タイで人気のフェラチオバーとは | わずか2,600円から最高の快感を体験可能

144 views

海外風俗

タイで人気のフェラチオバーとは | わずか2,600円から最高の快感を体験可能
海外旅行や出張の楽しみといえば、その国ならではの風俗ですね。むしろ仕事よりもヌキが目的のビジネスマンだって多いのではないでしょうか。 そこで今回は、タイで人気の風俗「フェラチオバー」について特集しました! 割安な風俗や性的なサービスが多そうなタイにおいて、なんともそそられるネーミングのお店ですね。いま初めてフェラチオバーという名前を聞いた方も、すでに経験済みの方も、ぜひ楽しんでください!
記事の目次(クリックで表示)

フェラチオ好きに朗報!タイにはフェラチオバーなる風俗店があった

フェラチオ好きに朗報!タイにはフェラチオバーなる風俗店があった 風俗部では、国内だけでなく海外のエッチな噂やお店についてもたびたび特集してきました。中でもアジアは風俗業のメッカであり、タイも有名な風俗王国ですよね。 そんなタイにあり、日本でも知られつつあるのが「フェラチオバー」。ネーミングに偽りなしの本格的な風俗店で、地元民だけでなく旅行客にも愛されているとか。 まずはそんなフェラチオバーの基本的な概要をまとめました。フェラチオバーって何?と思っている初心者の方は、こちらから参照してください!

1回わずか700バーツ(約2,600円)で抜いてもらえる

フェラチオバーの特徴として、まずその「安さ」が魅力ですね。 フェラチオだけなら大体700バーツからあり、高くても1,300バーツほど。日本円に換算したら大体2,600円から4,000円くらいにおさまります。 日本の風俗と比較すると、フェラだけならピンサロやイメクラ、ファッションヘルスといったお店が代表的で、よっぽど安いお店なら大体同じくらいの相場ですね。異常なほど安いというわけではないですが、格安店と同じ相場なのでオトクではあります。 ちなみにフェラチオのことは英語でブロージョブ(blow job)(blow=オクチ、job=オシゴト)といい、タイでも通じます。パイズリはtits jobで、手コキはhand jobと言いますから、シコったりしゃぶったりするプレイをジョブと呼ぶのだと覚えておきましょう。

手抜きは一切なし!丁寧な玉舐めから乳首舐めまでやってくれる

日本の感覚だと、格安ピンサロをはじめ、1万円払って余裕でお釣りの来る風俗は「ある程度サービスが手抜きでも文句のつけようがない」というのが一般論ですよね。安いなら安いなりのサービスで、高いお店はその分オトクなサービスを提供してくれるものです。 しかしタイのフェラチオバーに関しては、よくある海外の失敗談に出てくるエッチなお店とは全然違い、サービスは濃厚で素晴らしいと評判です。 さすがに風俗情報サイトには載っていませんが、個人でやっているSNSやブログなどでは話題にあがります。タイのフェラチオバーで気持ちいい体験ができたという話はいくつもあり、騙しのお店とは別物だとわかるのです。 具体的には、ただフェラチオするだけでなく、玉舐めや乳首舐めなどあらゆるブロージョブをしてくれます。日本人にはサービスしておけば後でトクするかも、と思われているのでしょうか、とても真心のこもった性的ご奉仕をしてもらえますよ!

胸へのタッチは自由!チップによっては本番突入も...?

へのタッチは自由!チップによっては本番突入も...? こちらはお店にもよるそうですが、フェラチオバー=フェラチオのみではなく、日本でいうところの有料オプションもたくさん選べます。 代表的なのはおっぱいモミモミやチュパチュパ、さらにキスやハグなど。日本の風俗店ほどホームページで事細かく情報を載せないので、嬢によってNGやOKがあるのかは不明でした。 また海外の風俗でも定番の「チップ」は役立つという噂です。むしろチップ目的でやっている女の子もいるらしく、個室(VIPルーム)を取れたら、その後のチップや交渉次第では秘密のプレイをやってくれるとか。 あくまでも噂で、公認ではありませんよ。真意のほどは、ぜひ直接行ってみて体験してください!

