• 女性のおっぱいの形は全部で6つ!|全ての形の特徴や自己判別方法を徹底解説

    3,036 views

    セックス

    女性のおっぱいの形は全部で6つ!|全ての形の特徴や自己判別方法を徹底解説

    自分のおっぱいの形、自信ありますか?グラビアモデルのキレイなおっぱいと比べて、「私のは何か違う…」と不安に思う方も多いことでしょう。おっぱいの形は6種類に分類することができ、それぞれ異なる特徴があります。今回は自分は何型なのか知りたい方、人と比べておかしくないか気になる方のために、おっぱいの形の自己判別方法をご紹介していきましょう。

    おっぱいの形は6つ!自分のおっぱいの形を判別しよう

    「自分のおっぱいにコンプレックスなんてない」そんな女性はごく少数です。大きくても小さくても悩みはつきないものですが、それ以上に気になるのがその形。思わず他の女性のおっぱいをチェックしてしまう、なんて方も多いのでは?


    「私のおっぱいの形って普通なの?おかしくないの?」そんな不安を抱くあなたのために、今回はおっぱいの形について徹底解説しちゃいます!6種類あるおっぱいの形を知り、まずは自分がどのタイプに分類されるのかを知りましょう。

    タイプ別おっぱいの形を徹底解説

    今回ご紹介する6種類のおっぱいの形はこちらです。

    ①皿型
    ②半球型(別名:お椀型)
    ③円錐型
    ④釣鐘型
    ⑤三角型
    ⑥山羊型

    よく聞くのが②番の「お椀型」ですよね。美乳の代名詞としても使われる理想の形です。それ以外のものもその名称から何となく想像はつくかもしれませんが、1つ1つその特徴を見ていきましょう。

    ①皿型

    おっぱいの形 皿型
    特徴 丸み・膨らみが控えめ
    この形のおっぱいが多い年齢層 全年齢

    あまり良い表現ではありませんが、貧乳・ペチャパイ・ちっぱいと呼ばれる女性のおっぱいです。全体的に肉付きが控えめですが、やや乳首から下の方が膨らみが強い傾向があります。

    乳首は正面を向いていることがほとんどで、乳輪も小さめです。カップ数でいうAA~Aの方は、総じてこの皿形だといえるでしょう。肉付きがないため柔らかさは感じにくいのですが、垂れる心配がなく、シルエットを崩すことなく洋服を着こなせるのもこの皿形です。

    ②半球型(別名:お椀型)

    おっぱいの形 半球型(別名:お椀型)
    特徴 乳首を中心に上下左右均等に膨らんでいる
    この形のおっぱいが多い年齢層 10代後半・20代全般

    その名の通り半円のような均衡の取れた形です。乳首を中心に上下左右が均等に膨らんでおり、通常ならばブラジャー装着後にできる形をそのままで体現しています。この場合正面から見てもキレイな円になっていることがほとんどですが、カップ数がD以上になると左右に離れがちです。

    重力に負けず均等に膨らんでいることからも、ハリのある10代・20代の若い女性に見られる形です。柔らかさは少し固めでパツパツと張った感じになるでしょう。

    ③円錐型

    おっぱいの形 円錐型
    特徴 上下の幅よりも前方に突き出す幅の方がでかい
    この形のおっぱいが多い年齢層 20代全般・30代前半

    かなり少数派なのがこの円錐型です。バストトップとアンダーの差が大きくなるため、Dカップ以上でないと円錐型にはなりません。ロケット型と呼ばれることもあるように、前方へ大きく突き出すような形をしています。長さとして上下の幅よりも前方に突き出す幅の方がでかければ円錐型だといえるでしょう。

    こちらも重力に負けないハリが必要になるため、比較的若い女性に見られます。次にご紹介する釣鐘型との大きな違いは、乳首が正面を向いていることです。内部の乳腺が強力な支柱となるほど発達しているため、左右に離れることもほぼありません。

