• おっパブマニアが教える。セクキャバ遊びで120%満足する秘訣とは

    930 views

    風俗

    AV女優「伊東麻央」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    キャバクラ以上風俗未満として、さくっとイチャイチャすることが可能なセクキャバやおっパブ。お酒を飲みながら全裸になることなく女の子と楽しめるため、友人や会社の同僚と一緒に楽しむこともできます。

    今回は、そんなおっパブやセクキャバに頻繁に通う自分が、セクキャバで楽しむための秘訣を紹介します。まだセクキャバで遊んだことがない方、必見ですよ!

    前提!3分で分かるセクキャバとは

    セクキャバの遊び方を紹介するまでに、一体セクキャバがどういうものなのかを、たった3分で紹介!セクキャバ未経験者はぜひチェックしておきましょう。

    セクキャバの内容・ルールはディープキス・おっぱい舐めOK(ヌキ無し)

    セクキャバとは、風俗のような過激なサービスはないものの、キスといったキャバクラ以上のプレイが楽しめるお店のこと。同じ意味で、おっパブとも呼ばれることもあります。お店自体は各都道府県の繁華街エリアに集まっており、1人はもちろん、友人や会社の上司など複数と遊びに行く方もいますよ。

    セクキャバ やおっパブでは、主にディープキスやおっぱいへのタッチや舐める行為などか可能。ただしフェラや手コキといったヌく行為はありません。お店によっては女の子の下半身タッチができる場合もあります。

    セクキャバの種類はダウンタイム店とオールダウン店の2種類

    セクキャバは主にダウンタイム店とオールダウン店の2種類があります。
    簡単にまとめると以下の通り。

    ・ダウンタイム店
    ダウンタイム店は一定の決まった時間だけ女の子とイチャイチャできるお店です。ダウンタイムになったら急に照明が暗くなり爆音が流れるので、時間の許す限り濃厚なイチャイチャをしましょう。どのような雰囲気なのかは、下の動画をチェック。

    ダウンタイムの頻度は30分のうち10分間だけなど、お店によって違います。男性が積極的に行かないと、あっという間にダウンタイムが過ぎて、何もせず終わってしまうことも。

    私も最初すすきのに行った時はそうでした。恥ずかしがらず積極的にいきましょう。

    ・オールダウン店
    オールダウン店はダウンタイム店と違って、いつでもイチャイチャできるタイプのお店です。そのため、会話の流れに合わせてイチャイチャしたい方や、時間のことを考えずゆったりと過ごしたい方にぴったり。また女の子側から、タイミングを狙って「触っていいよ」や「足のせていいですか」と声をかけてくることもあります。

    積極的じゃなくてもいい点で、オールタイム店は初心者向きのお店と言えますね。

    簡単に双方のメリットやデメリットをまとめると、以下の通りになります。

    メリット デメリット
    ダウンタイム店 ・ハイテンションのままイチャイチャできる

    ・他人の目が気にならない

    ・イチャイチャできる時間が限られている

    ・初心者には向いていない

    オールタイム点 ・店にいる間、いつでもイチャイチャできる

    ・積極的に対応してもらえる

    ・予想以上の金額になってしまう恐れがある

    ・ダラダラしてしまう場合がある

    店舗の公式サイトや比較サイトでは、ダウンタイム店とオールタイム店のどちらなのかということに関して記載されているため、セクキャバ選びの際には必ずチェックしましょう。

    おっパプやセクキャバの基本的な流れ

    セクキャバによってどのような流れで女の子とイチャイチャできるのかは変わりますが、基本的な流れはほぼ同じ。一般的なセクキャバ の流れは以下の通りです。

    ①[入店] 入店時にはスタッフがその日働いているセクキャバ嬢を紹介します。
    この際に気になる女の子がいる場合は、指名しておきましょう。
    お金を払った後、席へ案内される前にお店の禁止事項やシステムなどが説明されるため、初めての方は必ず聞きましょう。

    ②[席に案内されて、着席] スタッフから席に案内されて着席。指名している場合はその女の子、フリーの場合はその際に空いている女の子が自分のもとへやってきて接客を行います。初めての場合でも、女の子側から「膝の上に座ってもいいですか?」と訪ねてくることもあり、女の子と話すのが自信ない方でも大丈夫ですよ。

    ③[1人目と入れ替わり、2人目の女の子が登場] 基本的にどのセクキャバ も、40〜50分ほどの1セットで2人の女の子が交代しながら男性を接客。フリーで入った場合は、どの女の子がやってくるのか分からず、ワクワクした気持ちのまま遊べます。ダウンタイム店では、必ずどの女の子であっても1回はイチャイチャできる時間が設けられています。また2番目の女の子と遊んでいるあたりから、男性スタッフから延長の有無を訪ねられます。曖昧に答えてしまうと予想以上の出費になるため、考えた上で答えるのが重要。