フェラチオバーでサービスを受けるまでの流れ

フェラチオバーでサービスを受けるまでの流れ 基本的なシステムや概要を学んだところで、次は実際にフェラチオバーに行ってみた際に役立つ、プレイまでの手順をまとめました。 日本のよくある箱ヘルやピンサロとは、システムそのものが微妙に異なります。入店してからあたふたするよりも、事前に大まかなシステムを把握しておくと、スマートなお客さんだと思われますよ!

①並んでいる女の子の中から好みのタイプを選んで話しかける

フェラチオバーの多くは、入ってすぐのスペースに、女の子が待機しています。日本でもたまに待機中の女の子の部屋を覗けるシステムもありますが、目の前にいる子から選ぶシステムはいかにも海外流ですね。 またお店もバーというだけあって、テーブルやソファー席が並んでいます。お客さんみたいにくつろいでいる女の子も多いらしく、簡単にいえば「ナンパをする要領で指名する」のが基本的な手順のようです。 言葉もわからないと中々難しく、日本人のお客さんの中には「ドリンクだけ飲んでくつろいで帰った」なんていうエピソードもあります。 また女の子から逆に声をかけてくるパターンも稀にあるので、楽しみたいコースやお金の話くらいはできるようになっておくとスムーズですね。

②ドリンクは頼まなくていいが女の子には1杯おごるのが礼儀

ドリンクは頼まなくていいが女の子には1杯おごるのが礼儀 フェラチオバーの多くは、店内がバーになっています。カウンターがあり、テーブル席があり、個室やパーティルームのような場所もありますね。 お店に入ったらドリンクくらいは頼むのが普通ですが、女の子を指名する場合はその子にもドリンクをおごってあげるのがマナーだといわれます。キャバクラやガールズバーと似たシステムですね。 またドリンクをおごってあげるのが指名の意味になるパターンもあり、ここでもナンパ要素が高めです。日本人男性には慣れない作法かもしれませんが、格安でアジアン美女のフェラをゲットできると思えば、楽にこなせるでしょう!

③案内された個室へ足を運ぶ

フェラチオバーは、店の奥にプレイルームがあることが多いです。その点では、店内から丸見えでしゃぶられていたりするピンサロよりはプライバシーが守られますね。 女の子を無事に指名できたら、個室へ連れていってもらえます。中は簡素な部屋になっており、そこでイチャイチャしたりしゃぶってもらうのが定番パターンです。 日本ではデリヘルが全盛なので、店舗型の風俗といえば狭苦しいスペースを思い浮かべますが、タイのフェラチオバーはどこも広いです。 広々としたホールに、広々とした個室でサービスを受けられるので、日本の店舗型風俗が苦手という方にも、タイのフェラチオバーはおすすめできます!

④簡易洗面台で股間を洗ってもらいフェラチオのサービスへ

女の子も指名して、個室に入ったら、まずはオチンチンを綺麗にします。日本でいうなら、ピンサロだとプレイ前に嬢がおしぼりでオチンチンを拭いてくれ、その他の風俗ではシャワーを浴びますね。 フェラチオバーの多くにはシャワールームはなく、洗面台で簡単に洗うのが一般的です。オチンチンを洗う用に使うようなシンクが備え付けてあり、オチンチンを流水で洗えます。 最初は面食らうかもしれませんね。おしぼりで簡単に拭いてくれるだけのお店も探せばあるみたいですが、タイは日本よりもずっと衛生環境は劣り、性病なども多いといわれるので洗浄作業は入念にされるのでしょう。 オチンチンを綺麗にしたら、いざサービスへ。フェラチオやオプションのプレイを楽しんで、射精したら完了です。

⑤チップを渡して終了

チップを渡して終了 プレイが終わったら、前述したチップを渡すのがマナーです。元の値段設定が安過ぎるのも、嬢がそれぞれチップで稼ぐのを前提にしているからといわれますね。 チップが多い分には文句はいわれないので、プレイ前に渡すのも1つの手。こちらも前にふれたように、チップの量によってはフェラだけでなくマル秘プレイまでゲットできる可能性は高まります。 終わりのちょっとした時間にイチャイチャできる点は、日本のデリヘルやホテヘルと同じですね。最後のイチャイチャ感で、嬢がどれくらい乗り気だったかもよくわかります。 常連になるつもりなら、チップは本当に大事。海外では本番をするために風俗に行く旅行客も多いので、嬢も外国人を相手にする意味は何となくわかっています。 チップを通じた、大人の男女の嗜みを演じていきましょう!

