デリヘルはどれくらい稼げる?一晩で7桁稼いだ元No.1デリヘル嬢が給料の実態を解説

39 views

風俗嬢の本音とぶっちゃけ話

デリヘルはどれくらい稼げる?一晩で7桁稼いだ元No.1デリヘル嬢が給料の実態を解説
昼間の仕事よりも稼げると噂のデリヘル嬢。噂を聞き、ぜひ働いてみたいけれど、本当にデリヘルは稼げるのか気になる方も多いのではないでしょうか? 結論から言うと、デリヘル嬢は努力次第で十分稼げます! 本記事では、これからデリヘルで働いてみたいと思っている方のために、元風俗嬢の私がデリヘル嬢の収入はもちろん、罰金・ノルマ事情や稼ぎ方も詳しく紹介します。 本記事を読めば、デリヘルでどれくらい稼げるのか把握でき、実際に稼ぐコツもわかりますよ。
記事の目次(クリックで表示)

デリヘルが稼げる仕事なのか徹底解説

デリヘルが稼げる仕事なのか徹底解説 稼げると噂のデリヘルですが、罰金を徴収された風俗嬢のニュースなどもあり、本当に稼げるのか不安になりますよね。 私も最初のころは危険な目に合わないか不安に思いつつ、生活のため風俗業界に足を踏み入れました。 入りたてのころは緊張もあってうまくできず、お客様からお叱りを受けたこともあります。 しかし、心優しいお客様に助けられ、丁寧な接客を心がけてテクニックを磨いた結果、店内ランキング1位になり一晩で7桁稼げるようになりました。 すでに引退済みですが、今回は私と同じくデリヘルで働きたいけれど稼げるか不安な方のために、デリヘルでどれくらい稼げるのか経験を交えて詳しく解説します!

デリヘルの給料は歩合制で決まる

デリヘルの給料は歩合制で決まる デリヘルの給料は、一般的なアルバイトのような時給制ではなく、成功報酬型の歩合制です。自分の魅力や頑張り次第でいくらでも稼げますが、お客様がゼロだとまったく稼げません。 基本的にはお客様が支払ったコース料金の一部や指名料、オプション料が自分のお給料になります。 ただし、お客様からもらったお金をすべてもらえるわけでなく、風俗店ごとに設定された「バック率」に基づいたお給料が女の子の取り分になることが大半です。

客が払った金額全てがもらえるわけではない!給料を決めるバック率とは?

バック率とは、お客様が支払ったコース料金から風俗嬢に支払われるお金の割合で、風俗嬢のお給料のベースです。 一般的に、バック率は50〜60%のデリヘル店が大半ですが、中には70%もらえる条件の良いお店もあります。 バック率の計算式はこんな感じですね。 コース料金×バック率=風俗嬢のお給料 たとえば、コース料金15,000円でバック率が60%なら 15,000 × 0.6 = 9,000円 となり、9,000円が風俗嬢の取り分になります。この他に指名料バックやオプションバックを足した金額が、女の子の最終的なお給料です。 指名料バックとは、お客様が風俗嬢を指名するときにお店に支払う指名料から、風俗嬢に支給されるお金のことです。半額、もしくは全額が女の子にバックされます。 オプションバックとは、基本プレイ以外のプレイ(オプション)を頼んだときにお客様がお店に支払う金額から、女の子に支給されるお金のことです。こちらも半額、もしくは全額が女の子にバックされます。 オプションの内容はお店によって異なり、自分でOKかNGか選択可能です。可能なオプションが多いほど稼げるので、抵抗がなければOKにしておきましょう。

激安デリヘルの日給相場は20,000円

激安デリヘルは、料金が安く短時間から遊べるためお客様のお財布に優しいお店です。 お客様が支払う料金は、30分で5,000円が相場。回転率も高い傾向にあるので、日給換算すると女の子のお給料は2〜3万円が平均です。 時間あたりの料金が安いので、お相手するお客様の人数を増やしていかないといけないのが大変なところですね。お店のジャンルとしては ・ぽっちゃり専門店 ・人妻・熟女店 などをコンセプトに売り出している風俗店が多い傾向にあります。とにかくサクッと短時間で遊びたいお客様が大半ですね。

