【スグ用意可能】ローションがないときの代用品おすすめ10選

20 views

エロい知識

【スグ用意可能】ローションがないときの代用品おすすめ10選
「オナニーしたいのにローションがない!」「今から買いに行くのも面倒くさい…」こんな状況になった覚えはありませんか? そんな時は、ローションを身近な別のモノで代用するのがオススメです。 ローションを代用すれば、オナニーを我慢したり、わざわざローションを買いに出て、せっかくのエロチックな雰囲気を壊したりしなくてよくなります。 この記事ではスグ用意できるローションの代用品を5つご紹介します。ローションが切れた夜のオナニーやセックスでも、雰囲気を壊さずに気持ちよくなれますよ。
記事の目次(クリックで表示)

いつも使っているローションがない!でも代用品を使えば大丈夫

いつも使っているローションがない!でも代用品を使えば大丈夫 「今日は彼氏も忙しいし、オナニーで我慢しよ…」そんなささやかな楽しみを奪うのが、「ローションのストック切れ」です。 今から通販で頼んでも届くのは最短でも明日。遅すぎます。かといってドラッグストアに買いに行くのも面倒ですし、夜遅くなら外出するのは危険です。 そんなときに知っておいてほしいのが、「ローションは身近にあるもので代用できる」という事実です。 ローション切れの緊急時にはもちろん、「家にローションを置くのはちょっと気が引ける」という方でもサッと用意できるスマートな代用品をご紹介いたします。 自然志向がスキな方には、自分でローションをつくる「手作りローション」のレシピも掲載していますので参考にしてください。 それでは早速内容をご紹介いたします!

まずはローションの代用品になる条件を確認

まずはローションの代用品になる条件を確認 まずはローションの代用品になる条件を確認しましょう。 「ローションっぽいから代用してみたら大失敗した」「後でカユくなった」というアクシデントを防ぐためにも、代理品の必須条件は確認しておきたいところですね。 また、ローションの代用品になる条件を確認すれば、彼氏の家や出先など「自宅以外の場所」でもスピーディーにローションの代理品を用意することができます。 ローションの代理にするには、少なくとも以下3つの条件をクリアしている必要があります。

①十分な潤滑性能があるもの

ローションの一番の役割は、すべりをよくすることです。 なぜならば、ローションはセックスでいうチンポ、オナニーでいうオモチャをスルッと挿入するために必要だからです。 例えば、セックスしていて相手があまり濡れていないとき。愛撫でどれだけ感じていても、愛液の量は人によって差があります。濡れにくい人はどうしても挿入がしづらいです。 そんなときはローションをササッと塗れば、雰囲気を壊さずにスムーズな挿入が可能になりますよね。 また、ローションの潤滑性能はオナニーにも大切です。そもそも無機物で濡れないオモチャを挿入するには、ローションのヌルヌルが大切です。 オモチャを挿入する時、まわりの皮膚や膣壁が引っかかり痛みをともないがちですが、ローションを使えばそんな悩みも解決します。よって、ローションの潤滑性能は大事です。

②肌に触れても無害なもの

どれだけ使い勝手のよいローションでも、肌に触れるとカユくなったり肌あれをおこすようなものを使ってはいけません。 ローションは肌の表面はもちろん、膣やチンポといった粘膜に直接触れるものです。肌よりさらに敏感な粘膜に触れる以上、安全なものでなくてはなりません。 例えば、触るとカユくなる成分が入ったローションを「まあいいか」と使ってしまうと、使用後に膣壁やチンポまでカユくなってしまいます。 性器はセックス以外でも排泄に利用しますので、毎回の排泄時に不便です。また、じっとしていられないほどのカユみがでれば日常生活にも支障をきたしていまいますよね。 よって、皮膚以上に敏感な粘膜に直接触れる以上、ローションは肌に触れても無害なものである必要があります。

③後処理が楽なもの

ローションは後処理が楽である必要があります。 どれだけ気持ちよくオナニーやセックスができるといえど、後処理が面倒なローションは使用後の片づけを思うと面倒になり、使うのがおっくうになってしまうためです。 例えば、液にとろみがなく、床に落ちるとペターッと広がってしまうようなローション。 サラサラして使いやすいですが、床の上でオナニーすると床がベチャベチャになってしまいますよね。 逆に、とろみがありすぎるローションは液だれしづらく潤滑能力が長もちしますが、床やシーツに落ちるとこびりついてしまい洗い流すのが大変です。 このように、よいローションの条件には後処理が楽である点が重要だといえます。

