして体当たりの濡れ場出演やヌード、イメージビデオ出演などさまざまなことに挑戦し、現在は1人の女優として磨きをかけている最中です。

    AV女優「嘉門洋子」の重要トピック5選|デビューから現在まで

    不幸にも芸能界生命が断たれる事件に巻き込まれてしまった嘉門洋子。現在でも濡れ衣だったと主張しているところを見ると本当に濡れ衣のようですね。そんな嘉門洋子に一体何がおこったのか、デビューから現在までを見ていきましょう。

    1996年「グラビアアイドルとしてデビュー」

    嘉門洋子は東京の日出女子学園高等学校を中退した後、スカウトされ東京パフォーマンスドールの研修生を経てすぐにグラビアデビューを果たします。東京パフォーマンスドールには、同時期ではありませんがメンバーに篠原涼子、研修生に仲間由紀恵もいました。

    当時の嘉門洋子のグラビアを見るとかなり大人っぽく、スレンダーながら巨乳もお見事。人気が出るのが分かります。そして1997年にはフジテレビのマスコットキャラクターとしてイベントやテレビへの出演活動が約束される「フジテレビビジュアルクイーン」に嘉門洋子と藤崎奈々子、吹石一恵、柳明日香が選ばれます。

    これに選ばれるとイメージビデオや写真集が製作・販売されるとのことで、選ばれるだけで売れたも同然的な要素のあるプロジェクトでした。その証拠に藤崎奈々子はその後テレビで大活躍し、ロンブー敦との熱愛報道されるほどに。

    吹石一恵は福山雅治との結婚報道で全国の女性を嫉妬させましたね。もちろん嘉門洋子も負けておらず、当時レギュラー番組を持っており、グラドルのイメージビデオや写真集など大ヒットしていました。

    2000年「三田佳子の息子・高橋祐也の薬物パーティーへの参加疑惑」

    2000年まで本調子で活躍していた嘉門洋子。テレビドラマや映画などの出演も増えていき、これからもっと忙しくなるだろうと誰もがおもっていた矢先に事件が起こります。それは大女優三田佳子の息子・高橋祐也が薬物使用で逮捕されたときに発覚しました。

    高橋祐也と言えば、関東連合との付き合いもあり「東洋ボール殺人事件」で使われた車が高橋祐也から借りたものと報道されたことでも有名です。18歳の時から覚せい剤を使用している常習犯。

    2000年10月に高橋祐也が自宅の地下室で薬物パーティーをしていたことが発覚し、覚せい剤取締法違反で逮捕されます。この時にグラビアアイドルも数人いたとされ、その中の1人が嘉門洋子でした。

    しかしこれを嘉門洋子は「家に行ったことはあるが薬物パーティーに参加したことはない」と否定しています。

    それも違います。パーティーなどしていません。ただ、偶然その家に訪れたことがあったみたいなんです。
    引用:東スポWEB

    当時深夜番組の「BiKiNi」に出演した嘉門洋子は、収録終わりに共演者の女の子たちとご飯を食べて帰ることが多かったという。そして終電がなくなった帰れなくなったある日、女の子の1人が「友達の家が大きいから朝まで居させてくれる」ということで自宅に行ったようです。

    女の子の一人に「友達の友達の家が大きいから、始発まで居させてくれるみたい」と言われ、何人かで数時間いたところが三田さんのお宅だったようです。
    引用:東スポWEB

    そこが大女優三田佳子の自宅とは思っていなかったのでしょう。当時週刊誌などで大げさに書かれていたこともありましたが「家に行ったが薬物は使用していない」という早急な対応を取った嘉門洋子。

    まだ人気があったせいか世間はそこまで嘉門洋子のことを責めていませんでした。しかしイメージが良くないという理由で徐々に仕事が減ってきてしまい、2001年に新潮社発行の「月刊 嘉門洋子」で自身の薬物使用体験を赤裸々に告白しました。

