スライムでオナホールを作る方法|温度や粘度を変えて楽しむやり方も解説

75 views

セックス

スライム特有のモチモチ・ドロドロ・ネバネバした感触。「オナニーと相性が良さそう」と感じる男性は多いでしょう。 実は、スライムの感触を楽しむオナホールを作る方法があります。この記事では、スライムならではの快感を味わえるスライムオナホールの作り方を説明しましょう。 記事後半では、身近な物を使ったオナホールの作り方も伝えます。ぜひ読んで自分好みのオナホールを手に入れましょう。
  ■この記事を書いている人  

オナニーの可能性を追い求めて10年が経ちました。他人とは違うオナニーのやり方を探しては、どれだけ気持ちいいのか調べ続けています。風俗部では、アブノーマルなオナニー方法を紹介し、読者のレパートリーを増やすべく活動しています。

記事の全体を10秒で読む【こちらをクリック】 ■スライムでオナホールを作るやり方5つ|容器を用意すればすぐにできる ・まずはスライムを準備 ・ペットボトルにスライムを入れる ・既存のオナホールにスライムを入れる ・紙コップとコンドームを使う ・綿棒ケースを使う ■スライムオナホールの楽しみ方3つ|温度や粘度を変えてみよう ・スライムを温める・冷やす ・スライムの粘度を変えて楽しむ ・ペニスにまとわりつかせた上からシゴく ■スライム以外でもタオルやスポンジを使ってオナホールを自作してみよう ・タオルを使ったオナホールの作り方 ・ストッキングを使ったオナホールの作り方 ・スポンジを使ったオナホールの作り方 ・ゴム手袋を使ったオナホールの作り方 ・ビニール袋を使ったオナホールの作り方 ・こんにゃくを使ったオナホールの作り方 ■スライムを使ったオナホールでまとわりつくような快感を手に入れよう

スライムでオナホールを作るやり方5つ|容器を用意すればすぐにできる

スライムをさわったとき、ペニスがうずく男性は多いでしょう。モチモチ・ドロドロ・ネバネバしたスライム特有の感触。 あの絡みつくような何とも言えない気持ち良さをペニスでも楽しみたい。男性ならば、そんな妄想をするのは自然です。 その昔、スライム特有の感触を楽しめるオナホールがありました しかし販売後間もなく廃盤になり、今や受注生産しかしていません。受注生産なので、かなり高めの料金設定になっているのがネックです。 だからスライムの感触をペニスで楽しむには、スライムそのものを使ったオナニーをするのがリーズナブルです。 ところで、スライムをどう使えば独特な感触をペニスで楽しめるのでしょうか?答えは単純です。スライムを使ってオナホールを作れば良いのです。 ここから具体的にスライムオナホールの作り方を紹介しましょう。簡単にできるので、ぜひ試してください。

①まずはスライムを準備

引用元:Amazon
まずスライムを用意しましょう。スライムは市販の物で構いません。ただスライムには化学品が多く使われているため、なるべく人体に影響がなさそうな物を選ぶ方が良いでしょう。 恐らくその基準でスライム選びをする場合、ホウ砂不使用のスライムが選ばれると思います。ただそう言われても、スライム探しに面倒さを感じる男性がいるかもしれません。 そこで下にリンクを貼っておきました。もしもスライム選びが面倒ならば、リンク先の商品を参考にしてください。 ちなみにスライムを使ったオナニーは、基本的にコンドームを使用します。だから「化学品不使用の物がない!」と諦めなくても大丈夫です。 使用するスライムの量ですが、大体1〜2個で問題ありません。使ってみて、物足りなさを感じたときに買い足すようにしましょう。

②ペットボトルにスライムを入れる

スライムが用意できたら、飲み口付近を切り落としたペットボトルに入れます。ペットボトルのふちには、ガムテープを貼っておきましょう。 切断面が肌に触れて傷をつけると大変ですからね。スライムは、なるべくペットボトル内部に敷き詰めるイメージで入れてください。 敷き詰めるのが難しい場合は、側面を覆うように入れると良いでしょう。丁度スライムの壁ができるイメージで、スライムを張り付かせてください。 これだけで概ね準備は完了です。後はペニスにコンドームを着けて、スライムの感触を楽しみつつピストンするだけです

③既存のオナホールにスライムを入れる

引用元:NLS
市販のオナホールにスライムを入れて、感触を楽しむ方法もあります。ただこの方法には、いくつか欠点があります。 ・大型のオナホールでないとスライムが入らない ・コンドームも着けるようなのでキツさばかり強く感じる ・使用後のオナホール洗浄が極めて難しい ミチミチプチプチっとした独特の感触はありますが、スライム特有のヌメッとした感触が少し弱く感じられる印象です。 最大の問題は、使用後の洗浄です。スライムだけを取り除くのは意外と難しく、またスライムに含まれる成分がオナホ内部にわずかに残る可能性があります。 もしもこの方法でスライムオナニーをするなら、使い捨てのオナホールを使うべきです。最もおすすめしたいのは、US・TENGA。 サイズが大きめであり、どの道使い捨てなので洗浄を気にせず済みます。最適と言って良い製品なので、ぜひ検討してください。

