• AV女優「大塚咲」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    46 views

    オススメAV

    AV女優「藍花」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    数多くの書籍も出している異彩のAV女優「大塚咲」。細身でいて強烈な90センチの大きなバストを持ち、男性達を常に虜にしてきました。今回はそんな大塚咲さんをピックアップし、魅力に迫っていきます。AVを退き写真家としても大活躍をされている彼女のデビュー前から現在までを徹底的に解剖!記事の最後にはオススメの動画を載せているので抜きどころもバッチリです。ぜひ最後までお付き合いください。

    AV女優「大塚咲」のプロフィール

    生年月日 1984 年10月1日
    出身 東京都
    スリーサイズ B:90cm(Gカップ),W58cm,H85cm (2010年時点)
    女優タイプ スレンダー美女
    総出演本数 196本
    受賞歴 無し
    現在 引退して現在は写真家、絵描き

    1984年10月1日生まれで現在は34歳になります。男を凍りつかせてしまうような眼力を持っていて、見つめられたら即勃起は当たり前の上目使いはたまりません。その上身体はスレンダータイプのボンッキュッボン!出てるところは出て引っ込んでいるところは凹んでいる極上ボディの持ち主でもあります。

    またAV以外での活動も頻繁にされていて、自身の個展を開いたり写真家としても大活躍。過去にレイプ被害などを受けたことがあると告白もしていて、レイプ物には一切出演しないというエピソードもあります。多彩な才能に恵まれながらもAVという道を選んだのにも理由があります。大塚咲さんの場合は芸術性などを特に重視していたとされていて、AVは芸術でもあるので無くなってほしくはないとも訴えています。そんな彼女の魅力は以下の通りです。
    ・細身で迫力あるおっぱい
    ・触ると壊れてしまいそうなきゃしゃな身体
    ・吸い込まれてしまいそうなエロい眼力
    ・洪水のように湧き出る潮吹き
    ・マジイキ確定の大音量のイキ声

    まだまだ大塚咲さんの魅力あをあげるとキリがありません。これから紹介する内容は、人生の全てだと言っても過言ではない彼女の半生を綴っています。存分に理解していただき、最後の動画紹介でぜひオナニーのネタをお探しください。

    AV女優「大塚咲」の重要トピック5選|デビューから現在まで

    大塚咲が2004年には多くのAV女優がデビューを飾っています。双子姉妹でAV出演することで話題となった「まりあ&ゆりあ」、少年誌のグラビアを飾ったこともある元グラビアアイドル「松村優」、ロリフェイスがたまらないアイドル「仲村もも」などなど、誰もが振り返ってしまう美女ばかりです。

    大塚咲はその中でも異色のオーラを放っていたAV女優として一際目立っていました。AV作品をみていただければご理解いただけると思いますが、なぜそこまで独特なイキ方ができるのか?これから紹介する5つのトピックを参考にしてもらえれば少しは謎が解けるはずです。隅々までご覧ください。

    〜2000年「レイプ被害に合ってしまう」

    View this post on Instagram

    🍊オレンジ担当の咲🍊 皆さま会いに来てね! ❗️シャンパンタワー付きBBQオフ会❗️ 真咲南朋・大塚咲・川上ゆうによる歌わないし踊らないアイドルユニット 『完熟フルーツポンチ』第2回BBQオフ会を開催します!! 今回は東京の新宿でやります! <開催日>2018年11月25日(日曜日) 《開催時間》 開場・受付:10時30分 開演:11時 終了:13時 《開催場所》新宿周辺 《参加費》¥25,000-(税込) ※お振込手数料はお客様ご負担でお願い致します。 《参加特典》 ① 完熟フルーツポンチ3人のサイン色紙! ② オフ会中はフリー撮影!! ③完熟フルーツポンチと4ショット撮影 《定員》 40名 ※応募者多数の場合は抽選 《お申込み期限》 2018年11月12日(月) 18時まで ※延長しています!どしどしどうぞ! 《応募要領》 下記1~5の項目をご記入の上、メールでお申込みください。 1. お名前とフリガナ  2. ニックネーム  3. 年齢  4. 携帯番号  5. 連絡先メールアドレス 《お申込み先メールアドレス》 [email protected] お申込み後に折り返しメールにてご連絡させて頂きます。会場の詳細等も後ほど連絡させて頂きます。 《注意事項》 ※18歳未満の方は応募できません。 ❗️トークイベント❗️ ~11月25日 (日) ~ 完熟フルーツポンチ「飲み飲み東京ナイト!」 【日時】11月25日(日) 18:00開演 【会場】阿佐ヶ谷ロフトA 住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-36-16・B1 TEL:03-5929-3445 【チケット】前売¥3,000- / 当日¥3,500- ※飲食代別(要1オーダー¥500以上) 前売券はe+(イープラス)にて