    高橋祐也の薬物パーティー事件の潔白を証明して人気を復活させようと試みた捨て身アタックでしたが撃沈。「薬物してたんかい!」と逆に反感を買ってしまい仕事が激減。これが無ければ少しずつながらも元通りになっていたのではないでしょうか。

    2007年「後藤組警察情報流出事件で嘉門洋子の名前が浮き出る」


    2001年の「月刊 嘉門洋子」で信用を完全に失ってしまった嘉門洋子は芸能界を引退とまではいきませんがテレビや映画にちょい役で出演していました。しかし2007年の6月「後藤組警察情報流出事件」で完全に休業状態に陥ります。

    これは警視庁北沢署地域課の巡査長の私有パソコンから大量のの情報が流出した事件です。わいせつ画像をコピーする目的で、同じ地域課の巡査部長から外付けハードディスクを借りた巡査長。一緒に保存されていた警察資料も一緒に複製してしまい流出してしまったようです。

    警視庁で使っていたファイル交換ソフト「ウィニー」には、性犯罪の被害者や匿名扱いの少年、特定人物の個人情報、捜査報告などたくさんの情報が保存されていました。そこには山口組系暴力団後藤組組長の後藤忠政が、2000年に嘉門洋子と一緒に香港に行ったという情報があったとのこと。

    ―暴力団組長の情婦という報道は

     嘉門:それも違います。愛人ではありません。あの時は私は、その問題とは別の事務所代表者の借金問題に巻き込まれていました。一緒に否定する方法を考える事務所もそのような状態で…そうこうしているうちに「違う」と否定する前に何度も何度も同じように言われ、ついに精神的にやられてしまい事務所も辞めました。辞める条件は何年か芸能活動をするなという不当なものでした。
    引用:東スポWEB

    この事件がニュースになると「ヤクザの愛人」「娼婦」などと言われてしまいます。しかし実際は嘉門洋子の友人がやっていたとのことで、香港には友人に誘われて行っただけのようです。

    この事件も巻き込まれた形となっており、本当に運がない女優さんですね。流出事件や当時所属していた事務所社長の借金問題に巻き込まれていたこともあり、精神的に病んでしまった嘉門洋子は事務所を退社し、芸能界から一時期身を引くことになります。

    2013年「説家としてデビュー!セクシーなイメージビデオも!」

    2つの濡れ衣事件に巻き込まれてしまった嘉門洋子は事務所を退社した数年後に芸能界へと戻ってきました。戻ってきたと言ってもちょこちょこと活動はしていたので、再度話題になったというべきですかね。

    それは2011年に公開された「不倫純愛」で初の濡れ場を披露するというもの。いろいろとあった嘉門洋子ですが、ファンの方は見放していませんでしたね。映画の舞台あいさつで元気な姿を見せた嘉門洋子。

    同時期に自身のヌード写真集「写真集 嘉門洋子」も発表しています。当時人気絶頂だった時からのファンはもちろん、初めて嘉門洋子を見たという人も虜にしていました。

    そこからセクシー路線へと走り出した嘉門洋子は、「週刊アサヒ芸能」で自身の体験に被せた小説「ブラッディ ドール 堕ちたアイドル」」が連載開始。さらに2013年11月にはセクシーイメージDVD「出会い」をMUTEKIからリリースさせます。

    このイメージDVDの内容は疑似本番、疑似フェラなどAV女優がデビュー前に出すような作品となっています。嘉門洋子がAV女優デビューと言われた作品ですね。

    イメージDVDの「出会い」は、この前に公開されたR-18の主演映画「出逢いが足りない私たち」での濡れ場シーンを集めただけの作品です。嘉門洋子本人は芸術作品として取り組んだけとコメントしています。

    ―本物の”AV”に出ることはない

     嘉門:絶対にありませんよ(笑い)。
    引用:東スポWEB

    AVに出ることも否定しているので、実際はAV女優になっていないということですね。しかし当時の週刊誌やニュースでは、AV女優デビューと大々的に書かれていたので本人も困ったようです。

