• 会陰部オナニーのやり方とは|コツは前立腺を動かすように意識すること

    68,023 views

    セックステクニック(男性編)

    コミックマショウのエロ漫画10選|サブカル臭強めのマンガ好き必見

    女性のように何度でもイケるドライオーガズムができるオナニーの中でも、比較的リスクが少なく手軽に開発を始められる会陰部オナニー。特別な道具などなくても自分の指1本で最高の快楽を味わうことができます。今回はそんな会陰部オナニーのやり方やコツを詳しくご紹介していきましょう。

    会陰部オナニーによるドライオーガズムの快感がオナニーを劇的に変える!

    会陰部とは睾丸から肛門までの間のこと。他にも「蟻の門渡り(ありのとわたり)」なんて呼ばれることもあります。

    個人差はありますがおよそ5㎝~8㎝ほどでしょうか。
    ここを指でさすったり指圧することで快感を得るのが会陰部オナニーです。
    ではなぜこの会陰部が気持ちいいのかと言いますと、それは前立腺を刺激することができるから。

    「前立腺は気持ちいい」これは多くの方がご存知でしょう。
    しかし「アナルに挿れるなんて無理!」と拒否感を抱くことも少なくありません。
    でも会陰部オナニーであれば、アナルに挿入せずとも前立腺を刺激することができるのです。

    この「前立腺を会陰部から刺激する」というのは、実はとても効率の良いこと。これはかの有名な前立腺開発専用器具エネマグラをみてもわかります。エネマグラにも会陰部を圧迫するための部位(アパットメント)がついているのです。

    つまり会陰部への刺激は、前立腺を開発する上でとても重要なことでもあるんですよ。

    また会陰部オナニーで欠かせないポイントが「ドライオーガズムができる」という点。ドライオーガズムとは射精を伴わずイクことで、対義語として射精を伴うウェットオーガズムがあります。

    〇ドライオーガズム
    ・射精をしない
    ・何度でもイケる

    〇ウェットオーガズム
    ・射精を伴う
    ・1度しかイケない

    最大の特徴は「何度でもイケる」という点でしょう。会陰部オナニーを極めることができれば、女性のように何度でもイケる「メスイキ」を体験することができるのです。

    「あまりの衝撃に死ぬかと思った」こんな快感を味わってみたくはありませんか?
    会陰部オナニーに興味が出てきたのであれば、これからご紹介する情報は必見!今までのペニスをシゴいて射精するウェットオーガズムから、会陰部を刺激して何度でもイクドライオーガズムへと、オナニーを劇的に変化させてみましょう!

    会陰部オナニーとは、睾丸と肛門にある会陰を刺激するオナニーのこと

    会陰部オナニーは、会陰部を自分の指で刺激することで快感を得るオナニー法です。先述したように前立腺を刺激することで、ドライオーガズムを体験できるようになります。

    前立腺を刺激するオナニーではあるものの、特別な道具や準備を必要としないのが最大の特徴でしょう。アナルに挿入するわけではないので浣腸をしておく必要もありませんし、尿道から刺激するわけでもないので感染症のリスクも極めて低いのです。

    また会陰部は神経がとても多く集中している場所で、別名「生殖腺」とも呼ばれる性腺を活性化させるのにも効率的な方法です。

    性腺を活性化させ感度を上げる・前立腺を刺激しドライオーガズムを味わえる、会陰部オナニーは心身共に嬉しい効果をもたらすオナニー法なんですよ。

    気持ちいい会陰部オナニーをする方法

    それでは早速会陰部オナニーのやり方をご紹介していきましょう。

    特別な準備や道具は必要ないのでとても手軽に始めることができますが、ドライオーガズムを迎えるまで開発するには時間を要します。最初からイクほどの快感を感じるのは稀なことなのです。「1回やってみたけどそんなに気持ち良くなかった」となったとしても、諦めず何度もチャレンジしてみてくださいね。

    ①背もたれに寄り掛かりM字開脚をする

    会陰部は体勢によって届きにくいこともある部分です。身体の固い人だと無理な体勢を長時間するのは苦痛になってしまうでしょう。会陰部オナニーを調べると、仰向けで触ることを推奨されていることがほとんど。しかしこれでは会陰部にも触りにくく、腹筋に力が入り到底リラックスはできません。

