ビニール袋でオナホを作る方法!5分あれば作れて疑似パイズリが楽しめる

28 views

セックス

ビニール袋を使ってオナホールを作れます。にわかには信じられないかもしれません。しかし事実です。驚くことに、5分あれば作れます。 「でも気持ちよくないんでしょう?」そう思うかもしれません。ところがパイズリに近い感触が楽しめると強烈な人気を勝ち得ています。 この記事では、巷で話題沸騰のビニール袋オナホールの作り方を詳しく伝えましょう。ぜひ読んで、オナニーライフを充実させてください。
記事の目次(クリックで表示)

■作成時間たった5分!ビニール袋でオナホールを作る方法

①ビニール袋オナホに必要な道具を用意する

②口を上にして半分に畳む

③ビニール袋の端をセロテープで留める

④ビニール袋の中にお湯を入れる

⑤ビニール袋下部の穴にローションをつけペニスを挿入する

■完成したビニール袋オナホールで実際にオナニーしてみた!

■ローション必須など!ビニール袋オナホールを使う際の注意点

↳音がうるさいので家族と同居している男性は周囲に注意する

↳好みにもよるがローションは使った方が良い

↳ローション代わりに油やボディーソープなどは使わない

↳ビニール袋は事前に清潔にしておく

↳ビニール袋オナホールはアダルトグッズではない!利用頻度は少なくする

↳ペニスに異常を感じたらすぐにやめる

■ビニール袋以外にも!オナホールの代わりになる代用品4つ

①ゴム手袋と紙コップで作る自作オナホール

②スライムと紙コップを使って作る自作オナホール

③フェイスタオルを使った自作オナホール

④スポンジで作るオナホール

■ビニール袋オナホールでパイズリ体験を楽しもう!

作成時間たった5分!ビニール袋でオナホールを作る方法

ビニール袋でオナホールを作る方法は、数ある自作オナホールの中で最も簡単と言われています。何せ用意する物が少ない上に5分で作れます。 自作オナホールの多くは、工作技術を求められるものが少なくありません。ところがビニール袋オナホールはそうでないのです。 誰でも簡単に、それも一瞬で作れます。では、どう作るのか?それを詳しく伝えましょう。なお、動画でも解説されているので、時間のある男性は動画も確認してください。

①ビニール袋オナホに必要な道具を用意する

ビニール袋オナホールを作るために、まず必要な道具を揃えましょう。といっても、用意する物は多くありません。 ・ビニール袋 ・セロハンテープ ・ローション たった3つです。ローションが要らない人ならば、ビニール袋とセロハンテープだけで大丈夫です。ローションなしならば、150円もあれば揃えられます

②口を上にして半分に畳む

それでは制作に入りましょう。ビニール袋の口を上にして縦に二つ折りにします。細長くなるイメージで折ってください

③ビニール袋の端をセロテープで留める

二つ折にしたビニール袋の端をセロテープで留めます。このとき、二つ折にしたビニール袋の端を少しずらして留めると、締まりが良くなります。実際に使ってみて、締まりが欲しくなったら、作り直す際に気を留めると良いでしょう。

④ビニール袋の中にお湯を入れる

ビニール袋にお湯を入れます。丁度ビニール袋の半分くらいの位置まで入れましょう。入れすぎると重くなりますし、少なすぎると気持ち良さが減ります。お湯を入れたら袋の口を縛り、水漏れしないようにしてください。

⑤ビニール袋下部の穴にローションをつけペニスを挿入する

お湯を入れると、ビニール袋の下側に、挿入しやすそうな穴ができます。そこにローションを塗り、ペニスを挿入してください。袋を上下に動かすと、生温かいお湯の圧力でペニスが搾られ、パイズリのような感触を楽しめます

完成したビニール袋オナホールで実際にオナニーしてみた!