    2019年「演技を学び女優としてのキャリアを積んでいる最中」

    いろいろと誤解されてきた嘉門洋子の芸能人生。グラビアデビューから薬物、ヤクザの愛人、AV女優デビューと聞くだけなら破天荒な人です。しかし実際は努力家であり、現在も女優として頑張っています。

    現在39歳となる嘉門洋子は、テレビや映画、舞台などで活躍中です。2014年には舞台「ブラックジャックによろしく」2018年に公開された「菊とギロチン」やアガサ・クリスティの二夜連続ドラマスペシャル「パディントン発4時50分」などに出演しています。

    ほとんどセクシー路線も減ってきたので、嘉門洋子の裸体や過激なシーンは今後見れなくなってくるでしょう。

    AV女優「嘉門洋子」プライベート生活を丸裸に!SNS画像・動画を紹介

    数々のスキャンダルで話題となった嘉門洋子のプライベート生活を見ていきましょう。SNSにアップされているセクシー画像も紹介します。

    芸能人と写っている画像多数

    SNSを見ていると嘉門洋子の元気そうな姿が確認できます。芸能人と写っている貴重な画像なので見ていきましょう。

    こちらは2012年時の懐かしい画像ですね。隣は舞台やドラマで活躍している大友 七菜さん。

    坂上忍が脚本・演出の舞台「Re:verse~あの瞬間に戻れたら~」での練習でしょうか。桑原みずきや吉田ゐさお、周防ゆきこと一緒です。

    もちろん坂上忍との画像も。じゃんけんしているだけですが、嘉門洋子の壮絶芸能人生を知っているものからすると、ここまで復活できて本当に良かったと泣けてきます。

    実家は幼稚園経営で実はお嬢様!?

    嘉門洋子のプライベート情報を調べていく中でまず気になったのが彼女の経歴です。地元の石川県では、金沢大学附属小学校と金沢大学教育学部附属中学校を卒業しています。そして東京の日出女子学園高等学校に進学するも中退。

    金沢大学附属小学校、教育学部附属中学校は国立。政治家の岡田直樹やLGBT社会運動家の松中権、ヌードを披露した女優の高倉美貴などが出ている名門校です。進学した日出女子学園高等学校は、芸能活動に対する理解度が高い学校で有名で、山口百恵や仲間由紀恵、新垣結衣なども通っていました。

    おそらく最初から芸能界に入れるつもりで育てられたのではないでしょうか。嘉門洋子のプロフィールには特技として長唄や日本舞踊、三味線、英会話などが書かれています。まず一般の家庭では習わないものだらけですよね。

    それに実家は金沢市内で幼稚園を経営しているということで、お嬢様だったのではという噂も出ています。プロフィールを見るだけでも実家は金持ちなのでしょう。ちなみに日本舞踊では日舞藤間流の名取「藤間恵美」を持っています。

    SNSには嘉門洋子のセクシーでヌケる画像が満載

    嘉門洋子は現在SNSを使用していないので、私生活が分かるようなものはありませんでした。以前ブログを書いていたのですが、ヤクザの愛人と言われた時にそのブログが大炎上したので、もう懲り懲りなのでしょう。

    代わりと言っては何ですが、SNS上にある嘉門洋子のセクシー画像を少し紹介していきます。

    綺麗な背中がセクシーな画像です。お尻もキュッとしていて美味しそうですね。不覚にもAV女優になれば良かったのにと思ってしまいます。


    嘉門洋子のスタイルがバシッと光る1枚です。Eカップのおっぱいにくびれた腰と長い脚はバランスが取れています。


    今で見ることができない嘉門洋子の手ぶらショット。爽やかな笑顔に興奮と安らぎが同時に訪れるような1枚です。他にもヌード画像がもあったので、見たい人は検索してみてください。生おっぱいやアンダーヘアーが見放題です。

    AV女優「嘉門洋子」のセックス事情やプライベートの噂は?