    大塚咲 otsuka sakiさん(@otsukasaki_)がシェアした投稿 –


    大塚咲が15歳の頃、英語検定を受けに学校に向かう途中に知らない男にナイフを突き出されて「声を出したら殺す」と脅されて強姦されてしまうという想像を絶するような過去があります。学校の近くだったこともありトラウマとなってしまい高校を中退することに。その後は通信制の学校で単位を取得し、高校卒と同等の資格を得ました。

    高校1年でそんな被害に合い、誰にも相談することが出来ずに自分の中で闇と闘っているのはとても辛かったことだと思います。この出来事が今の彼女を形成することになるとはこの時は誰も想像していなかったでしょう。

    2004年「皮肉にもAVデビュー」


    小野沙樹名義で、メーカーVIPより「感じるんです・・・」というタイトルをリリース。初となるAV作品が世に出されます。まだトラウマからも完全に立ち直れている状態ではなかったためか、この年にリリースされたのはわずかに6作品のみ。内4作品はMICO名義でリリースしています。なぜレイプ被害にあった彼女がAV出演を決めたのか?それはAV業界には同じ経験をした仲間が多くいて人を集めやすかったという点、もう一つは過去の出来事に納得したかったという点です。

    確かにAVで見る限りの大塚咲のエロシーンは壮絶なものがありましたが、その裏で見え隠れする生い立ちも浮き彫りになっています。彼女がAVを選んだ理由は快楽を求めることよりも心の安らぎが欲しかったことに他ならず、過去のジレンマとの争いでもありました。

    2008年「祝、結婚!」


    当時付き合っていたマネージャーとの間に子供ができて結婚。これまでの過去を乗り越えた瞬間でもありました。結婚をしても仕事は継続しヒット作も次々とリリース。彼女の中で結婚は大きな人生の岐路となり、2008年ちょうど結婚された年から作品数を増やしていきました。新たな生活を手に入れて幸せに暮らす資金を手に入れたかったのでしょう。

    しかし再度、カメラマンに強姦されてしまうという被害や、撮影現場で過去のトラウマが蘇るレイプシーンなどにも遭遇してしまい辛い経験もしています。それでも頑張れたのは子供もできて家族がいたからに違いありません。

    2012年「引退し芸術家として再始動」


    2012年には5作品をリリースして引退。まさに波乱万丈のAV人生に一旦幕を閉じました。これまでのAVで大塚咲さんがずっと守り続けてきたことがあります。それは「レイプ」と名の付く作品には一切出演しないことです。表現者としてAVに対して芸術性を感じていた部分もありますが、どうしてもレイプだけは許せなかったのでしょう。引退後は写真や絵の個展を中心に活動の幅を広げています。

    2017年「レイプ被害を本で告白」

    View this post on Instagram

    なんか変なコメントだらけになってびっくりだなあ。

    大塚咲 otsuka sakiさん(@otsukasaki_)がシェアした投稿 –


    AVに画家に多くの活動をしてきた大塚咲さん。AVの中でも過去に触れることは無く、謎のベールに包まれていました。そして2017年に告白本とも呼べる自伝の「よわむし」をリリース。この本の中に自身が歩んできたこれまでの経緯が書かれていて、あまり人に言いたくもない壮絶な出来事を知ることになります。これまでなぜAV女優になったのかを書かれた本は2011年頃に出されていましたが、ここまで赤裸々に綴られたものは恐らくこの自伝が初めてだったはずです。

    同年に強姦罪の処分が3年〜5年に重くなったことに評価しつつも、まだこれでは性犯罪が減ることはないと訴え続けています。AVを卒業した今も性犯罪に悩まされている人を救いたいという想いは変わっていません。

    AV女優「大塚咲」プライベート生活を丸裸に!SNS画像・動画を紹介

    大塚咲さんが普段どんな生活をしているのか気になりますよね。彼女は現在SNSやインスタに大量に画像をアップしています。それもそのはず、なぜならAV卒業後には個展も開いているので作品の紹介などもしておきたいですからね。

    大塚咲さんのSNSからプライベートに直結するものを今回はなるべく載せていきます。女優として活躍していた頃とはまた少し違った魅力満載の私生活を丸裸にしちゃいましょう。


    大塚咲さんは新宿歌舞伎町にある、ラウンジバー「ラビリンス」でも働いています。AV女優が在籍している店舗で知られているため金額はややお高めですが、こんなに多くの方達に囲まれて幸せそうですね。


    大塚咲さんは完熟フルーツポンチという3人組のユニットを組んでいます。こちらはそのメンバーの一人「川上ゆう」さん。場所までは特定できませんでしたが、仲良しの子と一緒に過ごす時間は格別だったはずです。笑顔も自然ですね。


