• 上手なベロチューは舌先が柔らかい!もう下手とは言わせないベロチューの方法

    36,235 views

    セックステクニック(女性編)

    AV女優「吉川蓮」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    女性にベロチューが上手だと思われたい。
    もっと刺激的で濃厚なベロチューをしたい。
    と思っていませんか?

    この記事を読むと、ベロチュー、ディープキスのテクニックが圧倒的に向上します。

    ベロチューが下手だとせっかくホテルや家まで連れ込めても、女性が萎えて、そういうつもりはないと挿入できないかもしれません!

    女性がこの人としてもいい、ヤりたいと思われる、超絶エロく濃厚なベロチューができるようになりましょう。

    下手なベロチューは舌先を尖らせてグリグリ回すだけ

    女性が「この人ベロチューが下手だな、慣れてないのかな?」と思うベロチューは最初から舌先が硬く、グリグリ回してくるだけのキスです。

    本来ベロチューは粘膜と粘膜の接触を楽しむもの。棒のような舌でグリグリ回す機械的なベロチューは、気持ちよくないですし、またしたいとは思われません。

    上手だと思われるベロチューは以下の3つです。
    ・ベロチューの始めは舌先を柔らかくする
    ・舌の性感帯をしっかり責める
    ・多種なベロチューを使いこなす

    この3つをマスターして、女性にベロチューが上手な男だと思われましょう!

    スタートのベロチューは舌先を柔らかくする


    慣れている人のキスは最初お互いの唇や舌の柔らかさを味わい楽しむもの。イメージとしては上の動画のようなキスです。見るだけでもエロく感じますよね。

    逆にベーと硬く伸ばした舌をグルグルと絡ませるだけのキスをエロいと感じるでしょうか?

    慣れてない人は頑張って舌を相手と絡ませようとして伸ばすため、舌先が尖り硬くなります。なので最初は伸ばしきらず、舌の力を抜いてベロチューしましょう。

    ベロチューは3つの性感帯を意識して舐めろ!

    クリトリスやGスポットのように、口にも性感帯があります。
    3つの性感帯を理解して、より気持ちいい上手なベロチューにしましょう。

    上あご

    上あごは自分で舐めてみると気持ち良く感じるので、性感帯だとすぐわかります。ここは粘膜、唾液腺の神経が集まっている重要な場所です。そのため感覚神経が多く通っていて、刺激すると気持ちよくなるようになっています。

    舌の裏側にある血管

    舌を合わせる時に是非とも刺激を与えたいのが、舌の裏側の血管です。
    上あごよりは気持ちよくありませんが、血管近くは神経が集まっているので、刺激を受けると気持ちいいです。

    また唾液腺があるため、ここを刺激すると相手の唾液が多く分泌され、ベロチューの音がエロくなり、ムードが高まります。

    意外と忘れがちな唇。しかし唇は異物を入れる入り口のため、一番感覚神経の末梢神経が集中していて、非常に敏感です。ゆっくり上唇や下唇に舌を添わせて舐めると気持ちよくなります。

    女性が落ちる超絶エロいベロチューのやり方

    女性がエッチしたいとムードを高める、上手なベロチューの手順を紹介していきます。

    挨拶程度に舌が触れ合うカクテルキス

    カクテルキスはベロチューの基本です。
    最初は舌を柔らかくして、ゆっくりと相手の舌に触れたり、離したりして楽しみます。
    始めから舌でグリグリさせるのは気持ち悪いという人もいるので、ゆっくり舌を触れ合わせていきましょう。

    ねっとりと舌を絡ませる!トルネードキス

    舌を回して、相手の舌をグルグルと絡ましていくのがトルネードキスです。
    徐々に慣れてきたら、性感帯がある舌の裏側をしっかり舐めていきましょう。

    またこのキスは相手に舌の使い方を教える時にも使えます。
    相手に舌を出させ、こうやってやるんだよと最初に見本をみせます。その後自分が舌を出して、同じように真似してもらうという形です。

    こういった段階を踏むことで、相手のベロチューが積極的になり、エッチなムードが高まりやすくなります。

    舌裏を集中して責め立てる!オンジエッジ

    ムードが高まってきたら、舌先をツンツンさせ左右に振っていくオンジエッジキスがおすすめです。集中的に舌の裏側を責めましょう。舌の表面はザラザラしているため、気持ちいいです。

    またずっと一定のスピードではなく、ゆっくりにしたり、早めたりすると緩急がつき上手なキスになります。

    性感帯の上あごをペロペロ!サーチングキス

    サーチングキスは口の中を舌で探るようにするキスです。この時、性感帯のある上あごを舐めると気持ちいいので、舐めてあげましょう。

    上あごは口の中で一番気持ちいい性感帯なので、是非とも責めたいところです。

    また歯茎も神経が集まっていて気持ちいいので、嫌がられなければ舐めることをおすすめします。

    舌を吸う情熱的なオブラートキス

    オブラートキスは唇で相手の舌を包み込むようにするキスです。
    この時舌を吸うようにやると、唾液の交換ができとても刺激的で濃厚なキスになります。
    ただ吸う勢いで歯で舌を噛んでしまうととても痛いので、唇を突き出してやるのがおすすめです。

    ベロチュー上手な男は連れこみ上手!相性いいかもと思われるキスをしよう

    いかがでしたでしょうか?
    ベロチューが上手になれば、女性のエロモードがスイッチオンして、セックスできる回数や女性の積極性が上がります。

    再度、復習になりますが「上手なベロチュー」は、以下です。
    ・最初は舌先が柔らかい
    ・口の性感帯3つを責めている

    超絶エロく濃厚なベロチューができるようになって、女性をエロくさせちゃいましょう!

    ◯関連記事
    乳首イキはクリイキよりも快感!触るだけで逝っちゃう淫乱乳首の開発方法
    アソコに触れず脳イキさせる!究極の耳舐め方法とは