ローションの代用品おすすめ10選

ローションの代用に必要な条件をしっかり確認した上で、ここからはローションの代用品をご紹介していきます。 あなたの家にあるもので代用できるように、幅広いモノを対象に10通りの代用方法をまとめました。 あなたの家にあるかどうかの確認はもちろん、あなたのセックスやオナニー方法、または肌質に合うかどうか事前にチェックしておきましょう。

①ベビーオイル

ベビーオイル
用意しやすさ ★★★★★
片付けやすさ ★★★★★
価格の目安 100円
おすすめポイント
・コスパ最強&何なら肌に良い!
ベビーオイルがおすすめな理由は、なんといってもその安全性の高さとコストパフォーマンスのよさです。 ベビーオイルはその名の通り、赤ちゃんにも使える成分で作られています。赤ちゃんが手にして口にいれても大丈夫なように、安全第一で作られている点が安心できます。 耳そうじにも用いるなど、粘膜についても大丈夫な仕様であるのがうれしいですね。 また、コストパフォーマンスのよさも必見です。ドラッグストアであれば一本300円程度で、百円均一へいけば小さいサイズのものが100円程度で入手できます。 実際、筆者が使ってみたところスーッと肌になじんでべとつきません。とはいえオイル独特の滑りもあり、ローションとして使うには過不足ないといえるでしょう。 片づけはサッとひとふきで大丈夫。赤ちゃんでいうおしりふきのようなもので対処できるように作ってあるので片づけやすいですね。 唯一、オイルゆえにとろみが足りないのが残念です。ローションとして使う際は、少し多めに手に取るようすすめます。

②乳液

乳液
用意しやすさ ★★★★★
片付けやすさ ★★★★★
価格の目安 100円
おすすめポイント
・とろみも潤滑性能もバッチリ!
乳液のおすすめポイントは「ローションの代用品としての能力の高さ」です。 乳液の主な目的が「お肌をうるおす」であるため、潤滑剤としてのぬめりやとろみの強さが十分期待できるためです。 例えば、手にとってもダレないような硬めのローションが好みの方は、アロエなど植物由来の成分をつかったジェル状の乳液がおすすめです。 アロエをすすめたのは、植物由来であるがゆえに肌への負担軽減にもなるからです。 実際に、筆者の手元にあったアロエ由来の乳液を手に取ると、ぷるぷるした状態が持続して液だれしませんでした。 乳液の中でも液だれしにくい類のものをとれば、片付けもしやすくなりますね。 気を付けたい点としては、乳液にもいろいろな種類があり、避けるべきものもあるという点でしょう。 保湿や特定の症状への対処、香りが強いものは避けましょう。粘膜に直接触れる点を踏まえて、低刺激、ノンアルコールなど安全性に重きを置いた乳液が望ましいです。

③オリーブオイル

オリーブオイル
用意しやすさ ★★★★☆
片付けやすさ ★★★★☆
価格の目安 500円
おすすめポイント
・贅沢なとろみと保湿性に熱視線
調理用にオリーブオイルを所持している人は結構いるのではないでしょうか? オリーブオイルはその贅沢なとろみと保湿性の高さからローションに向いています。 とろみについて、オリーブオイルは市販の油と比較して①天然由来であり②濃度が高い点からとろみがあります。 ローションとして仕様する際に液だれしにくいのが嬉しいですね。 また、オリーブオイルは保湿性が高いです。 オリーブオイルは、天然由来であるため自然派の保湿グッズに使われることもよくあります。オリーブオイル単体を美容液のように仕様する方法があるくらいです。 ただ、普段あまり料理しない方の家にはない可能性があるという点と、とろみがある分片づけがすこし手間取るところがあります。 自然由来で美容グッズにも使われるオリーブオイル、ローションとして使用するにはもってこいですね。