    嘉門洋子でもう1つ気になることと言えば、やはり下世話な話でしょう。彼女の恋愛事情やプライベートセックスについて見ていきます

    イケメン俳優・斎藤工と付き合っていた

    嘉門洋子と斎藤工が交際していたとされる時期は2000年中盤頃だったようです。まだ売れない俳優だった斎藤工は当時21歳で、嘉門洋子が20歳。若い二人なので知り合えば交際してもおかしくはありませんね。

    薬物パーティーの話題で忙しかった嘉門洋子のことを支えていたのでしょう…と思いきやなんと斎藤工は二股していたというではありませんか。そのもう一人の相手が女優の奥菜恵です。

    二人は結婚目前とまで言われていたようですが、嘉門洋子との二股がバレてしまい破局。その後奥菜恵は、2004年にIT関連会社のサイバーエージェント社長藤田晋と結婚しますがすぐに離婚しています。

    嘉門洋子と奥菜恵を二股していた斎藤工が羨ましい気持ちにもなりますが、彼的にはどっちが本気だったのでしょうか。どっちにしろ別れてよかったですね。

    初体験は15歳と自身の書籍で告白


    嘉門洋子の初体験は15歳と2001年の著書「月刊・嘉門洋子」で話しています。いつどこで誰とまでは分かりませんが、生々しい話ですね。16歳でデビューした嘉門洋子はすでにバージンを終えていたということです。

    嘉門洋子の年代で15歳は早い方ではないでしょうか。けっこう性にオープンなのかも知れません。映画やセクシーDVDで彼女のセックスのイメージは想像できます。プライベートでもとてもエロそうな雰囲気はします。

    AV女優「嘉門洋子」のオススメ動画5選

    嘉門洋子のおすすめ動画を紹介しますが、AV作品というよりはセクシービデオなので悪しからず。官能的な嘉門洋子を楽しみましょう。

    「エロチック乱歩 屋根裏の散歩者」2007年

    江戸川乱歩の短編小説である「屋根裏の散歩者」リメイク版です。編集者の富岡奈緒子(嘉門洋子)が画家・郷田三郎の取材のために東栄館を訪れます。東栄館に住んでいる人達は、病気療養中の青年に借金から逃げてきた家族、家政婦の6人。

    しかもあまり郷田三郎の話をしたがらないときました。借金から逃げてきた家族の娘に「郷田は屋根裏が好きだった」と聞かされてた奈緒子は、その夜に屋根裏に行ってみることに。

    ここから「屋根裏の散歩者」になってしまった奈緒子は東栄館の秘密を知ることになる…というような本格ミステリー作品で若干奇妙な部分はありますが、嘉門洋子のエロさが爆発している作品でもあります。

    27歳の嘉門洋子は体が熟れていく真っ盛りで最高にセクシーで、作中のエロ下着とマッチしてヨダレがでてしまいそうです。

    エロチック乱歩 屋根裏の散歩者

    「女王の島 第二章 女王のカルテ 嘉門洋子」2011年


    こちらは嘉門洋子のレズシーンが見れる貴重な作品です。無人島で漂流してしまった数人の女と1人の男が大自然の中で乱れ狂う様子が描かれています。作品のストーリーはなかなかぶっ飛んでいるのも面白い。

    1人の男性奪い合う女たち、そしてこの島に王国を作るぞ!息巻いている男。徐々に現地の住民化していく女の儀式のようなレズプレイが見られます。顔に模様を描いてどこかの部族のような姿に変わっていく女たちがクスっときますね。

    男とのセックスシーンももちろんあるのですが、見てほしいのはやはり嘉門洋子のレズプレイです。部族化した嘉門洋子が炎の前でレズっているのが官能的な印象がありました。ヌケるとまでは行きませんが貴重な映像なのでぜひ見てください。