大衆デリヘルの日給相場は35,000円

大衆デリヘルは60分以上のコースが多く、料金も14,000円〜と少々高め。バック率は50%〜60%のお店が大半です。 激安店と比べると回転率は低いですが、その分1本あたりのお給料が高くなります。 ジャンルは ・萌え系 ・女学生系 ・清楚系 ・ギャル系 のお店が多い傾向です。フリーのお客様がそこそこいて、1本あたりのお給料も平均9,000円ほどなので、激安店より稼ぎやすくなっています。

高級デリヘルだと日給50,000円にもなる!

高級店は収入に上限がないと言える世界。コース料金が平均40,000円と高額なので、バックも比例して高くなります。バック率も60%〜70%と高めの設定。 さらに、お客様から1万円以上のチップをいただけたり、6時間パックなど長時間コースもあったりと比較的稼ぎやすい環境です。女の子を大切にしてくれるお店が多いのも特徴ですね。 ただしその分、在籍している女の子もハイレベル。モデルやグラビアなど芸能系の仕事の経歴を持っていたり、トーク力や教養があったりと容姿端麗で何らかの得意分野を持っています。

稼ぎに関わってくるデリヘルのノルマ・罰金事情

稼ぎを大きく左右するデリヘルのノルマ・罰金事情 デリヘルは自分次第で十分稼げることがわかりました。しかし、ここで気になるのが「ノルマ・罰金事情」。 ネットなどで風俗嬢が罰金を科された記事を見かけることがあり、風俗業界=罰金というイメージがありますよね。ですが、それは10年以上前の話。今のデリヘルは、ほとんどの場合罰金はありません。 その理由や、実際の罰金事情についてここから解説します。

デリヘルは基本的にノルマなし

基本的にデリヘルは、指名◯件などのノルマが設定されていないお店が大半です。ただし、指名を取れないのは、稼ぐ上で不利にはたらくこともあります。 なぜかというと、お店のスタッフさんはフリーのお客様に女の子を紹介する際、指名の多い子を優先しておすすめするからです。 指名本数が少ないほど、新規のお客様を付けてもらえないので、稼ぐのが難しくなります。 こう言うと不安になるかもしれませんが、写メ日記をこまめに更新したり、パネルを写りの良いものにしたりするだけでも指名につながるので安心してくださいね。

ほとんどのデリヘルで罰金もない

ノルマはもちろん、現在のデリヘルは罰金もありません。私が働いているお店はもちろん、他店から移籍した子からも聞いたことがないので基本的に罰金はないと言えます。 理由としては、罰金があるとSNSですぐに拡散されて、デリヘルの印象が悪くなるからですね。悪評が立つと入店する女の子が減って、お店が成り立たなくなってしまいます。 デリヘル店にとっても都合が悪いので、基本的に罰金はないと考えて大丈夫です。しかし、中には例外もあります。

ただし無断欠勤やルール違反で仕方なく罰金を科される場合はある

デリヘルで罰金はほとんとないとお話しました。しかし、連続で無断欠勤・当日欠勤をしたり、お客様と店外デートをするなどのルール違反を犯すと、風俗店によっては罰金を科される場合もあります。 無断欠勤や当日欠勤は、予約したお客様に迷惑がかかる行為です。女の子に何度もこういった行為を続けられると、お店の信用も落ちてしまいます。お店としても損害を受けている状態なので、最終手段として仕方なく罰金を科すことがあるんです。 とはいえ、罰金の有無は風俗店によって異なります。多くの場合、改善が見られない女の子には「クビ」という対応を取ります。 ルールを守って、連絡なしに欠勤をしなければ罰金を科されることはないので、安心してくださいね。

デリヘルの給料はどう支払われる?

