• 女性がイった時の反応とオーガズムの快感、満足感

    1,046,178 views

    セックス

    女性のオーガズムとイクときの反応

    女性がイッたときの快感は、男性の射精とは比較にならないほどのエクスタシーを感じるといいます。

    射精よりはるかに気持ちいいというのは、男性から見ると何ともうらやましい話かもしれません。

    では、女性がイクとどうなるのか、具体的に見てみましょう。

    女性がイッたときの反応はさまざま

    女性がイクときの反応はさまざまです。

    「全身の力がふわっと抜ける」

    イッたときに、こういう感覚になる女性がいます。オーガズムに達するとき女性はこういう感覚を感じます。

    「快感がじわじわと高まってきて、イク瞬間は体の緊張状態が最高になり、その後全身の力が抜けてふわふわした気持ちよさを味わえる」

    これはちょうど、お酒を飲んだあとのほろよい気分や、マッサージを受けたときの感覚に似ているようです

    また、中には

    「雲に乗って空を飛んでいる感じ」

    と言う女性もいますが、こういった感覚はまだ軽いほうのようです。

    「頭の中が真っ白になる」

    女性がオーガズムに達し、イッたときの感覚で、一番多いのがこれです。

    「イッたあとは、頭の中が真っ白になって何も考えられません。意識が朦朧として、少しの間失神する感じ。彼に話かけられても、ボーッとしていつも反応できません」

    大多数の女性が、オーガズムに達してイクとこんなふうになります

    女性がイッたと同時に起こること

    女性がイク時、オーガズムに達する時、

    「無意識に声が漏れる」

    「『ああ…』とか、『うう…』という声が無意識に出てしまいます。喘ぎ声とは違って、小さい声や吐息に近い感じ」

    オーガズムに達してイッた瞬間は失神したり意識が遠のいたりしているので、何が起きても自分では抑えることができないようです

    喘ぎ声は、彼氏を喜ばそうと多少大げさに出すことがあっても、イッたときに漏れる声は本当に素のままです。

    また、声が出るのと同時に息が荒くなるのも、イッたときのわかりやすい反応ですね。

    イク直前は呼吸を止めたほうがイキやすいという女性が多いので、イッたあとはなおさら息が荒くなるのでしょう。

    「体の内側からじわじわと快感の波が押し寄せる感じ」

    こういった反応も、イッたと同時に始まります。

    「性器からじわじわと全身に快感が広がり、膣がピクピク痙攣してギュッと締め付ける。体の特定の場所だけでなく、体の深い部分に気持ちよさがある」

    これを読んで、

    「私の反応と同じだ」

    と思った女性も多いのではないでしょうか。

    女性の性感帯は、乳房、唇、背中、脇腹、太ももなど、全身のいたるところにあると言ってもいいくらいです。

    大好きな人に性感帯を愛撫されるとオーガズムに達する!?

    性感帯を大好きな人に愛撫されると、たちまち気持ちよくなってムラムラしてきます。

    これも快感には違いないのですが、イッたときの反応はこんなものではなく、体の内側からグングン全身に広がっていく感覚があります。

    また、これと同時に膣がピクピクするのを感じる人も多いようです。

    自分の意志とは関係なくすごい速さで膣の中が動いて、なお一層気持ちよくなります。

    このような膣の痙攣も、イッたあとによく見られる特徴です。

    ある研究では、女性がイクと膣の周りの筋肉が0.8秒に1回収縮することがわかっています

    これを意識的にやろうとしても、0.8秒ごとに収縮を繰り返すなんてことはできませんから、これも自分の意志とはまったく別物で、イッたときに起こる反応だということがわかります。

    イッた瞬間ペニスを締め付ける

    女性がイクと、膣の壁が吸盤みたいになってキュッとペニスに吸い付き、同時に締め付けがきつくなります。

    「彼いわく、『イク直前に膣がキューッと締まってきつくなるからわかる』そうです。しかも、膣の壁が吸盤みたいになって指にまとわりついてくる。だけど、イッたあとはそれがゆるんで膣の中がピクピク痙攣する」

