• アダルト視聴に最適なVRゴーグルを徹底比較|没入感のあるエロ体験を楽しみ尽くそう

    228 views

    セックス

    アダルト視聴に最適なVRゴーグルを徹底比較|没入感のあるエロ体験を楽しみ尽くそう

    AVもエロゲも、最近はとにかくVR流行り。乗り遅れまいと一念発起し、いざVRゴーグル選びを始めると…。商品ごとに非常に大きな価格差があり、一体どれが自分の用途にかなう機種か迷ってしまいますよね。じつは選択の基準は、利用したいコンテンツの種類。エロゲとAVでは、買うべきゴーグルは全く異なります。今回は、アダルト視聴に最適なVRゴーグルを徹底比較。これを読めば、あなたが買うべき理想の1台がわかります!

    リアリティのあるアダルトVRを楽しむならVRゴーグルにもこだわろう!

    お試し気分で良ければ、VRゴーグルは今はかなりお安く手に入ります。しかしアダルトVRの愛好者として言わせてもらえれば、エロコンテンツは画質を重視しないとダメ。無料サイトでオキニ女優のAVを見つけたのに、画質が悪くてヌケなかった経験、皆さんも1度はおありでしょう。

    アダルトコンテンツの新時代をガチで体感したいなら、VRゴーグルへのこだわりは欠かせません。ただそれなりの出費にはなりますので、購入前の入念な下調べが大切です。

    おすすめのVRゴーグルを3種類に分けて紹介

    というわけで、ここからはおすすめのVRゴーグルをご覧に入れましょう。使い方の違いから、3種類に分けて紹介していきます。

    ・PCやゲームなど外部機器につないで使用するVRゴーグル
    VRゴーグル単独では機能せず、PC、あるいはゲーム機に接続して使うのを前提とするタイプ。初期設定のわずらわしさは確かにありますが、PCなどの高い処理能力を活用できるメリットは非常に大きいです。

    ・本体だけで楽しめるスタンドアローンのVRゴーグル
    PCなど他の機器を必要とせず、ゴーグルのみでVRコンテンツを楽しめるタイプ。ケーブル類にわずらわされることがなくて快適な反面、メモリの制限から大容量の高品質ゲームなどは遊べないデメリットも。

    ・スマートフォンのVR映像を視聴するスマホ用VRゴーグル
    手持ちのスマホを活用し、本体にセットするだけで簡単にVRコンテンツが楽しめるタイプ。価格帯としても2~3千円台の商品が多く、VR入門に最適です。しかし画質、音、機能の全てが値段なりで、そこは割り切りが必要。

    PCエロゲを楽しむなら必須!外部機器につないで使用するVRゴーグル3選

    VRで楽しめるアダルトコンテンツは、大きく分けて2つ。1つがAVで、もう1つがPCエロゲです。前者は幅広い種類のゴーグルで楽しめますが、後者は高スペックのPCが必須になります。

    PCエロゲの世界は奥が深く、VR対応の作品も豊富。ただ高画質、高解像で楽しんでナンボなところがあり、外部機器につなぐタイプでないと本領発揮できません。実写との一番の違いは、エロい妄想が歯止めなしに表現できる点。さらにVRとなれば、プレイヤーの欲望まで自由に解放されて…。

    PCとVRゴーグルを接続し、必要な設定を済ませたら、ダウンロードした対応エロゲで遊べます。それでは早速、このタイプのおすすめ機種を3つご紹介しましょう。

    「紹介するVRゴーグル」
    ・OculusRift S
    ・HTC Vive
    ・PSVR

    「OculusRift S」

    販売価格相場 50,000円前後
    おすすめ度 ★★★★★
    おすすめの使い方 PCとつなげばたちまちエロゲの映像美に没頭

    2016年の登場以来、VRブームを力強くけん引してきた傑作「Oculus Rift」。その正統な後継者とも言うべき最新デバイスが、この「OculusRift S」です。解像度の向上やトラッキング方式の変更など、さまざまな改良が加えられています。メガネをかけたままで装着できるようになったのも、大きな前進ですね。

    肝心のVR体験ですが、ゲームへの没頭感は高いですね。
    リフレッシュレートは80Hzという事ですが残像感はまず感じなかったですし、
    装着感も重さを意識する事もなく、装着時の後ろからのダイヤル調整の幅がかなりあるので、
    バランスはGOより良好です。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    新型コントローラーには賛否両論ありますが、前作と比べなければ軽くて扱いやすいのひと言。新型フレネルレンズも明るく、視野角も十分。エロゲに登場する女性キャラの素肌を、はしからすみずみ楽しむのにもうってつけです。ヘッドホン内蔵になり、アヘ声や吐息も労なく堪能できます。

