私の体験からの台湾風俗の遊び方まとめ(初心者編)

63,264 views

海外風俗

女性をオーガズムに導くために必要な知識【5選】

日本人は自分の国の素晴らしさが十分わかっていないと言えます。
それはどこの国でもそういう面はありますが、特に海外に出かけたこともない日本人にその傾向が顕著にあるようです。
と言ってもいろいろな場面がありますが、風俗事情においては顕著にその恩恵を授かるべきでしょう。
洗練されたサービスシステムは、まさにおもてなし大国日本の姿が風俗界にまで行き渡っているとも思えます。
ただ海外のサービスも日本では感じられないフィーリングの違いがあります。
それを最も手軽に感じられるのが台湾なのです。

台湾風俗を初めて利用する方に

国内でも風俗店を利用するには、馴染みの店でも無ければどことなく警戒感を持って利用するのが普通です。
それが海外であれば、とてもリスクが高く感じられるのも当然です。
習慣の違いに言葉もわからず、行き着く先にぼったくりも見えてきます。
そんな中で台湾はおすすめと言えるのです。
近くて美味しい料理も食べられるリーズナブルな旅行先としても人気は不動のものです。
その点では韓国もおすすめですが、風俗店のグレードにおいて一歩抜きんでています。
また日本語をしゃべれる人も多い親日国家で、日本のアイドルもとても人気があります。
中国女性には違いないのですが、そのフィーリングは日本人に馴染みやすい台湾女性としてのブランドさえ感じられるものなのです。
そしてわざわざ出かけるのですから、台湾でしかない風俗店のスタイルを楽しまなければ行った価値も半減します。
そういった珍しいお店を中心に紹介してみます。

初心者向けのお薦め台湾風俗店3選

亜太サウナ

tta715605

サウナに特別マッサージがセットになったものです。
まずは普通にサウナや大浴場でリラックスして休憩室で一休みするところから風俗サービスの始まりとなります。
くつろいでいるとやや年配のスタッフから「マッサージ?」などと声をかけられます。
それは何も知らないと、普通にマッサージしてくれるのかと勘違いするくらい自然な光景なのです。
手を上げればOkサインですので、言葉の心配は不要です。

別室に案内をされてそこで待機していれば、マッサージ嬢が登場してくれます。
概ね30代ではなかろうかと思える程度ですが、マッサージのテクニックも習熟していますので、節々の凝りもしっかり取ってくれます。
そのタイミングで本〇サービスの流れですので、身体も軽く体位も次々に変えながら濃厚な時間が過ごせます。
最後は溜まったものが全て噴き出るような快感に満ちたものとなっています。
何もかも極上の女性が選べる訳ではありませんが、料金も12,000円程度ですので台湾らしい体験としては上々の選択となります。

URL:http://www.asia.net.tw/index.php

林森北路のポン引き

ポン引きは店舗ではありませんが、台湾では有名なポン引きスポットが林森北路にあります。
普通に付近を散歩していればおばさんから日本語で声がかかりますので、好奇心で寄ってみるだけでも良いでしょう。
応じれば連れ込まれるようなものではなく、女の子に会ってみてから気に入らなければ遠慮せずに断れば良いのです。

料金は約10,000円で、それなりのグレードではありますがエッチ好きそうな子が多く、後でお得感は感じられるものです。
路上での独特のドキドキ感も店舗では味わえないものでしょう。
ただ店舗ではないために稀に高額を提示されることもあるようですので、注意はしておきましょう。

台湾風俗デビューの注意点

海外に出かけて日本人が大盤振る舞いをするケースはかつて東南アジアなどで有名にもなりました。
そこまでにはならないつもりでも、旅先ではついつい恥のかき捨てとばかり、態度が大きくなったりしてしまいかねません。
台湾の人は日本人には良くしてくれますので、便乗してサービス以上にハードなプレイを要求したりはしないように心しておきたいものです。
また、感動してあれもこれもと欲張ってもキリがありません。
次回の台湾ツアーへの楽しみとして心残りがあるまま帰国しておきましょう。

まとめ

この他にもデリヘルだけは外せないデリヘルファンであればデリヘルサイトもあります。
台湾のデリヘル嬢は店からの縛りが緩やかで、店外デートのチャンスも高くなっているとされてますのでチャレンジするのもおすすめです。
言葉が通じないこともありますが簡単な中国語を学んでおけば、その可能性も高くなるでしょう。
ちょっと懐かしいピンクサロンなども日本と違って、ハード過ぎても大らかな雰囲気があり健康的でさえありますのでのぞいてみる価値があります。
以上、どれか一つ試してみれば、時間とお金と体力の許す限り手を広げたくなっても仕方ないかもしれません。

日本の風俗のレベルの高さにどっぷり浸かっているのも結構な話ではありますが、それだけでは退屈もしてしまうこともあるでしょう。
そこで軽く足を延ばして台湾で海外らしい風俗のお世話になるのも新たな刺激となるはずです。

韓国や中国に比べても親日的でかなり安全で安心に楽しめるはずです。
台北の一部の地域は、売春が合法化されていることからも、台湾の売春に対する敷居の低さがうかがえます。
売春天国とまでは言えないでしょうが、総じて派手で明るい日本にないその空気感を肌で確かめてみるべきではないでしょうか

(文/だっちゃん)