完成したビニール袋オナホールの使用感がどんなものか伝えましょう。ビニール袋下部にできた穴にローションを塗り、ペニスを差し込みます。 亀頭の先にニュルッとした感触が生じ、次に生温かくて柔らかいものに包まれる感触がします。ビニール特有のガサガサした感触がないでもないですが、それ以上にお湯の感触が心地よいですね。 手を上下すると、ペニス全体にタプンタプンとした物で搾られる感覚が生じます。なるほど。これは確かにおっぱいでぐにゅぐにゅ挟まれている感覚だと思えます。 気持ちよいのは間違いありません。ただリアルオナホールと比べて気持ちよいかは悩みますね。オナホールがなく、どうしても使わなければならないときに使うなら最高でしょう。 しかしオナホールに代わる物として常に使いたいかというと、そうは言えません。オナホールを用意できるなら、オナホールの方が良いと感じます。 実際に試してみて、同じ感想になる男性は多いのではないでしょうか。そういった男性は、下記の記事を参考にして、自分好みのオナホールを手に入れてください。 ●関連記事:最新・新作オナホールおすすめ10選|内部構造はより緻密に!アニメコラボ豊富

ローション必須など!ビニール袋オナホールを使う際の注意点

ビニール袋オナホールには注意点があります。やはりオナニー用に研究開発されたオナホールとは違うので、どうしても気をつけないといけない点は生じるのです。ここからは、ビニール袋オナホールを利用する前に知っておくべき注意点を紹介しましょう

音がうるさいので家族と同居している男性は周囲に注意する

ビニール袋オナホールは、ビニール袋を使うので音が少しうるさいです。動かすたびにガサガサシャカシャカと音が鳴ります。 周囲の人間からすれば「何をしているんだ?」と気になることこの上ないでしょう。家族と同居している男性の場合、いぶかしがって家族が見に来るかもしれません。 もしも同居人がいる環境で使うなら、バレないように気を払いましょう。この点は、ビニール袋オナホール特有の問題点と言えます。

好みにもよるがローションは使った方が良い

ビニール袋オナホールを使うとき、なるべくローションを使ってください。ローションを必要とするかは、究極的に好みの問題です。 しかしローションなしで使用すると、ビニールがペニスに張り付き、思うように動かせなくなります。その張り付く感触を気持ちよいと思える人もいると思います。 しかし多くの男性にとっては痛いでしょう。だからなるべくローションを使った方が良いと思います。

ローション代わりに油やボディーソープなどは使わない

ビニール袋オナホールを使うなら、ローションを使った方が良いです。ただローションを常備していない男性もいるでしょう。 そのときですが、ローションの代わりになりそうだからといって、サラダ油やボディーソープなどは使わないでください。 サラダ油やボディーソープは代替ローションとして使われる傾向があるものの、決してペニスに良い物ではありません。何らかのトラブルを招くリスクがあるので、使わないに越したことはないです。

ビニール袋は事前に清潔にしておく

ビニール袋オナホールを使うとき、ビニール袋は清潔にしておきましょう。軽くアルコール除菌をするなどして、雑菌がついた状態で使わないように注意した方が良いです。 ペニスは私たちが思っている以上に繊細な部位です。雑菌がついてしまうと、痛みや痒みを生み、最悪病院行きになりかねません。 まさか「ビニール袋オナホールで遊んでいて異常が起きた」なんて病院では言いにくいでしょう。そうならないためにも、衛生管理に注意すべきです。

ビニール袋オナホールはアダルトグッズではない!利用頻度は少なくする

ビニール袋オナホールは、アダルトグッズではありません。「何を当たり前の話をしているんだ?」と思うことでしょう。 実は、この点が重要なのです。アダルトグッズは、性器用に作られている物がほとんどです。つまり性器に対して使っても問題が発生しないように作られています。 しかしビニール袋は、性器を気持ちよくするために作られていません。言ってしまえば、ビニール袋オナホールは、用途外の使い方なのです。 そのせいで、ビニール袋オナホールを何度も何度も使うと、ペニスに何らかの問題が出る可能性があります。だから頻繁に使うのはやめましょう。気分転換に使う程度にすべきです。

ペニスに異常を感じたらすぐにやめる

ビニール袋オナホールは、ビニール袋の本来の使い方でありません。それは先ほど伝えた通りです。だからビニール袋オナホールを使っていると、ペニスに違和感を覚えるときがあるかもしれません。 そのときは、ただちにビニール袋オナホールの使用をやめてください。そして違和感が続くようなら、なるべくすぐ病院に相談しましょう

ビニール袋以外にも!オナホールの代わりになる代用品4つ

ビニール袋以外にも自作オナホールに使える物があります。ここからは、自作オナホールに使える代表的な物を紹介しましょう。自作オナホールの作り方もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