    そこでおすすめなのが、背もたれに寄り掛かり座って行う体勢です。これなら簡単に会陰部に手が伸ばせますし、長時間していても疲れることはありません。また座位というのは前立腺を刺激するにも効率が良い体勢でもあります。

    ベッドなど柔らかい場所に座り、枕やクッションを腰に当てながら壁に寄り掛かりましょう。床に対して直角に座るよりも、腰で座ることをイメージしてくださいね。その後膝を90度になるように曲げ、足を軽く開き会陰部オナニーに備えましょう。

    ②利き手の中指を会陰部に添え、手のひらで睾丸を優しく包み込む

    会陰部に伸ばす指は利き手の中指がおすすめ。1番長い指なのでアナル付近まで触りやすいのもそうですが、人差し指と薬指を両側に添えることでより安定します。

    またこのとき手のひらで睾丸を優しく包み込んでおきましょう。睾丸を避けるように手を配置していると、動かしにくいのはもちろんオナニー中に当たり痛い思いをしかねませんよ。睾丸も性感帯だという人なら、手のひらで揉みながら会陰部を刺激するのも良いでしょう。

    ③会陰部全体を撫でながら、会陰部の中でも感じる部位を探す

    さあ体勢が整ったら会陰部を刺激していくときです。まずは会陰部を撫でてみてください。多くの場合がくすぐったさを感じることでしょう。しかし上下左右広範囲で撫でていくと、どこかでゾクッとする場所が見つかるはず。

    会陰部の気持ちいい場所は人それぞれで、必ずしも真ん中が気持ちいいとは限りません。アナルギリギリのところがイイという人もいれば、やや右寄りがイイと言う人も。中には睾丸から続くスジ部分がもっとも感じる人だっているのです。

    会陰部内であればどの場所でも前立腺は刺激できます。「こんなとこじゃ気持ちよくなれないんじゃないか」「前立腺から1番近い場所の方がいいんじゃないか」そんな考えを捨て、自分はどこが感じるのか、的確に刺激するためにも会陰部内の性感帯を見つけましょう。

    ④中指の腹で会陰部をグッと押さえ、皮膚ごと動くように上下させる

    気持ちいい場所がわかったのであれば、そこを重点的に責めていきましょう。気持ちいい場所を中指の腹でグッと押さえてください。あまり強く押し込んではいけませんよ。イメージとしては会陰部に指を添えてから、1㎝ほど押し込む感じです。そのまま上下に動かしましょう。

    指だけ滑らせるのではなく、皮膚ごと上下させるのがコツです。撫でるだけでは表面上しか刺激できませんが、皮膚ごと揺らすことで前立腺に振動を与えるのです。動かす幅は2㎝ほど。手全体を動かすのではなく、中指だけを動かせば最小限の力で長時間やり続けることができますよ。

    ④1秒間に2回ペースで、リズミカルに押し続ける

    皮膚ごと揺らすように上下させていると、ペニスの根本付近からジワジワと込み上げてくるものがあるはずです。M字開脚していた足がピクッと動くくらい感じるようになってきたら、次は同じ場所をリズミカルに押し続けてみましょう。

    このとき中指を会陰部から離してはいけません。会陰部に押し当てたまま、更に奥深くに押し込むイメージです。早さは1秒間に2回ペースがおすすめ。押し続けていると徐々に感度が高まり、足を閉じたくなるほどの気持ちよさを味わえるでしょう。

    ⑤ペニスや乳首など他の性感帯と共に刺激する

    開発することができれば、④番の時点でドライに達することが可能です。しかし最初のうちは気持ち良さは感じるものの、絶頂するには程遠いでしょう。そんなときはペニスや乳首など、他の性感帯と共に刺激していきましょう。

    会陰部は体内性感に深みを与えるオナニーです。そのため他の性感帯を刺激することでその快感を強めることができますし、身体が「会陰部を触っているから気持ちいいんだ」と覚えてくれれば、会陰部の開発もスムーズに行えるようになりますよ。

    会陰部オナニーをする時の注意点・リスク

    今夜からでもすぐに始めることができるお手軽な会陰部オナニー。開発に時間はかかるものの、極めればドライオーガズムだって体験できます。しかし前立腺を刺激するオナニーである以上、知っておきたい注意点やリスクがあるのです。

