• 大分は「デリヘル県おおいた」で売り出してみては?

    5,985 views

    大分風俗

    AV女優「桜ちなみ」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    大分は九州ではありますが、他の九州の各県とは異なる文化を持っています。
    地理的に東九州の玄関口となっていて、瀬戸内さらに大阪方面との交流に目が向けられていたのです。

    他の九州の県と陸続きとは言え、地形が複雑で人口の中心である大分、別府からは山越えをしなければ行けなかったのです。
    近年になって高速道路が開通し、九州の中心である福岡との距離を縮めてはいますが、どこか異文化圏のプライドもあるようです。

    大阪と言えば東京とは一線を画した自由奔放なイメージがありますが、海を隔てた大分もその影響を受けているのです。
    大分出身の芸能人に指原莉乃がいますが、彼女が特別とは思っていない大分県人も多いはずなのです。

    気候も瀬戸内海沿岸の気候タイプに属して温暖で大分、別府付近は降水量も少なく年中、比較的穏やかに過ごせます。
    そのせいか、のんびりしたマイペース派の人も育ちやすいのでしょうか。
    大分は外から見れば正直、地味な地域です。
    それはさすがに誰もがわかっていて、ひたすら温泉だけが商売道具となっているのを謙虚に受け止めてもいます。
    「おんせん県おおいた」も結構ですが、実はB面で「デリヘル県おおいた」を銘打って、客を呼び込むのもそつのない戦略かと思えるくらいなのです。

    大分のお薦めデリヘル5選を紹介☆☆☆☆☆

    大分デリヘル 今ドキ!女子大生

    心配せずとも本物の現役女子大生ばかりですので、今まさにキャンパスライフを満喫している彼女たちと楽しめます。
    遠くから憧れて眺めるだけだったのが、ぴったり素肌を自分に寄り添えてくれるのがたまりません。

    http://www.oita-deliveryhealth.com/

    大分素人人妻デリヘル 来夢来人

    30代から40代の全然、イケてる奥様がこんなにたくさん待機しているのかと感激してしまいます。
    リーズナブルなのに年齢とともに濃厚になっているかのようなサービスにはまってしまわざるを得ません。
    http://www.limelight-oita.com/

    素人人妻デリヘル 未来

    大分にしては料金が少し高めになりますが、それでも納得できるだけの女の子の高いクオリティを維持し続けています。
    これが客に一切のストレスを与えない高級デリヘルの仲間なのだろうと身近に感じられます。
    http://www.daysnavi.info/mirai/

    プチ倶楽部

    ネーミングの通りのプチプチの若い子ばかりで、ほとんど指名で悩む必要もないほど厳選されています。
    と言っても子供じみたところもなく、大人のデリヘル嬢としてしっかりサービスに尽くしてくれます。

    http://www1.daysnavi.info/petitclub/

    性春女学園大分校

    女子高生ファンにはたまりません。
    制服、体操服、スクール水着、その他チアガールなどのコスプレも無料で付いてきます。
    ピンクローターやローションでぐちょぐちょにさせ、さらに生パンティも無料で持ち帰られます。

    http://www1.daysnavi.info/seisyun/

    大分県は人口対デリヘル件数日本一

    2016年の全国防犯協会連合会で把握しているデータによると、全国津々浦々に進出しているデリヘルの総数は約20,000軒にも昇るそうです。
    成人人口10万あたりにすると約18軒の勘定となります。

    大分県では約220軒、これを成人人口と対比すると、大分県の成人10万人あたり約37軒存在するのです。

    これは2位の香川県約33軒、3位鹿児島県約29軒と比べても抜きんでているように思えます。
    さらに大分市には、約160軒と県全体の約70%のデリヘルが集中しています。

    大分市の人口は県の約40%ほどですので、特に大分市におけるデリヘルの集中度が高いと言えます。

    大らかな土地柄

    これだけデリヘルが多いのは取り締まり当局側の方針も垣間見ない訳にはいきません。
    風営法違反も地域の警察の出方次第とは言われているのです。
    大分の警察についてはこれまであまりこだわってこなかった歴史でもあるのか、全体に風俗店に自由な空気があるかのように感じられます。

    店の競争は厳しいはず

    しかしながら、限られた顧客数に対し供給側のデリへル店が過剰にあれば、そこには生存競争も待ち受けていそうです。
    普通に考えれば、利益を出せず閉店も余儀なく店も多そうですが、そうでもないようです。
    これは大きな利益を狙わずに地道にコツコツと稼いでいる店が多いからでしょう。
    そのため利益を後回しにしたサービスも期待されて然るべきなのです。
    事実、これが地方都市大分なのかと思えるくらいに店のタイプが豊富にあります。
    無いのは単価が数倍もする高級デリヘル店くらいなものなのです。