④ハンドクリーム

ハンドクリーム
用意しやすさ ★★★☆☆
片付けやすさ ★★★★☆
価格の目安 100円
おすすめポイント
・少量ずつ使えて手ごろな値段なのがうれしい
ハンドクリームもモノによってはローションとして使えます。 ポイントは、ジェルに近いものかつにおいの少ないものを選ぶことです。 ハンドクリームの中には、体温で伸ばして浸透させるものがあります。ローションとして使用する場合には、出来るだけジェルに近い伸びの良いものを選びましょう。 そうすれば、ローションとして大事な潤滑性能を補えますね。 においの少ないものを選ぶのは、チンポや膣といった粘膜に香料などの余計な成分をつけないようにするためです。 香料の強いものは性器に向いていません。できるだけ「植物由来」「バラペンフリーの」と書いてある、自然に近いものを選びましょう。 ハンドクリームを常備している人はすぐ使えますが、使う習慣のない人には難しい商品です。その場合、百均へ行けば少量の商品が売っておりおすすめです。

⑤卵白

卵白
用意しやすさ ★★★★☆
片付けやすさ ★★★☆☆
価格の目安 20円
おすすめポイント
・AVでは常識?!独特のヌルッと感がクセになる
「えっ、卵白をローションに?」と驚くのも無理はありません。実は卵白はローションにかなり向いている素材だといえます。 まず、卵白は植物由来です。卵の外側に入っているものなので、人工ではありませんよね。 実は、AVの撮影現場でも卵白を泡立てたものが疑似精液として使われます。現場でも使われるくらい、安全な代物といえるでしょう。 また、卵白独特のドロッとした感じ。かなりローションに似ていると思いませんか? あのとろみが結合部の滑りをよくしてくれます。慣れるまで違和感がありますが、慣れればやみつきの感触になりますよ。 卵であれば冷蔵庫に常備している人も多いので、比較的手に入りやすい部類にはいるとおもいます。

⑥リンス

リンス
用意しやすさ ★★★★☆
片付けやすさ ★★★★☆
価格の目安 500円
おすすめポイント
・挿入時のひとすべりに活躍
リンスはローションの役目を部分的に果たします。 リンスはいい香りですし、ぬめりもあるのでローションにピッタリ!と思いますが、使うのは最初のひとすべりにとどめておきましょう。 リンスは髪につけて洗い流すのを前提に作られているため、多くの量を粘膜に着けて、そのままにしておくのは危険だからです。 男性の場合はチンポを洗えば済みますが、女性の場合は膣の奥まで洗浄するのは困難ですよね。 よって、挿入時にチンポにうすーく広げてサッと挿入する、これくらいの少量にとどめておくのがよさそうです。 もちろん行為後は出来る範囲で性器を洗ってあげてくださいね。 リンスはたいていの人のお風呂場にあるグッズです。入手しやすい上、別途買いに行く手間も省けて一石二鳥なぶん、使い方に気を付けて楽しみましょう。

⑦小麦粉+水

小麦粉
用意しやすさ ★★★★☆
片付けやすさ ★★★★☆
価格の目安 10円
おすすめポイント
・最も手軽につくれるオーガニックローション
小麦粉に水を入れるととろみが出る現象、みなさんご存じでしょうか? 実はこの「小麦粉+水」、ローションとしても活用できてしまいます。配合は水100Mlに小麦粉小さじ1が理想です。好みで粘度を変えてみてください。 筆者が実際に作ってみたところ、とろみのある液体が出来上がりました。ゆるめのローションという感じで、手ですくうとさらりと落ちていきます。洗い流しやすそうです。 水を沸騰させてから混ぜ、温度を冷ましていけば人肌に近い温度のローションもつくれます。場面に応じて使い分けてみてくださいね。 いいとこづくめの手作りローションですが、難点があります。それは準備に調理器具が必要な点と、足りない場合もう一度作る手間がある点です。 特に人肌の温度のローションが欲しい場合は保温が難しいので、一度に楽しめるプレイを考えておくのも手かもしれません。