    ④[2人目と入れ替わり、3人目の女の子が登場] 時間が余っている場合は、3人目の女の子とバトンタッチ。3人目は、場内指名しておいた女の子であったり、1人目の女の子であったり、その時によって異なります。

    ⑤[退店] お店の退店時には、女の子に支払ったドリンク代や延長代を支払って出て行きます。もし何もしていなかった場合は、何もなく退店。もちろん、お店や女の子に良い印象を残したいのであれば、「また遊びに来るよ!」と女の子に別れの挨拶をしたり、「今日は楽しめました」とスタッフに告げたりしておきましょう。

    以上が基本的なセクキャバ ・おっパブの流れです。お店によっては、マンツーマンで1人の女の子と遊べるタイプもあります。

    セクキャバの相場は1セット6000~7000円

    セクキャバの相場は基本的に1セット6,000〜7,000円。もちろん地域によって変動しますが、昼や朝営業しているセクキャバの場合、午前中や昼ごろだけの格安プランが設けられていることもありますよ。

    ただしセクキャバでは、TAXやサービス料がセット料金と別になっているケースが多いです。そのため、ネットで見た料金よりも高くなる場合も。これはぼったくりではなく、よくあるシステムです。優良店であれば明確にTAX料金を記載していたり、セット料金にTAXもサービス料もまとめていたりする場合があります。初心者の方には、TAX・サービス料込みのセット料金にしているセクキャバ がオススメ。初心者を呼び込みたいお店側の中には、「明朗会計!」と主張していることもありますよ。

    【初心者必見】セクキャバ遊びを120%満足度にする秘訣

    セクキャバ を120%満足するためには、コスパが最高な状態であることが大切。つまり、リーズナブルな料金を払った上に、最高のサービスが受けられるようにするという2つのポイントが重要になります。なおかつ、女の子にスペシャルサービスしたり、女の子を口説けたりすると更にいいですよね。

    ここでは、安くセクキャバで遊ぶ方法や初心者でも楽しめる振る舞い方、最後にはお店の選び方について解説します。

    安くセクキャバで遊ぶ方法|料金が半額以上おトクに

    安くセクキャバで遊ぶ方法はいくつもあります。この方法を知っておくことで、通常料金から半額以上で遊べてしまうことも。お得に遊べることで、同伴や指名、アフターなどに予算を回すこともできます。

    では一体どのような方法があるのか、早速見ていきましょう。

    「大人のパラダイスネット」サイトのクーポンを使う|最高80%offもある

    風俗店の場合、様々なクーポンがありますが、セクキャバにも様々なクーポンが揃うサイトがあります。その中でも自分がよく使うサイトが「大人のパラダイスネット」というサイトです。日本各地のセクキャバやおっパブが紹介されており、その数も国内トップクラス。それゆえ、数多くのクーポン券が揃っています。これからセクキャバに行こうと考えいる方は、まず最初に「大人のパラダイスネット」を見ておくのがオススメです。

    クーポン券の使い方も簡単であり、お店でクーポン画面を見せたり「パラダイスネットを見た」とスタッフに伝えたりすることで割引されます。私が今まで使ったクーポン券の中には最高で80%offされたものもあり、利用しないのは損です。ぜひチェックしておきましょう。

    「大人のパラダイスネット」はコチラから

    その他、セクキャバ情報にこだわった「ナイツプラス」や関東エリア限定のセクキャバを紹介する「セクキャバRuu」などでもクーポン券を配付中。基本的には「大人のパラダイスネット」だけでもクーポンが充実していますが、とことん安くしたい方は他のサイトもチェックしてみるのがオススメです。

    「ナイツプラス」はコチラから

    「セクキャバRuu」はコチラから

    一気に割高になるため”延長”はNG!口説くなら複数回通う方がマシ

    どのセクキャバやおっパブでも1セットだけでは足らない場合は、延長することができます。しかし延長してしまうと、せっかくクーポンで安く遊んだ分が無駄になってしまうほど、割高になる恐れがあります。例えば40分延長した場合、平均的に5,000〜10,000円ほど発生。どのセクキャバ でも1セット7,000〜8,000円ほどかかり、少し高くなります。またダラダラと店内で過ごしてしまい、女の子からの評価も下がってしまう可能性も。

