デリヘルでゴムを用意する必要はある?ゴム着をお願いされる例を紹介

162 views

デリヘル

デリヘルでゴムを用意する必要はある?ゴム着をお願いされる例を紹介
初めてデリヘルで遊ぶ人にとって、必ず疑問に思うのが「ゴムは持参?」ではないでしょうか。 基本的にデリヘル側がゴムを用意してくれるので、持参する必要はありません。しかしゴムサイズやアレルギーなど、利用者がゴムを用意するべき理由があるのも確かです。 そこで今回はデリヘルでゴムを用意する必要があるのか解説していきます。 デリヘルでのゴムを使ったプレイや、ゴム持参に対する風俗嬢の考え方などを見ていきましょう。
記事の目次(クリックで表示)

デリヘルでゴム(コンドーム)を持参する必要はなし

デリヘルってゴムを持っていくべき?といった疑問はけっこうあります。 冒頭でも述べましたが、デリヘルでは基本的に風俗嬢がゴムを持参します。そのため利用者がコンドームを持参する必要はありません。 どのデリヘル風俗店でも感染対策や衛生面を考えて、風俗嬢にゴムを持たせるのが一般的です。 ラブホテルでデリヘルを利用するのであれば、各部屋に1〜2個は置いてあります。ゴムを持参するかしないかを、深く考えなくても大丈夫ですね。 ただ利用者がゴムを持参するメリット・デメリットもあるので、後ほど下の方で解説します。まずはゴムが必要・不必要なデリヘルのプレイを見ていきましょう。

生でも楽しめるデリヘルのプレイ

生でも楽しめるデリヘルのプレイ デリヘルの基本プレイには、お店にもよりますが以下のようなプレイがあります。 ・Dキス ・全身リップ ・フェラ、69、玉舐め ・素股 ・指入れ ・アナル舐め 見て分かる通り、デリヘルにはゴムを使用しなければならないプレイはほとんどありません。なのでゴムを使用せずにサービスが終わることもあります。 以下で、フェラや素股など性器を扱うプレイについて詳しく見ていきましょう。

フェラはほぼ全てのデリヘルで生でしてもらえる

デリヘルの基本サービス「フェラチオ」は、生フェラを行ってくれるお店がほとんどです。 というよりデリヘルは、基本的に生フェラが当たり前ですね。もちろん風俗嬢によっては、ゴムフェラしか受け付けていない子もいます。 サービスが始まってから「ゴム付けて」なんて言われたらテンションがた落ちなので、一応利用する前に確認したほうが良いです。 また一部外国人専門など、生フェラに抵抗がある人たちが働くデリヘルでは、ゴムフェラになっているお店もあります。(海外の風俗はほぼゴムフェラ) ゴムなしでフェラチオしてもらって、オプションのごっくんでフィニッシュといった楽しみ方も可能です。 ◯関連記事 ・デリヘルでごっくんプレイは可能?ザーメンを味わってもらいたい男性は必見

素股も生で可能なところがほとんど

素股もフェラチオと同様に、ゴムなしで行ってくれるデリヘル店・デリヘル嬢がほとんどです。 ただフェラチオの生率と比べると、素股の生率は下がります。筆者の体感ですが、生フェラが9割なら生素股は7割といった感じです。 必ずしも生で行ってくれるわけではないが、ほとんどのお店では生素股は基本。お店の方針と、風俗嬢の性感染対策の意識で変わってくるでしょう。 素股は性器と性器を擦り合わせるので、性感染症が心配になります。利用者側からゴム付けて良いですか?と確認して、ゴムフェラ・素股をやってもらうことも可能です。 ただ素股でゴム着をお願いする場合、そのまま挿入したい人?と勘違いされる可能性も高いので注意してください。

デリヘルでゴム着をお願いされるケースやプレイ

デリヘルでゴム着をお願いされるケースやプレイ ここからゴムの着用をお願いされる場合と、ゴム必須のデリヘルプレイについて解説していきます。 一部のオプションやペニスの状態など、デリヘル嬢からゴム着用をお願いされるケースを見ていきましょう。

