• 初めてでも痛くならない尿道責めの方法|コツは2段階の挿入角度を見極める

    15,908 views

    セックステクニック(男性編)

    気持ちいい尿道オナニーの方法|オススメの道具や危険な事例も紹介

    「病院でカテーテル挿れられて痛かった」これは多くの方が耳にしたことがあるでしょう。
    しかしそれはオナニーとして行われるものじゃないためです。
    きちんとした方法でやれば、本当の尿道責めはえげつないくらい気持ちいいものなんです!
    今回は初めてでも痛くならない、気持ちよく尿道責めするためのコツをご紹介していきましょう!

    キンタマ裏側に向かって電流が走る尿道責め!射精と違った快感を味わう

    ペニスをシゴくオナニー法だと「徐々に快感が高まり最高潮になると射精する」これが定番でしょう。
    しかし尿道オナニーは違います。
    挿れた瞬間から絶頂に近い快感が襲い、やってる間中ずっとその快感が続くという脅威のオナニー法なんです。

    そんな快感味わってみたくないですか?
    射精とは違う気持ちよさがどんなものか気になりませんか?
    「怖さもあるけどぶっちゃけ気になる…」
    そんな方こそこれからご紹介する情報は必見ですよ!

    尿道責めが気持ちいい理由は前立腺を刺激しているから

    尿道責めをして気持ちいい理由、それは前立腺を刺激できるからです。
    こちらの画像をご覧ください。

    膀胱のすぐ下に前立腺があり、その間を通るように尿道があるのがわかりますよね。
    つまり尿道責めをすると必然的に前立腺を刺激することになるのです。

    この前立腺が気持ちいいというのは、すでにみなさんご存知のことでしょう。

    でも前立腺を刺激するというとアナルから刺激するイメージがあるのでは?
    「アナルは嫌だな…」そんな男性も多いと思いますが、何もアナルからじゃなくても前立腺は刺激できるんです!

    ちなみにもう1度画像を確認してみてください。
    精液が通る射精管も前立腺を通っているのがわかるはず。
    射精時のあのドクドク発射する瞬間って気持ちよくないですか?
    それも前立腺を刺激しているからなんですよ。

    「アナルに挿れなくても前立腺を刺激できて射精時と同じ快感を味わえる」
    これが気持ちよくないわけありませんよね。
    尿道責めがどれだけ気持ちいいのか理解していただけたことでしょう。

    初心者が尿道を痛める原因3つ

    今すぐにでも「めちゃくちゃ気持ちいいからやってみて!」とおすすめしたいところですが、尿道責めはやり方を間違えると悲惨なことになります。
    尿道炎や膀胱炎、悪化すると腎盂腎炎になることも
    他にも尿道粘膜を傷つけ出血することもあるでしょう。

    そこで先に初心者にありがちな尿道を痛める原因について学んでいきましょう。
    先に知識として得ておけば、同じ間違いはせずに済みます。
    安心・安全な尿道責めをするためにも必要な知識ばかりですので、必ず理解しておきましょう。

    ①除菌がしっかりできていない

    もっとも尿道を痛める原因は雑菌侵入による炎症です。尿道炎や膀胱炎のことですね。
    尿道口を開く指、尿道に挿入する道具、潤滑油として使ったゼリーなど、至るところに雑菌がいる可能性があります。

    これらをしっかり除菌していなければ、尿道に雑菌が侵入し痛みの原因になってしまうでしょう。
    尿道責めをするときは、潔癖症になったつもりでやりすぎなくらい気をつけましょう。

    また自分で除菌シートや消毒液を使用することも大事ですが、初めから滅菌済みのアイテムを使うことも効果的。
    例えば道具として使うのであれば、滅菌済みのカテーテルを使えば炎症を起こす確率をグッと下げることができます。