    やり方を間違えると重篤な症状に陥ることもあります。とはいえほんの少し気をつけるだけで未然に防げるものばかり。会陰部オナニーの基礎知識として必ず理解しておきましょう。

    ①ドライオーガズムを繰り返すことで体力の消耗が激しい

    ドライオーガズムは何度でも連続してイクことです。ウェットオーガズムで1回射精をしたあとのことを思い出してみてください。心地良い疲労感とともに、一気に体力がなくなった感じがしませんか?あれが何度も続くのですから、終わったあとに感じる倦怠感は半端ありません。

    会陰部オナニーをしている最中はアドレナリン効果で疲れも感じませんし、連続でイケる快感にいつまでも身を任せたくなるでしょう。しかし何事もやりすぎは禁物。中には「疲労感から吐き気を感じた」なんて人もいるので、極めたあとの会陰部オナニーは自分の体力と相談して行うようにしましょう。

    ②強く刺激すると皮膚の裂傷や前立腺炎になることがある

    「気持ちよくなれないのは刺激が弱いからではないか」「もっと強くすればもっと気持ちいいんじゃないか」そんな考えからガシガシ擦ったりしてはいけません。皮膚の表面上が切れケガをしかねないのです。

    他にも前立腺はもともと外部からの刺激に弱い部分。そのため会陰部からとはいえ強く揺らしたり、毎日のように長時間刺激し続ければ前立腺炎になることも考えられます。可能性としては高くありませんがゼロではありません。強すぎる刺激はしないよう心掛けましょう。

    ③会陰部に圧迫感を感じるだけで性的快感を感じることがある

    これは会陰部オナニーを極めた場合にのみ起こることです。普段の生活の中で会陰部に圧迫感を感じると、それだけで性的快感に繋がることがあります。例えば「自転車に乗る」などがそうですね。勃起に繋がるほどの強い快感ではないかもしれませんが、外出先でじんわりとした気持ちよさを感じることはあるでしょう。

    とはいえここまで到達するのはかなりの上級者。1度や2度ドライオーガズムに達したからといって、ここまで敏感になることはありません。あまり気にするようなリスクではありませんが、こういうこともあるんだと頭の隅に置いておきましょう。

    ④膣内射精障害になる危険性がある

    今回ご紹介するリスクの中で、もっとも危険なのがこの膣内射精障害になる可能性でしょう。これは会陰部オナニーだから膣内射精障害になるのではなく、通常のセックスではあり得ない快楽に慣れてしまうことで膣内射精障害になるのです。

    足ピンオナニーや床オナニーと同じで、会陰部オナニーもセックス中では刺激されることがない場所。そのため「会陰部を刺激しないとイケない」「会陰部オナニーでドライオーガズムを感じないと満足しない」このような状態になると、女性の膣でイケなくなることも考えられます。

    これも先ほど同様よっぽどハマることがない限り問題はありませんが、「会陰部オナニーしかしない」というのは危険です。ペニスをシゴくオナニーや、射精を伴うウェットオーガズムなどと合わせて楽しむ程度にしておきましょう。

    正しいやり方の会陰部オナニーで痺れるような快感を味わおう!

    最後にここまでご紹介してきた情報をまとめてみましょう。

    【会陰部オナニーとは】
    ・肛門と睾丸の間の部分を刺激するオナニー法
    ・性腺を活性化させ感度を上げることができる
    ・前立腺を刺激しドライオーガズムを味わえる

    【会陰部オナニーのコツ】
    ・座位で行う
    ・皮膚ごと上下させる
    ・1秒間に2回ペースで押し込み続ける
    ・前立腺を刺激することを意識する

    【会陰部オナニーのリスク】
    ・ドライオーガズムは体力を消耗する
    ・皮膚の裂傷や前立腺炎になる可能性がある
    ・会陰部に圧迫感を感じるだけで性的快感に繋がることがある
    ・ハマりすぎると膣内射精障害になる危険性がある

    ドライオーガズムを味わうこともできる会陰部オナニー。手軽に始めることはできますが、極めるまでには時間を要します。諦めることなく何度も開発にチャレンジして、女性のように何度でもイケる最高の快感を体験してみましょう。

    ◯関連記事
    射精の満足感が格段にアップ!簡単に用意できるオナニー道具10選
    自慰研究家が教える。喘がずにはいられない亀頭オナニーの方法