【風俗嬢必見!】出稼ぎで起こるトラブルを回避する方法

3,516 views

風俗嬢の本音とぶっちゃけ話

風俗嬢イメージ

風俗業界で働く女性の間で、好条件で働けるという理由から人気になっている出稼ぎという働き方。

一昔前までは知らない土地に行って働くことに抵抗がある方が多かったのですが、近年はそういった考え方が変わりつつあったり、通常勤よりも好条件で求人情報が出ていることもあり、今では至って普通の働き方として浸透しています。

ですがそんな出稼ぎ風俗がメジャーとなり、そういった新しい働き方をする人間が増えるのに比例して、トラブルの件数も多くなってきていることはご存知でしょうか?
そこで今回は出稼ぎ風俗でありがちなトラブルの紹介と、そういった事態を回避する方法について解説したいと思います。

近年増えつつある出稼ぎ風俗のトラブルと原因

出稼ぎのメリットと言えば、なんと言っても待遇の良さが挙げられます。
通常の求人では考えられない様な日給の保証や、凄く綺麗なマンション寮、出勤日数によるボーナス金など、働く女性にとって魅力的な条件が多数掲載されているのです。

長期間の出稼ぎに採用してもらえれば、一ヶ月で100万円以上ものお金を稼げるケースも多く、そういったまとまったお金を必要とする女性に非常に人気の働き方となっています。

ですが、この待遇の有無について多くのトラブルが発生しており、特に多いのは高額保証の未払い問題です。

全国的に有名な大手の風俗グループなどは、高額保証をきちんと支払う傾向が強いですが、悪質な店舗ではそうした大手風俗グループに対抗するために、払うつもりもない保証を掲げて女性を募集しています。

この様な店舗に引っ掛かってしまうことで、出稼ぎ先で予期せぬトラブルが起こるのです。

実際にあった出稼ぎ先でのトラブルの一例

あるデリヘル店で、出稼ぎ一日10万円、10日間で100万円の保証を出しているというお店がある、とスカウトマンに紹介されたキャストがいました。

交通費や宿泊施設も準備してくれるとの事でしたので、スカウトマンに全てを任せてそのキャストは当日現地へと向かったのです。

すると面接の時点で保証額が一日2万円にまで下がり、10日間でも20万円にまで変更する、と話されます。

急な条件変更にキャストはお店に理由を聞きますが、「あなたのレベルではこれ以上は出すことができない」と突っぱねられてしまうのです。
もともと写真やスリーサイズはお店側に送っている状態であり、実物も事前に渡した情報とほとんど相違のないものでした。

そして追求して聞いてみると、「写真とスリーサイズが送られてきた時点で、2万円の保証にしようとこちらで決めていたが、スカウトマンやあなたから写真を送られてきたあとに確認されなかったから、伝えてなかっただけ」と、無茶苦茶な暴論をかます様になったのです。

つまり、確認されない限りはこちらからも新しい情報を伝えません、というスタンスでお店を経営しているということ。
こうした屁理屈をこねる悪質なお店が、年々増えてきているのです。

出稼ぎでトラブルを回避する具体的な方法

では、こうした出稼ぎ先でのトラブルを回避するには一体どうすれば良いのでしょうか。

最も良い方法は、出稼ぎ先へ出向く前に電話やメールで直接お店に連絡して、自分の知りたい情報について事前に確認することです。
スカウトマンや求人会社を経由していると、どうしても情報が不明確になってしまったり、知りたいことを聞けないまま現地へ行ってしまうケースが多くなります。
そうした情報収集の怠りから、出稼ぎのトラブルに発展してしまう場合が多いのです。

そうした出稼ぎトラブル回避のために確認するべき情報について下記にまとめてみましたので、一つずつ見ていきましょう。

①保証の条件

この保証制度が出稼ぎで最も重要な部分であると考えている人も多く、働いた報酬に直結する条件でもありますので、まず確認するべき内容と言えます。
求人情報に書いてある保証金額は本当に貰えるのか、条件によって金額が変わるのであれば、それはいくらになるのかといった、具体的な部分を出来る限り突っ込んで聞きましょう。
出稼ぎを利用する悪質なお店の場合、こういった部分でボロを出す傾向にあります。