    詳細はこちら⇒OculusRift S

    「HTC Vive」

    販売価格相場 80,000円前後
    おすすめ度 ★★★★☆
    おすすめの使い方 スペースを確保してエロゲ内空間を歩き回れ

    心地よい装着感と2160×1200ドットの高解像度、90Hzのリフレッシュレートを誇るHMDが、この「HTC Vive」です。エロゲはそのゲーム性もさることながら、やはりビジュアルが命。VRでエロシーンを楽しもうとするなら、画質のクオリティだけは絶対に妥協できません。

    他の方もいわれていると思いますが、HTCviveの良さは、PSVRに無い空間で遊べる事です。
    (中略)
    2個のセンサーで遊ぶ空間を指定してあげてVR空間を歩きまわれます。
    これがすごく画期的でホントに仮想空間にいると実感できます。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    2m×2mほどの空間が必要ですが、センサーを使ったルームスケールVRが本機の大きな魅力。大ヒットしたVRアダルトゲー「VRカノジョ」なら、「HTC Vive」を使ってゲーム内の部屋を移動することも可能です。ハンパないその没入感は、エロゲの限界突破とすら言えるでしょう。

    詳細はこちら⇒HTC Vive

    「PSVR」

    販売価格相場 33,000円前後
    おすすめ度 ★★★☆☆
    おすすめの使い方 エロゲは諦め、VRのAVを楽しみましょう

    PS4を持ってる人なら、VRゴーグルと聞いてまず思い浮かべるのが「PSVR」でしょう。最近は値段もこなれてきてますし、これでエロゲが遊べれば文句ナシなんですが…。まず結論から申しますと、いわゆるPCアダルトゲームを遊ぶことはできません。となるとあとは、PSVR用に出たエロいソフトに期待するばかり。

    とにかくすごい。感動する。ゲームの世界に入れる。
    買って体験するまでは、ここまで素晴らしいものだとは思っていなかった。
    ただ、言葉では素晴らしさを伝えられない。今までなかったものだから。新たな体験だから。俺に語彙力がないから。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    この価格で相当すごいVR体験をさせてくれるー、それはもう間違いありません。最大のハードルは、コンシューマー機ゆえのエロ要素。ゴア表現も規制されますが、Hシーンはさらに厳しくハードなエロゲは現状皆無です。裏技がなくはないですが、誤作動・不具合の連続。PCエロゲは諦め、VRでAVを楽しむのが賢明でしょう。

    詳細はこちら⇒PSVR

    手軽に臨場感のあるVRアダルトを堪能!スタンドアローンのVRゴーグル3選

    本体と接続する外部機器が要らない、スタンドアローンタイプ。筆者が一番使い勝手が良いと感じたのは、配線にわずらわされない所です。ケーブルがいかにVRの没入感を妨げるか、あらためてわからせてくれたとも言えます。

    外部機器要らずと言ってもスマホは必要で、専用アプリをダウンロードしてデバイスとの同期や設定を行います。しかし最初に1回済ませてしまえば、あとはHMDのみで大丈夫。

    手軽にVRアダルトコンテンツを堪能したいなら、このタイプがベストでしょう。無造作に寝転がって見るAVは、シコりやすくてもう最高(笑)。エロゲというよりアダルト動画メインでVRを堪能したい人なら、値段も手頃でとにかくおすすめです。

    「紹介するVRゴーグル」
    ・OculusGo
    ・OculusQuest
    ・Mirage Solo

    「OculusGo」

    販売価格相場 32,000円前後(64GB)
    おすすめ度 ★★★★★
    おすすめの使い方 寝っ転がってVRでAV!に最適なゴーグル

    メガネをかけたままでOK、コントローラーは単三電池駆動、本体のほかにPCもPS4も要りません。スタンドアローン式のVRゴーグル、その代表とも言えるのがこの「OculusGo」です。

    5.5インチディスプレイ、解像度も2560 × 1440ドットと高く、映像命のアダルトコンテンツにはもってこいの性能。スピーカー内蔵ですが音質はイマイチなので、手持ちのイヤホンを流用しましょう。