⑧唾液

唾液
用意しやすさ ★★★★★
片付けやすさ ★★★☆☆
価格の目安 0円
おすすめポイント
・究極のセルフ供給!片づけを考えた量で試して
ローションというと何かモノを用意する必要がある気がしますが、実は私たちの体液、唾液で補えます。当たり前ですが抜け落ちていた視点かもしれません。 作り方などありませんので、使い方をご紹介します。まず相手のチンポやオモチャをペロペロして、唾液を多めに含ませます。そのまま挿入、以上です。 「それじゃあいつものプレイと同じじゃん!」となりますが、その通りです。実は唾液も潤滑油の役割を果たしていたということになります。 セックスの場合、男性にもおまんこをタップリ舐めてもらえばローションとしての唾液に期待できますね。 気を付けたいのが、あまりベロベロと舐めすぎると後片付けが大変になってしまう点です。シーツにたれたり、服が濡れると気分が下がってしまいますよね。 挿入するときの潤滑剤として使う、乳首やおまんこなど特定の部分のみベロベロなめる、下にタオルをしくなど出来る限りの予防策を打っておけば安心ですね。

⑨ヘアオイル

ヘアオイル
用意しやすさ ★★☆☆☆
片付けやすさ ★★☆☆☆
価格の目安 600円
おすすめポイント
・植物由来の物であればリラックス効果も
女性や髪が長めの男性であれば所持しているであろうヘアオイル。これもローションの代わりに使えます。 中でもおすすめしたいのは植物由来のヘアオイルです。ゆず、ツバキ、あんずなど植物由来の油は肌にやさしく、ほんのりと甘い香りがします。 瓶の後ろに「手に残ったオイルはボディクリームとしても使えます」と明記してあれば、肌にも使える保証があるという点で安心して使えそうですね。 注意したいのが、ヘアスタイリングや特定の髪の悩みに特化した人工のヘアオイルです。 人工のヘアオイルには肌になじまない成分が入っているものもあり、直接肌や粘膜に着けるのはやめたほうがよいでしょう。 ヘアオイルは小分けで売っているものがなく、こぼれるとふき取るのも大変なので★2という結果になりました。

⑩とろみ系入浴剤

とろみ系入浴剤
用意しやすさ ★★☆☆☆
片付けやすさ ★★☆☆☆
価格の目安 200円
おすすめポイント
・行為前のリラックスタイムと併せて効果抜群
とろみ系入浴剤は「あれば」ぜひローションの代用におすすめしたい商品です。というのも、とろみ系入浴剤を入れたお風呂はそのものはローションの代わりになるためです。 浴槽一杯のローションができると思えば、他の物より断然お得な気がしますよね。 また、とろみ系入浴剤はその触感や香りからリラックス効果が期待できます。性行為する前の雰囲気作りにももってこいでしょう。 実際に百均で売っていたとろみ系入浴剤を入れて試したところ、人肌より少し高い温度のサラサラな液体になりました。 床に広げるとサーッと広がるので掃除は大変そうですが、お風呂場でオナニーやセックスをすましてしまえばそう問題にはならないと思います。 残念な点として、とろみ系入浴剤を常備している人がそう多くないという事実です。たまたま家にあったという人はぜひ使ってみてください、というレベルの話になってしまいます。 万が一ローションが切れたときのために、今からひとつ家に常備しておくのも手ですね。

滑りが良くてもNG!ローションの代用品に不向きなもの5つ

滑りが良くてもNG!ローションの代用品に不向きなもの5つ 身近なものの中には、「滑りがいいしなんかローションの代わりになりそう」な感じがしても、代用品にすべきでないものがあります。 使用後に思わぬ症状が出て、恥を忍んで病院に行くハメになった…なんて悲しい結末にしないために、知っておきたいポイントをまとめました。 あなたの体を守るためにも、これから紹介するローションの代用品に不向きなものをしっかりチェックしてくださいね。

①石鹸

代用できない理由 膣内に必要な常在菌まで殺菌してしまい、膣の乾燥や免疫力低下につながるため
石鹸はローションの代用品になりません。理由は、石鹸は肌の汚れを落とすために強い洗浄力があるので、膣内で必要な常在菌まで殺してしまうためです。 膣の中は常に濡れていますよね。そこが石鹸の泡により過剰に殺菌消毒され、洗いあげた後のようになってしまうと膣が乾燥してしまいます。 膣が乾燥すると、これまでは濡れていたから防げていた細菌が中に入ったり、動くと膣がこすれて痛むなどの症状がでてきてしまいます。 同じことは男性器にも言えます。毎回石鹸でゴシゴシ洗うような場所ではありませんよね。 以上より、石鹸はローションとして性器に使用するには刺激が強すぎるとわかりました。

