dm300_250 dm300_60 テンガ 愛特急2006浜松店 出会い系サイト デリーベアー [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

需要が増えている!最近話題のシニア、高齢者向け風俗ってどんなもの?

11,718 views

風俗コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者向け風俗は需要が高まっている

平均年齢が伸びたせいか、最近の高齢者は年齢の割に若々しく見える人が多いようです。

そうなると、当然ながらセックスも健在ということになりますから、最近の高齢者はいわゆる「枯れた存在」ではなくなっています。

現実に最近の高齢者は性欲旺盛で、風俗に通う高齢者も年々増える傾向にあるといわれています

いまや、風俗遊びは若い世代だけの特権ではなくなりつつあるようです。

高齢者向け風俗店の需要が増えている

こういう時代背景を見越して、10年くらい前からシニア向けの風俗店が出始めていますが、現在ではチェーン展開している高齢者向け風俗店もあるほどの盛況ぶりです。

つまり、それほどシニア向け風俗の需要が増えているということなのです。

高齢者の中には、

「若い女の子の肌に触れたい」

という願望を持つ人が意外に多いようです。

風俗に行けば簡単にそれが叶えられるので、風俗通いをする高齢者が増えているわけです。

ちなみに、高齢者の風俗利用が増えたのは、年金制度のおかげだといわれています

年金のおかげで高齢者が自由に使えるお金があるので、誰にも気兼ねすることなく風俗通いができるからです。

年金支給日になると高齢者の風俗利用が増える傾向は、以前からあったようです。

それならシニア専門の風俗を作ってみようということで、シニア向け風俗が誕生したのです。

では、シニア向けの風俗とはどんなもので、一般の風俗とどう違うのでしょうか。

シニア向け風俗の特徴

シニア向け風俗(デリヘル)では、60歳以下の利用を禁止しているところが多いようです。

また、シニア向け風俗は、若い男性客向け風俗とはいろんな点で違いがあります。

たとえば、風俗店のHPの文字を大きくして、HP自体もわかりやすく構成されているのもそのひとつです。

違いはそれだけではありません。

サービスの内容が違い

風俗のサービス内容そのものにも、大きな違いがあります。

シニア向け風俗は、あまりヘビーなプレイは避けて、ライトなプレイを中心としたメニュー構成になっているのが特徴です。

もちろん、ライトなプレイを中心にしているのは、お客の年齢や体力、健康面を考慮してのことです。

シニア向け風俗のプレイ内容

高齢者は、若い人のように過激なプレイは求めません。

それよりも、若い女性とゆっくり過ごしたいと希望する人が多いので、外でのデートコースを取り入れる風俗店が増えています。

デリヘルは、一般的に家まで出張して性的なサービスをするものですが、高齢者の場合は必ずしも性的なサービスは求めません

そのためシニア向けデリヘルの中には、恋人感覚でデートできるコースを中心に、メニューを構成している店もあります。

なぜなら、高齢者の中には性的なサービスよりも、おしゃべりしたり軽くスキンシップしながら過ごすことを希望する人が多いからです。

その理由として、高齢者は十分に勃起しない人が多いことが挙げられます

そのため、体の快楽よりも心の充実感を強く求める傾向があるのです。

基本プレイも行える

もちろん、シニア向け風俗にも、普通の風俗と同じようなコースも用意されています。

そのようなコースには、キスやフェラチオ、素股、手マン、クンニなど、風俗の基本的なプレイが盛り込まれています。

高齢者の特徴として、バイブやローターを使ったオプションを追加する人が多いことが挙げられます。

高齢者はあまり勃起できないかわりに、こういったプレイで女性をイカせて楽しもうとする傾向があるようです

SMプレイやコスプレも

また、シニア向けでもSMプレイやコスプレコースなどを用意している店もあります。

シニア向け風俗では、ライトなプレイが喜ばれる一方で、このようなマニアックな店も着実に売上を伸ばしています。

このことから、ひと口にシニア向け風俗といっても、その内容は多種多様に分かれていることがわかります。

シニア向け風俗嬢の特徴

シニア向け風俗で働く女性は、基本的に普通の風俗嬢と変わりません。

しかし、普通の風俗では若い女性でないと需要がありませんが、シニア向けは必ずしもそうではありません。

そのため、

若くなくても働ける

のが、シニア風俗嬢の特徴ともいえます。

また、シニア向け風俗の客は、

それほど風俗嬢の容姿を気にしないと言われています。

だから、普通の風俗では指名がつかないような女性でも、シニア向けなら勤まることも多いようです。

このほかに、シニア向け風俗の大きな特色として、ヘルパー資格を持った風俗嬢が多いことが挙げられます。

普通の風俗ではヘルパー資格は役に立ちませんが、高齢者向け風俗では、これを持っていることが指名獲得につながります。

そのため、在籍している風俗嬢のプロフィールに、ヘルパー資格の有無を記入させる店も少なくありません。

ヘルパー資格を風俗に使うのは、本来のヘルパー資格の趣旨に反するかもしれませんが、これが高齢化社会の現実なのです。

最後に

シニア向け風俗は、今後ますます増えていくことが予想されます。

なぜなら、日本は少子高齢化が加速する傾向にあるからです。

そんな中で、

シニア向け風俗はまだそれほど多くの人には知られていません。

しかし、今後もっとシニア向け風俗が社会に認知されるようになれば、さらに需要が増えることは間違いありません。

高齢者の数は年々増加の傾向にありますから、シニア向け風俗は今後ますます拡大していくでしょう。

Pocket