客が真性包茎の場合のフェラ

利用者が真性包茎の場合は、ゴムフェラになる可能性が大きいです。 真性包茎は亀頭に皮が覆い被さっている状態なので、皮の中にゴミなどが溜まりとても不衛生。 痛みが嫌で皮を向いて洗えない人も多いので、臭いも出ています。マンカスがボロボロの、汚臭を漂わせるマンコをクンニしたいですか? 自分が真性包茎の場合、ゴムをお願いされたらイヤな顔をせずにちゃんと使ってあげてください。風俗嬢からしたら、ゴムをしていても不安になる子も多いはずです。 真性包茎だからといって、デリヘルを利用できないわけではありません。ゴム装着してのプレイでも良いなら大丈夫です。 ただデリヘルにお金を使う前に、包茎手術を受けることをおすすめします。

素股から挿入しようとする動きをした場合

利用者の中には、事故を装い素股から挿入しようとする人もいます。 素股はローションを使うので、お互いの性器がとてもヌルヌルしている状態です。腰を上手く動かせば、ペニスを膣内にスルッと挿入させるのは難しくありません。 デリヘルは本番・挿入行為は禁止となっています。わざと挿入するように動いたりする場合はゴム着用のお願い、もしくは出禁にされるでしょう。 素股で妊娠したり性感染する可能性もあるので、シビアになっている風俗嬢も多いです。ゴムをお願いされたらちゃんと装着してプレイしましょう。

AF(アナルファック)はコンドーム必須

デリヘルで唯一挿入できるプレイとして大人気のオプション「AF(アナルファック)」。肛門にペニスを挿入するプレイですね。 デリヘルはお尻専門の風俗店ではないので、いつでもAFしても良いように肛門洗浄しているわけではありません。 大便を排出する肛門の中には、ウンチが残っていたり、雑菌がたくさん潜んでいます。ゴムなしでAFすれば、ペニスにウンチが付いたり病気になる可能性が非常に高いです。 AFは刺激が強いので、ゴムをしていても気持ち良いです。風俗嬢が生でも良いよと言ってきても、必ずゴムは使いましょう。 デリヘルのAFは基本プレイには含まれていないので、オプション料金を払う必要があります。 料金が若干高めに設定されている風俗店が多いですが、ハマると気持ち良いのでぜひ試してみてください。 ◯関連記事 ・デリヘルでAF(アナルファック)は可能?AFを楽しむ手順からおすすめの店舗まで紹介

ゴムさえつければデリヘルで本番は可能?

デリヘルで本番できた!なんて豪語している人を、ネット上で見かけることが多々あります。それを見て「僕も試してみよう」と、本番に挑戦する人が多いのも事実。 結論から言えば、ゴムあり・なしでも、デリヘルで本番ができる可能性は低いです。 基本的にデリヘルは本番・挿入行為を禁止している店ばかりです。それに挿入したくないから、デリヘルで働いている子も多いでしょう。 しかし本番行為を、風俗嬢の判断に任せているお店がある場合もあります。 「リピーター獲得のためにゴムあり本番やってもいいよ。でも自己責任でお願いね」といった具合です。 そのため良心的でよくリピートしてくれるお客さんや、友達のような関係になっているお客さんには許しているといった子もいます。 ですが実際には、本番を容認している子は少ないです。それに風俗嬢だってお客さんは選びます。 ゴムを付けたからといって、本番ができるわけではありません。 ◯関連記事 ・デリヘルでNN・NSは可能?風俗店員に聞いても教えてくれない中身を解説

客側がゴムを用意するケースはどんなとき?

客側がゴムを用意するケースはどんなとき? デリヘルではゴムを持参する必要がないと説明しました。しかしお客さん側がゴムを持参するケースもあります。 ゴムのサイズや薄さ、アレルギーなど、様々な理由を以下で詳しく見ていきましょう。

デリヘル嬢が持参するゴムのサイズが合わない

デリヘル側が用意するコンドームは業務用がほとんどです。おそらくはどんなサイズにも適応している規格のフリーサイズでしょう。 それでもちょっと窮屈だったり、ブカブカだったりするのは個人差があります。コンドームはピッタリフィットじゃないと気持ち良さはもちろん、性感染症対策など効果を発揮しません。 そのため自分のサイズにピッタリのゴムを持参する人も。 ただゴムのサイズは、利用前にお店側に相談すると対応してくれる場合もあります。ゴムサイズのバリエーションはありますか?と一度相談してみると良いでしょう。 ◯関連記事 ・コンドームのサイズの選び方 | 長さではなく太さが決め手だった