    うわ〜!やっぱり絵になる美女ですね。自身の作品の中にも自分を題材にしたものが多くあるんですけど、芸術家はアンニュイな雰囲気を醸し出すのが上手だなぁと思ってしまう一枚でした。


    こちらはお友達の川上ゆうさんと一緒にラーメンを食べている時の、元気そうな大塚咲さん。写真の中から「あ〜ん」っていう声が聞こえてきそうですね。そんな大きな目で見つめられたら犯したくなっちゃいますよ。だからあまり見つめないでくださいね(笑)


    話題の「SHOW ROOM」で元AV女優の結城リナさんとライブ配信をしているYouTubeを発見しました。配信したのが七夕だったことから、願い事などの話題で盛り上がっています。こうやって素の大塚咲さんを見ているとあれだけ壮絶なレイプ被害に合った人物だとは想像もできませんね。

    AV女優「大塚咲」噂の恋愛・プライベートセックス事情は?

    AV女優なのにプライベートでのセックスとの関連がほとんど無いように思える人も珍しいでしょう。それは過去のレイプ被害を訴えていることから、「セックスとは撮影以外の場所では無縁である」というように見えてしまうからです。

    ただ彼女の人生を振り返り過去を掘り下げることで少しずつ本質が明らかになってきました。大塚咲を知る上で最も重要な箇所になりますので最後までお読みいただけますようお願いします。

    オナニーは小学2年生から

    View this post on Instagram

    HOTEL-Bの撮影をしてました。明日も撮影!

    大塚咲 otsuka sakiさん(@otsukasaki_)がシェアした投稿 –


    学生時代から優等生だった大塚咲さんは、小学生時代に図書館で心理学の本をあさるくらい人間の心理について興味がありました。普通の小学生より少し大人びていて、オナニーを覚えたのは小2の頃だったようです。早熟であったがために18歳になるとAVというジャンルに関心を寄せられて、自らAV女優という道を志すようになります。

    複数人のAV女優の生い立ちを書いた書籍「裸心」の中に、大塚咲の育った環境など全てが綴られています。YouTubeで裸心を参考に作られた動画がアップされていました。気になる方はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?

    初体験は15歳で卒業

    View this post on Instagram

    ん、目が痛い。おやすみ。

    大塚咲 otsuka sakiさん(@otsukasaki_)がシェアした投稿 –


    中3〜高1の間の時期に彼氏と初セックスをしています。詳しくは語られてはいませんが、その頃からハマりだし彼氏の友達と6Pをした経験もあります。大塚咲がレイプ被害にあった時期と重なりますが、時系列でいうと初体験を済ませた後にレイプされたと考えるのが普通でしょう。

    大体この頃からあまり性の話は出てきていません。家族にバレるのが怖かったり、トラウマが蘇るからなど理由は様々でしょう。しかし早熟だった彼女に訪れた突然の悲劇。初体験の後の出来事だっただけに彼氏がその傷を埋めてあげることはできなかったのか?という苛立ちが私の中で残りました。

    それから約3年後にAV業界入りするわけですが、おそらくその3年間は誰ともセックスはしていなかったと想定されます。参考記事を載せておきますのでよろしければご覧ください。
    はてなダイアリー

    AV女優「大塚咲」のオススメ動画5選

    それではいよいよ大塚咲のオススメ動画5選を紹介します。深い闇を乗り越えてAV女優となり、写真家となった大塚咲さん。現在も過去のトラウマは消えず心に傷を負ったままでいます。

    しかし撮影をこなしていくにつれて気持ちにも変化が訪れてきました。その変化を感じていただくとことでより一層動画がエロく楽しめるはずですよ。特に以下の5つは彼女の気持ちに変化が起きているだろう人気の5作品です。ぜひ最後までご堪能ください。

    「麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 大塚咲」2009年


    大塚咲さんの迫力あるアクションシーンが収録されているこの作品。AV女優になりしばらくすると大体の女優さんが、麻薬捜査系のAVに出演することが多いです。その中でも演技力が抜群にあると言われているのが「麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 大塚咲」なんです。

    麻薬組織を突き止めて一生懸命戦っていきますが、あと一歩のところで捕らわれの身となってしまった大塚咲。相手が女だと知った敵は強制椅子に座らせて身動き一つ取れない格好にさせます。もうそうなったら相手の言うことをきかなくては生きてなど帰れるはずもありません。

    同僚の男性の目の前でセックスをさせられて、自分の意思とは裏腹に感じてしまっている自分に腹が立ってしまいます。しかも潮まで吹かされて・・・。物語はすごくシンプルでよくありがちなパターン。しかし、迫力のある演技と彼女のエロいボディに目が離せません。レイプものには一切出演しない彼女ですけど、ストーリー性のあるドラマ仕立ての作品には出るんですね。大塚咲さんにしてはとっても珍しいので5選の一つとさせていただきました。
    麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 大塚咲