デリヘルの給料はどう支払われる? 夜のお仕事をする上で気になるのが、お給料のシステム。働いた分のお金がいつ支払われるか、トラブルを避けるためにも把握しておきたいですよね。 ここからはデリヘルのお給料がどのように支払われるのかを解説します。

多くのデリヘルでは日払いを採用

多くのデリヘルでは、その日に働いた分のお金を仕事終わりに手渡しで現金が支払われます。振り込みでの支払いは基本的にないので、口座や通帳から両親・彼氏にバレることはまずないですね。 普通のお仕事ならお給料は月末にまとめて支払われますが、風俗店では日払いが原則なので、急な出費があっても困らないのがメリット。 ただ、デリヘルのお仕事はストレスもあるので、お金をもらったその日にストレス発散で使いすぎてしまうのが悩みどころです。 かくいう私も、初めの頃はショッピングで全額使ったことがあります…。お給料をもらったら、何割かは銀行に入れてしまった方が節約できますよ。

一部のデリヘルでは預り金がある

基本的に日払いですが、デリヘル店によっては日給の一部を預かって月末もしくは退職時にまとめて払うお店もあります。 「預り金」というシステムなのですが、これは女の子が突然やめてしまうのを防ぐための措置です。 とはいえ「預り金を返してもらえなかった」などのトラブルもあるので、心配な方は面接時に必ず確認しましょう。たまに週払いのお店もあるので、日給でもらいたい方は要チェックですよ。

デリヘルで効率良く稼ぐ方法3つ

デリヘルで効率良く稼ぐ方法3つ デリヘルは歩合制のため、お客様を取れないとまったく稼げないのが辛いところ。 そこで最後に、これからデリヘルで働く方のために効率よく稼ぐ方法を3つ紹介します!

自分のカラーに合ったデリヘルを選ぶ

デリヘルで稼ぐ上で最も重要なのが、お店選び。デリヘル店には、それぞれコンセプトがあり、大抵のお客様はそれを目印に遊ぶお店を選択します。 自分のカラーにあっていないデリヘル店を選ぶと、どんなに頑張っても指名を得にくいです。黒ギャルと遊びたくてギャル専門店に来たお客様は、清楚系の子はまず選びません。 多くのお客様に指名してもらえるよう、自分の得意分野や容姿を把握してお店選びをしましょう。 具体的に言うと、容姿や丁寧な接客に自信があるなら高級店。体力に自信があるなら回転率重視の大衆店がおすすめです。

本指名客を作る

本指名客とは、繰り返し指名してくれるお客様のことです。繰り返し指名してくれるので、何人か本指名のお客様がいると安定して稼げるようになります。 加えて、本指名のお客様はさまざまなプレイを楽しむために、オプションをつける確率大。指名バックとオプションバックが付くので、同じ時間でも通常より多くお金をもらえます。

出勤日数・時間を増やし写メ日記をこまめに更新する

デリヘルで稼ぐなら、出勤日数や時間を増やしましょう。特に最初は、あなたのことを知ってもらうためにも必要です。 特にお客様がたくさん入る曜日・時間帯は入りたいですね。まずは新規のお客様を得て、1人でも多くの本指名をつかむことが大切です。 「また会いたいな」と思わせることができれば、本指名につながるので丁寧な接客を心がけましょう。 また、写メ日記もあなたの魅力をアピールするチャンスです。出勤のあいさつや趣味、お客様へのお礼や気遣いの言葉など、稼いでいる子は共通して写メ日記を書いています。 デリヘルを利用しているお客様は写メ日記を読んで指名する方が相当数いるので、頑張ってみてください。

デリヘルは努力次第で十分稼げる!

デリヘルの収入やノルマ・罰金事情、稼ぐコツについて紹介しました。最後に本記事のポイントを簡単にまとめます。
デリヘルのお給料事情・デリヘルの収入は店舗によって異なるが平均して1日2万円稼げる ・ノルマや罰金はお店の悪評につながるため基本的にない ・支払いは基本的に日給制
デリヘルは自分の努力次第で十分稼げる仕事です。自分のカラーにあったお店を選び、お客様に「また会いたい」と思ってもらえるような接客を心がけましょう。 デリヘルは、普通なら出会えないような人とも会話ができます。さまざまな人がいるので、やってみると結構楽しいお仕事ですよ。 以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・デリヘルで男性ウケする下着の選び方 | ベテラン嬢が3つのポイントを徹底指南デリヘルで働くとメリットが多い|自由出勤・本番なし・業界でも高時給