夢川エマ テンガ NLS_3 [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

母乳風俗、妊婦風俗の隠れた人気の秘密

2,639 views

風俗部ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FUZOKUBU!ニュース

 ×月×日。今日は出産後の母乳ママが働く某店を取材。現れたのは31歳の主婦やよいさん(仮名)である。半年前に2人目の子供を出産したという彼女は、取材場所のラブホテルの一室に入ると、「いや~、今日は暑いっすねぇ。あ、私タバコ吸っていいですか?」と無邪気な姿を見せる。

色白で童顔ということもあり、見た目は20代前半といった印象。そんな彼女だが、想像もつかない過去を持っていた。それは私が初体験について尋ねたときのこと。

「あ、13歳っす。もう私って完全に援交世代なんすよ。中学時代から無料の出会い系サイトを使って、援交しまくってましたね。知ってます? 中学生だとけっこう高いんで、カネになるんですよ」

相場について質問したところ……。

「中学生だと5万から10万ですね。それで高校生になると上限5万って感じです」

やよいさんはあっけらかんと答える。そうして稼いだカネは、中学時代はブランド品の購入に遣い、高校時代からはホストクラブ通いに遣うようになったそうだ。

「高校時代、私と一緒にガンガン援交やって、夜もホストで遊んでた子がいるんですけど、その子は途中で心を病んじゃって、ウツになっちゃいました。私はなんでか平気だったんですよね。20歳からはソープで働いたりとかもしましたし……」

聞けば、両親や現在のご主人も風俗勤めを知っているという。

「やっぱ風俗とかであぶく銭を稼ぐようになると、どうしても生活が派手に変わるじゃないですか。だから隠しておけないっていうか……。とくに親が止めるとかはなかったですね。うちのダンナも風俗時代に出会ったし、『おお、稼いでこいよ』って反応です」

現在、そのご主人とは離婚を考えていて、彼女自身は子どもを連れて都内の実家に帰っていると語る。

「離婚してからの子育て費用を稼ごうと思って、2番目の子を妊娠して5カ月目からは妊婦専門店で働いてました。で、出産して1カ月くらい経ってから、いまの店で仕事に復帰したんです」

やよいさんに風俗での仕事について、どんなイメージを持っているか聞いた。

「私にとっての風俗は、黒いシートで目隠しされたガチャガチャみたいなもんですね。なにが出てくるかわからない。だから楽しい、みたいな……」

悲壮感のまったくない笑顔で彼女は答えた。
(出典元:日刊SPA!)

最近、中学時代に援交していたとか、高校時代に愛人だったなど、普通ではない過去を持つ風俗嬢のことが、ネットでよく取り上げられている。普通の風俗嬢では面白くないからそういう女性を取り上げるのはわかるけど、ネットにそういう話が蔓延すると、風俗嬢はそういう女性ばかりという印象を、世間に与えてしまう。

最近、風俗嬢の再就職などをサポートする動きがあるが、そういう話ばかりが広まると支援の動きにも悪影響を与えかねない。風俗嬢になる女性の多くは、風俗に入店する前日までごく普通の生活をしていた人が大半なのだ。

記事を読む側も、普通でない生い立ちの風俗嬢の話を読んだら、「中にはそういう風俗嬢もいる」くらいに考えたほうがいい。

特に、この記事に登場する女性は中学時代に5万円~10万円もの高額で援交していた上に、現在風俗嬢をしていることを夫も両親も黙認しているという。普通では考えられない状況にいる女性で、非常に特殊なケースなのだ。

さて、記事に登場する「母乳ママ風俗」とはどんなものかちょっと気になるが、実は母乳風俗とか妊婦風俗は、根強いマニアが多いことで有名だ。

どんなプレイができるかというと、母乳風俗では風俗嬢の母乳を飲むのはもちろん、母乳を絞ったり浴びたりすることができる。また、妊婦風俗では風俗嬢に甘える幼児プレイなどがあるという。どちらも、最後に性的サービスを受けるのは普通の風俗と変わらない。

こういった風俗店には託児所が併設されていることも多い。なぜなら、母乳風俗嬢は産後2か月くらいから仕事をするので、子供を預ける施設がないと勤めることが難しい。

しかし、こんな風俗に足しげく通う客がいるのだろうかと気になるが、意外とハマる人も多いらしいのだ。というのは、母乳は常に一定の味ではなく、産後すぐと半年後、1年後では味が変わってくる。さらに、母乳の質も女性によって微妙な違いがある。

たとえば、普通の母乳は米のとぎ汁のような色で甘みが強い。かと思えば、上質な母乳だと色が透明で青みがかっていて、さっぱりした甘みで大人が飲んでもおいしく感じるという。また、質のよくない母乳は白く濁っていて渋みがある。時期や女性によってこんなに違いがあるなら、利き酒ならぬ「利き乳」をやってみたい人がいるのもわかる気がする。

ちなみに、妊婦風俗店では妊娠5か月~臨月までの安定期に入ったママが働いている。妊婦デリヘルの場合、風俗嬢は自宅待機の場合が多いから移動に時間がかかるようだ。大きなお腹で出勤するのは大変だから、どうしても自宅待機となってしまうのだが、それでも指名する客は引きも切らない。

母乳や妊婦で稼げる時期は短いから、店では常に風俗嬢を募集している。
風俗嬢の入れ変わりが激しく常に新人がいることも、この風俗を愛するマニアにとって魅力となっている。

Pocket