暗闇のセクキャバで本番までヤッた体験談|Fカップ美女との強制性交やウブな童貞卒業など

289 views

セックス

暗闇 セクキャバ
セクキャバには様々なハプニングがあるといわれます。キスをしたり、おっぱいを揉んだり、アソコをさわっているうちにどんな男女も興奮してきて、一線を越えてしまう可能性だってあるのです。 今回は、風俗部独自調査によって集めた「セクキャバで本番しちゃった」体験談をご紹介します。匿名の男女が明かしてくれた、嘘みたいな本当のエッチな話を、風俗部ライターが厳選。読むだけでもムラムラしちゃう体験談特集が完成しました!  

暗闇にまみれセクキャバで女のコと本番までヤッた男性たちの体験談を紹介

今回はセクキャバを舞台にした体験談紹介ということで、やはりセクキャバ好きな方には見逃してほしくないですね。またセクキャバに興味がある方にもぜひご覧いただきたい! 風俗部では、独自にエッチな調査を実施しています。その中で、自身が体験したエッチなエピソードも募集。そこで集まった数々のエロい体験談の仲から、セクキャバにまつわる話を厳選しました! ・セクキャバのNo.2嬢に強制枕営業 ・セクキャバ嬢の彼女とお店でこっそりセックス ・童貞男子がセクキャバで童貞卒業 といったセクキャバ好きなら興奮必至な体験談を紹介していきます! また今回のエピソードはすべて風俗部ライターが添削、脚色(セリフなど最低限の範囲)をしています。内容は匿名の方たちから教えていただいたままなので、現実にあった話だと思ってご覧ください!  

【体験談①】セクキャバのNo.2嬢を指名!その場で枕営業させちゃった話

暗闇 セクキャバまずは、30代男性Tさん(仮名)に寄せていただいた話です。 セクキャバは、キャバクラと風俗の間のようなお店で、在籍している女のコたちにはもちろん競争意識があります。指名が多ければそのぶん給料も上がりますし、人気だって獲得できます。そんな女の世界で生きる1人のセクキャバ嬢とのエッチな体験談です。

ある日、接待でセクキャバへ行くことに

僕はある商社に勤めています。自分でいうのも何ですが、優秀な大学を出て、鳴り物入りで今の会社に入りました。いわゆるキャリア、エリートコースというやつです。出世までもまっしぐらで、毎日が充実するばかり。 そんな自分ですが、20代後半にしてまだ独身。30歳になる頃には両親がお見合いをセッティングして、無理やりにでも結婚させると息巻いていましたから、自分としては「20代は遊び尽くしちゃおう」と思っていたわけです。 ある日、取引先の接待でセクキャバに行くことになりました。場所は都内の歓楽街。結構有名なお店です。 話によると、そのお店のオーナーが取引先の社長と親しいとかで、そちら同士の付き合いも兼ねていたようです。まさか接待で毎回そんなお店には連れて行ってもらえませんよ。

ナンバーツーのセクキャバ嬢とご対面

豪華な外観のお店に入ると、中は普通のキャバクラのような感じでした。ソファーとテーブルが並び、お客さんの隣に女のコが座り、一緒にお酒を飲んだりトークをしたり。そしてセクキャバなので、それ以上のコトもあるみたいです。 僕は取引先の方に促され、VIPルームに入りました。そこはカップルシートと小さなテーブルがあり、個室のように区切られていました。大学の頃に好奇心で入ったピンサロを思い出しましたね。 待っていると、スタッフから「当店No.2の女のコがいるので、どうですか」といわれ、僕は流れに任せて「じゃあそのコで」と頼みました。 すると間もなく、そのNo.2「ミカ(仮名)」が登場。キャバ嬢のようにきらびやかなドレスではなく、シースルーの衣装を身につけていました。店内は薄暗いのですが、それでもうっすらとおっぱいが透けて見えます。 「はじめまして。ご指名ありがとうございます。ミカです」 ていねいに会釈をされ、僕も軽く頭を下げました。 ミカの容姿はやや幼く、つぶらな瞳が印象的でした。芸能人でいうと広瀬すずさんにもちょっと似ています。黒髪のミディアムヘアに、体格もちょっと小柄です。僕はけっこうタイプだったので、その時点で「ラッキー」と思いましたね。