    ④釣鐘型

    おっぱいの形 釣鐘型
    特徴 上部よりも下部の方が膨らんでいる
    この形のおっぱいが多い年齢層 20代後半・30代全般・40代前半

    女性の思う美乳は半球型ですが、男性が思う美乳はこの釣鐘型だと言われています。カップ数もCカップ以上と充分な膨らみを持っていなければならない形なため、セックスアピールとしても大きな武器になるでしょう。

    上部よりも下部の方が丸みがあるのが特徴で、乳首は下向きです。また柔らかさは全種類の中でもっとも柔らかく、ふわふわとしたマシュマロのような手触りになります。

    「垂れ乳」に見えるかもしれませんが、下部の膨らみが胴体にくっついていない場合は釣鐘型です。下部の半分ほどがぺっとりとついているならば、残念ながら「垂れている」と判断できるでしょう。

    ⑤三角型

    おっぱいの形 三角型
    特徴 上部の膨らみがほぼなく乳首が上向き
    この形のおっぱいが多い年齢層 30代後半以降~

    鎖骨から乳首までが、まるで「J」の字のようになだらかなカーブを描いているのが特徴です。下部にのみ丸みのある膨らみがあるため、乳首はツンと上向きになります。まれに20代の若い女性でもこの三角型であることもありますが、ほとんどはハリを失い始める30代後半から表れる形です。

    どれだけ姿勢を正しても「ブラジャーをしなければ乳首より上部に丸みが出ない」というのであればこの三角型だと判断しましょう。どちらかというと「生まれつき」よりも「加齢によってできる形」で、Bカップ以上であれば誰でもなる可能性があります。

    ⑥山羊型

    おっぱいの形 山羊型
    特徴 乳首がほぼ真下を向いている「垂れ乳」
    この形のおっぱいが多い年齢層 40代以降~

    いわゆる「垂れ乳」です。釣鐘型や円錐型が加齢により重力に負けると、この山羊型になります。乳首はほぼ真下を向き、下部の膨らみも胴体にくっついています。FカップやGカップなどどれだけ大きなカップ数でも、20代でこの山羊型になることはありません。しかし大きいカップ数の方は将来的に必ずといっていいほどこの山羊型になります。

    おっぱいそのものにハリがなくなり、正面から見ると逆三角形のように先細りした形です。6種類のうちもっとも乳首の位置が低いのも特徴で、アンダーバストよりも下にくることになるでしょう。

    日本人女性のおっぱいの形は変化してきている!

    もともと日本人女性に多いおっぱいの形は「半球型」だとされていました。巨乳というほどビッグサイズでもなく、丸い円のような形が一般的だったのです。しかし最近では、海外の女性に負けないバストサイズや形を持った女性が増えてきているといいます。

    いわゆる日本人のバストの形といえば、バージス(胸の下部の輪郭)の幅が広くて高さのない“お椀型”が典型的でした。でも、最近はバージスの幅が狭くて高さのある、欧米人のような形のバストを持つ若い女性も増えてきており、アンダーは小さめでもカップの大きいブラの売れ行きが好調です
    引用:anan

    今回ご紹介している6種類でいいますと「円錐型」が典型的な欧米型です。ここでわれわれ日本人と欧米でどのような違いがあるのかまとめてみました。

    コーカソイド(白色人種) モンゴロイド(黄色人種)
    円錐型 皿形・半球型
    サイズ 平均でD以上 B~Cがもっとも多い
    柔らかさ 硬めでパツパツ 柔らかくふわふわ
    特徴 乳腺が発達し皮下脂肪が少ない 乳腺よりも皮下脂肪が多い

    おっぱいは脂肪量でそのサイズや形が変わるわけではなく、内部の乳腺量で変わります。欧米女性は乳腺が非常に発達しているため硬く尖った形になりがちですが、日本人女性は乳腺よりも皮下脂肪が多いおっぱいとなるため、丸みを帯びた形になるのです。