    もし女の子を口説きたいのであれば、時間内にサクっと切り上げて後日遊ぶのがオススメ。女の子側も気持ちよく接客を終わることができ、悪い印象を持つことは少ないです。何度も同じ女の子を指名して時間内で帰ることが、女の子を口説くための大きな一歩です。

    Tax・ガールズドリンク・場内指名料は小ぼったくりアリ!事前チェック必須

    お得に遊ぶ方法として、必ず料金の事前チェックを行いましょう。セクキャバの中にはTAX・ガールズドリンク・場内指名料でぼったくりを行う悪徳店があります。そういったお店は繁華街で客引きをしている場合もあり、現在でも被害を受ける男性が後を絶ちません。セクキャバ における平均的なTAXは20%、高級店では30%ほどです。これ以上に設定されているセクキャバは、TAXでぼったくりしようとしている可能性があります。またガールズドリンクの場合は、お店によって料金がバラバラ。キャッチにてガールズドリンク1杯1,500円と聞いて入ったら、1杯5,000円だったというケースもあります。そのため女の子に飲み物飲んでいいですか?と聞かれた時は、必ず料金を確認しましょう。

    多くのセクキャバで遊んだ私も、過去1回だけぼったくりの被害に遭ったことがあります。新宿のあるセクキャバにほろ酔い状態で足を運んでしまい、あまりガールズドリンクを頼んでいないにも関わらず1時間3万円というぼったくり価格を提示されました。 私の場合は、そこまで被害額は大きくないですが、中には10万円以上ぼったくられるケースもあります。個人的な経験も踏まえて、強く事前調査を行うことをオススメします。

    セクキャバで料金の2倍以上楽しむ3つのポイント

    セクキャバのセット料金を安く払えることも大切ですが、それよりもセクキャバでどう楽しむかがもっと大切。支払った料金に見合う以上の遊びをするためには、どうすればいいのか気になる方もいるのではないでしょうか。

    セクキャバでコスパよく遊ぶポイントは3つ。これらを覚えておくことで、初めてのセクキャバデビューでも楽しい思い出が作れますよ。

    初心者は絶対にオールダウン店がおすすめ

    初心者は、オールダウン店のセクキャバを選ぶのがオススメ。理由は単純であり、オールダウンの方が話の流れに合わせてイチャイチャできるためです。

    ダウンタイム店の場合、一定時間しか女の子とイチャイチャできません。そのため普通に女の子と話していた最中に、いきなりイチャイチャできるかと言われると、雰囲気的に難しいです。また無理にキスやおっぱいへのタッチをしたとしても、ギクシャクした雰囲気になってしまい、せっかくの盛り上がりがダウンしてしまう恐れも。

    それと比べてオールダウン店の場合は、いつでも女の子とイチャイチャが可能。まずは女の子と話して距離感を縮めていきたい方や、すぐにでもイチャイチャしたい方などでも楽しむことができます。またダウンタイム店のように、急にイチャイチャしなくてはいけないという強制的雰囲気もないため、自分のタイミングに合わせて楽しめます。雰囲気の作り方がわからない場合は、手を握ってみたり足を触ってみたりなど、積極的にイチャイチャしたい素振りを見せましょう。もちろん、いきなりおっぱいに触るのは女の子の印象をかなり下げます。例として、以下のような順序がオススメです。

    ①手を握る、膝あたりを触る

    ②女の子の足を自分の足の上に乗せてもらって、太ももや服の上からおっぱいを触る

    ③上に乗ってもらって、キスや服を脱がしておっぱいを触ったり舐めたりする。

    どのセクキャバ でも、イチャイチャする際には男性の足の上に乗った形でイチャイチャします。まずは女の子をいかに自分に近づけるのかが大切になってきますよ。

    おっパブ嬢に聞いた!好印象なセクキャバでの過ごし方

    インターネット上には、現役セクキャバ嬢の本音が数多くあります。今回はそんな本音や実際におっパブ嬢から聞いたことを踏まえて、セクキャバで良客として好印象を与える過ごし方を伝授。知らずに遊ぶと、裏で女の子に嫌われることになる場合もありますよ。

    ■女の子が嫌がりそうなことをせず、お店のルールを守る
    当たり前に思えますが、意外にもルールを守らない男性が多いです。あたかもお気に入りのおっパブ嬢を自分のものだと勘違いして、女の子へ嫌がる行為をしてしまったり、ルール違反をしてしまったりなどする男性は、女の子からの評判が最悪。ツイッターでも「#クソ客のいる生活」というタグを検索することで、その数の多さを実感できます。

