300_250dmm2 テンガ [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

吉原でコスプレプレイができるドルチェに行ってきた(ソープ体験談)

419 views

風俗体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドルチェ

この前東京にいいソープの店ないかなと思いサイトを見ていると発見しました!

ソープではお互いが裸になってエッチなことをするというのが定番かと思いますが、コスプレをしながらエッチができる店があったのです!その店が今回言ってきた吉原にあるドルチェです。

URL:http://www.yoshiwara-otome.com/top.html

ホームページを少し見たのですが、結構こだわりがあるようで、10のポイントというのが紹介されていました。まずは年齢に厳しい制限を設けているようで、20代前半の女の子しかおらず、しかもロリコン店長による厳しい面接があるようで、ルックスにもこだわっているそうです。

実際に在籍している女の子を眺めてみると、黒髪で清楚な女の子が多く、かわいい女の子が多かったです。

また、学園系のソープを目指しているそうで、若い女の子が制服を着てお出迎えをしてくれるというのが売りのようです。
ソープにはなかなかコスプレのある店がないので、コスプレ好きの僕にはぴったりの店だなと思ったので今回突撃することにしました。

今回はかわいい女の子が多くどの女の子にするか迷いましたが、黒髪ロングの清楚系の女の子ゆうなちゃんを指名することにしました。

店に入りボーイさんにゆうなちゃんを指名していると伝えると待合室に通してもらい、料金を払いました。少し建物は古い感じかな、と感じました。

しかし可愛い女の子とエッチができるならそんなことは気になりません。携帯でゆうなちゃんの写真を見ながら、こんな清楚な女の子がどんなエッチなことをしてくれるのかな、と考えながら待ちます。

この時点で妄想が爆発してしまい、僕のあそこは6割くらい勃起してしまいました。しばらく待っているとご案内、ということでゆうなちゃんとドキドキのご対面です。

理想的な黒髪ロング清楚系の女の子

仕切りの向こうには、僕の理想の清楚系の女の子がいました。最高にかわいいです。制服を着ているので、より若く見えます。コスプレ好きの僕はかなり興奮してしまい、さらにあそこが大きくなってしまいました。

「こんばんは〜」と挨拶をすると、手を繋いでくれて部屋まで案内してもらいました。
部屋についたら荷物を置いてベッドに座ります。しばらく学生時代にしていたスポーツの話などで盛り上がりました。少し話をすると、ゆうなちゃんが僕のあそこを触ってきました。

すでにかなり大きくなっていた

僕はすでにかなり大きくなっていたので、少し嬉しそうに「もう大きくなってるよ」と言いました。僕はゆうなちゃんとこれから何をするか考えていると大きくなってしまった、と言うと「エッチですね」と言われました。

それじゃ脱ぎましょう、と言ってゆうなちゃんは僕の前に来て服のボタンを外して服を脱がし、ベルトを外してズボンを脱がしてくれました。

僕もゆうなちゃんの制服を脱がしていきます。制服の女の子の服を脱がしていくのはかなり興奮しました。

お互い裸になると、手を繋いでお風呂まで行きました。まずは椅子に座ってシャワーを浴びます。そのあとゆうなちゃんが体を洗ってくれました。

洗い終わると一緒にお風呂に入ります。お風呂でも学生時代の話で盛り上がりました。話している途中、ゆうなちゃんが私のあそこを握って、シコシコしてくれました。僕もゆうなちゃんのおっぱいやあそこを触りながら会話を楽しみました。

お風呂から上がるとバスタオルで体を拭き、プレイ開始です。せっかくのコスプレ店なのでセーラー服を着てもらいました。やはり黒髪ロングの女の子はセーラー服が似合いますね。制服を着ている間僕はベッドに座って待っていました。

制服を着終わると失礼しますと言って僕の前に座りました。そしてフェラが始まりました。ゆうなちゃんのお口の中は温かく、柔らかく僕のあそこを包んでくれます。ぬちゅぬちゅとエッチな音を立てながら僕のあそこを舐めてくれました。

ゆうなちゃんの濃厚なフェラを堪能したらいよいよ本〇開始です。ゆうなちゃんは丁寧に僕のあそこにゴ〇をつけてくれ、寝転がり、「きて・・・」と言いました。

制服の女の子にこんなことを言われてはたまりません。最高潮に興奮しました。僕はゆうなちゃんのパンツをずらし、合〇しました。やばいです、温かくて締〇りもいいです。ゆうなちゃんは恥ずかしそうにしながら「気持ちいいよ・・・」と言ってくれました。

僕は奥の方を擦り付けるように動きました。すると、「それ、気持ちいい」といって喘ぎ声を出しながら感じてくれました。

しばらくそうして動いたらゆうなちゃんを抱きながら起こし、対〇〇位に移ります。

僕はゆうなちゃんを抱きしめ、上下に動きました。制服の上からおっぱいがあたり、おっぱいの存在を感じます。ゆうなちゃんは僕の耳元であっあっと小さく喘ぎ声をあげていました。控えめな感じで喘ぎ声をあげる姿がまさに清楚系という感じで、さらに興奮しました。

次は僕が寝転がり、騎乗位でゆうなちゃんに動いてもらいました。腰の動きがくねくねとしていて、かなりエロかったです。

恥ずかしそうにスカートを持ち上げる姿に

僕はゆうなちゃんにスカートをめくり上げるようにお願いしました。するとゆうなちゃんは「こう・・・かな・・・?」といいながらスカートを持ち上げました。

この時僕は恥ずかしそうにスカートを持ち上げる姿に最高に興奮しました。その状態でセーラー服もおっぱいが見えるようにずらしてもらい、きれいなおっぱいを拝みました。制服の女の子にこんなことをさせるなんて背徳感もあり、かなり興奮しました。

そろそろ限界が近くなってきたので正常位に移ります。おっぱいを拝みながらスカートをめくりあげあそこも拝みます。激しく動くとゆうなちゃんの喘ぎ声は大きくなり、「イきそう///」と恥ずかしそうにいいました。

僕も限界だったので、ゆうなちゃんにそう伝えると、「一緒にイこ・・・」と言ってくれました。僕はそのままさらに激しく動きました。するとゆうなちゃんはイくぅぅっっと言ってビクビクしました。僕もそれと同時にイきました。

しばらく力が抜けてぐったりとしていると、ゆうなちゃんが「気持ちよかったです」と言って、ゴムを処理してくれました。

制服の女の子とエッチなことを楽しめるお店はなかなかないと思うので、また来たいと思います。

Pocket