• 風邪中にもオナニーすべき!免疫力UPする研究結果が発表

    25,560 views

    セックス

    風邪中にもオナニーすべき!免疫力UPする研究結果が発表

    風邪を引いたとき、身体は辛いはずなのにかなぜかムラムラした経験はありませんか?そこで悩むのが「風邪中にオナニーしても悪化しないのか?」ということです。今回は、風邪中にオナニーするとどうなるのか?について詳しく解説していきます。また、オナニー以外でも風邪中にやってもいいのか迷う問題にも言及します!

    風邪引いたらなぜかムラムラする!風邪を早く治しつつ、性欲を解消しよう

    風邪を引いたとき、熱や咳など風邪の症状があり身体は辛い状態なのに無性にムラムラして射精したくなった経験がある男性は多いのではないでしょうか?

    ムラムラすると同時に疑問に思うのが上記のツイートのように「風邪のときにムラムラするのは何故?」ということですよね。

    例えば、風邪中にムラムラする一つの要素として考えられるのが栄養ドリンクの摂取です。栄養ドリンクに配合されているカフェイン・ビタミン類・亜鉛などは興奮作用や性欲増強などの効果が期待されている成分のため摂取することで体が反応してムラムラしてくるのです。

    風邪中なのに、ムラムラして勃起現象が起きたらオナニーで射精してスッキリしたくなるのが男の心情です。しかし、風邪中にオナニーすると風邪の症状が悪化するなどの噂もあることからオナニーしてもいいのか迷うところですよね。では、風邪中に何故ムラムラするのかオナニーしてもいいのかについて次の項目で詳しく解説していきます。

    風邪引いた時にオナニーしてもいい!免疫力がUPして早期回復

    風邪を引いたときにオナニーしてもいいのか?についての疑問ですが、結論からお伝えすると「オナニーは免疫力を高める」ので、オナニーする体力があればしてもいいということです。また、風邪中にムラムラしてしまう生理現象にも医学的根拠があることがわかりました。

    男性は、風邪をひいて熱がある時にもムラムラしてしまうと言われていますが、それにはちゃんと医学的根拠があったんです。
    風邪を引いた時に、射精するためにセックスしたり、マスターベーションすると血流がよくなり、同時に白血球の増加が確認されたというのです。白血球は細菌などをやっつけてくれるもの。男性は、本能のなかに自然治癒の行動が染み付いているのかもしれませんね。
    引用:Woman.excite.

    オナニーすると血流が良くなることから「白血球が増加し細菌をやっつけてくれる」という研究結果が発表されました。この結果から風邪引いたときにオナニーすると、早期回復できることが分かりました。また、風邪中にもかかわらずムラムラしてしまうのは、自然治癒力が働いてダメージを受けている体内を射精することで元に戻そうという働きをしているからなんです。

    自慰行為中は、血液内の白血球が増えるため免疫力が上がります。つまり、マスタベーションをすることで病気にかかりづらくなるのです。 また、その理由はまだ解明されていませんが頻繁に射精することで前立腺癌のリスクを減らす効果も。男性にとって、射精の健康効果は計り知れません!
    引用:TABI RABO

    風邪以外でもオナニーは、白血球が増え免疫力がアップするため、病気にかかりにくい体になります。このように、研究結果から証明されていることなので、風邪中にムラムラしてきたら早期回復のためにもオナニーして免疫力をアップをさせましょう。

    しかし注意も必要で、免疫力がアップするからと言って毎日2回以上オナニーするなどのやりすぎは禁物です。なぜオナニーのやりすぎがいけないのかについてはこちらのページで詳しく解説しているので、参考にしてください。

    オナニーのやりすぎはデメリットが多い⁉最新の研究結果でわかった真実

    風邪中にオナニーやりすぎは厳禁!かかる体の負担3つ

    風邪中にオナニーすることは免疫力がアップし早期回復を望める行為なのでオススメですが、やりすぎは体に負担をかけるので厳禁です。では、オナニーをやりすぎることでどんな負担が体にあるのか見てみましょう。

    抵抗力が低下しているので細菌感染にかかりやすい

    熱があるときにオナニーすると何か問題がありますか?という質問に対しての回答です。

    問題はないのですが、熱があるということは抵抗力が落ちているってことですよね?じゃ、もし、オナニーしていて別の菌が入ったら、抵抗力が落ちているのだから、わかりますよね?
    それと意外とエネルギーを使ってるので体力を戻そうというところへ体力を減らそうとする行為が問題ないって言えませんよね。
    でも、自由なんで止めはしませんよ。
    引用:YAHOO!知恵袋

    風邪中は抵抗力が低下している状態なので、細菌に弱い体内になっています。手洗いをしていない手や消毒を怠っているオナホールなどを使用してオナニーすると、細菌感染を引き起こす確率が上がります。風邪中にオナニーする場合は、しっかりと手洗いをすることと道具を使う場合はアルコールティッシュなどで消毒してから使用するようにしましょう。

    風邪中にオナニーのやりすぎは体力を消耗させる

    オナニーは、体内のエネルギー量をかなり消費させる行為です。健康なときでも、オナニーした後は脱力感や疲労感に襲われますよね。風邪を引いているときは、熱などの症状で体力は低下しています。体力が低下している状態でオナニーをやりすぎると、かえって風邪を長引かせる原因になりかねません。風邪中のオナニーは、ほどほどにしておきましょう。