②サラダ油

代用できない理由 自然由来ではなく、洗い流した後もヌメり、独特のにおいが残ってしまうため
サラダ油はオリーブオイルのようにローションとして使えそうですが、やめておいたほうがいいでしょう。 サラダ油はオリーブオイルとは違い植物由来ではない成分(ラードなど)が含まれるため、洗い残しやにおいが気になるグッズだからです。 逆に言えば、オリーブオイルやグレープシードオイルなど、原材料が植物由来のひとつに絞られており、香りが気にならないのであればよいでしょう。 実際に手に取ってみて、水で洗い流してもベトベト感がとれません。油臭いにおいも残ってしまい、石鹸でゴシゴシ洗わないといけませんでした。 刺激に弱い性器を石鹸でゴシゴシというわけにもいきませんので、サラダ油はやめておくべきといえますね。

③クレンジングオイル

代用できない理由 化粧(油性)を落とす能力に特化しており、使用すると粘膜の乾燥をまねくため
「オイル」の名が付き、毎日肌に付けているためクレンジングオイルであれば使えそう!そんな気がしますが、結論としてクレンジングオイルはローションに向いていません。 クレンジングオイルを粘膜に使うと、必要な油まで落としてしまい乾燥してしまうためです。 「クレンジング」とは「化粧を落とす」という意味であるため、分厚く塗った化粧を一瞬で溶かすだけの洗浄能力をもっているとわかりますね。 実際にクレンジングオイルで顔を洗った後そのままにすると、肌がひきつるような感じがありました。 いつもは保湿するので気づきませんでしたが、クレンジングオイルはかなり洗浄能力があるとわかりました。オリーブオイルやベビーオイルとは違い、保湿に向いてはいないのです。 日頃から使っており、肌に異常が出ないため大丈夫な気がしますが、粘膜に使うとなると話は別です。気を付けましょう。

④はちみつ

代用できない理由 潤滑性能がなく、ベタつくため
はちみつはトロリとしていてなんとなくローションに使えそうです。結論からいいますと、はちみつはローションにしてはいけません。 はちみつのとろみはサラサラしておらず、どちらかといえば「ネチョネチョ」しています。服や毛につくと絡まったり固まったり、洗浄するのがとにかく大変です。 また、はちみつはトロトロしていますが、冷えると硬くなります。付けたままにしておくと潤滑性能がかなり落ちてしまうようでは、ローションとしては使えませんね。 このように、一見ローションにかなり似ているはちみつは、機能性の面からして使うべきでないといえます。

⑤とろろ芋

代用できない理由 すりおろしたとろろの粒がチクチクしており、肌を刺激することで炎症をおこすため
とろろ芋!すりおろした状態はまさにローションです。これはイケそう…ですが、とろろ芋こそローションに使うと大事故に繋がりかねません。 とろろ芋をつくるときに、手がカユくなったり、とろろ芋を食べるとどうも喉がカユくなるな、なんて話を聞いたことがありませんか? すりおろしたとろろ芋の粒子はトゲトゲになっており、肌や粘膜にさわるとチクチクしたり、後からカユくなったりします。 これをチンポや膣に触れさせたら…どんなに恐ろしい状態になるか、なんとなく想像できますよね。 実際にとろろ芋を作ってみたところ、確かに手にチクチクした痛みがありました。のどごしはツルリとしていますが、やはり少しカユみがあります。。 一見「それらしい」形状をしているとろろ芋ですが、ローションとして使用するととんでもないカユみを引き起こす以上使用してはいけません。

ローションの代用品を使うときの注意点

ローションの代用品を使うときの注意点 ローションの代用品を使うときにはどのような点に注意すべきでしょうか? 先ほど紹介した「ローションとして使ってはいけないリスト」の商品でなくても、使うのを控えたほうが良いものがあります。 ローションとして使ってみたはいいものの、何かヘンな感じがする…体調が悪い…そんな小さなシグナルを見逃さない注意点を以下にまとめました。 あなたの体の安全を守るためにも、ローションの代用品を使うときには細心の注意を払うようにしましょう。