    VR映像は撮る側の力量にも大きく左右されるので購入する際は
    評価が高く、出来るだけ最近の高解像度なもの(FANZAならHQ版)を選ぶと失敗も少ないかと思われます。
    クオリティの高いものは本当に「会っている」ような錯覚を起こすほどです。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    AVのVRコンテンツ視聴目的で購入したユーザーは、かなりの割合で大きな満足感を得ています。ケーブルレスで軽量ですから、ヌキたい時にさっと装着して使えるのは便利。もっと安価な32GBもありますが、64GBがおすすめです。

    詳細はこちら⇒OculusGo

    「OculusQuest」

    販売価格相場 50,000円前後(64GB)
    おすすめ度 ★★★☆☆
    おすすめの使い方 OculusLinkでアダルトVRも身近に

    コントローラー「OculusTouch」の使い勝手がすばらしい、スタンドアローンのVRゴーグル。スマホに専用アプリをDLすれば、たちまち3D世界が広がります。プレイエリアの設定一つで、机や壁にぶつかる心配もありません。

    没入感がすごすぎて、心臓の弱い人はホラーコンテンツ要注意。でもアダルトコンテンツなら、問題ありませんよね(笑)。発売当初はエロ系皆無でしたが、2019年11月19日のアップデートでDMM動画にも対応しました(ただしPCとの接続が必要)。

    Oculus Linkが11月より提供開始ということで、VRゲームを動かせるPCさえあれば、USB-C接続でRiftSのゲームも遊べるようになるようです。
    加えて2020年にはコントローラーを使わずに素手で使用可能になるとのこと。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    アップデートで今後ますます化けそうな、そんな予感がプンプン。ただスタンドアローン機としてどこまで進化するのか、もう少し見守りたい気もしますが。

    詳細はこちら⇒OculusQuest

    「Mirage Solo」

    販売価格相場 33,000円前後
    おすすめ度 ★☆☆☆☆
    おすすめの使い方 性能は上々!しかし肝心のエロコンテンツが…

    110°の広い視野角、VRに最適化された2560×1440ドットの高解像度。スタンドアローン型のゴーグル「Mirage Solo」は、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」から多様なコンテンツを利用可能です。

    Androidスマホを使い慣れた人なら、設定はほとんど同じやり方。650gほどありますが、装着感が良くあまり重さを感じさせません。ストレージ容量は64GBですが、256GBにまで対応したmicroSDカードスロットを備えています。

    スタンドアロン端末として、解像度、6DoF含めた反応の良さ、使い勝手は十分。
    一方で、顔に当たる部分のクッションが交換できなかったり、固定バンドが畳めないなどせっかくのスタンドアロン端末なのに持ち出したり共有しにくい点はマイナス。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    スペックを比較すれば、「OculusGo」を上回ります。しかしコンテンツ量が圧倒的に不足、とくにアダルトコンテンツは非常に少ないです。エロ用途での購入は、正直おすすめできかねます。

    詳細はこちら⇒Mirage Solo

    VRアダルト入門なら価格が安いこのタイプ!スマホ用VRゴーグル3選

    最後は、スマホを装着して使うタイプのVRゴーグル。価格もケタが1つ違う安さで、入門用には間違いなく最適です。しかし一方で、画質や没入感も値段なり。それでもVR初体験のビギナーなら、おそらく感動をおぼえるでしょう。

    スマホにアプリをDLし、見たい動画を再生。ゴーグルのカバーを開けて装着すれば、準備は完了です。リモコンがついていれば、手元での操作も可能。ゴーグル自体は電源要らずですから、配線に悩まされる心配もありません。

    全てはスマホの性能次第、といったところでしょうか。格安スマホだと、そもそもVR動画の再生に対応していないこともあります。手持ちのイヤホンが使えて、ピント調節ができる機種がおすすめです。

    「紹介するVRゴーグル」
    ・SAMONIC 3D VRゴーグル
    ・Canbor VRヘッドセットゴーグル
    ・Homido VRヘッドセット

    「SAMONIC 3D VRゴーグル」

    販売価格相場 2,500円前後
    対応しているスマホ ・Android端末(4.0~6.0インチ)
    ・iPhone(4.0~6.0インチ)
    おすすめ度 ★★★★★
    おすすめの使い方 装着感良く目にもやさしい!AV視聴に最適

    「SAMONIC 3D VRゴーグル」は、3千円を切るお手頃価格でアダルトコンテンツがばっちり楽しめる人気アイテム。対応するサイズのスマホを装着すれば、すぐにVR動画が楽しめます。