    こちらは実際の医療現場でも使われているものです。
    使う寸前に封を開け、ベタベタ手で触ることなくすぐに使用するようにしましょう。

    商品購入はコチラ⇒滅菌済みロビンソンカテーテル

    ②挿入の仕方や動かし方が悪く粘膜を傷つける

    粘膜を傷つけると痛みや出血、排尿痛を起こすことがあります。
    そんな粘膜を傷つける可能性は2つ。
    1つ目は挿入するとき、2つ目が動かすときです。
    それぞれ説明していきましょう。

    まず挿入するときです。
    ペニスから真っすぐ道具を挿入したとしても、体内で必ずひっかかる場所があります。
    なぜなら膀胱はペニスがついている場所よりも上にあり尿道がカーブしているためです。
    これは先ほどの画像を見てもらってもわかるでしょう。

    そのため始めは真っすぐ、自分の身体に対して90度の角度で挿入していけばOK。
    しかし引っかかった後は、カーブに合わせ角度を変える必要があります。
    下から持ち上げるようにして挿入しましょう。
    こうすることですんなり奥まで挿入しやすくなりますし、粘膜を傷つけにくくなります。

    2つ目の動かし方についてです。
    激しくヌプヌプとピストンさせたくなるかもしれませんが、尿道責めにそんな激しさはいりません。
    膀胱まで達したのであれば、道具をゆさぶるように小刻みに動かすだけで強烈な快感は感じられます。

    またカーブ部分からペニス側に抜けてしまえば、動かしているときにカーブ部分を痛めることも。
    どんなに動かしたとしても、2㎝幅くらい上下させるだけにしておきましょう。

    ③怖さから細い道具を選んでしまう

    「尿道に入れるなんて痛そう。怖い」そんな気持ちはわかります。
    でもだからといって細い道具を選ぶのはやめましょう。

    細さはイコールで鋭利さです。
    力加減を間違えれば尿道を突き破りかねませんし、優しくしても粘膜を傷つけかねません。

    「定番ツール」なんて冗談じゃありません。
    こんな待ち針を使った尿道責めなんてもってのほかです。

    他にもヘアピン・つまようじ・竹串なんかも絶対にNGですよ!

    ちなみに尿道責めでよく使われがちな綿棒ですが、これもあまりおすすめしません
    綿棒は尿道内の水分を吸収してしまうため乾燥に繋がりますし、細かい繊維が落ちやすいため尿道内に異物混入として痛みに繋がる可能性大です。

    初めてでも痛くならない!気持ちいい尿道責めの方法

    「初めてやったの気持ち良さしか感じない!」
    そんな尿道責めの方法をご紹介していきましょう。

    これからご紹介する方法は、どれか1つでも省けば病気やケガの原因になりますし、痛みしか感じず尿道責めの良さを知れないまま終えることになってしまいます。
    必ず順番を守り、焦らずゆっくりしていってくださいね。

    ①手や道具をしっかりと除菌する

    尿道責めでもっとも怖いのが感染症です。
    雑菌が侵入すれば重篤な病気にかかることもあるでしょう。
    そのため除菌作業は必須!

    滅菌済みアイテムを使うことも大事ですが、何よりも自分で気をつけることこそ1番の回避策です。
    除菌する際におすすめなのがこちらの「泡で出る消毒液」。

    これならいちいち手を洗いにいかずとも、除菌作業をすることができます。
    これを使い手や道具などをしっかり除菌して清潔な状態で尿道責めを始めましょう

    商品購入はコチラ⇒キレイキレイ 泡で出る消毒液

    ②潤滑ゼリーをたっぷり絡める

    ローションではなく、医療用にも使われるような潤滑ゼリーを使いましょう。
    ローションでは尿道内の水分を吸収してしまいますし、ローションそのものが滅菌されていないため衛生面でも不安が残ります。

    尿道への挿入(導尿)はそもそも医療行為としても行われることですので、本職の方々と同じものを使えば傷つける心配はありません。
    これを惜しむことなくたっぷりと道具に馴染ませましょう

