• 貴女は大丈夫?風俗嬢としてお客様に嫌われてしまう接客

    10,732 views

    風俗嬢の本音とぶっちゃけ話

    完璧に外出しすれば妊娠する確率0.075%!妊娠率をさらに下げる裏ワザも

    貴女は今、お客様に嫌われる様な接客をしていませんか?
    風俗で稼いでいく為には、絶対的にお客様からの支持が必要になります。
    それは言い換えれば本指名がどれだけあるかという事です。

    当たり前の事ですが、風俗嬢としてお客様から『遊ぶ価値が無い』と判断されれば、それ以降そのお客様からの指名は頂けません。
    その基準は容姿であったり性格の不一致、お客様の好みでなかった等様々な理由があります。
    しかし、最もな理由として挙げられるのは不十分なサービス、接客技術の不足です。
    今回はそんな接客技術にまつわる、お客様に嫌われる接客について解説していこうと思います。

    体を満足させるのではなく心を満足させる

    風俗嬢として働く女性は、そもそも何故お客様が風俗店を利用するのかを理解していない方が多いです。
    特に「性欲を満たす為」と考えている方は、まずその考えを改めるべきだと言えます。
    ただ性欲を満たす事が目的であるならば、わざわざお金を払って風俗嬢と遊ばずに、自宅で自慰行為をしていればいいだけの話です。
    しかしその性欲処理では満足が出来ないという方が、お金の掛かる風俗店を利用しています。
    では自慰行為で性欲を発散する上で、一体何が不満なのか?
    それは『心の満足感』を得られない事です。

    店舗で働くキャストとコミュニケーションをとりながら、その上で肌を重ね合わせ「体と心の満足感を得たい」というのが顧客の願望と言えます。
    お客様はただ性欲処理をしたいわけでは無く、風俗嬢に癒しを求めているのです。
    この顧客のニーズに応える事が出来るか否かで、風俗嬢として稼げるかが決まります。

    嫌われやすい代表的な接客の仕方

    上記を踏まえた上で、稼げない風俗嬢の代表的な特徴を見ていきましょう。

    ①基本的な挨拶が出来ていない

    「初めまして、本日はご指名ありがとうございます。○○(名前)です」といった初対面の相手に対する挨拶を疎かにしている方は多いです。
    お客様に良い子だと印象付けるのには、対面時にどれだけ丁寧な挨拶が出来るかにあります。
    この時に会釈をするだけだとか、挨拶も無しに急に会話を始める風俗嬢に対してお客様は良い印象を持ちません。

    またプレイが終わった後の挨拶も重要です。
    帰り際に『ありがとうございました』『またよろしくお願いします』と言うだけでは、顧客に自分の事を印象付けられません。
    その他大勢の風俗嬢と何ら変わりのない子、と判断されてしまいます。
    そこは思い切って

    『今日はありがとうございました!本当に気持ちよかったので、また気持ち良くしに来てください!笑』
    なんていう風に、その時の感想に良い含みを持たせて別れの挨拶が出来ればより効果的と言えるでしょう。

    ②会話をサボってヘルスサービスに集中してしまう行為

    前述した様に、お客様は心の満足感を得る為に風俗店を利用しています。
    にも関わらず、プレイ中のお客様との会話を放棄し、プレイに集中するキャストは少なくありません。
    もちろん中には黙ってプレイしたいと言うお客様もいらっしゃるでしょうが、そういった方は非常に稀です。
    プレイに入るまでの会話、プレイ中の会話、プレイ後の会話…、顧客とのコミュニケーションは全て会話から始まります。
    これを怠る事は、業務を放棄している事に等しいのです。

    しかし注意しなければいけないのは、会話が必要だからと言って自分の事ばかりを話してはいけないという事です。

    サービスの主役は風俗嬢ではなくお客様なのですから、基本的には聞き手に回る事を心掛けましょう。
    またお客様があまり話すのが得意そうでない場合、会話をリードしてあげて話しやすい雰囲気を作ってあげるのが効果的です。
    お客様の呼び方や仕事について、出身地や彼女の有無など事前に会話のネタになるテンプレートを自分で準備しておくと与良いでしょう。

    ③残りプレイ時間を意識せず、お客様が満足出来るサービスをしていない

    お客様とのコミュニケーションが大切だとお伝えしましたが、そればかりに気を取られてサービスが満足に出来なくなってしまうのも問題です。
    よくあるのは会話が盛り上がり過ぎて、サービスに入るタイミングを逃してしまうという状況。

    そのせいで時間いっぱい会話だけで終わり、全くサービスをする事無く仕事を終えてしまうという最悪のケースです。
    何か特殊な事情が無い限り、お客様は喋りに来ているのではなくサービスを受ける為に風俗店を利用しています。
    たとえどんなに会話が盛り上がろうと、お客様がプレイを拒否しない限り、自分からプレイに入る事が大切です。

    ④やる気のない接客、態度

    お金を貰って接客にあたっている以上、本来は考えられない事なのですが、実際に接客時に手を抜いている風俗嬢は多いです。
    フェラが嫌いだから手コキで終わらせる、触られるのが嫌だから極力責めさせない等、基本プレイである内容を拒否する方もよく見受けられます。
    風俗でよく遊ぶ人でなければ『このプレイをして欲しい』『こうしてくれ』となかなかキャストに伝えられないものです。

    そしてその事に味をしめ、やる気のない風俗嬢は、言われない限り極力真面目にプレイしないというスタンスを取っています。

    もちろんそんな手抜きサービスを受けた顧客にとっては、

    その風俗嬢はいわゆる地雷嬢

    になります。

    キャストが気付かれていないと思っている手抜き接客は、ほぼ100%お客様にバレているのです。
    風俗のサービスは確かに体力を削る大変な仕事ではありますが、お客様に対して手を緩めることは大変失礼にあたります。
    どうしても体力的に辛い時は、仕事が入る前に店舗にその旨を伝え、休憩するなり早退するなりの対処をしましょう。

    質の悪い接客は自分の収入低下に繋がる

    稼げない風俗嬢は、自分の接客が何故悪いのかに気付いていません。
    中には気付きながらも一定の顧客がつく事に満足して、そのスタンスを貫いている悪質な方もいらっしゃいます。
    しかしそんな方法で接客を続けていれば、遅かれ早かれお客様がつかなくなる時期がやって来るでしょう。
    そして様々な店を転々とし、年齢を重ね、最終的には何処に行ってもほとんど稼げない状況に陥るのです。

    お店の集客力に頼るのではなく、風俗嬢としての実力をつけて顧客を獲得出来る様にならない限り、安定して高収入を得る事は出来ません。
    その為にはまずお客様への接客を見直す事、そして本指名を獲得する事を一番に考えなければいけないのです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    風俗嬢として高収入を稼ぎ続けたいのであれば、接客において真剣に向き合う必要があるという事がお分かり頂けたかと思います。

    近年、風俗なら誰でも稼げるとされた時代はもう終わりを迎えているのです。
    風俗業界は1つのサービス産業として見られ始めており、顧客を勝ち取る為に多くの店舗と風俗嬢達がぶつかり合っています。
    今稼げていないと感じる方は自分の接客を見つめ直し、稼げる風俗嬢になる為に何から始めれば良いのかを改めて考えるべきだと言えるでしょう。

    (文/小野妹子)