dm300_250 dm300_60 テンガ 愛特急2006浜松店 出会い系サイト デリーベアー [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

デリヘル開業マニュアル~後編・実践編~

19,114 views

風俗コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マニュアル

元デリヘル店長です。

デリヘル開業マニュアル~前編~で事務所の準備ができました。

ここから実際にデリヘル開業の実践編です。

お店のホームページ作成

まずはデリヘル開業の届け出を管轄の生活安全課に提出しなければいけません。

そのためには電話番号とホームページが必要となります。

電話番号は固定電話でも携帯電話でもどちらでも大丈夫です

店舗型やホテヘルなら固定電話でないと怪しい感じがしますがデリヘルの場合は携帯電話で十分です。

と言うより携帯電話の方が便利でおススメかな!?

そのあたりに関しては後ほど詳しく紹介していきますね!

とにかく電話番号が用意できた、となると次はホームページです。

ホームページに関してはテンプレート形式のホームページが出回っているのでそれで充分です。

「風俗 ホームページ 作成」

とグーグルで検索するとホームページ制作業者がヒットしますので問い合わせしてみましょう!

基本的に毎月の管理費1~2万。

初期製作費は無料~10万までです。

こだわりがなければ初期製作費は無料の業者で充分です。

利益がでてからデザイン変更すれば大丈夫です。

さあ、それでは警察に届け出です。

管轄の生活安全課に出向き『デリヘル開業』の旨を伝えて届け出の書類をもらいます。

必要事項を記入して添付書類を準備して管轄の生活安全課に書類一式を提出すると約10日で『届出確認書』が交付されます。

風俗ポータルサイトの掲載、登録

さあいよいよ念願の営業開始です。

まずは風俗ポータルサイトに掲載の申し込みです。

この風俗ポータルサイトに掲載申し込みするにも『届け出確認書』が必要となるのです。

おススメの風俗ポータルサイトは営業エリアよって多少は違いますが基本的には

シティヘブンネット

ぴゅあらば

風俗ジャパン

この3サイトが3大風俗ポータルサイトとなります。

デリヘルに特化したサイトならデリヘルタウンです。

あとは営業エリアによって各地の地場風俗ポータルサイトがあります。

例えば中四国エリアなら

ワンナビ

アンダーナビ

四国なら

ピンネット

九州熊本なら

ダウンタウン

等々各地に地場の風俗ポータルサイトがあります。
風俗ポータルサイトに申し込んで掲載されるまで約1週間から10日ほどかかります。

それまでにしておかないといけないことは女の子の確保と営業スタイルを決めておくことです。

女の子の求人採用

まずは女の子の確保。

基本的に女の子の確保は風俗求人ポータルサイトに掲載して募集します。

しかし、この風俗求人ポータルサイトに掲載するのも『届出確認書』が交付されてからしか掲載できないんです!

と言うことは、女の子が確保できるまでは事務所経費は手持ち資金から持ち出しになってしまうのです。

どれに風俗求人ポータルサイトに掲載したからと言って女の子がすぐに応募してくれるとは限りません。

では、どうするのか!?

そうです!事前に女の子を用意しておくのです!

事前に女の子を用意!?どうやって。。。!?

それは、紹介や引き抜きそしてスカウトです!

夜の商売などをしている知り合いがいれば、男女問わず知り合いに「今度デリヘル開業するから女の子紹介して」と声かけすれば意外と紹介してくれるものです。

次に

自分が既に知ってる女の子に声をかけることもことも引き抜きに含めますが本来の意味での引き抜きは他店に遊びに行くふりをして女の子に移籍をもちかけることです。

もちろん引き抜きがお店にバレればトラブルになります。

トラブルにならないためにはどうするのか!?

まずは連絡先を交換することです。

基本的にはノーサービスの方が引き抜きしやすいですがそれはお任せします(笑)

プレイ時間が終わってからお礼のメールかラインをしといて軽くコンタクトをとっておきます。

そして、一週間位たったら「誰かお友だち紹介してくれない!?」ともちかけるのです。

あくまで遊んだ女の子を誘うのではなくお友だちを誘うのです。

そうすればトラブルなく引き抜きをすることができます。

次にスカウトですがSNSで「スカウトマン」と検索すればすぐ見つかります。

スカウトマンに依頼すればすぐに女の子を紹介してもらえますがSB(スカウトバック)が発生します。

SBは基本的には女の子の稼ぎの15%です。

最近は15%以外に顧問料を請求してくるスカウトマンもいます。

けっこう経費はかかりますがどうしても女の子がいない場合はしかたがありませんが。。。

ホームページも完成して風俗ポータルサイトに掲載の申し込みも済んで女の子も揃った。

いよいよ営業開始ですがデリヘルと言っても営業方法はいくつかあります。

デリヘルの営業スタイル

ドライバー

デリヘルの基本はドライバーを雇って女の子を自宅やホテルに配送する正にデリバリーヘルスです。

これホント基本ですがドライバーの管理をしなければいけません。

ドライバーを募集して教育しなけらばいけません。

このドライバー悪さする奴がいるんです(笑)

そうです、女の子に手を付けるんです。。。

お店によっては罰金10万円~100万円科したりボコったりして対策を講じてますが、まぁ男女が1台の車で長時間一緒に過ごすのですから。。。

悪さをしなくてもドライバーの管理意外と大変です。

無欠・飛び,,,等々ドライバーがいなくなれば自分で電話受付運転をしなければならなくなります。

そこでドライバーを使わずに営業する方法があるんです。

それは電鉄系と待ち合わせ型なんです!

電鉄系とは女の子は自宅待機していてお仕事が入ったら電車で自力移動する営業方法です。

これならドライバーは必要はないし女の子の待機室も用意する必要もありません。

若専(若い女の子のお店)より人妻系のお店に多い営業方法です。

待ち合わせ型

次に待ち合わせ型です。

待ち合わせ型の場合営業エリアが限られます。

ラブホテル街のある場所(コンビニ前等)を待ち合わせスポットにしたり場合によってはラブホテル前を待ち合わせスポットにします。

待ち合わせ型の場合は女の子はラブホテル街の近くに待機する必要があります。

女の子が待機するには基本的には待機室が必要になりますが、この場合でも初期費用を節約したいのなら女の子の待機室を用意しない方法もあります。

じゃあ女の子はどこで待機するの!?

それはインターネットカフェ等で待機する方法です。

このようにデリヘルと言っても色々な方法があります。

今回はこれで終わりますが機会があれば売上の上がるデリヘル経営なんかも公開できればと思います!


最後に、当サイト「風俗部」が運営している風俗ムーブもオススメです!

上記のようなポータルサイトは、ブックマークや「地域+風俗」で検索して訪れますが、風俗部は、「セックステクニックに興味のある方」「初めて風俗を遊ぶ方」「海外風俗が好きな方」などでアクセスがあります。

人気のポータルサイトは多くのお店が登録されていますので、売り上げが伸びなやむ時は、是非ご検討ください。


Pocket