    尿道口にも塗って欲しいのですが、わざわざ奥深くまで塗り込む必要はありません。
    亀頭の上部1/3くらいまで塗ればじゅうぶんですよ。

    ③親指と人差し指で尿道口を開きゆっくり挿入する

    利き手じゃない方の手でペニスを支え、親指と人差し指を使って尿道口を開きましょう。
    このとき縦長の尿道口を上下から押しつぶして開くのではなく、左右から広げるようにしてくださいね。

    また痛みを感じるほど開く必要はありません。
    軽く開けば、深さ1㎝くらいまでは自然と見えるようになるはずです。

    そこに道具をソッとあて、ゆっくりゆっくり挿入していきましょう。
    このとき意識するのはそのスピード。
    あまりにも早く押し進めると粘膜を傷つけかねません。
    秒速1㎝くらいを意識してゆっくり挿入してくださいね。

    ④引っかかった部分から更に5㎝以上押し進める

    先述したように、尿道はカーブを描いているため必ず行き止まりのような引っかかりを感じます。
    ここから挿入角度を変え、更に5㎝ほど挿れていきましょう。

    ①ペニスを引っ張るように真っすぐ持ち、自分の身体に対して90度の角度で挿れていく
    ②行き止まりになったら足側に傾け下から持ち上げるように挿入する

    この2つのコツさえ覚えていれば、痛みも粘膜を傷つけるリスクもなく挿入することができます。
    必ず覚えておいてくださいね。

    引っかかりから5㎝ほど挿入すれば、前立腺や膀胱付近まで辿り着けます。
    カーブから奥へ行けば行くほど、キンタマの裏側に電流が走るような快感を感じることでしょう。

    ⑤挿入した道具を2㎝幅で上下させ射精前の寸止め感を楽しむ

    こちらも「初心者にありがちな尿道を痛める原因」でも述べたように、尿道責めに激しさはいりません。
    大きくピストンさせれば、それだけリスクが上がります

    ・挿入した道具だけを持ちクルクルと回すように動かす
    ・ペニスを支え道具を2㎝幅で上下させる

    これだけでも身体がガクガク震えるほどの快感は感じます。
    むしろ快感が強すぎてこれ以上はなかなか厳しいものがあるでしょう。

    「イキたいのにイケない」
    「射精しそうなのに出ない」
    そんなイク寸前の絶頂気分を思う存分楽しみましょう。

    初めてでも尿道責めの痛みが軽減して気持ちよくなるアイテム3選

    ここまで医療用で使われるロビンソンカテーテルや、泡で出る消毒液などいくつかのアイテムは紹介してきました。
    しかしそれ以外でも、尿道責めにおすすめのアイテムはいくつも存在するのです。

    ここでは「尿道責めの痛みが軽減すること」にスポットを当て、気持ち良くなるためのアイテム3つをご紹介していきましょう。

    ①医療用潤滑ゼリー「カテゼリー」

    気持ち良くなるやり方の2番目でもご紹介しましたね。
    医療用の潤滑ゼリーです。

    おすすめの潤滑ゼリーが「カテゼリー」と呼ばれる個別包装されているゼリーです。
    こちらは現役の看護師に聞いたものなので、間違いなく実際の医療現場で使われているものですよ。

    滅菌済みで個別包装されているので、雑菌侵入のリスクを大幅に下げることができます。
    また使用感としては、潤滑性が高いというよりも水の膜が張るといった感じ。
    ヌルヌル感がなくサラサラした感触で、特別ニオイがあるわけでもないのでプレイの邪魔をしません。

    商品購入はコチラ⇒医療用潤滑ゼリー「カテゼリー」

    ②シリコンピック

    尿道責めにはブジ―やメタルピックなど金属製のものも数多く販売されています。
    しかし固いものはカーブしている尿道に添わないため、粘膜や尿道を傷つけやすいのです。

    途中でご紹介したロビンソンカテーテルも柔らかさでいえばOKなのですが、専用グッズで選ぶのであれば、こちらの柔らかいシリコン製ピックがおすすめです。

    こちらの商品は「柔らかい」以外にも3つの特徴が。

    ・丸い取っ手がついているので動かしやすい
    ・熱消毒も可能
    ・ハサミで切って長さが調節可能

    自分の使いやすいように調節することができるので、初心者から上級者まで満足する使用感を得られるでしょう。
    また熱消毒が可能なので、除菌方法として熱湯をかけるなんて方法だってOK!
    衛生面や安全性に気を配れるおすすめアイテムです。