    「強制アナル奴隷 卑猥な肉体派遣業務 大塚咲」2009年


    派遣社員として会社に属している大塚咲。いつものように派遣先に出向いて仕事をこなそうとしていたところ、その会社には裏がありました。何もわからない彼女は個室に連れ出されて強制的に手首を拘束される機械の上に座らせられると、アナルにズボッ!無駄な抵抗などできるはずもなく、部長の趣味でもあるアナル奴隷と化していくのです。

    タイルを破られてその間から見えるマンコとアナル。無理矢理チンコをねじこまれてアナルからはドロッとした白い体液が流れてきました。この動画の見どころでもあるアナルファックにくわえて、皮肉にもお尻で感じてしまっている大塚咲の歪んだ表情を見ることができます。

    アナルで痙攣を起こしてヒクヒク身体が小刻みに揺れてしまっている姿をぜひご堪能ください。ここまでアナルに徹している作品もすごく珍しいと思います。
    強制アナル奴隷 卑猥な肉体派遣業務 大塚咲

    「美人ストーカーSP」2018年


    綺麗なお姉さんに追いかけられるのは嫌いですか?いいえ、私は大好きです。この作品は3人の女優さんがストーカーとして登場してきます。榊なち さん、森ななこさん、そして我らが大塚咲さんです。彼女の役どころとしては、元カレのことが忘れられなく自宅まで押し寄せてくるちょっと痛いお姉さん。男側からしたら好きで来てくれているのだから嬉しいはずなんですが、やっぱり度を過ぎてしまうとストーカーに認定されてしまうんですよね。

    欲望がままに付け回し、極太のチンコを自分勝手にマンコに運びぶちこみます。最初はストーカーされてうんざりもしていたけどセックスをしている内にそんなことはどうでもよくなってしまいました。しかも相手はあの大塚咲さん。断る道理がありません。他の作品と違う点は好きな男性に対しての追求心が凄いところ。あまりの欲求に耐えられるか耐えられないかはあなた次第です。
    美人ストーカーSP

    「ソープの殿堂 2 大塚咲」2009年


    高級ソープ嬢となった大塚咲がお客様に最高のおもてなしをしてくれます。見どころは何と言ってもソープの代名詞でもあるマットプレイ!石鹸で泡泡になった身体同士を擦り合わせて下半身はもうビンビンです。滑って肌を重ねていたら嬉しいトラブル発生。スルッとマンコにチンコが挿入されると、我慢できずに腰を動かしてしまします。

    お客とソープ嬢の壁を超えて、もうこうなったら普通の男女です。2人がイクまでピストンを止めず、大量の精子を放出してしまいました。あまりのサービスの良さに生唾を飲んで画面に釘づけになってしまうこと間違い無しです。

    普通に大塚咲さんみたいな淫乱で可愛い女の子が在籍していたら、迷わず即指名しちゃいます。しかもそんやそこらのソープ嬢よりも明らかにサービスの質は上なので、私もお願いできるのならご奉仕してもらいたいと思ってしまう動画でした。
    ソープの殿堂 2 大塚咲

    「誘惑、女教師。 男子をたぶらかす年上のオンナ 大塚咲」2008年


    普段はMの大塚咲さんはエロくなると痴女に豹変するらしいです。この作品はとにかく痴女という言葉がピッタリで、役どころである美術教師というのもハマってます。生徒や先生に対してお得意の眼力で誘惑し、一人一人のチンポをメッタ斬り。本能のままに男達を犯していくと、自分も気持ちよくなりたいから「チンコが欲しい」とおねだりを始めます。

    女豹となった大塚咲さんの誘いを断る道理もなく、流れのままにセックス。ミステリアスな雰囲気が一際目立ち、こんな女とやれるのかという好奇心が先走りついついチンポを握っている自分がいました。

    この作品を選んだ理由は最も彼女らしいからに他なりません。内に秘めている性欲を一気に解放した結果がこの女教師となって出てきたと思っています。大塚咲のエロスをじんわりと楽しむことができる優良作品です。
    誘惑、女教師。 男子をたぶらかす年上のオンナ 大塚咲

    まとめ

    大塚咲さんの「デビュー前から現在までを丸裸に」と題した今回の企画はいかがでしたか?過去にはレイプ被害に合われたり、撮影現場でパワハラ行為されたりと散々な目に合ってきた印象も強かったはずです。現在では趣味でも写真や絵で個展を開く程になり、トラウマに負けずに全てを受け入れています。引退こそされてしまいましたが、また何かのきっかけでAVに戻ってきてくれることを期待しましょう。

    大塚咲に似ているAV女優の関連記事
    AV女優「亜梨」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】
    AV女優「雛菊つばさ」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】