Fカップ巨乳ボディをさわり放題

僕とミカはすぐ打ち解けました。僕は人見知りな方なのですが、ミカは自分から話題を振れるタイプ。個室形式のVIPルームだったのも助かりました。 ひとまずお酒で乾杯し、僕らは少しの間だけ話をしました。するとミカはフフッと笑って、 「Tさん。ここはセクキャバだから好きにさわっていいのよ」 と言いました。そしてシースルーの衣装をはだけさせ、上半身だけあらわに。顔立ちの幼さに比べて、胸は立派なモノでした。聞いてみるとFカップあるそうです。ずっしりと重量感があり、下からの揉み応えは最高。この世の楽園みたいな感触です。 僕は夢中になって、ミカの背中に手をまわし、後ろから両胸を揉みしだきました。乳首の色味は薄く、まだ男をそれほど知らなそうなところにも惹かれましたね。 胸を揉んでいると、ミカが顔をこちらに向けたので、僕らは自然にディープキス。舌を絡め合ったあと、 (こんなにいやらしいキスは禁止なの) ささやき声で言います。お店ではフレンチキスだけOKらしいです。ディープキスをすると女のコがその気になっちゃうからだとか。その時点でお察しですよね。ミカの瞳はとろんとして、誘うオンナの目に変わっています。僕もズボンの中もすっかり臨戦態勢でした。

ナンバーワンにする約束をして本番セックスをゲット

僕は提案をしました。それは「今後もミカを指名し続けて、お店のNo.1にしてあげる」こと。ミカも内心では、1度くらいNo.1になってみたかったそうです。 「本当にTさんだけの力でできるの」 「わからない。だけど努力するよ。これからずっと通うから」 ミカはまたキスをせがみ、舌を絡めあったまま「気持ちだけでも嬉しいよ」と言いました。そして僕のひざの上に乗ると、もぞもぞと下着をずらして、オマンコを露出。周囲にはバレないように僕のズボンのジッパーも開き、ペニスを取り出すと、 (まわりにはイチャイチャしてるようにしか見えないから…) 僕は黙ってうなずき、ミカのオマンコが僕のペニスを飲み込むように迫る感触を堪能しました。ミカの膣内は熱く、愛液でヌルヌルです。奥まで亀頭が到達すると、ミカは「あっ…」と小さく喘ぎ、それからじっと感触だけを楽しみました。 いわゆるスローセックスです。激しく動けない状況だから、オマンコに包み込まれたまま、ペニスが内部で少し動くだけ。反り返る動作でGスポットにあたるらしく、ほんのわずかな動作だけでも気持ちイイみたいです。 そのうちミカが「イク…」と言って、腰をビクンとさせました。同時に膣内もギュッと締めつけ、僕も思わず射精。ドピュドピュと精子が飛び出すたびにミカも感じるらしく、僕の手をぎゅっと握っていました。

ミカは普通のキャバ嬢になりました。

僕は約束通り、セクキャバに通い続け、ミカを指名し続けました。 だけど僕が常連になっただけで1番になれるほど甘い世界ではありません。ミカはそのうちNo.2どころか3番目4番目と落ちていき、お店を辞めました。 聞いたところ、ミカはカラダを売るのは嫌らしく、それからは普通のキャバクラ嬢に転職しました。もちろん僕もお店に通い続けています。 ミカはセクキャバ時代、僕が指名すると必ず本番行為をしてくれました。ミカも僕も、スリルと愛情を同時に感じるあのスローセックスが好きだったのです。 ただそれ以来、僕らに肉体関係はありません。ミカは僕のことが好きだったのか、一時の遊び相手だったのか、わからないですけど。僕はもうすぐ30歳になるので、両親にお見合いをさせられる前に、ミカにプロポーズしてみようと思っています。  

【体験談②】彼女はセクキャバ嬢!こっそりお店でセックスした話

暗闇 セクキャバ続いて20代男性Mさん(仮名)にいただいた話です。 水商売の女性に惚れてしまうことは、男性なら1度は経験ありますよね。ですがこの話は、出会った彼女が実はセクキャバ嬢で、カップルだということを内緒にして、こっそりお店でヤッちゃったエピソードになります。 セクキャバを舞台にしたアブノーマルなカップルによるエッチな展開です。最高に興奮しますよ!