    商品購入はコチラ⇒シリコンピック

    ③U-PLUG(ユープラグ)

    前立腺や膀胱まで到達させるには、個人差はあるものの20㎝前後は挿入することになるでしょう。
    しかし初心者の場合だと途中で怖くなって奥深くまで挿れることができなかったり、角度に注意しても痛みを感じてしまうことがあるかもしれません。

    そんな方におすすめなのが、ペニスの長さ内で楽しむ短い「U-PLUG」です。

    見てもわかるように、挿入部分は45㎜ほどしかありません。
    前立腺を刺激することはできませんが、挿入感に慣れる・射精をしにくくして寸止め感を楽しむにはじゅうぶんでしょう。
    「長いのは怖い!」そんな方はこちらから始めるのもアリですよ。

    商品購入はコチラ⇒U-PLUG(ユープラグ)

    初めてはプロにお任せ!尿道責めプレイが手慣れている風俗店5選

    どれだけ安心・安全な方法だと言われても、やはり自分で挿入するには勇気がいりますよね。
    失敗するリスクを考えるとなかなか1歩が踏み出せない気持ちもわかります。
    そんなときは百戦錬磨のプロに初体験をゆだねちゃいましょう!

    尿道責め自体がハイリスクな行為なため、このプレイをしてくれる風俗店はそう多くありません。
    しかしそんな数少ないお店の中でも、特におすすめしたい風俗店を5つピックアップしてみました。

    「鶯谷クリニック」:東京都

    オススメ度 ★★★★★
    料金 70分:20,000円~
    場所 鶯谷・日暮里・西日暮里は出張無料
    その他地域は要相談

    わざわざ東京まで行く価値がある超おすすめ店です。
    本格的なメディカルプレイを専門とするだけあって、尿道プレイも手慣れたもの。
    エッチな女医さんや可愛いナースがあなたの尿道をこれでもかと責めてくれます。

    公式サイト内にプレイ動画が公開されていますので、そちらを見ればどれだけ優れたお店なのかがわかるでしょう。
    本物の医療器具を使ってプレイしてくれるので安全性だって抜群です。

    公式サイトはコチラ⇒鶯谷クリニック

    「メディカルプレイMIWAKU」:大阪府

    オススメ度 ★★★★☆
    料金 50分:20,000円~
    場所 大阪市内:3,000円
    大阪市隣接地:5,000円

    こちらもメディカルプレイを得意とするお店です。
    当日予約NGでweb予約のみという点はややマイナス評価かもしれませんが、本格的な医療器具を使い行うプレイの質の高さは保証できます。

    また大阪ならではといいますか、面白いイベントやキャンペーンも目白押し。
    誕生月には浣腸プレイが無料になったり、某野球選手の成績を伝えれば料金が値引きになったりなど、飽きさせない趣向がいっぱいです。
    女性キャストを「先生」、交通費を「往診料」と言うなど細部まで凝られた演出感も最高ですよ。

    公式サイトはコチラ⇒メディカルプレイMIWAKU

    「アダルトクリニック」:東京都

    オススメ度 ★★★★☆
    料金 75分:20,000円~
    場所 東新宿周辺ホテル:無料
    歌舞伎町内ホテル:1,500円~

    先生(女性キャスト)が脱ぐ・先生に触るなどエロいサービスは一切ありません。
    しかしその分クオリティがバカ高い医療プレイを楽しむことができます。
    「医療プレイができる風俗店」というよりも「本物の女医が希望の医療を施してくれる」といった感じでしょうか。

    エロさはないけどリアリティがあるナース服やオペ着、実際の医療現場で使われる道具を自前で揃える意識の高さなど、まるで本当の病院関係者かと思わんばかりの質の高さがあります。
    先生ごとに持っている道具や可能プレイが異なるので、しっかり希望の先生を指名してくださいね。