ラテックス(ゴム)アレルギーがある

業務用コンドームは、天然ゴムが使用されている製品がほとんどです。 ラテックス(ゴム)アレルギーの人は、天然ゴム製品が皮膚に触れた場合、かゆみや蕁麻疹(じんましん)などが発生します。 天然ゴムを使用しているコンドームを使用すると、ペニスがムズムズする人もいるでしょう。デリヘルで気持ちよくなっている場合ではないですよね。 そういった人は、天然ゴムを使用していないコンドームを持参する場合もあります。代表的なもので言えば、サガミやオカモト製品のコンドームです。 こちらも持参する前に、お店に確認したほうが良いです。基本的にデリヘル側は、お客さんが持参するコンドームは使いたくありません。 穴あき・いつのゴムか分からないなど、働く女の子を優先するためです。お店に相談すれば、用意してくれる良心的なお店も増えています。予約時に要相談です。 ◯関連記事 ・ラテックス(ゴム)アレルギーでも使えるコンドームおすすめ5選|ポリウレタン・ポリイソプレン製を使おう

気持ちのいい薄いゴムを持参する

性感染症対策として、ゴムフェラやゴム素股をお願いする場合もあるでしょう。しかしゴムが厚ければ、ペニスに伝わる感触や刺激がなくなり気持ちよさも半減します。 そのため限りなく生に近い感覚が味わえる、薄いゴムを持参する人も多いです。 薄いタイプのコンドームを使いたい気持ちも分かりますが、これもお店側に要相談ですね。

ゴムを用意することでデリヘル嬢の印象はどう変わる?

ゴムを用意することでデリヘル嬢の印象はどう変わる? 最後にゴムを持参するお客さんについて、デリヘル嬢はどう思っているのか見てみましょう。 好意的に思っているのか、はたまた毛嫌いされてしまうのか。まずは好意的に捉えてもらえるケースから解説します。

好意的に捉えてもらえるケース

デリヘルにゴムを持参することで、好意的に捉えてもらえるケースは以下の2つくらいでしょう。 ニオイや汚れで不快に思わないよう気遣ってくれている 感染症や衛生への意識が高い ペニスの独特な臭いや汚れ、性感染症など、デリヘル嬢や自分のケアとしてゴムを持参している人なんだなと思ってくれるケースです。 ですがプレイ前に性器は入念に洗いますし、嬢が持参するゴムを使うので好意的に思ってくれる女の子は少ないでしょう。 「デリヘルが初めてで一応ゴムは持ってきたけど…そっちで用意されているならそっち使うよ!」とアピールするくらいなら良いかも知れません。

逆に警戒されるケース

デリヘルにゴムを持参することで、警戒・嫌がる風俗嬢は非常に多いです。それには以下の理由があります。 あわよくば本番しようと考えているのでは? 穴の開いたゴムで変なことを考えているのでは? デリヘル嬢と本番行為をする際の、決まり文句が「ゴム付けるから入れていい?」です。そのためデリヘル嬢は、ゴムを持参するお客さんに対して不快な気持ちになります。 ゴムアレルギーや薄いゴムでしかイケないなど、理由を作って持参する人に本気で無理と思っている子も。 「ゴム持参のお客さんに最高のサービスなんてできるかよ!」といった意見もありますね。 「ゴムに穴を開けて妊娠させた」という事件もあり、デリヘルに限らず風俗業界では穴あきゴムを警戒しています。 これがあるため、お客さんが持ってくるゴムやラブホテルに置いてあるゴムなど、絶対に利用しないでとデリヘル嬢に言い聞かせているお店も多いです。 このようにゴムを持参するお客さんに対して、好意的よりも嫌悪感を抱く人が圧倒的に多いのが現状となっています。

デリヘルにゴムを持参する必要はない!持参したいならお店に要相談

デリヘルにゴムを持っていくべき?と悩んでいる人は、持参する必要がないので安心してください。 デリヘル嬢にとって衛生面・性病対策はとても大事なので、お店側がゴムを持たせています。 しかしコンドームのサイズや薄さ、ゴムアレルギーなど気になる人も多いでしょう。 どうしても自分で用意したい場合は、必ずお店に相談してください。自分が求めているコンドームを用意してくれるお店もあるでしょう。 勝手にゴムを持参すると、デリヘル嬢から「本番したいの?」と嫌われる可能性も高いです。 特にこだわりが無ければ、デリヘル側が用意するゴムを使用するのが一番ですね。 以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・デリヘルのローションを使ったプレイまとめ|胸・足・お尻などフェチ系プレイが楽しめるデリヘル嬢に使いたいクンニテクニック5つ | マスターすればどんな女の子もメロメロに