例えば「本当に掲載通りの保証金額分が貰えるのか?」と聞くと

『何も問題が無ければ大丈夫ですよ』といった回答が返ってきます。

ここで「問題があるというのはどういうことでしょうか?」と突っ込むと、
『条件に合わなかったり、規約に違反してたりですね』みたいな感じで、今まで一言も話していなかった”条件”や”規約”なんて言葉が出てくるのです。

そしてその条件や規約について改めて聞き直してみると、
『それは現地でないと教えられない』『とりあえずこちらで教えます』みたいな、とりあえず店に来させようとする目論見が見え隠れし始めます。

こうした後出しの条件や規約が出稼ぎ風俗におけるトラブルの元であることは明らかです。

まずはこうした規約や条件が無いのかを聞き出し、もし存在するのであれば電話越しで直接伺っても構いませんし、メールやメッセージアプリで詳細を送って貰う様にしましょう。

②給与システム

お客様一人を接客するにあたり、どれくらいのお給料が貰えるのかを必ず聞く様にしましょう。
出稼ぎの条件と言えば期間中の保証の額に目がいきがちですが、お給料の単価についてもトラブルが起きる原因の一つであることが度々あります。
このシステムについてきちんと理解せずに悪質なお店で働き始めてしまうと、保証額以上の労働を強いられる可能性があるのです。

極端な話ですがデリヘルで一日5万円の日給保証が貰えるとして、仕事1本当たりの単価が5000円に設定されれば、保証を超えるために10人ものお客様を接客する事になります。

そのなかでコースがロングになったりしたとしても、雑費などの引かれモノを考慮すると、どうしてもそれくらいの人数の接客が必要になるのです。
つまり、保証額が高かったとしてもあまりにも給与単価が低い場合、店側に酷使される可能性があるということ。

受付時間を異常に長く設定されたりして、睡眠時間を削られてしまうくらい働かされるなんてことも考えられます。
そんな店で働くことになっては保証額以上を稼ぐなんてことは出来ません。
より高いお給料を稼げるような環境で働くためにも、必ず給与システムについて詳しい話を聞く様にしましょう。

③交通費や宿泊施設

出稼ぎのトラブルで意外に多いのがこの交通費や宿泊施設についてです。
交通費は〇日以上で片道、〇日以上で往復分といった様な感じで取り決められているケースがほとんどです。
しかしながらその内容をきちんと確認せずに現地へ行ってしまい、自分が実際に掛かった交通費を請求できない場合などがあります。

よくあるのは交通費に上限があったことを知らずに、差額分を手出しする必要が出てしまうトラブル。
いくら交通費支給とは言え、店側からすればあまりにも多額の交通費を請求されると出稼ぎを雇う意味が無くなります。
どこのお店も基本的に上限を設けているはずですので、事前に確認するようにしましょう。

また宿泊費に関するトラブルも多数報告があがります。
店で寮を完備しているという話なのに、実際に現地に行くと準備されておらず、自分で宿泊施設を探す羽目になったり、ホテルを準備されていてもその費用は全額負担させられたりといったことがある様です。
せっかく出稼ぎに来ているのに、宿泊費でお金を使ってしまっては意味がありません。
ですが、宿泊する場所が無ければ出稼ぎ期間が辛くなってしまうのは事実。
こうしたトラブルを回避するためにも、お店に直接宿泊施設について、細かい所まで聞く様にしておきましょう。

まとめ

今回は出稼ぎでよくあるトラブルと、その回避方法について解説致しましたがいかがでしたでしょうか?
こうした出稼ぎトラブルというのは年々増えており、多くの風俗で働く女性がその被害に遭っています。
出稼ぎ先でトラブルに巻き込まれない様に、ぜひこの記事を参考にしてより良い風俗ワークを目指してみて下さい。

(文/小野妹子)