dmg300_250 [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

風俗店で働く・アルバイトする上で見極めたい優良店と悪質店

237 views

風俗求人

風俗嬢イメージ

初めて風俗アルバイトをしようと考える方も、既に経験のある方も、注意しなければいけないのは働く店舗が優良店か悪質店かという部分です。

どれだけ本人にやる気があったとしても、働く店舗を間違えれば思う様に稼ぐ事は出来ません。
今回は風俗アルバイトにおける、優良店と悪質店の違いとその特徴について解説致します。

優良店の特徴について

風俗アルバイトをしようと考えるならば、きちんとした労働環境である優良店を選ぶ事は必須です。
優良店の条件は『働きやすさ』『給与面』『待遇について』の大きく3つに分かれています。
ここではそれぞれの特徴についてご説明致します。

①最も重要視するべき項目の働きやすさ

風俗アルバイトを行う上で、一番優先しなくてはいけないのがこの働きやすさです

優良店では、自由な働き方、自由なシフトの組み方が認められています。
例えば子育てをしながら働こうと考えるシングルマザーの方は、子供が体調を崩したり、子供が何らかのトラブルに巻き込まれたりすれば、すぐさま迎えに行ってあげないといけませんが
一般企業ではそういった家庭の事情を考慮してくれる所はなかなかありません。
その点、優良店舗で風俗アルバイトとして働いていれば、シフトや出勤時間の調整等も快く応じてくれます。

また優良店は、自分が風俗アルバイトをしている事を絶対に周りに知られたくない、という方の為に身バレの防止策を徹底してくれています。

顔を移さないパネル写真であったり、濃いモザイクを掛けてくれたり、少しでも働く女性の不安を取り除こうと努力してくれるのです。
優良店には私生活を犠牲にさせない、女性が働きやすい環境を用意してくれるという特徴があります。

②実際にどれくらい稼げるのかの給与面

優良店では出勤時間やシフトからきちんと逆算し、現実的にどれくらいの給与が稼げるかを教えてくれます。
実際にどれくらい稼げるかを曖昧にはしません。
〇日出勤の〇時間の受付で〇万円、一ヶ月で〇〇万円が相場です、と分かりやすく説明してくれるでしょう。

そして給与単価については、店舗に掲載されているお客様が支払う通常料金の折半が基本とされています。
料金表に60分2万円、と表記されていれば1万円が60分の給与相場になるということです。
給与の説明を受ける際は、店舗のHPの記載と見比べてみると良いでしょう。
もし折半以下の料金であるならば、給与面ではお店の利益を優先させている店舗だという事が分かります。

③おまけ的な要素ではあるが、あると嬉しい待遇について

優良店であればあるほど、良い待遇が受けられる傾向にあります。

出勤・退勤の際に送迎が無料ある所、日給保証がある所、交通費を支給してくれる所等、その内容は実に様々です。
特に日給保証がある店舗については、非常に重宝します。

日給保証は本来完全歩合で安定しない風俗アルバイトでの収入を、大きく手助けしてくれる制度です。
もし一日働いた収入が、保証されている日給以下だった時にその不足分を給料に上乗せしてくれます。
日給保証が3万円だったのに対し、稼いだ額が2万円だった場合、給与に+1万円してくれるということです。
完全歩合という不安要素を取り除いてくれるのはとてもありがたい事ですよね。
もちろん保証を受けるのにはそれなりの条件がありますが、優良店ならば無茶な条件を提示される事はありません。
出勤日数を一日だけ増やしたり、受付時間を1~2時間伸ばすだけといったものがほとんどです。

上記の様な特別な待遇は、お店によってまちまちです。

色んな待遇がついている所もあれば、全くついていない所もあります。
ですが良い待遇が無いからと言って『悪質店だ!』という訳ではありませんので、早とちりしない様にしましょう。

優良店とは真逆の悪質店

では次に悪質店の特徴について説明していきましょう。

①キャストの望む自由な出勤が認められず、店舗の言い分ばかりが通る

悪質店では、風俗アルバイトのメリットとして挙げられる、シフトや労働時間の自由はありません。

『この日は出勤して』『休まれたらこっちが困るんだよ』『今日は女の子多いから休んで』等、店舗主体で全てを決められてしまいます。

体調が良くないのに出勤させられたり、お金が必要なのにずっと休まされたり…そんな事が日常的に起きるのです。

働く女性の事を一番に考えてはいませんので、当然身バレ対策に関しても要望を聞き入れてはもらえません。

キャストからお願いしても『顔にモザイクを掛けると見栄えが悪い』『皆顔出しでやってるんだから』『こうしないと稼げない』なんて言う風に断られてしまいます。
お店都合を女性に押し付ける、典型的な悪質店の得著と言えるでしょう。

②嘘の収入例を誤魔化す為に曖昧な表現を使う

悪質店は『日給で10万円稼げます!』『月給200万円可能!』等、上記で説明した給与単価の相場から考えれば絶対に不可能である給与条件を堂々と掲げています。

その事を突っ込んで聞いても『頑張り次第でなんとかなる』『実際に稼いだ子がいるから大丈夫』と、具体的な数字を出さずに曖昧な表現で誤魔化すのです。

こういった店舗は、とにかく一人でも多くの風俗アルバイトを雇う事を優先しているので、入店した後の事などどうでもよい、と考えている傾向にあります。
甘い言葉に騙されず、本当にそれが可能なのかを吟味する必要があると言えるでしょう。

③待遇の情報が嘘ばかり

求人情報やホームページに記載されている待遇が、実際に面接を受けてみると全部嘘であった、という悪質店も少なくありません。
特に日給保証の内容について、応募の際と全く話が違うというトラブルは年々増加しています。

日給10万円保証、10日で100万円保証なんていう普通に考えれば絶対に支払えないであろう給与を掲げている所は、大抵悪質店である場合が多いです。

もちろん高級店やかなり知名度の高い店舗であれば、給与単価や集客の兼ね合いから考えて可能な場合もありますが、そういった店舗は非常に稀。
大抵はキャストを集める為の嘘の求人情報である事がほとんどです。

いざ面接を受けてみれば保証を受ける為に『1日12時間労働』『1週間6日勤務』『月間100本の指名』といった、無理難題を条件にしてきます。

そんな条件は呑めないと断れば、じゃあ保証無しで頑張ってね、と上手く丸め込まれてしまうのです。

悪質店は働く女性の事など少しも考えず、店舗の利益だけを求めて経営を続けているのです。

まとめ

優良店と悪質店の違いについて、お分かり頂けたでしょうか。
キャストを一番に考えてくれる優良店と、店の利益しか考えない悪質店では労働環境に大きな差があります。

風俗アルバイトをする上でお店選びを間違ってしまうと、思う様にお金が稼げなかったり、心身ともにフラフラになってしまうのです

少しでも良い条件で働く事が出来る様に、お店選びは慎重に行うべきであると言えるでしょう。

(文/小野妹子)