ルパン三世のエロシーン11選|峰不二子の乳首やヌード!銭形警部とのセックスも紹介

388,270 views

セックス

ルパン三世のエロシーン11選|峰不二子の乳首や銭形警部とのセックスが見れる!
国民的アニメ・ルパン三世のエロいシーンをまとめました。アニメヒロインの中でも屈指のエロさを持つ峰不二子は、過去の作品で乳首丸出し・拘束レイプ・銭形警部とのセックスなど、驚きのエロシーンが多数あります。TVシリーズや劇場版だけでなくルパン関連の全作品から飛びきりエロいシーンと、峰不二子の同人誌も合わせて紹介します。

ルパンと峰不二子のエロシーンがお決まりの「ルパン三世」

画像引用:「ルパン三世」公式サイト
作者モンキー・パンチ
出版社双葉社
ルパン三世の歴史・1967年8月10日『漫画アクション』連載開始 ・1971年テレビアニメ化 ・1978年劇場版化
モンキーパンチ原作の『ルパン三世』は1968年に『漫画アクション』で連載がスタートし、当初はギャグもエロも少ないダンディなハードボイルド作品でした。1971年のTVアニメ1stシリーズは大失敗し、早々に打ち切り。 子ども向けにギャグやエロシーンを加えて路線変更した1977年の2ndシリーズで人気が爆発し、2018年には5thシリーズが放送されています。 1978年には劇場版第一作『ルパンVS複製人間』が公開され、2020年現在までに劇場版アニメは8作、OVAは7作が制作されています。2018年にはモンキーパンチ総監督作品の、OVA『ルパンは今も燃えているか?』が発売されました。 1989年以降はTVスペシャルとして長編が制作され、毎年の風物詩に。現在までに27作が制作されているTVスペシャルは、2019年11月に原作者モンキーパンチ死去後の第1弾として公開された『プリズン・オブ・ザ・パスト』が最新作となっています。 ルパンのひょうきんなキャラクターと仲間の次元、五右衛門の渋いかっこよさ、そして峰不二子のお色気シーンがお約束で、作品によってはテレビ局にクレームが殺到するほどエロい描写も多数あったルパン三世の、キャラ別のエロシーンを紹介します。 〇「ルパン三世 公式サイト」を見る

ルパン三世

画像引用:「ルパン三世」公式サイト
エロシーンの内容乳首いじり、檻越しのキス
紹介するエロシーンの数全2シーン
『ルパン三世』シリーズの、言わずと知れた主人公。細身の体に赤ジャケット、愛銃ワルサーP38の他にも様々なアイテムを自在に操る世紀の大泥棒です。テレビでは愛嬌あるキャラのイメージですが、原作では平気で人を殺したり暴力的な一面もあります。 フランスの作家ルブランの小説『アルセーヌ・ルパン』の孫であり、祖父と同様に変装が得意。お宝以上に女が大好きで、峰不二子とのお色気シーンは作品に欠かせません。

ルパンが峰不二子ちゃんの乳首をいじり倒す

ルパン三世の劇場版第一作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(1978年)では、とにかく峰不二子が乳首を出しまくり。現代であればR12指定は避けられない、過激な描写が多くあります。 ラストシーンでは、最後の戦いによって服が破れおっぱい丸出しになった峰不二子の乳首を、ルパンが何気なく指でいじくり回しています。爆乳の上に乳首がピンと上を向いたロケットおっぱいを、当たり前のように乳首責めするルパンは相当のやり手ですね。 〇「ルパン三世 ルパンVS複製人間」でルパンが峰不二子ちゃんの乳首をいじり倒すを見る

ルパンと峰不二子の檻越しにする切ないキス

ルパン三世の劇場版第5作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』(1995年)は、峰不二子がマインドコントロールによって記憶を失ってしまい、ルパンたちが不二子の記憶を取り戻すために戦う物語です。 「どうして私の事を不二子ってお呼びになるの?」と、いつもの勝ち気なキャラクターを完全に失ってしまった峰不二子。敵に囚われ独房に入ったルパンは、檻越しに不二子を抱き寄せてキス。エロく切ない名シーンです。 〇「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」で檻越しの切ないキスを見る

峰 不二子(みね ふじこ)

画像引用:「ルパン三世」公式サイト
エロシーンの内容全裸で介抱、拘束SM、おっぱい丸出し、セックス誘惑、マイクロビキニで開脚など
紹介するエロシーンの数全5シーン
『ルパン三世』シリーズのヒロイン。端正な容姿とボン・キュッ・ボンのダイナマイトボディで、その色気を活かして悪さを働くシーンも多数あります。「エロカッコイイ」の代名詞でもあり、男だけでなく女性ファンも多いキャラクターです。 峰不二子のモデルは、アラン・ドロン主演の映画『あの胸にもう一度』のマリアンヌ・フェイスフル。全裸にライダースーツでバイクに跨る姿は、この映画のオマージュなんです。名前の由来は、たまたま打ち合わせの時に「霊峰不二」の絵が掛かっていたからだそうです。