    三角型・山羊型は加齢による形だと判断するとして、「皿形・半球型・釣鐘型なら純日本人型」「円錐型なら欧米型」だと判断できるでしょう。

    男性はカップ数だけでなく、おっぱいの形も重要

    「おっきいおっぱいの方がモテる」そう思っている方も多いでしょう。確かに巨乳はセックスアピールとして絶大な力を持っています。しかし世の中の男性は「大きければ良い」ってわけではなく、形も重要視しているようですよ。


    このように「大きさよりも形重視派」がいるのも事実。豊胸手術などお金もリスクもかけておっぱいを大きくすることよりも、形を変えるための努力をした方が男性から好まれることは増えるでしょう。

    男性が魅力的に感じるおっぱいの形はこの2つ!

    大きさより形重視派が多いのはわかりましたが、男性が魅力的に感じるおっぱいの形はどのようなものなのでしょうか。独自に調査してみたところ、男性受けの良いおっぱいは以下の2つだと判明しました。

    【男性が魅力的に感じるおっぱいの形その①:釣鐘型】


    【男性が魅力的に感じるおっぱいの形その②:半球型】


    下にずしりと沈むボリュームさが「エロい」と評される釣鐘型と、キレイな丸みが「美しい」と人気の半球型。この2つが男性陣から好まれるおっぱいの形であるようです。

    理想的なおっぱいの形を手に入れるための4つの方法

    「男性に好かれるためにおっぱいの形を気にしているんじゃない」そう思う女性もいるかもしれませんが、形のキレイなおっぱいでいることに何ら損はありません。むしろしっかりとバストケアしていないと、将来垂れて残念なことになってしまいます。

    女性のおっぱいには乳腺と皮下脂肪以外にも「クーパー靭帯」というものが存在するのですが、このクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまえば、もう二度とおっぱいの形が元に戻ることはないのです。


    「今の自分のおっぱいをもっと理想の形にしたい」という方はもちろん、「将来垂れ乳にだけはなりたくない!」そうお思いの方も、ぜひこれからご紹介する4つの方法をお試しください。美乳になるための効果的なバストケア法として、ぜひ日々の習慣としてみましょう。

    方法その① 一日一回のバストマッサージでバストの形を整える!

    サイズを大きくするという効果もあるバストマッサージを1日1回行いましょう。

    1:左のおっぱいを右手で持ち上げる
    2:鎖骨に向かって斜め上へと1秒間に3回のペースで30回揺らす
    3:右のおっぱいも同じように揺らす
    4:両方のおっぱいを中心に寄せるように持ち上げる
    5:真上に向かって1秒間に3回のペースで30回揺らす

    このバストマッサージのポイントは「しっかりと手のひらで支え続けること」です。弾ませるように揺らせばクーパー靭帯を痛めてしまいます。

    別名「おっぱいゆらし」とも呼ばれるこの技はテレビ番組でも紹介されています。「1秒に3回のペース」や揺らす方向についてどのようなものか見てみたい方は、ぜひこちらの動画をチェックしてみてくださいね。

    方法その② 美しいバストを作るにはナイトブラが効果的

    「家ではノーブラ」なんて方も多いと思います。しかし油断は禁物!寝るときでもナイトブラを装着し、重力に負けないおっぱいを手に入れましょう。


    日中つけるブラジャーはワイヤーが入っていたりハーフカップのものがほとんどですが、ナイトブラはワイヤーなしのスポブラのようなもの。サイズの合ったものさえ選べば窮屈さを感じることはありません。


    クーパー靭帯を伸びさせない・切れさせないために非常に効果的なものです。最近では可愛らしいデザインのものも多く販売されていますので、キレイなおっぱいの形を目指してぜひチャレンジしてみましょう。