    スマホ用ゴーグルでは、ピント合わせが非常に重要。その点、本機は瞳孔間距離と焦点距離で細かく調整ができます。レンズにもこだわりがあり、非球面光学レンズ採用でブルーライトをカット。AVを長時間楽しんでも、目が疲れにくい作りです。

    着けてみたら、ちょうどよい重さで、長時間の視聴でも疲れませんでした。
    T字のベルトですので、とても安定してます。
    はじめてのVRの映像は、とても迫力がありまして興奮します。
    リモコンも、とても握りやすく、操作もしやすかったです。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    付属するイヤホンは、取り外しが可能。音質はそれなりですから、手持ちのイヤホンを流用できるのはメリットですね。オキニ女優のアヘ声は、やっぱりイイ音で楽しみたいですから。

    詳細はこちら⇒SAMONIC 3D VRゴーグル

    「Canbor VRヘッドセットゴーグル」

    販売価格相場 3,000円前後
    対応しているスマホ ・Android端末(4.0~6.3インチ、厚さ10mmまで)
    ・iPhone(4.0~6.3インチ、厚さ10mmまで)
    おすすめ度 ★★★★★
    おすすめの使い方 突然の電話もOK!だからAV視聴がはかどる

    「Canbor VRヘッドセットゴーグル」は、120°もの広視野角がもたらす没入感が魅力のアイテム。VRのアダルトコンテンツを、最高の臨場感で堪能できます。PMMA非球面光学レンズを採用しており、目に良くないブルーライトをカットしてくれるから安心です。

    耳まで包み込む高品質ヘッドホン搭載で、スマホがあれば本当にすぐ動画視聴を始められます。メガネをかけては使えませんが、ピント合わせ機能が充実しているので裸眼で全く問題なしです。

    焦点距離に関しては調整ダイヤルで簡単に調整ができるので、いつも一番良い状態でVRを楽しんでいます。
    操作方法もとてもシンプルで扱いやすいです。もちろん急な着信にも対応しやすい操作性なので、家族や会社から電話がかかってきてもすぐに対応できます。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    スマホを固定する留め具が動き、頭のサイズに合わせて調節が可能。Bluetoothコントローラーが付属し、フィット感もきわめて良好です。

    詳細はこちら⇒Canbor VRヘッドセットゴーグル

    「Homido VRヘッドセット」

    販売価格相場 7,000円前後
    対応しているスマホ ・Android端末(最新機種のほぼ全てに対応)
    ・iPhone(最新機種のほぼ全てに対応)
    おすすめ度 ★★★☆☆
    おすすめの使い方 目が疲れにくいレンズで、長時間視聴もOK

    フランス生まれのスタイリッシュなデザイン、103°の高視野角でバツグンの没入感を実現したVRゴーグルが「Homido VRヘッドセット」です。小型ながらレンズは十分大きく、またスマホ装着型のゴーグルの中ではずば抜けた密閉性を誇ります。外から光が差し込むことも、非常に少ない作りです。

    安価なVRメガネが目が疲れるので、少々高いこちらを買ってみました。
    見え方は安価なモノと同じだと思いましたが目が疲れません。さすがレンズが良いのでしょう。
    このレンズだけで買ってよかったと思いました。
    引用:Amazonのカスタマーレビュー

    評判の良いレンズですが、問題は曇りがちなこと。密閉性の高さが原因かもしれませんが、せっかくの没入感がそがれるのは難点です。2~3千台のVRゴーグルに比べ、たしかに筐体は堅牢に作られています。しかし映像の見え方に大きなアドバンテージはないため、そのあたりを納得した上で購入しましょう。

    詳細はこちら⇒Homido VRヘッドセット

    VR対応ゴーグルをゲットしてアダルトVRを見まくろう!

    使い方の違いを基準に、VR対応ゴーグルを紹介してきました。アダルトコンテンツ利用に特化して評価すると、機種により明暗が別れましたね。

    ゴーグル自体の性能に加え、PCのスペックや対応するコンテンツ数も重要です。ご自身の用途をふまえ、複数の観点からVRゴーグル選びを行うことが大切でしょう。

    自分にぴったりのゴーグルを手に入れて、今が旬のVRアダルトコンテンツを堪能しましょう。以上、風俗部編集部がお届けしました。

    ◯関連記事
    VR対応のアダルトアプリまとめ!没入感が半端ないエロゲや動画を手軽に楽しもう
    FANZAアダルトVR動画の始め方|愛用者必見のおすすめメーカーも伝授