①ゴム手袋と紙コップで作る自作オナホール

ゴム手袋と紙コップを使って本格的なオナホールを作れます。 ①ゴム手袋にお湯を入れる ②紙コップに2枚のゴム手袋を入れる ③3枚目のゴム手袋を入れてオナホールを完成させる ④ローションを使ってペニスを挿入する 作り方は上記の通り。少々工作が必要になりますが、その分リアルオナホールと遜色ない快感を楽しめます。ちなみにゴム手袋は汎用性が高く、紙コップとの組み合わせ以外でもオナホールを作れます。 ■ゴム手袋のみで作るオナホール ■ゴム手袋とお湯で作る素股オナホール ■スポンジとゴム手袋で作る本格オナホール ■タオルとゴム手袋で作るオナホール これらの作り方は、以前風俗部で伝えました。下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んで参考にしてください。 ●関連記事:ゴム手袋でオナホールを作る方法5つ|お湯やスポンジを用意するだけで簡単にできる

②スライムと紙コップを使って作る自作オナホール

スライムを使うと粘っこい自作オナホールを使えます。ビニール袋オナホールはツルツルした感触を楽しむオナホールでした。 それだとペニスにまとわりつく感触が少なく、気持ちよくなれない男性も多いでしょう。そんな男性は、スライムオナホールを試してみると良いです。 ①紙コップにスライムを敷き詰める ②紙コップを手に持って、コンドームをしたペニスを突っ込む 作り方は簡単です。コンドームが必要な点に注意してください。なお、スライムを使ったオナニー方法は他にもあります。下記記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでください。 ●関連記事:スライムでオナホールを作る方法|温度や粘度を変えて楽しむやり方も解説

③フェイスタオルを使った自作オナホール

誰の家庭にもあるフェイスタオルを使えば、ふんわりとした感触を楽しめるオナホールが作れます①フェイスタオルを三つ折りにする ②両端を畳む(真ん中は少し空けておく) ③ゴム手袋をタオルの上に置く(片方に寄せる) ④手袋を乗せていない橋を手袋の上に重ねる ⑤手袋の上部とタオルを輪ゴムで留める ⑥手袋の挿入口を裏返すようにしてタオルに被せる ⑦手袋を重ねた部分を輪ゴムで留める ⑧手袋の中に向かってチンコを挿入する 少々工程が多く、作るのが大変かもしれません。分かりにくい場合は、以下の動画を参考にしてください。 手間がかかる分、愛着を感じながら使える点が魅力ですね。またタオルのフワフワ感を楽しめる自作オナホールは、中々ありません。温もりを感じながらイキたい男性にオススメです。

④スポンジで作るオナホール

スポンジを使えば、ペニスに優しい自作オナホールを作れます①ゴム手袋をスポンジ2つで挟む ②ゴム手袋の挿入口をスポンジに向かって裏返す ③ゴム手袋の裏返した部分の上から輪ゴムでスポンジを留める ④挿入口からチンコを入れる 作り方はとても簡単です。時間にして10分もかからず作れるでしょう。スポンジならではの繊細な感触をペニスで感じられるので、ハマる男性は多いと思います。 スポンジオナホールについては、下記記事でも詳しく解説しました。ぜひ読んで、新しい扉を開いてください。 ●関連記事:スポンジオナホールの作り方|生活用品で作った自作オナホで気軽にヌキまくろう!

ビニール袋オナホールでパイズリ体験を楽しもう!

ビニール袋オナホールは、ビニール袋とセロハンテープだけで作れるオナホールです。それでいてとても気持ちよく、パイズリのような感触を楽しめる点が魅力的でした。 パイズリに憧れる男性は多いでしょう。しかしパイズリ体験は、風俗以外で味わうのが難しいものです。 そんな体験をビニール袋とセロハンテープだけで楽しめるのですから、やらない手はないでしょう。 ぜひ何度も読み返し、ビニール袋オナホール作りをマスターしてください。最高に気持ちいい体験ができますよ。以上、風俗部編集部からのお届けでした。 ◯関連記事 ・100均だけで作れるオナホールが気持ちいい!作り方と使用方法を解説パッケージがエロ過ぎて買ってしまったオナホおすすめ10選|マンコくぱぁ・ぶっかけイラストに興奮