タイの首都バンコクで人気のフェラチオバー2店舗

続いて、バンコクにあるおすすめのフェラチオバー情報をまとめました。フェラチオバーは格安の風俗店なので、お店の入れ替わりも多少あります。 以前まではBit Style(ビットスタイル)・Loli pop(ロリポップ)・Som's Haven(サムズヘブン)・LOLITAS(ロリータス)などの有名なフェラチオバーが存在しましたが、コロナ禍の影響もあってどこも休業中となっています。 今回は、そんなコロナ禍でも変わりなく営業している2店舗を厳選。お店の基本的なシステムや魅力をご紹介しますよ!

①「Wood Bar(ウッドバー)」

営業時間 11:00~翌1:00
住所 131/31 sukhumvit soi 7/1 10110 Bangkok 10110 Thailand
プレイ料金 WOOD B SERVICE(フェラチオ):700BHT(約2,600円) VIP ROOM 2 HOURS:2,000BHT(約7,600円)
ホームページ https://bjbarbangkok.com/index.html
「Wood Bar」の特徴・バンコクでは一番有名 ・フェラテクのあるお姉さんが多数在籍 ・価格もリーズナブル
バンコクのフェラチオバーといえばこの「ウッドバー」ですね。以前までは「Dr.BJ's Salon」という名前でした。BJとはブロージョブの略でしょう。 価格設定はとにかくリーズナブル。以前までは女性のグレードに合わせて黒と白のコスチュームがあり、価格も設定も異なったそう(それでも激安)ですが、コロナの影響で一律の価格設定に見直されていました。 在籍している嬢は、20代後半から30代くらいまでで、若さよりはテク重視。サクッとヌキたい夜には重宝する、極上テクのお姉さんたちが集まっていますよ。 お店は通り沿いにあり、普通にバンコクの地元民や旅行客も通りかかるような場所です。いかにもエッチなお店らしい見た目ではないので、しれっと入りやすそうですね。 バンコクに初めて来た方には、ひとまずウッドバーがおすすめ。無理に冒険するよりも、老舗の名店で手練れなアジアン美人たちにヌイてもらうのがいいでしょう!

「Wood Bar」の口コミ・レビュー

続いて口コミも見ていきます。日本でも海外でも、良い風俗を見つけるコツは口コミを参考にすることですね。
Clean, funny and a wonderful time spent with one of the girls present…. professional from start to finish
引用:Google
こちらは海外の方のレビューです。最初から最後までプロのサービスだったと書いています。
Went in the day time and had a wonderful time. Kind staff, very attentive and ensures a fulfilling experience.
引用:Google
こちらのレビューでは、スタッフも親切で助かったとあります。良い風俗を見分けるポイントとして、スタッフの対応が良いかも大事ですね。
白を基調としたキレイな店構えで、慣れていない人でも比較的抵抗なく入ることが出来るだろう。 プレイルームにはリクライニングソファーに小さな洗面台だけで、フェラチオ専門店らしく簡素であるが、それ以上は必要ない。
立地の綺麗さは魅力ですよね。入る前から気分が萎える心配もなく、リラックスした気分でヌキを楽しめます! ウッドバーは、タイのフェラチオバーの中でも比較的レビューも多く、よく話題になるお店です。何度も書きますが、海外風俗の初心者にも絶対おすすめ!