    イッたときに、こんなふうになる人もいます。

    もしかすると、これと似たような感覚を経験したことのある人は、案外多いのではないでしょうか。

    これは、女性がイクと同時に男性に射精させるための、自然のメカニズムともいえそうです

    セックスはもともと生殖のための行為ですから、女性がイッて最高に気持ちいい瞬間に男性が射精するのが、一番受精しやすいのかもしれません。

    だから、男性と女性の体は快感が最高潮に高まった瞬間に、同時にイッて気持ちよくなるようにできているのでしょう。

    ただし、同じ絶頂するのでも、男性と女性にはちょっとだけ違いがあるようです。

    男女のオーガズムの快感と満足感の違いとは

    男性の場合は射精の快感は相手が誰であっても、それほど違いはありません。

    男性は射精したというだけで常に快感はMAX状態なのです。

    ところが、女性の場合は同じイクのでも、好きな人にイカされるのと好きでもない人にイカされるのとでは、快感や満足感が全然違うといいます。

    このことからも、女性のエクスタシーのほうが、男性よりずっと繊細なことがわかります。

    また、女性の中には、

    「イッたときは大量に愛液が溢れてくるから、それを見るとイッたと実感できる」

    という人もいるようです。

    気持ちいいから愛液がでるわけですから、これもわかる気がします。

    だけど、イク感覚には個人差がありますから、人によっては「イッた」と判断するのが難しい場合もあるようです。

    この点も、男性と女性では大きく違っています。

    男性の場合は、イクのと射精は同時ですから、外から見ても100%イッたとわかります。

    でも、女性の場合は射精みたいに、はっきりしたものがないから難しいのでしょう。

    だけど、心配する必要はありません。

    まだセックスの経験が浅くてイク感覚がよくわからない人でも、回数を重ねるうちに、「いま確かにイッた」とわかるようになってきます

    セックスの回数を重ね、好きな人に抱かれて性感帯を開発していけば、眠っている体の奥の快感の扉を開くことができるのです。

    女性がオーガズムに達して簡単にイクためにはどうするべきか?

    女性がオーガズムに達してイカせるためには通常多くのテクニックが必要です。

    テクニックを知りたい方はぜひ下記記事を読んでみてください。
    挿入でイク女性はたった4割。セックスで絶対にイカせる方法・いかせ方
    痛い手マンとさよなら。女子のあそこが洪水になっちゃう手マンの方法とは

    この2つの記事を読めばかなりテクニックが上がるはずです。でも、練習してテクニックを身につけてとしていると時間もかかりますし、面倒くさいなんて人も多いのではないでしょうか?

    女性を簡単にオーガズムに達させることができる方法があります。

    とあるものをオマンコに塗り込むだけでオーガズムに達しイカせることができます。

    試しに、不機嫌で感じないと不評で人気のない風俗嬢5人に編集部員が試してみたところ5人全員が感じまくって4人が本番セックスをさせてくれちゃいました。

    クリームを使わずに一回入ってみた時は口コミ通りサービスは最悪で金返せと思うくらい酷かったのにクリームを塗るだけで別人のようにオーガズムに達してイキまくりフェラまでしてくれました

    とあるものがなんなのか気になりますよね?筆者が使ったのは姫なかせという媚薬クリームです。

    ド◯キーなどで売っているなんちゃって媚薬クリームのように、少し熱くなったりひんやりするだけなんてものでなく、本当に女性の感度を高めてオーガズムに達することを手助けしてくれます。

    本物の媚薬クリームなのでネット限定販売になっています。公式取扱店NLSで購入できます。NLSなら発送元や商品名を自由に設定できるので家族にバレることなく購入することができちゃいます。

    ぜひこの機会に姫なかせで女の子を簡単にオーガズムに達しさせてイカせまくってください。