dmvr300_60 アダルトグッズのNLS 愛AMORE [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

スペインは風俗大国!1度は行きたいヨーロッパ最大の売春宿・娯楽施設

31,747 views

海外風俗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペインのクラブパラダイス2

スペインと聞いて思い浮かべるもの、風そよぐオリーブとオレンジ畑、いやいや革ブランドのロエベだろうか?大概の人はバルセロナなガウディ建築にスペインの魅力を感じるが、ここスペインは観光立国と相反し売春立国という不名誉な形容を持っている。今回はそんなラテンの国で欧州一を称する規模の娼館とスペインの風俗事情についてご紹介しよう。

なぜにスペインが風俗大国なのか?

売春婦を表す言葉は幾つも存在するが、最も一般的で差別的な用語がPutaである。とても覚えやすい単語であるPutaは、売春婦以外にも人を嘲る場合や挑発する場合にもしばし使用され、天空の城ラピュタという言葉はスペインでは厳禁である。(スペイン人にはLa Putaと聞こえる為)今や売春行為、そしてセックス産業が当たり前になってきたが、スペインが売春業の首都と呼ばれていることは意外に知られていない。

リーマンショック以降下降を続けるスペイン経済、若者の半数が無職という西欧らしからぬスペインのエコノミー事情……そんな中でもひっきりなしに客が訪れ、そして札束が飛び交っている業界こそが風俗産業に他ならない。現在進行形の形で、30万人以上のセックスワーカーがスペインに存在し、そしてスペイン人男性の約4割が風俗店を利用しているという統計が出ている。

欧州随一のカトリック大国スペインだがゲイもレズビアンもウェルカム、性風俗も生活の一部!そんな政教分離が上手く機能しているのが何とも不思議だ。日本と同じく歪んだセーフティーネットとして女性のオマンマを支えている訳だが、次章では国を跨いで売春婦そしてお客が集まる欧州一の売春宿を紹介しよう。

ヨーロッパで最大の売春宿Club Paradiseって知ってる?

カタルーニャはジローナ県、フランスとの国境すれすれの所にある小さな街がある。ここの観光は決して黄色い観光案内には出ていない。

La Janquera、ピレネー山脈とロマネスク様式の教会がなんとも素敵だが、子育てには大変不向きな街。その理由が性風俗産業の躍進に他ならない。小さな田舎町に突如として欧州一を掲げた売春宿Club Paradiseがオープンし、世界中から売春婦が集まり出したのが遡ること2010年。年間売上が400万ユーロを超える、モンスターハウス級の売春宿である。La Janquera自体がエロで成り立っている街がゆえ、Club Paradise以外にも多くの性風俗店が軒を連ねている。そして店に所属できない顔面偏差値低めの女子は国道沿い、熱心にパンチラ姿で客引きをしている姿は微笑ましい光景だ。
四大陸を跨いだ風俗嬢と一戦を交えるとあって、地元スペインはもとより国境を超えたフランス、はたまたバックパッカーの旅の疲れを癒す格好のスポットになっている。潜りの売春婦が多いスペインには珍しく、ここClub Paradiseでは全ての女子がキチンと管理され合法的・衛生的に働いているそうだ。(適当なスペインのことだから、実際は不明)

いわゆるルーマニア、ブルガリアなどのパツキン、ボンキュッボンなセクシー美女から、イギリス、ドイツ、フランスなどアンニュイで高貴な雰囲気漂う知的女子含め約150名が在籍中。特にルーマニア人と売春が禁止されているお隣フランスからの、出稼ぎ女子が年代を問わず多いのが特徴だ。勿論旧宗主国である南米やカリブ海諸国、はたまたアジア圏の風俗嬢だっている。中国人や韓国人の売春婦も多く、日本人の風俗嬢も……風俗嬢が持つルックス、バディーだけでなく、Club Paradiseが誇るサービスは下半身だけでは済まないその訳が、エンタメテイスト満載なショーにサービスにある。

 

因みにClub Paradiseの詳細については以下の通り

入場料: 15ユーロ
料金: 30分60ユーロ、スイートルーム使用300ユーロ
営業時間:17時~翌4時まで
TEL: +34 872 00 41 55
住所: Poligono Industrial Mas Morato, Avinguda Euskadi, 7, 17709 La Jonquera, Girona
総ルーム数: 80
パーキング:有り
HP: https://clubparadisejonquera.com/

注)値段や営業時間は時期により異なる場合あり。最新の情報はHPをチェック!