合コンで出会ったコと付き合うことに

数年前のこと。僕は都内の大学に通っていました。といっても親の金で無理矢理通わされたようなもので、勉強もスポーツも頑張っていません。家が自営業なので、後を継ぐだけでしたし。 そんな僕が夢中になったのはサークルです。キャンプサークルとかいう、名ばかりのヤリサーに入って、合コンとセックス三昧な日々を送っていました。同じような考え方の男だけじゃなく女の子もいっぱいいて、毎週のようにコンパを開催して、ちょっとでも好みの子だったら即お持ち帰り。アパートかラブホでパコりまくるわけです。 そんな日々の中で出会ったのが、今の彼女のサトミ(仮名)です。体の相性はもちろんですけど、ノリも良いから一緒にいて楽しかったので、僕から告白して彼女にしました。向こうも「全然いいよー」みたいな感じで。

彼女がセクキャバ嬢だと発覚!

サトミと付き合いはじめてから、僕は一応、真面目に生まれ変わりましたね。合コンはサークルの大事な催しなので参加しましたけど、お持ち帰りはやめました。ライン交換くらいまではOKで、2人で会ってご飯くらいならOK。ヤるのはNGですね、さすがに。 サトミは学部が違ったので、大学内でほとんど接点はなかったです。連絡は取って、デートはして、セックスもして。おっぱいも大きくて、マンコも乳首も綺麗ですし、毎週ヤッても飽きるような安っぽい女じゃありませんし。 上手く行っていたはずですけど、ある時、サトミの異変に気付きます。ブランド物とかジュエリーをやたら身につけるようになって、おかしいなと思ったんですよね。 サトミも見た目は派手ですから、絶対キャバクラで働いてるなと思って聞いてみると「うん、働いてる」って。 それで「どんなお店?どこの?」って聞いたら「〇〇町のセクキャバ」って答えたんです。 セクキャバとキャバクラの違いくらいわかります。風俗じゃないけど「おっパブ」くらいのエロいサービスはしますよね。するとサトミは「ハードじゃなくてソフトセクキャバだから全然普通」って開き直るんです。 「ソフトだろうがセクキャバはセクキャバだろ…」ってマジで思いました。

彼女に内緒でお店に突撃!

僕は他の女とヤるのはやめたのに、サトミがバイト先で男にソフトタッチされるのは納得いかないです。僕はサトミが働いているお店(町名は聞いていたので調べ上げた)に突撃しました。 源氏名もリサーチ済みだったので、お店に入って指名すると案の定、透け透け衣装で風俗嬢みたいな格好のサトミが登場。 「えー、何でいるの」 サトミは驚きながらも声は小さめに、愚痴りました。僕は手招きして、サトミを隣へ。席はカフェみたいな感じで、見渡すと別の客も女のコをおっぱいを揉んだりキスしたり、アソコをなでなでしたりしています。ようするにサトミも同じことをしているわけですね。 「何でこんなバイトしてるんだよ。他にあるだろ」 「だって時給高いし」 「高いだろうけど、お前…」 サトミのおっぱい透け透け(+パンティ透け透け)の姿を見て、僕は落ち込むと同時に、ちょっと興奮してきました。どうせ説得できるような女じゃないので、こうなったら僕も状況を受け入れて、楽しみ尽くしちゃおうと思ったわけです。 彼氏ですから、当然サトミも拒絶はしません。適当なお酒を2人で飲みつつ、僕はキスや乳揉み、下着の上からオマンコソフトタッチを堪能。すると部屋やラブホでするよりも、めっちゃスリリングで興奮することを発見しました!

まわりに内緒でセックスしちゃう!

スリル満点のイチャラブを楽しむのもいいですけど、僕とサトミはカップルなので、セックスしちゃおうと思いました。お店は薄暗いですし、何か誰もまわりにいないし。どうせバレないでしょう。 「サトミ。ここでヤッちゃおう」 「嘘でしょ。やばいって」 「大丈夫だって。誰もいないじゃん、ほら」 「もう…」とサトミは納得していない様子。付き合っているんだし、関係ないですよね。 それから僕らは、ハード系セクキャバでもできないようなプレイを楽しみました。僕は座ったまま、サトミは床に膝をついてピンサロスタイルでのフェラとパイズリ。ソファーでシックスナイン。ついでにイラマチオも。 サトミも結局ノリノリになって、ズコバコハメまくりました。対面座位でピストンしながら、おっぱいを舐めたりキスしたり。テーブルに手をついてもらって、バックでパンパン軽快な音も鳴らしました。お店にはBGMが大音量で流れているんで、僕らのパコパコ音も絶対聴こえません。 フィニッシュは正常位で。しかもサトミは盛り上がり過ぎたせいか、中出しをせがんできたんです。もちろん精子をどっぷり注ぎ込んであげました。残念ながら赤ちゃんはできなかったですけど。 家やホテルのベッドよりも、セクキャバでセックスするのは最高でした!