    清潔感も大切ですが、相手が嫌がる行為をしないことも非常に大切です。

    ■女の子を指名したり、ドリンク代出したりなどの余裕を持つ

    現実的な話ですが、セクキャバやおっパブで働く女の子の多くはお金のために働いている場合が多いです。それゆえ、自分にバックが入る指名をしてくれる男性やドリンク代を出してくれる男性は高評価。また、あまりお金を持っていなくても余裕感を出すことで、頼り甲斐のある男性という印象を女の子に与えられます。ツイッター上では、良客として通いつめた男性が、最終的にセクキャバ嬢を彼女としてゲットしたというエピソードも。

    最後に、どの女の子も可愛いからという理由で過度に指名やガールズドリンクを出してあげてしまうと、予算がすぐに無くなってしまいます。女の子に要求されたら必ずOKを出さなければいけないというわけでもなく、以下の方法で断ることも大切です。

    ・「今回はお試しで来たから、また次回ね!」と次回の来店や指名をするように思わせて断る
    ・素直に「お金下ろし忘れていて・・・」とお金を持ち合わせていないことを主張する

    どうしても難しい場合は、「初めてだからあんまりお金持ってきていなくてね・・・一番安いものなら大丈夫だよ」と女の子が注文できるドリンクの幅を制限したうえで、ドリンクの料金を確認しましょう。予算的問題はもちろんのこと、次に交代する女の子を期待する上でも、ガールズドリンクの要求を断ることも大切なことです。

    ■イチャイチャメインではなく、おしゃべりメインで楽しむ

    キャバクラよりも過激なサービスができることが売りのセクキャバやおっパブ。しかし、そればかり楽しむのは女の子にとってはあまり良い評判ではありません。実際に話を聞いたおっパブ嬢も、ガッツリおっぱいを触りにくるだけのお客さんを良客とは言い難いとのこと。

    良い印象を与えたいのであれば、おしゃべりをメインとして楽しみましょう。SNS上でもおしゃべりが多かった男性を良客と呼んでいるケースが多いです。確かにイチャイチャしたい気持ちも分かりますが、好印象を女の子に与えたい場合はイチャイチャを控えめにしておきましょう。

    おっパブマニアが教える。ガールズドリンクや場内指名は断ってもいいの?

    どの男性でも、セクキャバでは女の子側からドリンクや指名の誘いをよくされます。セクキャバ嬢といっても中身は接客業のプロであり、巧みな言葉遣いや仕草で要求。しかし、予算の都合上どうしても難しいときもありますよね。実際のところ、断ってもいいのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

    自分の場合は、ガールズドリンクと場内指名の割合は8:2ほど。おっぱいを触らせてもらったり、キスをしてもらったりする際には必ずガールズドリンクを入れるようにしています。入れることで、女の子側に好印象を与え、なおかつ「どんなお酒が好きなの?」といった鉄板トークを持ち出せるからです。また女の子の様子をチェックして、「お酒無理に飲まなくても良いよ?」といった優しい言葉をかけて布石を置くことも可能。ただ、お金に余裕がある場合や女の子が誕生日な場合には、シャンパンといった高級ボトルを開けるのがオススメです。これだけでも、かなり女の子は喜びます。

    場内指名に関しては、時間帯や客の多さによって変動するため少なめにしています。初めての方ならば、まずはフリーでどういった女の子がいるのかをチェックし、気になる女の子がいれば場内指名ではなく本指名をしておくのが吉。本指名の方が女の子側も喜びますよ。ただし指名してもドリンク渡さないのは、女の子にとっては大きな不満。指名とガールズドリンクはセットという考えを持っておきましょう。

    おっパブマニアが常連!都内のおすすめセクキャバ5店

    最後に都内でオススメのセクキャバ・おっパブを5店舗紹介。
    今回は全体的にバランスが良いセクキャバではなく、ある特徴に突出した個性的なセクキャバをピックアップしました。

    ①池袋「CHERRY池袋」ギャル系多数!制服姿のままでイチャイチャできるセクキャバ

    「CHERRY池袋」は、ギャル系やコスプレ系の女の子と遊びたい方にオススメなセクキャバです。平均的なおっぱいをサイズはC〜Dカップほど。年中無休で夕方から営業しています。セクキャバの場合、日曜日や祝日が休みである場合が多いため、いつでも遊びに行けることは大きなメリットです。価格も40分8,000円からと安く、お試しとして利用する方法もアリ。

    【常連だから分かる「CHERRY池袋」の魅力】
    ・イマドキのギャルが多く、素人っぽさが感じられる
    ・制服姿の女の子と遊べることができ、コスプレ好きにオススメ
    ・年中無休のためいつでも遊べる
    ・池袋駅から徒歩3分という好立地。