    女王の島 第二章 女王のカルテ 嘉門洋子

    「不倫純愛」2011年

    エロチックサスペンス映画「不倫純愛」もおすすめの1つです。不倫と純愛が交差する官能的なラブストーリーです。ある日編集長として働く辰波京介の自宅に一通の封筒が届けられます。

    中には人気小説家・岡セイジの直筆の原稿が入っており、事務所を訪ねてみるとそこには綺麗な女性が。彼女は岡セイジの恋人で彼がどこにいるか分からないと言い一緒に山梨の別荘まで探すことになります。

    やがて2人は体の関係を持ってしまうのですが、一方の辰波京介の妻もスイミングスクールで出会った男性とイイ感じになってしまうのでした。いろいろな愛のカタチと不倫と恋愛の狭間でうごめく男と女を上手く描写している作品ですね。

    嘉門洋子のセックスシーンも興奮します。辰波京介役の津田寛治と嘉門洋子の息がぴったりで燃え上がるようなベッドシーンは見どころも十分。「女優にとっては裸も衣装!」きっぱりと受け止めて体当たりで挑んだだけはありますね。

    不倫純愛

    「出逢いが足りない私たち」2013年

    嘉門洋子主演の映画「出逢いが足りない私たち」は、フルヌードを披露して話題になった作品です。妻子持ちと不倫をしているイラストレーターの河原ヨシミ(嘉門洋子)はネットにのめり込んでいました。

    ある日彼女のアカウントが乗っ取られて、自分になりすました人物が男を逆ナンしてヤリまくっている…。犯人を捜す河原ヨシミがいろいろなトラブルに巻き込まれていくという内容です。

    張り詰めた現場で緊張とプレッシャーがかかり、ちゃんとできるかどうか自信がなくなるほどまでに追い込まれてとコメントしています。また撮影ではスルッとした肌に見せるためにオイルを塗ったりち嘉門洋子なりに工夫して撮影に挑んだようです。

    友松監督は「素晴らしい女優さん」「セリフがすべて頭に入ってました」と嘉門洋子を大絶賛した作品となっています。作中の嘉門洋子はしっかりとフルヌードで、33歳ながらも整ったオッパイやねっとりとしたフェラ顔、イヤらしいイキ顔などが楽しめます。

    出逢いが足りない私たち

    「出逢い 嘉門洋子」2013年


    上記で紹介した映画「出逢いが足りない私たち」の濡れ場総編集がこちらのイメージDVD。嘉門洋子がAVデビューしたと騒がれた作品ですね。「映画なんてどうでもいい!濡れ場だけ見せてくれ」という人はこちらの作品をおすすめします。

    疑似フェラや疑似挿入などリアルにセックスはしていませんが、それなりに楽しめます。見どころはやっぱり嘉門洋子の全裸を生で見られるというところでしょう。綺麗なボディラインとツンとしたおっぱいは最高です。

    特にソファでの絡みは見てて興奮するものがあるでしょう。フェラチオシーンから騎乗位シーンですが、後ろからのカメラアングルが嘉門洋子のお尻と背中を綺麗に映し出しており、とても妖美で美しいです。

    好みにも寄りますが、その辺のAVよりは確実にヌケるでしょう。ラストの複数プレイも見応えがあります。しっかりと見ると嘉門洋子のアナルが見えるので、注意して視聴しましょう。

    出逢い 嘉門洋子

    まとめ

    嘉門洋子のデビューから現在までを紹介しました。残念ながらAV女優デビューはしていないですし、これからもするつもりはないと断言しています。しかし迷走していた時期に出演した映画での濡れ場シーンやセクシーなイメージビデオは最高にエロかった。

    またいろいろと濡れ衣を着せられたて一時期落ちていましたが、現在も女優として活躍しているのは本当にすごいと思います。これからもたくさんの作品に出演していけるといいですね。

    ◯ 嘉門洋子に似ているAV女優の関連記事
    AV女優「香西咲」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】
    AV女優「西条沙羅」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】