②「7-HEAVEN(セブンヘブン)」

営業時間 (平日)13:00~24:00 (土日)12:00~24:00
住所 4/15 Sukhumvit 33 Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110, Thailand
プレイ料金 BLOW JOB:1300Baht(約4,900円) HAND JOB:1000Baht(約3,800円) BLOW JOB - 2 GIRLS:2500Baht(約9,500円) BLOW JOB - 3 GIRLS:3500Baht(約13,000円) VIP MIRROR ROOM:200Baht(約800円)
ホームページ https://www.7-heavenbkk.com/
「7-HEAVEN」の特徴・若い女の子が多い ・複数プレイも楽しめる ・日本人向けのサービス
続いておすすめなのはセブンヘブンです。2016年頃にできた新しいフェラチオバーで、若い女の子を多数取り揃える人気のお店になります。 プレイ内容は、通常コースとしてのフェラチオと手コキ、さらに嬢を2人や3人まで増やせるコースもあります。昔ながらの花びら回転コースですね。 セブンヘブンは、日本人向けのストリートにあり、お店にも「日本式ピンクサロン」と書かれています。おそらく日本人の経営者も関わっていそうですが、予約なども日本語で対応してくれるとのことです。 お店の特徴もウッドバーと対照的なので、好みに応じて選べます。日本人受けしそうな美少女も多く、日本や韓国や中国のハーフの子にも会えるかもしれませんね!

「7-HEAVEN」の口コミ・レビュー

続いて口コミも見ていきましょう。日本人向けにオープンしたフェラチオバーとあって、日本の方のレビューは多数ありましたね!
若いくせにMちゃんはなかなかやりおるという感じの凄テクを披露されます。たっぷりじらされたところで、Mちゃんは唾液をローションとして手コキを併用するという技も使われ防戦一方です。
一般的なイメージだと、若い女の子よりも熟女の方がテクがあると思われがちですが、セブンヘブンの女の子はフェラも手コキも上手だと評判です。タイ人をイカせるのは大変だからテクが磨かれるのでしょうかね。
seven heavenは、2回入って、2回とも充分満足できました。日本の風俗と違い、タイマーなどで時間をはかっていませんので、焦らされることもありません。海外風俗にハマる理由がわかりました。
サービス精神はとにかく高めです。お店のシステムはどれもお客さんファーストで、手を抜く女の子もほぼいないといわれます!
舐め技が凄いです。自由自在に使いこなしています。乳首舐めも気持ちよく、ほっぺ、首筋、乳首、お腹、太ももまで舐めてもらいます。太もものある部分を舐められるとかなり感じてしまいました。
フェラチオだけでなく、全身リップをしてくれます。若いのに焦らしの上手な女の子なんて、彼女にしたいくらい魅力的ですね!

フェラチオバーを利用する際の注意点

フェラチオバーを利用する際の注意点 最後に、フェラチオバーについての注意点などをまとめました。 ここまでの内容だけ見ると、フェラチオバーは最高の楽園で、格安ピンサロの値段でたっぷりねっとり濃厚な極上フェラテクを堪能できる場所というイメージでしょう。 しかしフェラチオバーも大衆風俗店ですから、注意すべきポイントは多くあり、健全に利用するためには事前に知っておくべきこともたくさんあります。 バンコク遠征をすでに計画している方も、ぜひこちらを一読ください。

若い子のいるお店は結構少ない

いま現在、フェラチオバーの店舗数も減りつつありますが、今後もし新規店舗が続々できても、基本的に「フェラチオバーに在籍する嬢は30代前後が多い」と考えるのがいいでしょうね。 上で紹介したセブンヘブンは、女子大生たちのアルバイト先でもあり(休みが明けたらすぐ辞める子も多いといわれる)、ちょっと特殊なフェラチオバーです。一般的なフェラチオバーはウッドバーみたいなお店なので、若い子目当てでフェラチオバーを狙うのはおすすめできません。 逆にお姉さん以上人妻熟女などがドストライクなら、フェラチオバーには絶対にハマります。何よりテクニックは素晴らしい女性ばかりで、男の快楽のツボを押さえた方が多いですよ!