セクキャバでのこっそりエッチにハマった青春時代

僕らはすっかりセクキャバでのセックスにハマってしまい、あれから何度もお店でパコりました。大学卒業と同時にサトミも就職したので、それからはできなくなりましたが。 僕らは結局、結婚して今も一緒にいます。お互いにあの頃のセクキャバが忘れられなくて、家のひと部屋をセクキャバ風にしました。ソファーとテーブルを置き、薄暗い照明とBGMで演出し、それらしくしています。夫婦の営みはベッドルームではなく、もっぱらセクキャバ風の部屋です。 サトミが他の客から体をさわられながら働いていたのはムカつきますけど、今となっては結果オーライですね!  

【体験談③】エロ過ぎるセクキャバ嬢が童貞男子の初体験をいただいちゃった話

暗闇 セクキャバ最後は女性側の体験談になります。お話をしてくれたのは20代女性Sさん(仮名)。 Sさんはセクキャバ嬢として働き、数々のハプニング的な体験を多くしているといいます。中でも本人にとって思い出に残っているのが今回の話とのこと。世の男性はとても羨ましくなるエピソードですよ!

セクキャバ嬢として働く私

この話は数年前のことです。私は関東のある街のセクキャバで働いていました。 セクキャバはセクシーキャバクラのことで、普通のキャバみたいにお酒も出しますけど、おさわりもOKなお店です。 私は色々あって、まとまったお金が必要だったので、学生時代から数年間セクキャバで働きました。 セクキャバでの接客は、マナーとかトークとかはあまり厳しく言われずに、とにかくお客の指名を取るのが優先でした。そのためなら多少お店のサービス以上のことをしても、実際は黙認されます。売上が伸びれば、まあそれでいいんです。 現にお店の売上トップの子たちは、お客にこっそりとエッチなことをしていました。互いの自己責任というか、ハプニングだから仕方ないというか、店内は暗いので実際何をやってるかなんてわからないんですよね。

指名してきたのはウブな童貞クン

ある時、私に指名が入りました。 秘密のサービスは一切なしのバカ真面目なセクキャバ嬢をしていた私は、常連もほとんどいなかったんですけど。誰かなあと思って、お店に出ました。 「あ、Sちゃん。そこ。2番目の席ね。よろしく」 「はーい」 私はその席に向かいながら、待ってるお客さんを見たんですけど、見覚えはなし。一見さんか、どんな人かなと思って、席の前に立ちました。そして挨拶。簡単に自己紹介して、隣に座ります。 お客さんは若い男の人。年齢は20代。特徴らしい特徴はなくて、普通の髪型に普通の顔。少しシャイかなと思ったけど、その勘は当たり。でもセクキャバには珍しいタイプかなと思いました。 名前を聞くと、男の人はタカ君という名前でした。お酒を頼んで乾杯して、少しお話。すると彼は女性経験もなくて、こんなお店に来るのも初めてだと言います。勇気を出してセクキャバに入ってみたらしいです。 その子のちょっとフェミニンな見た目と、そんな事情に、私も母性本能をくすぐられたのかな。初対面からすぐにタカ君って呼んで、何だか親しみやすくなったんです。

童貞クンに特別サービス全開

私は彼の体に寄りかかって、とびきりサービスをしてあげました。といってもセクキャバ嬢から攻めるのはご法度なので、タカ君にあれこれ指示します。 「ほら、おっぱい柔らかいでしょ?」 「下もさわっていいのよ」 「キスしよっか」 何もかもが初めてだというタカ君。私のおっぱいにふれて、指をおっぱいに食い込ませてきます。むにむにと揉んだり、乳首を優しくつまんだり。不器用だけど大胆な揉み方に、私もつい興奮しちゃいました。 うちのお店は、ディープキスもOK。下着の上からなら性器のおさわりも大丈夫。タカ君の手が私のアソコを撫でるたびに、中からムズムズ気持ちよくなって、濡れているのが自分でもわかりました。 口はキスで塞いだまま。舌を絡めると、向こうも少しずつ動かして、私たちは本物のカップルみたいにディープキスをたっぷりしました。つい唾液もいっぱい出して、オクチの中に流し込んで、ごっくんさせちゃったかも。 私はキスをしていた口を離し、タカ君の耳元で誘惑してみます。 (ねえ、もっと気持ちよくなりたい?) え?と聞き返す彼の姿が可愛くて、私はすっかり痴女になっていました。童貞クンとイチャイチャするのは初めてだったから、貴重な体験に思えたんですよね。反応の1つ1つが可愛くて、もう食べちゃいたいくらいでした。