    店のグレードにはやはり幅はありますが、平均的な利用料金は大分県民の低めの所得にマッチする程度に抑えられたものになっています。ですからなるべく女の子の回転数をアップさせるべく経営に取り組むしかないでしょう。
    それでもなかなか潰れない店もたくさん見受けられますので潰し合いになっているほどでもなく、比較的和気あいあいと共存共栄を図っているかのようなのです。

    柔軟な店の対応

    大分の特徴である店の多さ、取り締まりの弱さ、穏やかな県民性などの要因からか、一般に過剰ではないかと思われるサービスが割と普通に行われているようです。
    まず店の腰が低く、お客様目線での都合の良さを最優先しているかのような
    トラブルにあまりなっていないからなのか、それとも生き残りをかけてリスクを覚悟しながらなのかの現状があるのでしょう。
    女の子には客に応じて臨機応変、自由にさせている傾向もあるかのようです。

    大分のデリヘルを利用して「これは」と思った体験

    体験談というのは、どこであっても掘り起こせば実にピンからキリまであります。
    それは店や女の子にもよりますのでたまたまの事例だったかもしれません。
    個人的に大分では、例えば以下のようなことだってあったのです。

    直電ゲット

    ちょっと気に入った子だったので、弾みで何気に電話番号を聞いてみたら、あっけなく教えてくれました。
    正直言って全く個人的な問題で、自慢するわけではありませんが自分がモテただけかもしれません。
    店外デートも誘ってみたのですが、さすがにNGでした。

    それでも、仕事の昼休みに電話したら寝起きの声で「おはよ~」とか可愛い声が聞けたりもして思い出すだけで勃起します。

    「今日は夕方からOKだからしたかったら、店に予約入れといて」

    とか言われると、予約しない訳にもいかなかったものです。
    もしかして、こうして店が誘惑していたのかもしれませんが、だとすればナイスなサービスだったです。

    オプションも相談次第

    コスプレオプションはないかと思っていたけど、あまりに似合いそうなので気が変わってセーラー服を着てもらえないか聞いてみたら普通にOKだったこともあります。
    もちろんサービスでホテルで貸しているセーラー服を着てもらいながら楽しめました。

    その他、陰毛剃りとかその場その場の話しの進み具合で結構、どうにでもなったことがありました。
    そんなことをさせていると、させるとかさせないとかで店としてはクレームの原因になるはずなのですが、呑気に構えているようなところが魅力的です。

    リカバリーが親切

    数日前から指名していた子が急にお休みになった時、店から電話があって頭を下げる姿も浮かぶように誤ってくれました。
    そして「ほぼ似たような代わりの女の子がいますから」と紹介してくれたのです。
    よくネットで確認もせずついつい頼んでしまいましたが、想像以上でした。

    女の子が知り合いみたい

    ネット検索でタイプ別検索をすれば、いろいろな女の子がいるのは全国どこでも共通するものがあります。
    どんな女の子が来ても一言で片づければ、初対面のような気がしないのが大分のデリヘル嬢の特徴でしょう。
    ですから、カッコつけずに普段通りに接しやすいのです。
    それは教育された物腰の低さから感じられるものとはまた違います。
    結構、いい加減なおしゃべりぶりがほんわりした雰囲気を醸し出してくれるのです。
    そんな女の子がデリヘルにいたらと、密かに願っている男性陣も多いでしょう。
    また、それは言葉一つ一つをいちいち気にしない大分の男性の特徴にも要因はあるのかもしれません。

    地元民のニーズを捉えた女の子が多いと思えます。
    狭い土地ですのでどこでばったり会うかもしれないからと思っているというのは、思い過ごしかもしれません。
    しかし、こんなところで出会ったのも何かの縁かと思っているような雰囲気は間違いなくあります。

    大分にはデリヘルの新境地がある

    大分は出張で行く機会も少なければ、アクセスも不便で観光資産も温泉くらいだと遠巻きにしがちな土地でしょう。
    ですが、もしもデリヘルファンであれば一度は訪れても損はない土地だと思います。

    それも一軒ではなく、できれば長期滞在して数軒は渡り歩いてみるべきです。
    大分でデリヘルを体験し続けている人は、その有難さを認識していないまま贅沢なサービスを受けている男性も多いのではないでしょうか。
    そうではなく、決して当たり前のサービスをしてもらってはいないことを理解しておくべきでしょう。

    (文/だっちゃん)