dmvr300_60 アダルトグッズのNLS 愛AMORE [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

個性満点!韓国の風俗は股間がシビれるほど珍しい・アツいプレイがいっぱいだ!

188,684 views

海外風俗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国風俗

韓国の風俗にはソウルとプサンという2大都市があります。

この2つは、日本の東京と大阪にたとえられることが多いのですが、どちらも観光客が数多く訪れています。また、日本では済州島も有名で、ここにも観光客が大勢やってきます。

観光客が集まるところには風俗店がありますが、それは韓国も例外ではありません。日本のデリヘルには「韓国デリヘル」というのもありますから、

韓国の風俗はある程度日本でもなじみがあります。

韓国人は美人が多いので(整形も多いですが)、その点では日本の風俗より期待できるかもしれません。

さまざまな種類の風俗がある

韓国には、エスコートアガシ、按摩、風俗床屋、ルームサロンなど、独特の風俗があります。

それらの特徴について、これから紹介していきましょう。

初めて、プサンとソウルの風俗で遊ぶならエスコートアガシ

「エスコートアガシ」は、韓国を代表する風俗です。

「アガシ」は、韓国語で「お嬢さん」という意味です。

エスコートアガシには、夕方~半日、あるいは、夕方~朝まで女の子と一緒に過ごすサービスがあります。

料金は3~5万円、7万円、10万円などのコースがあります。

一泊可能な店も存在します。

女の子と恋人みたいに過ごせるので、セックスだけでなく食事や映画、カラオケ、お酒などを楽しむことができます。

日本のデリヘルにも、これに似たお泊りサービスがありますね。

女の子は20歳前後が多く、学生やOLが中心です。

日本でも女子大生やOLが風俗でバイトしてたりしますから、同じようなものかもしれません。

韓国の按摩(あんま)とは

韓国風俗の中でも特に美人揃いなのが按摩(あんま)で、料金は15,000円~35,000円程度(2時間くらい)と他より少々高めですが、十分に満足できること間違いなしです。

遊び方は、按摩のマッサージを1時間受けたあとで、Hが1回できます。
終わったら帰ってもいいし、別の部屋で朝までひとりで寝てもかまいません。

按摩は本物の按摩師がやってくれますから、マッサージ効果は抜群です。

ただし、按摩師は盲目の男性なので、按摩をするだけです。

按摩が終わったら店の人に呼ばれて別の部屋に行き、女の子にサービスしてもらいます。

気に入らなければ女の子をチェンジできますが、みんな美人だからそんな必要はありません。

按摩では、部屋に入ったらまず服を脱ぎます。
女の子も全裸になって一緒にシャワーを浴びたら、風呂の中にあるベッドに寝転びます。

次に、女の子がオイルを使ったマッサージをやってくれます。

このマッサージは、女の子が胸や尻を使ってオイルを塗ってくれるので、かなりエロくて気持ちがいいと評判です。

20分くらいマッサージしたら、シャワーでオイルを流していよいよです。

按摩は手コキやフェラだけではなく、本〇もOKですから満足度は高いですよ!

韓国風俗でキス

韓国ソープと言われる風俗床屋!?

「風俗床屋」は、韓国のソープとも呼ばれます。床屋で風俗?びっくりしますよね!

床屋ですから、実際に髪を切ってくれます。
(髪を切らない性的サービスだけの風俗床屋もあります)

