dmvr300_60 アダルトグッズのNLS 愛AMORE [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

【世界初!?】スペインのセックスドール風俗店が色んな意味で凄かった(前編)

40,778 views

海外風俗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペインのセックスドール店

「人の行く裏に道あり、花の山」……株式業界では誰しもが知る言葉、つまり人と違うことをして儲けをだそうという意味だ。風俗業界も同じく、単なるマンネリセックスだけじゃお客も集まらない。そんな心理が働いているのかいないのかは謎だが、世界の片隅にはちょっとズレた世界が存在しているもの。今回は、日本でもちょっとした話題を呼んだセックスドールの売春宿についてご紹介したい。

【セックスドール】人形相手のセックスなんてどんなもんなのさ?【イケるの?】

経済破綻してもOK!とりあえずバルでビールを飲んで気持ちよく酔ったところで、気持ちよく射精しよう!そんな思考かは分からないが、とにかく風俗の充実度では欧州でも指折りなのが欧州のアフリカ、スペイン!そんなスペインで話題を呼んだ売春宿があるという、その名も”Lumi Dolls”という素敵ネーミングの風俗店だ。

スペイン国内でも物議を呼んだ人形とセックスが出来る風俗店

紺碧の空とカモメが舞う地中海。カラフルなガウディ建築物に埋もれるように、存在感を放つ売春宿それが”Lumi Dolls”。どんな体位でも、どんな無理なお願いも聞いてくれる。それがセックスドールのいいところ。滑らかな素肌と、ウットリするくらい魅惑的な唇、そっとペニスを挿入してみたら、いったいどんな宇宙が待っているのだろう……

ただ風俗産業が盛んなバルセロナに於いても、やはり”Lumi Dolls”は異端な存在であることは言うまでもない。観光客には受けても、結局のところ地元住民には子供の教育にイクナイ!だとかイカガワシイ!との声ばかり。そして地元当局はセックスドールによる風俗店のライセンスが確認できてないと警告をしている始末なのだ。

堂々オープンしたのはいいけれど……

去る2017年2月24日、世界発のセックスドールによる風俗店がオープンした記念すべき日。世界中で驚くべきニュースとして駆け巡ったのは記憶に新しいところ。バルセロナはゴシックエリアにあると言われている”Lumi Dolls”、当初は2体のセックスドールと遊べるということであったが、なんと開店後約1ヶ月で閉店したそうな……

前述にもある通りある種の営業許可に不備があった為、一度閉店しなければならなかったそう。世界初!人形とセックス出来る!と謳った売春宿は1ヶ月という短命の期間のみ営業したという衝撃的すぎる事実、なんとも人騒がせでお粗末な風俗店なのだろうか。

○パツ金、アジア系がお出迎え……計5体の人形が魅惑の世界へ誘う!?

↓↓↓これ人形ですよ↓↓↓

sexdolls1

意気揚々と開店したものの当局の許可が降りず閉店という痛い目をみた”Lumi Dolls”
七転び八起きじゃないけれど、クライシスにも負けず起き上がるカタルーニャ人の魂が再スタートの導火線に火をつけた!?現在は場所を移転し、ひっそりと再オープンしているそうだ!

気になる”Lumi Dolls”のシステムを紹介するぞ!

自慢のドールは計5体。ヨーロッパ系のKaty、Niky、アジア系のKanda、LilyにYokoがバギナにアナルにお口全開で待ってます!なんだか自分の母親と同じ名前のセックスドールがいることには萎えるけど、柔軟な骨格の動きに徹底管理された衛生システムで安全に遊べるそう。因みに多くのプレスで写真紹介されていた、某ミク激似の人形は現在稼働していないので悪しからず。

プラズマTVが設置された心地良い部屋で人形と二人きり、夢のようなあんなプレイこんなプレイが可能。プレイ後には腕枕をしながら映画鑑賞だってOK!自宅出張も可能、コスチュームだって峰不二子並みのセクシーミニスカ、スポーティーなフィットネスタイプ、いやらしさ満開な制服姿等のリクエストも出来ちゃいます!フェティシズムを刺激するセックスドールとのプレイ料金は以下の通り。

✩30分コース……80euro
✩1時間コース……100euro
✩2時間コース……180euro
✩カップル向き1時間コース……160euro
✩お持ち帰りコース……240euro

安いのか高いのかよく分からない値段設定だが、まあ病気の心配せずに遊べるのだからソープよりはお得かも。ちなみに日本人設定のYokoチャンのみ人肌温度37度をキープして抱けるそうだ。バルセロナの売春宿で、日本人設定のセックスドール相手に挿入。こんなバルセロナの遊び方もなかなか粋なものではないだろうか?

【実録】グーグルマップ片手に”Lumi Dolls”に行ってみた!【どこにあるんだ!】

何を隠そうスペイン在住の私だが、野暮用ついでに”Lumi Dolls”の実態を調査すべく取材を敢行してみた。果たしてYokoチャンは私にどんな微笑みを投げかけてくれるのだろうか?(うぅ、母親と同じ名前……)

衝撃の事実!店が見当たらない!

sexdolls2

「この辺りにあるはず……」

35度を超える猛暑の中、日焼けを気にしながら歩くこと数時間……Iphoneのグーグルマップ片手に彷徨えど、一向に店に着かない。額を流れる汗と日焼けに苛立ちを隠せない私はもう一度店のアドレスを確認する為、グーグルマップを更新する。

「!!!!」

住所違うじゃん!焦る私はもう一度更新ボタンを押す。そして表示されたのはまたしても異なるアドレス……フフッ、”Lumi Dolls”の奴、そう簡単には取材をさせないつもりだな!さすが一度書類不備で閉店しただけの器量な訳だ。という訳で私の突撃アポなし取材は撃沈に終わった。

アポなし突入はNG!予約が必須だった

HP上には先程の通り、一応グーグルマップで場所を確認出来るようにはなっている。しかし店の住所はBarcelonaとだけ表示されており、肝心の番地名は伏せてある。要は人形のメンテナンスなり冷やかしを防ぐ為、予約が必須になっているということだ。

予約確認後にレセプションから住所の詳細を教えて貰えるシステムになっているので、予約なしでの来店はNG!スペイン語以外にも英語での対応が可能なので、気になる方はまずメールで予約をしてからレッツゴーだ。連絡先……info@lumidolls.com

まとめ

魅惑の宇宙、セックスドールとのプレイ。そこには一言では語り尽くせないロマンがある。ありそうでなかった人形とのセックスが出来る売春宿、一夏の思い出にピッタリ。はたまたお酌の席では、話しの種にもなること請け合いだ。因みに1345euroから人形の購入も可能なので、興味がある方は検討してみてほしい。

人形の購入はこちらから……http://www.lumidollsstore.com/

因みに後日電話インタビューに成功したので、次回は”Lumi Dolls”のオーナーと一問一答をお届けするぞ!今回も最後までお読みいただきMuchas Gracias!

Pocket