    「CHERRY池袋」の詳細はコチラから

    ②新宿「G-SCANDAL」巨乳好きによる巨乳好きのための巨乳専門セクキャバ

    とにもかくにも大きなおっぱいを見たい!触りたい!方には、東京を代表する繁華街である歌舞伎町「G-SCANDAL」がおすすめ。このお店は、Dカップ以上の女の子のみしか採用しておらず、FカップからIカップまでの女の子が数多く在籍しています。様々なセクキャバを渡り歩いてきた自分としても、ここまで巨乳の女の子が揃うお店はレアな存在。巨乳好きならば足を運んで損することはありませんよ。ただし、東京の中でもかなりの人気店のため、混雑する場合も。

    【常連だから分かる「G-SCANDAL」の魅力】
    ・F〜Iカップもの巨乳を持つ女の子がとにかく多い
    ・ムッチリ体型の女の子も多く、ぽっちゃり好きにもおすすめ
    ・割引イベントが数多く開催されており、安く遊べる
    ・西武新宿駅から1分足らずで到着するアクセスの良さ
    ・歌舞伎町の入り口周辺に店があるため、客引きに遭うことが少ない

    「G-SCANDAL」の詳細はコチラから

    ③新宿「OFFICE」大人の時間を楽しめる人妻専門セクキャバ


    風俗の場合は熟女系が多いですが、セクキャバやおっパブでは少なめ。その中でも、人妻専門として人気のお店が「OFFICE」です。30代を中心に大人の女性が揃っており、熟女や人妻が好みの方にぴったり。4月10日には「Club 妻」という新たな人妻専門セクキャバをオープンさせており、これからの展開が期待できる上でもおすすめできるセクキャバです。

    【常連だから分かる「OFFICE」の魅力】
    ・30代を中心とした大人の女性が多い
    ・朝10時から営業しているため、日中から遊ぶことも可能
    ・40分4,000円という格安価格で遊べる
    ・新たな店舗をオープンさせるほど、積極的に展開している

    「G-SCANDAL」の詳細はコチラから

    ④池袋「キングダム」スク水×セクキャバという未知の世界が楽しめる!

    池袋には制服姿やナース姿などのコスプレ系セクキャバが揃いますが、その中でも異彩を放つお店が「キングダム」です。このお店では、スク水姿の女の子と遊ぶことが可能。スク水姿の女の子とイチャイチャしたり、お酒を飲んだりなどシュールだけど何故かハマってしまう要素を持っています。またスク水と痴漢プレイ(もちろん抜く行為はナシ)という、変わったコースも用意。人とは違ったセクキャバで遊びたい方にオススメです。

    【常連だから分かる「キングダム」の魅力】
    ・常にスク水姿の女の子とイチャイチャできる
    ・スク水電車コースというセクキャバにしては変わったものがある
    ・朝9時から営業しており、日中遊ぶことも可能
    ・友人を驚かせたい時やいつものセクキャバに飽きた時にぴったり

    「キングダム」の詳細はコチラから

    ⑤池袋「彼女の部屋」自分の彼女のような雰囲気が楽しめるセクキャバ

    「彼女の部屋」は店名通り、自分の彼女とイチャイチャしているかのような気分が楽しめるセクキャバです。そのため、女の子もパジャマやネグリジェといったラフな格好をしており、リアリティ感を演出。また料金システムが分かりやすく、セット料金にTAXやサービス料が全て含まれています。多くのセクキャバは、キャバクラのようなキラキラとしたメイクや豪華なドレスを着用している場合が多いですが、そういった女の子を見てしまうと気構えてしまう場合も。特にセクキャバに行ったことない場合はなおさら可能性があります。そういった方でも、このお店は気軽に楽しめますよ。

    【常連だから分かる「彼女の部屋」の魅力】
    ・パジャマやネグリジェなどのラフな姿の女の子が揃う
    ・明朗会計
    ・女の子の普段っぽさが演出されているため、気楽に遊べる
    ・年中無休で営業

    「彼女の部屋」の詳細はコチラから

    まとめ

    今回はセクキャバ・おっパブ好きによる、初心者向けの遊び方や女の子に喜んでもらうための秘訣などを紹介しました。特に女の子を口説いたり、楽しませたりしたい方は、SNS上で数多く見つかるセクキャバ嬢やおっパブ嬢の本音をしっかりとチェックしてみるのがオススメ。今までセクキャバやおっパブで遊んだことがない方は、この記事を参考に素敵なデビューをしてみましょう。

    ◯関連記事
    セクキャバ嬢が教える女が喜ぶディープキステクニック5選
    元セクキャバ嬢が語る。セクキャバ嬢にモテる4つの方法をまとめてみた。