    方法その③ 胸を鍛える運動でおっぱいを形良く支える筋肉を付ける

    おっぱいが垂れてしまう大きな原因が、おっぱいを支える筋肉として大事な大胸筋の劣化です。


    ただし「大胸筋を鍛える」と勘違いしてはいけません。あくまでも「劣化させない」ことを目標にしましょう。そうでなければ大胸筋が大きくなることで、おっぱいの柔らかさを失うことになってしまいます。


    ボディビルダーのように引き締まった肉体を手に入れたいというのであれば止めませんが、おっぱいの形をキレイにするためだけならここまで鍛える必要はありません。

    大胸筋を劣化させないための運動としておすすめなのが合掌ポーズです。

    1:背筋を伸ばし姿勢を正したら、胸の前で手のひらを合わせる
    2:息を吐きながら10秒~15秒ほど手のひらを押し合う
    3:これを5回、1日3セットを目標にする

    他にも肘を伸ばすちょっぴり上級者向けの方法もありますよ。


    これ以外ならダンベルフライと呼ばれる筋トレ法・水泳・腕立て伏せなどでも鍛えることができますが、大胸筋を劣化させず、加齢に負けない高さをキープするなら合掌ポーズがもっとも効果的。先ほどご紹介したバストマッサージと共に日頃の日課にしてみましょう。

    方法その④ 姿勢を良くするだけでも美乳度UP!猫背はバストアップの大敵

    断言します。猫背でいることは何ひとつメリットのないことです。見栄えが悪いだけでなく、筋肉が緩んだり骨格が歪むことで美とは程遠い作りになってしまいます。

    猫背になると
    ⑴バストは下がり垂れます
    ⑵肋骨は広がりたくましい背中になります
    ⑶内臓は下垂し骨盤が開きお尻がたるみます
    ⑷肩甲骨は広がります代謝が落ちます
    ⑸背中の幅が広がり太って見えます
    ⑹肩甲骨がお肉に埋もれたくましくなってしまう
    ⑺首が太くなり太って見える
    ⑻首が短くなり顔も大きく見える
    ⑼鎖骨がなくなり老けたデコルテになります
    ⑽肩に厚みが出て二の腕も太くなります
    (11)フェィスラインがタルミ 老け顔まっしぐら
    引用:バストケア専門店SOLEILソレイユ

    これは姿勢矯正ベルトなどがたくさん売られていることでもおわかり頂けるでしょう。


    美乳に良い姿勢は欠かせません。意識して背筋を伸ばすようにするだけでも、おっぱいが高い位置にきて美しく見せることができます。


    日頃から常に意識し続けることは難しいかもしれません。それでも気が付いたときに姿勢を正す、この癖をつけるだけでも大きな差がでてきます。おっぱいだけでなく美しい立ち振る舞いを身につけるためにも、猫背を改善していきましょう。

    おっぱいの形は変えられる!理想のバストを手に入れて自信を持とう!

    最後に今回ご紹介した情報をおさらいしてみましょう。

    【おっぱいの形は全部で6種類ある】
    ①皿形
    ②半球型(別名:お椀型)
    ③円錐型
    ④釣鐘型
    ⑤三角型
    ⑥山羊型

    【男性が魅力的に感じるおっぱいの形2つ】
    ①釣鐘型
    ②半球型

    【理想的なおっぱいの形を手に入れるため方法4つ】
    ①1日1回バストマッサージをする
    ②ナイトブラを使用する
    ③合掌ポーズで大胸筋の劣化を防ぐ
    ④猫背を改善する

    日本人女性は欧米女性に比べ乳腺の数が少なく、皮下脂肪が多いという特徴があります。そのため垂れやすいのも日本人女性のおっぱいなのです。加齢による垂れを防ぐためにも、日頃からバストケアをして美しい形を手に入れましょう。

    ◯関連記事
    誰でも簡単に分かる豊胸の見分け方|谷間が”Y”だとアウト
    恋人とのセックスでよくある悩み6選|男女の違いを理解して愛を育もう