セクキャバで禁断の筆おろし

セクキャバで本番はもちろん禁止です。でもうちのお店では、女のコがお客のひざの上に乗っていると「多分ヤッている」と思って、スタッフは近付きません。そうやってみんな指名を取ったり、パトロンを作ったりしているんですよ。 そんな仕事の仕方はしなかった私でも、童貞クンのウブな反応には耐えられなくて、本番しちゃいました。 まず彼のひざの上に乗り、彼のズボンのファスナーをこっそり開けました。中を探ると、もうムクムク大きくなったオチンチンを発見。手でつかんで外に出し、私も下着をずらし、まずは亀頭と膣口をキスさせました。 彼の我慢汁と私の愛液がふれて、ねっとりつながる感覚がわかります。そのまま私は腰を落として、彼のオチンチンをアソコに入れました。 想像以上に勃起して、サイズも大きかった彼のオチンチン。奥まで入ると子宮がズンズン刺激される感じがして、私も頭が真っ白に。それからよく覚えてないんですけど、喘ぎ声もちょっと出たかも。いかにも童貞っぽい男の子に欲情して、襲いかかった悪いお姉さんみたいに見られたかな。 他に出すとこなんてないので、中出しで終了。私は名刺に電話番号とラインのIDを書いて、彼のズボンのポケットに突っ込みました。見送った後、彼の中出しした精子で、下着までベトベトでした。

童貞クンを彼氏にしてみた

私はあれからすぐ、お店を辞めました。童貞男子を食べちゃったからじゃなくて、お金が貯まったから普通に辞めたんです。 彼とは連絡を取り合い、私から告白して付き合うことに。彼の初々しさが可愛くて可愛くて、ほとんど毎晩セックスしました。彼はどんどん垢抜けて、セックスも上達しちゃって、私としては嬉しいような残念なような。結局よくあるカップルになって、ケンカをした時に勢いで別れちゃいましたけど。 セクキャバ時代には、いやらしさ全開のおじさん(私は好きじゃないかも…)とか、お金で本番誘ってくる人とかいましたけど、やっぱりシャイな男子が1番可愛いです。欲求不満になっちゃったら、またセクキャバで働こうかな。  

セクキャバにはスリル満点なハプニングがいっぱい!

いかがでしたか?今回は、風俗部が独自リサーチして集めた、セクキャバにまつわるエッチな体験談をご紹介しました! ・セクキャバのNo.2嬢に強制枕営業した話 ・セクキャバ嬢の彼女とお店でこっそりセックスした話 ・童貞男子がセクキャバで童貞卒業した羨まし過ぎる話 今回選んだのは、上の3つのエピソード。エリート男性がセクキャバ嬢を落として本番したり、実はカップルの男女が店内でこっそりヤッたり、セクキャバ嬢が童貞男子を筆おろししちゃうなど。シチュエーションも様々な話を厳選しています。 セクキャバでは、本番は禁止。本番がOKだと風俗店扱いになりますね。この話を真に受けて本番行為を迫ると、違法にあたる可能性は高いので注意。 ですが、自然流れでハプニングが起こる可能性はもちろんあります。ぜひセクキャバに通って、今回紹介したエピソードのようにエッチな展開を実体験してみてはいかがでしょうか! 以上、風俗部編集部がお届けしました。   ◯関連記事 ・オナクラの体験談5選|ロリ嬢と3P・JKのおしっこプレイは必読! JKにクンニした体験談|ギャルJKによる逆痴漢やリフレ嬢との夢のひと時など

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。

相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?



セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なハッピーメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ハッピーメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

ハッピーメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。
ハッピーメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。



全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上



パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

ハッピーメールが女性に人気の3条件


・匿名可能で知り合いにバレない

・渋谷や六本木のビルに広告が掲載

・女性誌で話題


と知名度が高く安心して使えるからです。

18年も運営をしている老舗で登録者も2000万以上



ananやGLITTERなど有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。

ハッピーメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとハッピーメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

ハッピーメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

期間限定でポイントが最大1.4倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定ポイント増量キャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!


今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とポイント増量キャンペーンは予告なく終了してしまいます。

おトクにポイント購入できるラストチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

登録は1分で完了