肌に違和感を感じたらスグに使用を中止する

使ってみて、肌に違和感を感じたらすぐに使用をやめましょう。 「ちょっと引っかかる感じがあるけど大丈夫」「膣がアツくなってカユみがあるけど、まだ我慢できる」 こういった判断は非常に危険です。代用品が体に合わない可能性、最悪の場合アレルギー反応が出て医療機関を受診するハメになってしまうかもしれません。 すぐに使用を中止して、シャワーなどで性器を洗い流すようにしましょう。症状がひかない場合は、勇気をもって医療機関に相談してください。

使用後は流水でよく洗い流す

ローションの代用品を使ってみて楽しくセックス、オナニーできた、ああスッキリした…で終わってはいけません。まずはローションの代用品が触れた場所をよく洗いましょう。 性行為を目的として作られたローションとは違い、代用品の場合は長く皮膚や粘膜についているとは想定されていないからです。 例えば、リンスを代用品にしたとして、ずっと体についたままだったらベトベトしますし、衣類が汚れたり皮膚に炎症がおきてしまいます。 ローションの代用品を使った後は、いつも以上に性行為後の洗浄を徹底するようにしてください。

ローションとして使う分を分けてとっておく

本来、ローションとして使うものではないものを代用する場合、本来の目的通りに使う分と、ローションとして使う分は分けておくようにします。 そうすれば、本来の目的通りに使う分を体液で汚さずに清潔な状態で保っておけるからです。 例えば、保湿剤をローションの代用品にするとしましょう。 保湿剤の容器をそばにおいて、少しとってはオナニーをし、足りないからまた少し取って…としてしまうと、ハンドクリームの中に体液が混じってしまいます。 性器はいろいろな常在菌がいる以上、手のひらや顔に使う保湿剤の中に混ぜ込むのは不安ですよね。 以上より、ローションの代用品として使う分とそうでない本来の目的通りに使う分をわけておくようにすると、衛生的だといえます。

尿道やアナルに入らないように気を付ける

ローションであれば尿道やアナルを用いたプレイにも使えるかもしれませんが、ローションの代理品は違います。 ローションと異なり、性器に触れるのを想定していないものが多い中で、尿道やアナルといった敏感な部分に触れさせるのはリスクが高すぎるからです。 ローションの代用品を使う場合は、アナルプレイや尿道をいじるプレイはしないように気を付けましょう。 そうでなくても、体中にぬりたくるなどどこに付着するかわからないような使い方も控えておいた方がよさそうです。

口に含むべきでないものは舐めない

ローションであれば、口に入っても問題ないような成分で作られているものがほとんどです。 一方、ローションの代用品の中には口に入れるのを想定していないものもあります。ハンドクリームやリンスなどがそうですね。 「口に入れるのを想定していない商品を口にいれるなんて危ない」という認識はお持ちだと思いますが、ローションの代用品として使っているとついつい忘れそうになります。 代用品を使う際は、「マッサージだけ」「挿入の最初だけ」など、使用用途をハッキリさせておけば誤って舐めてしまうこともなさそうですね。

ローションの代用品でいつでも気持ちよくイこう

いざオナニーをしよう、セックスしようと思ってローションがなかったとしても、なんとかして切り抜ける方法をご紹介してきました。 ローションとして使えるもの、使えないもの、使うとしてどのような点に気を付けるべきか…ローションとして使用しているとついつい見過ごしがちな危ないポイントもありました。 「ローションの代用品を使うときに気を付けるポイント」まとめると以下のようになります。
ローションの代用品を使うときの注意3つ・洗浄力が強いものを避ける ・使用後は触れた部分をしっかり洗い流す ・後処理が楽なものを選ぶ
特に女性の場合、膣内の常在菌を殺すような洗浄力が強いものは使わないようにしましょう。炎症や免疫低下につながります。 男女ともに、代用品を使った後は触れた部分を入念に洗います。肌や粘膜に触れ続けると想定していないものが多く、リスクを下げるためです。 後処理まで考えましょう。すぐ広がる、においがきついなど行為後の片づけに手間取るものは避けましょう。 以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・オナニーに使える片栗粉ローションの作り方を解説 | わずか3ステップでスグ完成ラブローションの使い方 | 彼氏とのセックスがさらに気持ちよくなる方法を伝授