    心肺機能に負担

    オナニーして射精するときは、激しい運動をしたときと同じくらい心肺機能に負担がかかると言われています。普段のオナニーでも心肺に負担をかける行為なのに、抵抗力や体力が低下している風邪中にオナニーしすぎると心肺に負担がかかりすぎて危険な行為です。

    風邪中にムラムラが止まらないからと言って何回もオナニーをすると、体力の消耗が激しくなり風邪が悪化する可能性も否定できません。風邪中のオナニーやりすぎには、注意しましょう。

    風邪引いた時、やっていいのか迷う問題3つ

    オナニー以外でも、風邪を引いた時って何が良くて何がダメなのか迷う問題ってありますよね。風邪のときにやっていいことなのかを明確にすることは、回復を早めることにも繋がるのでしっかりと認識しておきたい問題です。では、風邪引いた時にやっていいのか迷う問題3つを見てみましょう。

    お風呂に入る

    子供の頃に、風邪を引いた時は「お風呂は控えるように」と言われた経験があると思います。多くの方が風邪=お風呂はダメと認識していることから、風邪中にやってはいけない問題として捉えているのではないでしょうか。しかし、風邪中であっても入浴することで風邪の症状を和らげる場合があるので一概にはダメとも言えない問題なのです。

    風邪症状がある時の入浴メリットとしては「入浴による血行促進効果や全身の筋肉の緊張緩和に有用」「新陳代謝が良くなり、鼻水症状が緩和する」「浴室内の高湿度により、のどの保湿が促され、ウイルス活性も抑制できる環境として適している」「蓄積されて不衛生になっている垢や皮脂といった分泌物が除去されるので、皮膚の新陳代謝がよくなる」が挙げられ、入浴は積極的に行った方がむしろ良いかと考えられます。
    引用:高校生新聞

    風邪を引いているけど食欲や体力があり鼻・喉の風邪症状の場合はお風呂に入ることで回復が早まる可能性があるとのことです。逆に、お風呂に入ってはいけない症状は下記になります。

    「38度以上の高熱がある」「ひどい悪寒や倦怠感がある」「嘔吐またはひどい下痢症状がある」「辛い頭痛やめまいがある」「起き上がるのも辛い状態である」――以上の条件に当てはまる場合は、かえって入浴中に倒れ込む可能性があるので、入浴しない方がよいです。
    引用:高校生新聞

    熱が38℃以上もあると、頭がフラフラしている状態ですよね。上記のような酷い風邪症状のある場合は、お風呂に入ると悪化したりのぼせて倒れるなどの危険性があるので入浴は控えましょう。

    運動して汗をかく

    高熱や咳や鼻水など風邪症状が酷いときは「運動して汗をかこう!」なんて思えないでしょうから考えもしませんよね。しかし風邪が治りかけてきたときは早く回復させるために、運動して汗をかこうとする方達がいます。風邪が治りきっていないけど「運動して汗をかく」ことはいい行動なのでしょうか?

    何より良くないのは、運動して汗を書いた後に冷えてしまい、また風邪がぶり返してしまうこと。
    引用:oggi.jp

    女医が教えてくれていたサイトを引用しましたが、納得のいく回答ですね。運動をして汗をかいた後は、急激に体が冷えます。風邪の治りかけに運動をして汗をかくと悪化する可能性があるので、完全に治ってから運動をするようにしましょう。

    お酒を飲む

    風邪を引いたときはお酒を飲むと、体がポカポカするから回復が早まるなどといった噂があります。この問題に、医師が回答していたサイトがあったので引用します。

    「アルコールには血管拡張作用がありますので、確かに血流が良くなる可能性はあります。しかし同時にアルコールには利尿作用があります。お酒をたくさん飲むとトイレが近くなることを経験された人もいると思います。風邪などの感染症において一番大切なのは安静と十分な水分、栄養です。アルコールは水分を失わせ、脱水させるリスクがあることを考えると、『血流を良くするから風邪が早く治る』とはいえません」(坂本先生)
    引用:産経WEST

    アルコールの利尿作用で、脱水症状が現れる危険性があるとのことです。風邪を引いたときは、体内の水分を奪われやすいから水分補給はこまめにするようにと言われますよね。お酒によって水分を奪われてしまっては本末転倒です。風邪中は、お酒を飲むのは控えるようにしましょう。

    オナニーすると免疫力が上がる!風邪中にムラムラしたら解消しよう

    風邪中のオナニーについて解説してきましたが、いかがでしたか?この記事をまとめると、下記になります。

    ・風邪中のオナニーはしてもいい
    ・オナニーすることで血流がよくなり、白血球が増え免疫力がアップする
    ・風邪中にムラムラするのは、体の中で自然治癒力が働くから
    ・オナニーのやりすぎは体に負担をかけるのでほどほどに

    免疫力がアップするからといってオナニーのやりすぎには注意が必要ですが、風邪中にムラムラしてきたらオナニーして早期回復を目指しましょう。

    ◯関連記事
    男のオナニーはメリットだらけ!知って得するメリット10選
    毎日オナニーをすることのメリット・デメリットとは?適正回数も紹