スペインのクラブパラダイス

スペインのクラブパラダイス2

圧巻のステージ、エンタメ施設にレストランまで楽しめる大人の娯楽施設

スペクタクル……一言で形容するのは難しいが、敢えて1つの単語で表すとするとこの単語がシックリくる。強面の黒人男性のドアボーイをすり抜けて目に入る光景、そうそれこそはパラダイス。色に形、そして性格は異なれど、それぞれの魅力に華を咲かせた満開の美女達がここぞとばかりに舞う。ヒー、フー、ミーと数えてはキリがないキャストの数は軽く100を超えるだろうか……入館するやいなや「シャンパン飲まない?」だとか「私達と3pしない?」などとお触りOkな低姿勢で迎えてくれる。

お決まりのポールダンスにレズビアンショー、そしてシャンパンボールで泡姫のごとく妖艶に踊る美女達。ふと横目を逸らすと見えてくるのは、ガラスケージの中でシャワーを浴びながら流し目で誘ってくるラティーナ。ショーに飽きたらしばしスロットで運試し、そしてお気に入りを見出して、一戦を交わってみようではないか。勿論ナマは厳禁で事前にゴムを購入する必要があることは一応伝えておこう。因みに独身最後の夜を祝うバチェラーパーティーや会社のイベント等でも楽しめるので、興味がある殿方はコンタクトしてみるのもいいだろう。(英語での問い合わせ可)

スペインのシャンパンボール

clubparadise_02

日本の箱型風俗とは全く異なるゴージャス空間Culb Paradiseではあるが、ドイツのこれまた有名なFKKと若干似た雰囲気だ。バーにレストランもあるので、お気に入りの子が見つかれば、束の間の美食タイムもいいだろう。接客態度が非常によろしいボーイにスペイン名物のハモン、ワインにピンチョ、あなたの期待を裏切らない上質なスペイン料理を堪能出来るはずだ。

ベッドタイムに関しては、ノリノリの女の子もいればやる気のない生魚みたいな女子もいるにはいるが、Club Paradiseでセックスをしている!その空間と時間こそに価値があることは言うまでもない。日本における高級ソープ嬢並みのベッドサービスは100%保証しかねるが、それこそヨーロッパ風俗のいいとこ取りの異次元ラグジュアリー空間は海外風俗初心者にも、それこそ冥土の土産にもモッテコイだろう。

気軽に楽しみたい時は、Puta Calleを狙え!(自己責任)

○実年齢と自称年齢が大きく異なる。

○自信満々なのは胸だけ。

○身なりが……

○やけに肌が浅黒い。

これらの事象は街角で身体を売る女性の大きな特徴だ。差別という意味合いでは全くないが、風俗産業の最底辺層が薄暗い路上で客引きをする売春婦には違いない。(多くの売春婦がいる小道をPuta Calleと呼ぶ。)街にある性風俗店に入らない理由は様々だが、大別するとルックス・年齢が店の基準をクリアしていない。もしくはマージンを取られたくない!これらの理由に尽きるだろう。

だがClub Paradiseでは多く見かけるようなパツキン、峰不二子並みのはち切れんばかりの若さとバディーは持ち合わせていない。しかし1プレイ(本番有り)で30~50ユーロ(勿論女性次第だが)という破格なプライスで、イロイロとイイコトを楽しめるのは魅力ということにしておこう。よく街角や車のバンパーに挟まれたセクシー広告を見かけるが、これらは基本箱型店舗になる為、Club Paradiseの値段設定とはいかないまでも、それなりのユーロが必要になってくる。

だがスペインの治安はその経済力と同様に下降気味。大人の遊びをするにしても、やっぱり用心は必要だ。スペイン風俗初心者にとって、街角の売春婦を捕まえるのは若干リスキーかもしれない。スペイン風俗の醍醐味は日銭を稼ぐ場末エッセンスたっぷりのラテン魔女ではなくて、一般常識に教養、容姿にテクニックを兼ね備えたプロをオススメしたいのが本音である。

スペイン風俗を楽しむ為の注意点

まずスペイン人は英語が苦手である。これは観光ならずとも、ベッドインをするにもなかなか苦戦すること請け合いだ。海外出身の若者なら英語OKな場合もあるが、それはまず例外と考えてよろしい。スペイン人女子もしくは南米出身の売春婦とプレイを楽しむにはまず簡単なスペイン語をマスターする必要がある。今でこそ翻訳アプリなどが充実している訳で、あたふたする必要もない。しかし右往左往でジェスチャーを織り成すよりも心と心で会話を楽しむ、そんな心の余裕を持った方が尚更楽しいプレイになるはずだ。

もう一点注意して欲しい点として大規模な性風俗店は問題ないが、フリーランス女子を買う際は彼女達の自宅もしくはホテルでのプレイになる。その際に言葉が話せないことをいいことに追加料金の名目上ボッタくられる場合や、グルになったチンピラとトラブルになることも少なくない…そしてラテンの開放的な雰囲気をナマで楽しみたくなってしまうが、そこはキチンと律儀にセーフティーを貫いて頂きたいものだ。

まとめ

ルーティンなスペイン一人旅も悪くはない。しかし少しだけ郊外に足を伸ばして観光ついでに、ヨーロッパ一の風俗店Club Paradiseで熱い血みなぎるラテンバディーを堪能してみてはいかがだろう?肉弾戦以外にも美味しいお酒・料理にセクシーショーも充実しているので、スペイン旅行のハイライトになること、そしてあなたの旅の大いなる悦びになること間違いなしだ。

Pocket