日本語が通じないお店には予習が必要

タイ語って、パッと聞いてもまったくわからないですよね。対してタイ人たちも日本語に関してはほとんど喋れないし、聞いてもわからないという人は多いです。 フェラチオバーだと、比較的日本語を知っている嬢もいますが、かといって日本語オンリーでゴリ押しするのはおすすめできません。フェラチオバーの嬢が何となく「フェラ」「手コキ」「乳首」などの単語を覚えているように、こちらも何となくエッチな用語を把握しておく必要はあるのです。 ちなみにタイ語ではなく英語で大丈夫です。冒頭にも書いたように「フェラチオ=ブロージョブ」「パイズリ=ティッツジョブ」など英単語くらいはいくつか覚えておくと、プレイもスムーズですよ!

衛生面は気をつけて行くこと

こちらは特にいわれるポイントですね。アジアの国の中でも日本の衛生環境はずば抜けていて、海外旅行をすると大体の日本人は「外国の汚さ」に顔をしかめるパターンがお約束です。 タイも例外ではなく、衛生面は日本ほどよくありません。ただコロナ禍に入ってからは消毒など徹底されるようになったともいわれ、変な性病や感染症などのリスクも激減したそうです。 とはいえ、フェラチオバーの嬢は日に何人もの男のカラダを舐めてオチンチンをしゃぶるので、様々なリスクはあると考えていいでしょうね。実際に下品だとかどうこうではなく、備えあれば憂いなしなのです。

ダメといわれたプレイは絶対ダメ

こちらはあまり日本人では該当する方は少ないと思われますが、一応気をつけたいポイントですね。 風俗に行くために海外旅行や海外出張を計画する男性は世の中にごまんといますが、その一部は海外で無茶なプレイをしているといわれます。本番を強要したり、強引に犯すようなプレイをしても、帰国してしまえば後の祭り状態なのですね。 フェラチオバーは基本的に本番NGで、お店や嬢によってNGなプレイもあります。なのでやりたいプレイがあればそれがOKなお店を探し、もしNGだったら強要などは絶対に止めておきましょう。 またハニートラップ的な話もなくはないので、海外だからといってハメを外し過ぎるのも考えものです!

生挿入と中出しには要注意

こちらは万が一のアクシデントか、女の子が乗り気になって暴走気味になってエッチしちゃったことが前提となりますね。 生フェラまでならまだしも、生挿入や中出しに関してはリスクが大きいです。唾液や愛液、また精液は、あらゆる雑菌やウイルスが潜んでいます。 仮に変な病気がうつったり、むしろ自分が持っていてうつしてしまったり、また妊娠などしてしまえば只事じゃすみません。海外でのトラブルなんてシャレになりませんし。 ですから、フェラチオバーに行ってもしチャンスがあっても、コンドームだけは使うように。生中出しの快感は何にも代えがたいものですが、結婚した後の楽しみにとっておくのがおすすめですよ!

タイのバンコクには格安ピンサロ並のフェラチオバーがある!極上テクの美女と夢のひと時を過ごそう

いかがでしたか?今回は、海外の風俗特集として「タイで人気のフェラチオバー」について解説しました! フェラチオバーとはその名の通り、フェラチオをしてもらえるバーです。日本でいうならピンサロに近い形態で、タイ人のエッチな美女たちから個室の中でおしゃぶりしてもらえるお店になります。 そんなフェラチオバーの魅力や楽しみ方を、項目ごとに分けて一挙にまとめました。日本の風俗と少し変わった点もあるので、遊びに行く前には必ず確認しておきたいところです。 また最後には、バンコクにあるおすすめのフェラチオバー情報も掲載。リサーチ時点では、コロナ禍の影響もあってフェラチオバーも閉店や休業が相次いでいますが、今なお残っている老舗の名店もあり、タイに行った際にはぜひ体験してもらいたいですね! 以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・NN出来るソープランドの探し方 | 夢にまで見た生中出しがついに実現とびっこバーを徹底調査|エッチなコスプレや猥談が聞けるエロいバーも紹介