店に行くとまず足を洗ってもらい、マッサージのあと髪を切ってから風俗のサービスを受けます。

日本にもエステやマッサージ系の風俗はありますが、床屋と合体した風俗はやはり韓国独特のものですね。

日本人の感覚では、散髪と射精はどうしても結びつきません。

料金はショートで18,000円~20,000円前後程度ですから、按摩と同じくらいです。

どっちにするか迷ったら、射精の前に按摩がいいか、散髪がいいかで決めることになりそうです。

サービス内容は全身リップのあと、フェラしてもらって本〇という流れです。

最近は少なくなってきているようです。

ビジネスクラブ、ルームサロン

「ルームサロン」は、マジックミラー越しに女の子を選んでサービスしてもらう風俗です。

フルサロンというのもありますが、内容はほとんど同じです。

性的サービスだけではなく、飲んだり歌ったりできるところが他の風俗と違います。

ルームサロンはHができる高級クラブといったもので、料金も4万円~10万円とかなり高めです。

店の中でカラオケを歌って飲みますが、ここで女の子が全裸になって踊ったりします。

日本のカラオケでは考えられないことですが、韓国のルームサロンではこれが当たり前です。

飲んで歌ったら、女の子をホテルなどに連れ出してHします。

韓国風俗嬢

終わったら女の子は帰りますが、朝まで一緒にいたかったら別に5万円くらいかかります。

これ以外に女の子に1万円~2万円、ボーイに5,000円くらいのチップが必要です。

これだけかかると普通の人はなかなか行けませんから、取引先の接待などで使われることが多いようです。

でも、こんな店に連れて行かれたら、もう取引は断われませんね。

チップはあげなくてもいいのですが、あげるとあげないではサービス内容が全然違ってくるので、楽しく遊びたいならあげたほうがいいでしょう。

料金は、もっと安いルームサロンもあります。

街ではルームサロンの客引きも多く、値段を交渉すれば安く遊べますが、もちろん韓国語が話せないと無理ですね。

地方ならではの韓国風俗

ここからは、少しローカルな(都市部ではない)韓国の風俗を紹介しましょう。

バンソックジップ

「バンソックジップ」は、ビールを飲んで性的サービスを受けられる風俗店ですが、地元民でないとなかなか店を見つけられないのが難点です。

値段はひとり1万円くらいとリーズナブルですが、交渉次第で値段が変わります。

女の子を選んだら、カラオケがある部屋に移動します。

このとき、客が2人なら2人とも同じ部屋に入って、女の子たちとビールを飲んでカラオケを歌います。

そして、歌いながらみんなドンドン脱いで裸になっていきます。

触るのは自由なので、女の子の体に触ったり触られたりしてしばらく楽しみましょう。

それから男女一組ずつに分かれて、別の部屋でHします。

地元の若者が飲んだあと流れで行くような店ですから、年配の客はほとんどいません。

日本でいえば、性行為つきのキャバクラがもしあれば、それが一番近いでしょうね。

キスバン

「キスバン」は、「Kiss Room」という意味の激安風俗です。

その名のとおりDキスがし放題の店ですが、キス以外にもオプションで手コキまでやってくれるところが多いです。

値段は安く5,000円くらいで遊べます。

デタルバン

「デタルバン」は手コキ専門の風俗です。

デタルバンとはそのままズバリ、「手で抜いてくれる店」というような意味です。オナニーを見せてくれたりしれくれます。

現在は、「休憩室」というものに代わってきています。

ヨガンバリ

「ヨガンバリ」は、風俗店が多い地域にある旅館でやっている韓国の激安風俗です。

カウンタで頼むと女性を呼んでくれますが、ここでは女性の容姿も年齢も期待できません。

たまに若い女性のときもありますが、たいてい中年のおばさんです。

でも、料金は4,000円~6,000円と格安ですから文句は言えません。

金はないけど、どうしても抜きたいときに行くのがヨガンバリです。

韓国風俗まとめ

ここまで、韓国の風俗をいろいろご紹介しました。

韓国は日本から近いし、韓国人は顔も日本人に似ていてしかも美人揃いだから、遊ぶには手頃でいいかもしれません。

日本とはまた違った風俗があって楽しめます。

最後に、

韓国の新年は旧歴、旧正月(ソルラルといいます)となり、連休となります。

だいたい旧正月は2月のようですが、2017年は1月27日~30日が旧正月の連休です。

上記の期間は、帰省などにより、女性が少なくなるようですので、気をつけましょう。

日本で遊ぶ場合は、

東京エリアの韓国風俗

東京の韓国出張デリをご参考ください。

Pocket