正しいオナニーで快適な性生活を!

11,848 views

風俗部ニュース

風俗部ニュース

間違ったオナニーは遅漏の原因となると言われていますが、それが行き過ぎると、オナニーでは射精できるけど、女性の膣内では射精できないという「膣内射精障害」に陥る可能性があります。
 現役ソープ上のりりあさん(23歳/仮名)によれば、「大体の男性は挿入から10分ほどで射精する」そうですが、遅漏になるとそれ以上、膣内射精障害と思しき男性になると、時間内の射精は難しいとのこと。先日も膣内射精障害と思われる男性客を接客したそうですが、やはり射精させることはできなかったといいます。
「男性のチンコは結構デリケートなので、緊張していたりすると、勃たなかったり、勃起しても射精できず終了、というパターンがごくたまにあります。でも、そのお客さん(20代半ば)は『そもそもセックスでイッたことがない』と。遅漏すぎるため、セックスで射精するのは一苦労、という男性はちょいちょいいますが、セックスで射精できないお客さんは初めてでした」(りりあさん)
 ひとまず挿入してみて、15分ほど行為をしたそうですが、結局そのお客さんが射精に至ることはなかったそう。その男性は「オナニーでは射精できる」そうです。
間違ったオナニーが原因
 膣内射精障害の主な要因は、間違ったオナニーになります。間違ったオナニーに該当するのは、強く握ってしごくオナニーといった刺激の強すぎるオナニーや、床オナや皮オナといった、セックスとは異なる刺激のオナニー。こういったオナニーに慣れてしまうと、膣内の圧力や刺激では足りず、射精に至ることが難しくなってしまうと言われています。
「そのお客さんは巨根かつデカチンだったので、いつも使っているコンドームのサイズが合っていないのかな、と思ったんですが、話を聞いてみると、“皮オナニスト”でした……。皮オナはダメだって自覚はあるっぽかったけど、なかなかやめられないそう」(りりあさん)
 その男性は射精を目的にソープにやってきたわけではなかったそうなので、プレイにおいてはさほど問題にはなりませんでしたが、これが妊娠を望む夫婦の場合であるとか、妊娠を望んでいないカップルでも、パートナーを不安にさせる要因になってしまいます。
 膣内射精障害の改善方法は、まず間違ったオナニーの中止から始まります。最近では、あの「TENGA」から、医療用TENGA(メンズトレーニングカップシリーズ)が発売されています。刺激の強さが異なるカップが用意されていて、徐々に刺激の弱いカップを使っていくことで、弱い刺激でも射精できるようトレーニングすることができるものです。 こういった便利グッズも用意されていますし、もしパートナーが射精障害で悩んでいたら、勧めてみてはいかがでしょうか。
(引用 : messy http://mess-y.com/archives/65169)

読者の中で、セックスでイくことができない人はいないだろうか。セックスでイくことができない原因としてはいくつか考えられるが、「膣内射精障害」がその原因の一つとなる。

膣内射精障害はその名の通り膣内で射精することが困難な症状だ。その原因として主に挙げられるのが間違ったオナニーをしている、ということだ。

オナニーに間違いとはどういうことかというと、セックスとは違う刺激を与えているということだ。多くの男性はペニスを握り、上下にピストン運動をさせて射精へと導いているが、この際にペニスを強く握り過ぎてはいけない。というのも膣の中の圧力は握力よりも圧倒的に弱いためだ。

そのためオナニーをする際には親指と人差し指で軽くリングを作り、この状態で上下に擦る方法が推奨されている。

また、締め付けのゆるいオナホールを利用してオナニーを行うのもオナニーを改善する方法として挙げられる。この時にオナホールを強く握らないようにしなければならない。ゆるめのオナホールは膣内の圧力に近いので、膣内での感度を上げることで膣内射精障害から脱することができる。

引用では以下のオナホールを推奨している。
https://tengahealthcare.com/products/mtc/
このオナホールはあの有名なテンガの製品で、膣内射精障害を改善したいた方向けに開発されたものだ。

このオナホールには5種類の刺激が存在する。まずはミディアムハードタイプという、2番目に刺激の強いオナホールからスタートし、徐々に刺激の弱いオナホールに変えていき、弱い刺激でも射精に至れるようにする、というものだ。こうして徐々に弱い刺激で射精できるようになることで、膣内でも射精に至ることができるようになる。

また、腰を振る動作になれておらず、そのため射精に至らない場合も挙げられる。その場合の改善方としては、エアドールを用いる方法が挙げられる。エアドールはオナホールを固定して腰を動かすことができるのでセックスの練習になり、セックスを行う際の体勢で射精に至ることができ、膣内射精障害の改善法となる。

この他にもセックスに対して不安を抱いていたり過激なオナニーネタを常に見ているためにセックスであまり興奮しない、ということも膣内射精障害の原因として挙げられる。

この場合は想像だけでオナニーをしたり、あらかじめセックスをする日が分かっていれば1週間はオナニーを行わないようにすることで改善することができる。

オナニーは快楽を得るための行為だが、間違った方法でオナニーをしていたら、パートナーと共に快楽を共有するセックスで気持ちよく射精に至れなくなる。こうなってしまっては本末転倒だ。しかもパートナーに、自分ではダメなのかという不安を抱かせてしまい、今後の関係にも響いてくる。

そうならないためにもセックスで射精できるようにすることは重要なことだ。セックスで射精に至るには自分のペニスの感度を上げていく必要がある。そのためには過剰な刺激を与えたり過剰に興奮した状態でオナニーを行っていてはいけない。セックスと同じくらいの刺激でオナニーを行うことが重要だ。

これまでのオナニーを見返して、快適なセックスライフを過ごそう。