④紙コップとコンドームを使う

引用元:Amazon
ペットボトルの代わりに紙コップを使う方法があります。 ①紙コップにスライムを敷き詰める ②紙コップを手に持って、コンドームをしたペニスを突っ込む この手順が最もシンプルで簡単です。この他に、紙コップにスライムを入れ、ローションを垂らした上からコンドームを着けたペニスを入れる方法もあります。 ただ、この方法だとスライムの感触がそれほど楽しめません。気持ちいいのは確かですが、スライムオナニーの醍醐味が消える点が惜しいです。

⑤綿棒ケースを使う

引用元:Amazon
紙コップだと潰れやすく、持つ手に力を込められない弱点があります。そこで活用したいのが綿棒ケース。 紙コップやペットボトルよりも頑丈であり、スライムを入れるケースとして申し分ありません。使い方は紙コップと同じです。 欠点があるとすれば、綿棒ケースには高さがない点。スライムオナホール化させても、亀頭くらいしか刺激できません。 オナホールとして使うよりも、亀頭攻めの新境地開拓用アイテムとして使った方が良いでしょう。亀頭攻めだけ楽しみたいなら、かなり優秀なケースです。

スライムオナホールの楽しみ方3つ|温度や粘度を変えてみよう

スライムオナホールをより気持ち良く使うための方法を伝えましょう。スライムオナホールは、ただピストンするだけでも気持ちいいです。 しかし一手間加えるだけで、快感が2倍にも3倍にも膨れ上がります。スライムオナニーを極めたい男性は、ぜひ読んで参考にしてください。

①スライムを温める・冷やす

スライムの温度を変えるだけで、ペニスが感じる快感は全く別物になります。たとえば温めたスライムを使うと、絡みつくような膣内の感触を楽しめます。 スライム特有のねっちょりとした感触が、まさに名器を彷彿とさせる快感を生み出すのです。逆に冷えたスライムを使うと、ひんやりとした刺激がゾクゾク感を生み出してくれました。 少しMっ気のある男性にピッタリかもしれません。なお、スライムの温度を変える方法は、スライムをジップロックに入れてお湯や冷水に浸ける方法が簡単です。

②スライムの粘度を変えて楽しむ

市販のスライムだと難しいですが、手作りスライムならば粘度を変えて楽しむのも良いでしょう。 ・洗濯洗剤 ・洗濯ノリ(PVA含有) ・食用色素など着色料(なくても良い) ・カップ ・割り箸などかき混ぜるもの スライムを手作りする場合、まず上記5つの物を用意します。 ①カップに洗濯ノリを入れる ②液体洗剤を少しずつ入れながらかき混ぜる そして①、②の順番を行います。意外に感じるかもしれませんが、これだけでスライムは作れます。 ホウ砂を使って作る方法がオーソドックスですが、オナニー用のスライムならば使わない方が良いでしょう。 また手作りスライムは、既製品よりも素肌に化学物質の影響を与えやすいです。そのため、オナニーに使うのであれば、コンドームの利用は必須。この点は覚えておきましょう。 手作りスライムの良い点は、材料の使用量を増やすことで粘度などを変えられる点です。つまり、自分好みの感触が楽しめるスライムを作れます。 簡単にできるので、ぜひ自分好みのオリジナルスライムオナニーを作ってみましょう。未知の快感が楽しめますよ。

③ペニスにまとわりつかせた上からシゴく

スライムオナホールは、何らかの入れ物にスライムを入れて行うのがオーソドックスなやり方です。しかしこれだと、スライム本来のネバネバ感やトロトロ感を思う存分楽しめない可能性があります。 そこで検討したい方法が、スライムをペニスに巻いてシコる方法です。いわば貫通型スライムオナホール。 コンドームを着けて、コンドームを覆うようにスライムをペニスに巻き付けます。後はその上からペニスをシゴくだけ。 ぐにゅぐにゅとした感触をペニス全体で楽しめるので、新感覚のオナニー体験が味わえます。強グリップになりやすい点がネックですが、スライムが緩衝剤になるので、変なイキ癖がつきません。 普通のオナニーに飽きた男性やスライムオナニーで思い切り感じたい男性は、ぜひ試してみてください。

