テンガ NLS_3 [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

女性がイった時の反応とオーガズムの快感、満足感

82,881 views

セックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性のオーガズムとイクときの反応

女性がイッたときの快感は、男性の射精とは比較にならないほどのエクスタシーを感じるといいます。

射精よりはるかに気持ちいいというのは、男性から見ると何ともうらやましい話かもしれません。

では、女性がイクとどうなるのか、具体的に見てみましょう。

女性がイッたときの反応はさまざま

女性がイクときの反応はさまざまです。

「全身の力がふわっと抜ける」

イッたときに、こういう感覚になる女性がいます。

「快感がじわじわと高まってきて、イク瞬間は体の緊張状態が最高になり、その後全身の力が抜けてふわふわした気持ちよさを味わえる」

これはちょうど、お酒を飲んだあとのほろよい気分や、マッサージを受けたときの感覚に似ているようです

また、中には

「雲に乗って空を飛んでいる感じ」

と言う女性もいますが、こういった感覚はまだ軽いほうのようです。

「頭の中が真っ白になる」

女性がイッたときの感覚で、一番多いのがこれです。

「イッたあとは、頭の中が真っ白になって何も考えられません。意識が朦朧として、少しの間失神する感じ。彼に話かけられても、ボーッとしていつも反応できません」

大多数の女性が、イクとこんなふうになるようです。

女性がイッたと同時に起こること

女性がイク時、オーガズムに達する時、

「無意識に声が漏れる」

「『ああ…』とか、『うう…』という声が無意識に出てしまいます。喘ぎ声とは違って、小さい声や吐息に近い感じ」

イッた瞬間は失神したり意識が遠のいたりしているので、何が起きても自分では抑えることができないようです

喘ぎ声は、彼氏を喜ばそうと多少大げさに出すことがあっても、イッたときに漏れる声は本当に素のままです。

また、声が出るのと同時に息が荒くなるのも、イッたときのわかりやすい反応ですね。

イク直前は呼吸を止めたほうがイキやすいという女性が多いので、イッたあとはなおさら息が荒くなるのでしょう。

「体の内側からじわじわと快感の波が押し寄せる感じ」

こういった反応も、イッたと同時に始まります。

「性器からじわじわと全身に快感が広がり、膣がピクピク痙攣してギュッと締め付ける。体の特定の場所だけでなく、体の深い部分に気持ちよさがある」

これを読んで、

「私の反応と同じだ」

と思った女性も多いのではないでしょうか。

女性の性感帯は、乳房、唇、背中、脇腹、太ももなど、全身のいたるところにあると言ってもいいくらいです。

そこを大好きな人に愛撫されると、たちまち気持ちよくなってムラムラしてきます。

これも快感には違いないのですが、イッたときの反応はこんなものではなく、体の内側からグングン全身に広がっていく感覚があります。

また、これと同時に膣がピクピクするのを感じる人も多いようです。

自分の意志とは関係なくすごい速さで膣の中が動いて、なお一層気持ちよくなります。

このような膣の痙攣も、イッたあとによく見られる特徴です。

ある研究では、女性がイクと膣の周りの筋肉が0.8秒に1回収縮することがわかっています

これを意識的にやろうとしても、0.8秒ごとに収縮を繰り返すなんてことはできませんから、これも自分の意志とはまったく別物で、イッたときに起こる反応だということがわかります。

イッた瞬間ペニスを締め付ける

女性がイクと、膣の壁が吸盤みたいになってキュッとペニスに吸い付き、同時に締め付けがきつくなります。

「彼いわく、『イク直前に膣がキューッと締まってきつくなるからわかる』そうです。しかも、膣の壁が吸盤みたいになって指にまとわりついてくる。だけど、イッたあとはそれがゆるんで膣の中がピクピク痙攣する」

イッたときに、こんなふうになる人もいます。

もしかすると、これと似たような感覚を経験したことのある人は、案外多いのではないでしょうか。

これは、女性がイクと同時に男性に射精させるための、自然のメカニズムともいえそうです

セックスはもともと生殖のための行為ですから、女性がイッて最高に気持ちいい瞬間に男性が射精するのが、一番受精しやすいのかもしれません。

だから、男性と女性の体は快感が最高潮に高まった瞬間に、同時にイッて気持ちよくなるようにできているのでしょう。

ただし、同じ絶頂するのでも、男性と女性にはちょっとだけ違いがあるようです。

男性の場合は射精の快感は相手が誰であっても、それほど違いはありません。

男性は射精したというだけで常に快感はMAX状態なのです。

ところが、女性の場合は同じイクのでも、好きな人にイカされるのと好きでもない人にイカされるのとでは、快感や満足感が全然違うといいます。

このことからも、女性のエクスタシーのほうが、男性よりずっと繊細なことがわかります。

また、女性の中には、

「イッたときは大量に愛液が溢れてくるから、それを見るとイッたと実感できる」

という人もいるようです。

気持ちいいから愛液がでるわけですから、これもわかる気がします。

だけど、イク感覚には個人差がありますから、人によっては「イッた」と判断するのが難しい場合もあるようです。

この点も、男性と女性では大きく違っています。

男性の場合は、イクのと射精は同時ですから、外から見ても100%イッたとわかります。

でも、女性の場合は射精みたいに、はっきりしたものがないから難しいのでしょう。

だけど、心配する必要はありません。

まだセックスの経験が浅くてイク感覚がよくわからない人でも、回数を重ねるうちに、「いま確かにイッた」とわかるようになってきます

セックスの回数を重ね、好きな人に抱かれて性感帯を開発していけば、眠っている体の奥の快感の扉を開くことができるのです。

Pocket