• 痛い手マンとさよなら。女子のあそこが洪水になっちゃう手マンの方法とは

    1,596,788 views

    セックステクニック(男性編)

    AV女優「唯井まひろ」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    こんにちは!ライターの白雪です。

    先日、女友達と居酒屋で飲んでいたとき、こんな話になりました。

    「私、膣に指入れられるのイヤなんだよね」

    すると、「私も!」「私も!」と賛同の声が。

    「え、手マン気持ちいいじゃん!」と言ったのは私だけ。多くの女性たちは『手マン=痛い』と思っているようなんです。

    そこで今回は、手マンが痛いと感じる理由。そして、女性が本当にやってほしい手マンの仕方をまとめてみたいと思います。

    指を入れても彼女の反応がイマイチという男性たちはぜひ参考にしてみてくださいね! 

    手マンが痛い理由

    膣がまだ開発されていない

    セックスの経験が少ない女性は、膣がまだ未開発ということが考えられます。もともと、女性のカラダというのは、クリトリスや膣の入り口は快感を感じやすいものの、奥へ進めば進むほど鈍感なんです。

    奥が気持ちいいと感じるためには、セックスを何度もしてペニスであちこちを刺激する必要があります。そして、あらゆる刺激を感じてはじめて「奥が気持ちいい」となっていくんです。

    そのため、鈍感な膣に指を挿入しただけで気持ちよくなれといっても難しい話。このような『開発されていない膣』に刺激を与えるためには、ほかの感じる場所と一緒に刺激を与えることが大事です。

    舌先でクリトリスを愛撫しながら、指をゆっくりと挿れていきましょう。クリトリスで感じている快感を、膣に指を入れられている快感なのだと脳が記憶すると、徐々に膣の奥も性感帯へと変わっていきます。

    まだ濡れていない膣に指を入れられてしまう

    たっぷりと時間をかけて愛撫され、あそこがトロトロになっている状態での手マンが理想的ですが、中にはすぐに裸になり、前戯もほとんどせずに指を挿入している男性もいます。この状態では、女性の緊張がほぐれていないので、膣内はカラッカラ。指を入れられると、さらに体がこわばってしまい、「痛い!」と感じる女性が多いんです。

    彼女のあそこが十分に濡れていないな?と思ったら、一度指を抜いて、優しく彼女にキスをしてください。そして敏感なところには触らず、柔らかい舌を使ってたっぷりと愛撫しましょう。女性の緊張が和らげば、膣内も潤い、あなたの指を挿入してもペニス同様に気持ちよいと感じるはずです。

    ズボズボする摩擦が痛い!

    手マンが痛いと思う一番の理由は、女性の膣が緊張しているということ。何度も痛い手マンを繰り返されることによって、男性の指が膣に入った瞬間、ギュッと膣が緊張してしまうということがあるようです。

    手マンをする際、指を力任せにズボズボ出し入れしていませんか?単純な指の出し入れというのは、膣の中を摩擦しているだけなので、女性は痛みを感じやすいんです。

    手マンで気持ちよさを感じるのは、膣口にペニスがこすれる刺激と同じものを感じるから。単純な摩擦をされただけではただ痛いだけです。

    ズボズボ出し入れしたり、膣壁を引っかいたりするのは言語道断!優しく膣壁をなぞるのが正解です。

    またGスポットを見つけたら指先を離さず、ゆっくり押したり、ゆるめたりを繰り返しましょう。

    女子が本当にしてほしい手マン

    女性が本当に気持ちよい手マンをするうえで避けて通れないのがGスポットへの刺激。

    セックス初心者さんでも知っているほど有名な性感帯です

    Gスポットの場所は、恥骨のちょうど裏。仰向けに寝そべり、ひざを立て、中指をちょっと曲げながら挿入していくと、第二関節がすっぽり入ったくらいのところで、中指の指先の腹にちょっとざらっとしたものが触れるはずです

    この、ザラッとした部分が『Gスポット』。女性が性的な刺激を受けると、ぷくっと膨らんでくるので、分かりにくい場合は十分に愛撫してから探ってみてくださいね。大きさは大体500円玉程度といわれています。

    では、Gスポットの位置が分かったところで、女性が本当にしてほしい手マンのやり方をお教えしたいと思います。

    まず、膣に指を入れる前にたっぷりと唾液もしくは潤滑ゼリーで指先を濡らしましょう。指の形は、聞き手の中指の下に人差し指を置いた状態にします。

    手のひらを上にしてゆっくりと膣の奥へと指を入れていきましょう。奥までたどり着いたら、重ねていた指をゆっくりと広げていきます。

    2本の指の腹を膣に優しく当てたら、そのままゆっくりとなぞりながら膣口まで戻ります。

    この動きをするのが手マンの基礎。これにGスポットへの刺激を加えていきます。繰り返していくと、ぞくぞくっとした快感を女性に与えることができます。

    ムリに潮吹きは狙っちゃダメ!

    Gスポットと潮吹きは密接に関係しています。Gスポットを刺激し続けると、潮を噴いてしまう女性も多いのです……が、潮吹きを狙ってゴシゴシとGスポットをこすられると、摩擦が大きすぎて痛みを感じてしまう場合があるので要注意です。

    女性が気持ちよさそうにしていれば、Gスポットへの刺激を続ける。あまり反応がなければ、優しくさするだけにする、など強弱を考えながら刺激していきましょう。

    指の腹で圧迫したり、円を描くようにマッサージしてみたり、指の腹を小刻みに動かしてみるなど、様々なアプローチをしてみてください!

    まとめ

    手マンで気持ちよさを感じるためには、女性側がオナニーで刺激をして、膣を開発しておくことも大事です。せっかくGスポットという性感帯があるのですから、オナニー中に刺激してみましょう。

    指先でうまく刺激できない方は、おもちゃを使ってみるのもおすすめです。

    また、セックスのときに男性とGスポットを探してみるのも楽しそうですね!

    「手マン、痛いなあ……」と思いながら我慢していると、膣が委縮してしまい、さらに痛みを感じやすくなってしまいますので、女性の皆さんは我慢をせずに男性に話しかけましょう。

    男性も女性に手マンをするときには

    「痛くない?」「これはどう?」

    などと聞き、コミュニケーションを取りながら行ってくださいね。皆さんの気持ちよいセックスライフを応援しています!

    ◯関連記事
    女性がイった時の反応とオーガズムの快感、満足感
    短小でも中イキさせる!女性を確実に絶頂に導く最強バックの体位5選