スライム以外でもタオルやスポンジを使ってオナホールを自作してみよう

スライムを使って作るオナホール以外にも、身近な物を使って作れるオナホールはあります。ここでは、手軽に作れるオナホールを紹介しましょう

タオルを使ったオナホールの作り方

タオルをオナホールの材料にして、ゴワゴワした感触が楽しめるオナホールが作れます。 最も簡単に作る方法は、お湯で濡らしてペニスに巻いて作る方法です。貫通型オナホールの代用にするケースですね。 またフェイスタオルを畳んで、ゴム手袋を組み合わせてもオナホールが作れます。こちらは非貫通型オナホールの代用になります。 非貫通型オナホールを作る方法は、以前風俗部で詳しく説明しました。ぜひ下記の記事を参考にして作ってみてください。 ●関連記事:100均だけで作れるオナホールが気持ちいい!作り方と使用方法を解説

ストッキングを使ったオナホールの作り方

少々手間が必要ですが、ストッキングを使って作るオナホールもあります。 最も簡単にストッキングオナホール体験をする方法は、ストッキングの穴にペニスを挿入してシゴく方法です。 ただ、この方法は亀頭を傷つける恐れがあるので、あまりおすすめしません。コンドームとの相性も悪く、強いて言えば「ローションで摩擦を軽減してやれば楽しめる」くらいでしょうか。 ストッキングを使ったオナホール体験は、通常ウレタンカップやスポンジを組み合わせて作ったオナホールを使います。 中々工数がかかる点はネックですが、気持ち良さは折り紙付きです。以前風俗部で解説した作り方を参考に、ぜひ作ってください。

スポンジを使ったオナホールの作り方

スポンジを活用してオナホールが作れます。 オナホールはスポンジ製の方が気持ち良い。そう感じる男性もいるくらい、スポンジには強い快感を生み出せる可能性があります。 スポンジオナホールは、ゴム手袋を2つのスポンジで挟み、ゴム手袋の挿入口でスポンジを包むだけで作れます。 具体的な作り方や楽しみ方、どれだけ気持ち良いかは、以前下記の記事で紹介しました。ぜひ読んで、スポンジの可能性を感じてください。 スポンジオナホールの作り方|生活用品で作った自作オナホで気軽にヌキまくろう!

ゴム手袋を使ったオナホールの作り方

ゴム手袋をオナホールに変えられます。 ストッキング同様に、挿入口からペニスを挿入するだけで疑似オナホールとして使えます。しかしこれだと、ストッキング同様に下手すると痛みを感じかねません。 ゴム手袋の場合、ゴム手袋3枚と紙コップを使って、本格的なオナホールが作れます。もしもゴム手袋を使って、オナホール体験をしたいなら、こちらの方法がおすすめです。 少々工数が必要ですが、誰でも簡単に作れるのは確かです。ぜひ下記記事を参考にして作ってみてください。 100均だけで作れるオナホールが気持ちいい!作り方と使用方法を解説

ビニール袋を使ったオナホールの作り方

ビニール袋を使ったオナホールは、多くの男性が挑戦するほどメジャーなオナホールです。 ビニール袋特有のツルツルガサガサした感触が、耳とペニスを刺激して、信じられないほどの快感を生み出してくれます。 ビニール袋に挿入するだけでも楽しめますが、ビニール袋とお湯を組み合わせれば、より気持ちいい体験ができます。風俗部では、以前ビニール袋オナニーを紹介しました。 ビニール袋の効果的な使い方を徹底的に紹介したので、ぜひ読んで参考にしてください。ビニール袋の新たな可能性に気付けますよ。 ビニール袋オナニーのやり方|ぬるま湯を入れて簡易オナホを作る方法も紹介

こんにゃくを使ったオナホールの作り方

こんにゃくオナホールは、男性ならば一度は想像した経験があると思います。 こんにゃく特有のヌルヌルが、ペニスをねっとりと包んで気持ち良くしてくれます。作り方もものすごく簡単。 こんにゃくの匂いを落として、中心部に切れ込みを入れるだけ。そこにペニスを入れれば最高の快楽が楽しめます。 風俗部では、一度こんにゃくオナホールの可能性について調べています。未知のオナニー方法を知るのに役立ちますので、ぜひ読んでください。 簡易オナホの人気NO.1!こんにゃくオナニーの気持ち良さと作り方とは

スライムを使ったオナホールでまとわりつくような快感を手に入れよう

スライムを使えば、ねっちょりと絡みついてくる卑猥な感触を楽しめます。この記事では、そんなスライムを使ったオナホール作成手順を伝えました。 誰でも簡単にスライムオナホールを作れる方法だけを伝えたので、ぜひ一度試してみてください。また、記事では身近な物を使って作るオナホールも紹介しています。 手作りオナホールには、既製品とは違った気持ち良さがあります。ぜひこの記事を何度も読み返して、自分好みのオナホールを作ってみてください。以上、風俗部編集部からのお届けでした。 ◯関連記事 ・オナホールで気持ち良く射精する方法|男の潮吹きやオナニーする場所など解説最新・新作オナホールおすすめ10選|内部構造はより緻密に!アニメコラボ豊富