300_250dmm2 NLS_3 [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

2018年風俗流行予想が意外すぎ!!

2,080 views

風俗部ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FUZOKUBU!ニュース

“人間の煩悩なんて除夜の鐘で簡単に拭えるわけがない。新たに2018年を迎えたばかりだが、気になる風俗トレンドを早速チェックしたい。風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)の生駒明編集長とともに今年の風俗の流行を読み解いていく。
「17年の風俗は『平成レトロ』がテーマでしたね。ボディコンなどのコスプレのリバイバルブームが起こった。19年半ば(4月末)に平成の終わりが決まったことで、平成を懐かしむ機運はさらに高まり、18年も平成リバイバルブームが加速します」(生駒氏)
風俗におけるコスプレは平成を代表する衣装が流行する。「AKB48のような黒髪の清楚系アイドルコス。ルーズソックスがはやるでしょう」
さらには、学園系素人専門店が旬を迎えるという。「セーラー服、ブレザー、ブルマー、スクール水着を着た女の子と遊ぶ店。若くても素人なら安く遊べる。昨年末に火災が起きた大宮のソープがまさにそのような店でした」
年代別では熟女、さらに上の超熟女ジャンルもアツい。まずは熟女が活躍するのが、癒やしのアロママッサージを取り入れた風俗だ。
「疲れている人が多く、癒やされたい願望が強い。各種風俗ではエステ要素を取り入れている。これなら受け身で楽チンでしょ。特に人気があるのは人妻や熟女。昨年大ブレークした女優石田ゆり子のような“奇跡の美熟女”は売り手市場です」
続けて生駒氏は、「老老介護があるように“老老風俗”がくる。風俗のシルバー化は間違いない」と断言。「75歳や後期高齢者の超熟女デリヘルはすでに存在して、同世代や50歳くらいの男性にニーズがあるようです」。
老人の風俗利用者が増えることでどうなるか。
「女性を呼んで遊ぶのは古い。これからは呼ばなくても女性がやってくる」
孤独に暮らす高齢者の安否確認を兼ねて、風俗嬢が「おじいちゃん、性サービスはいかがですか」と家を訪れるようになる。田舎で独り暮らしする老いた父親を持つ息子夫婦などがセクシュアルソーシャルワーカーを派遣して、安否確認を行う時代が到来するという。
サービス面では細分化が見込まれる。ナースコス専門店と巨乳を組み合わせた「巨乳ナースコス専門店」のように、「3P専門店」×「乳首なめ」。「貧乳」×「熟女」など「鉄板ネタと鉄板ネタを組み合わせると、さらに鉄板風俗が生まれる。ニッチな専門店が続々と生まれていく」。
無視できないのは外国人客の存在だ。20年東京五輪直前とあって客の国際化が進む。最近でも川崎に外国人客専用ソープ「パラダイス」がオープンした。
「日本人客が相手だと身バレが心配だけど、外国人なら問題ない。女性を集めやすい」。外国人VIP専用の高級デリヘルも林立するはずだ。
そして、今後は“パネマジ(風俗嬢を写真修整で美人に見えるようにするテクニック)”がなくなるかもしれない。
「平成は成長なき時代だった。人々は『成功したい』気持ちよりも『失敗したくない』気持ちのほうが強い。自然と『ハズレを引きたくない。マイナスを避けたい』という行動を取る。冒険しない時代には顔見せありのオープンスタイル指名風俗がはやるでしょう」。嬢が出てくるまでドキドキしながら待つのも風俗の醍醐味だが、風俗の世界にも情報の透明化が待ったなしだ。”

引用 : 東スポweb

「平成レトロ」ブームが加速 2018年風俗流行予測

2018年も始まりましたね。去年には今の天皇陛下が退位されるということが発表されました。突然の出来事に皆唖然としたことでしょう。そんな中去年は風俗業界では突然終わることになった平成を懐かしむような風潮が見られました。引用にもあるように、学園系素人風俗が最高潮を迎え、新規のお店の出店も次々とありました。

平成の終わりが目の前に迫った今年はさらにその風潮が高まるのではないか、ということですが、私もそう思います。やはり平成といえばAKBなどのアイドルグループが活躍した年かと思うので、個人的にはアイドルをイメージしたような風俗店が流行るように思います。中年の方だと平成というと学生時代を思い出すのではないでしょうか。そのためセーラー服やスク水などの制服系のコスプレ風俗も流行ると思います。

さて、次にアロママッサージを取り入れた風俗についてですが、こちらは客目線では何もせずにただただ受け身で時間を過ごすだけという、利用するのにハードルの低い風俗ですが、熟女が活躍するかどうかについては疑問符が残る。

言い方は悪いかもしれないが、どうせヌードなサービスを提供してもらうのなら若い子の方がいいのではないか、というのが私の考えだ。美人な熟女ならギリギリ許せるが、そこらにいるようなオバチャンにヌードなサービスまで提供してもらうとなると、抵抗がないだろうか。
私としては風俗で熟女ジャンルは流行らないのではないかと考えている。

次に、引用文に“老老風俗”や、”風俗のシルバー化”という言葉が現れた。確かに日本人の4人に1人が高齢者となった今の時代風俗業界も高齢者を対象にしたサービスを始めるのも考えどきなのかもしれない。しかしこれもまた偏見的な意見となるが、高齢者に性欲はあるのだろうか。

中には性欲バリバリの高齢者もいるかもしれないがその数は多くはないだろう。風俗業界を支える根底となっているのは、人間の3大欲求である「性欲」ではないだろうか。この「性欲」のない高齢者を相手にしても儲けることはできないだろう。

続いてセクチュアルソーシャルワーカーについての話が上がった。孤独に暮らす高齢者の家に訪ね、性サービスはいかがか、と聞き、安否確認をする仕組みだそうだ。高齢者からするとデリヘルが定期的に家に遊びに来るという感覚だろう。

先程も述べたが、私は風俗業界が高齢者を相手にするのは厳しいのではないかと考える。もしこのような仕組みが成立しても、安否確認が主な作業となり、性サービスを行うことは滅多にないのではないかと考える。

サービス面については細分化が見込まれるということだが、こちらについては納得である。風俗業界は現在様々な業種、様々なタイプのお店が溢れている。どこで差をつけるかというとサービスではないだろうか。プレイ内容をよりマニアックにしたりある要素とある要素を組み合わせたりすることでターゲットは狭まるが他店と差別化を図ることができ、固定の客もつくだろう。こうして風俗業界は成長していくのだな、と感じた。
私としても新たなタイプのお店が増えて風俗を利用する楽しみが増えるので是非そうであってほしい。

最後にパネマジがなくなる、ということだったが、こちらは私にも分からない。
実際大阪の飛田新地は女の子が実際に顔を出していて、本物の顔を見ながら女の子を選ぶことができる。果たして本当にこのようなお店は増えるのだろうか。
先程の話にも繋がるが、風俗店で実際に顔を見て選べるお店はほとんどない。そのため、顔を見て選べるシステムを導入すると他店との差別化を図ることができ、客を呼べるだろう。

しかし女の子側からするとかなりハードルが高い気がするのだ。女の子としてはできるだけ身バレしたくないと思うのでなかなかこうしたお店で働こうと思わないのではないだろうか。
とはいえ海外では女の子を実際に選べるようなお店がたくさんあるので、いずれは日本でもそうしたお店が流行るのではないかと思われる。

Pocket