    公式サイトはコチラ⇒アダルトクリニック

    「マニアック女人館」:東京都

    オススメ度 ★★★☆☆
    料金 110分:28,000円~
    場所 小作駅待ち合わせ:無料
    1,000円:プルメリア・青梅・羽村・福生・あきる野・瑞穂
    2,000円:昭島市・立川駅前ホテル・八王子インターホテル・武蔵村山市
    3,000円:立川市・八王子市・東大和市

    メディカルプレイではなく、マニアックなプレイを専門とするお店です。
    そのため中には玉潰し・玉拷問・射精管理など、なかなかお目に掛かれない特殊プレイも。
    そのぶん数多くのコースがあるので、希望通りのプレイを依頼しやすいといえるでしょう。

    また尿道に関するプレイ内容もかなり豊富です。
    尿道責めだけでなく尿道拡張や尿道アナルW前立腺責め、尿道ドライまで依頼可能
    とことん尿道プレイを極めたい方にはうってつけのお店ですよ。

    公式サイトはコチラ⇒マニアック女人館

    「新宿M性感フェチ倶楽部タントラ」:東京都

    オススメ度 ★★★☆☆
    料金 60分:16,000円~
    +調教オプション4,000円
    場所 新宿区:無料
    2,000円:渋谷区・中野区
    3,000円:文京区・杉並区・豊島区
    4,000円:千代田区・港区・目黒区・世田谷区・板橋区・練馬区

    ここはSM系のお店です。
    そのため快楽というよりもやや痛み寄りといいますか…女王様がプレイしてくれるのでM男じゃないと厳しいものがあるかもしれません。
    また尿道責めは特殊オプションになるため、コース料金以外に4,000円の追加料金がかかります。

    その代わりといっては何ですが、どんな特殊プレイでも叶えてくれるキャパの広さはピカイチ!
    卍固めやケツバット、チン毛ライターに眼球舐めなどどんなプレイだってここなら叶います。
    女王様にイジメられたい願望をお持ちであればぜひともおすすめしたいお店です。

    公式サイトはコチラ⇒新宿M性感フェチ倶楽部タントラ

    まとめ

    前立腺を刺激できるからこそ、射精前の快感を延々と感じられる尿道責め
    しかしそれにはリスクがあることを忘れてはいけません。

    【初心者にありがちな尿道を傷つける3つのリスク】
    ①除菌がしっかりできていない
    ②挿入の仕方や動かし方が悪く粘膜を傷つける
    ③怖さから細い道具を選んでしまう

    これさえ回避できれば、尿道炎や粘膜を傷つけることはなくなります。
    また気持ちいい尿道責めをするのであれば、以下のアイテムがおすすめ。

    【痛みを軽減できて気持ちいい3つのアイテム】
    ①医療用潤滑ゼリー「カテゼリー」
    ②柔らかいシリコンピック
    ③浅めの挿入感を楽しむU-PLUG(ユープラグ)

    これらを使えば、初心者でも気持ちいいい尿道責めを楽しむことができるでしょう。

    そしてこれだけは覚えて帰ってください。
    初めての尿道責めでも痛みを感じないコツは2段階の挿入角度です。

    ①ペニスを引っ張るように真っすぐ持ち、自分の身体に対して90度の角度で挿れていく
    ②行き止まりになったら足側に傾け下から持ち上げるように挿入する

    これをしっかり守って挿入すれば痛みもなく、粘膜を傷つけることもありません。

    しかしこれだけ情報を得ても自分でする勇気が出ない、そんな方はプロの風俗店に行くのもひとつの手ですよ。
    今回ご紹介した情報を参考にして、尿道責めで射精とはまた違う特別な快感を味わってみてくださいね!

    ◯関連記事
    射精の満足感が格段にアップ!簡単に用意できるオナニー道具10選
    射精の100倍の快楽がおしよせる!男の潮吹きができるオナニー法&風俗