300_250dmm2 テンガ NLS_3 [広告掲載について] [ライター募集について]
[AV女優在籍情報・投稿フォーム]

デリヘル嬢に激高し殴った上に料金を奪い逮捕

1,447 views

風俗部ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FUZOKUBU!ニュース

50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待を抱いてしまったのか-。派遣型風俗店(デリバリーヘルス)に勤務する40代の外国人女性を殴り、支払った料金を奪って逃げたとして強盗致傷容疑で、高校教諭の男(52)が警視庁池袋署に逮捕された。「風俗遊びは初めてだった」という男が指名したのは、240分6万4千円の長時間コース。延長料や小遣いとして女性に渡した現金は計約26万円と破格の太客っぷりだったが、逮捕後の調べに「プロ意識の低さに腹が立った」と話しているという。

■現金を大盤振る舞い

逮捕されたのは東京都立中野工業高校教諭の佐藤稔之容疑者(52)=東村山市青葉町。事件が起きたのは、新学期が始まったばかりの4月16日だった。

勤務先の都立中野工業高校によると、佐藤容疑者は定時制工業科で旋盤加工などの機械製作を指導していたが、2年前から体調不良を理由に休職中。日曜日だったこの日、佐藤容疑者は240分6万4千円のデリヘルのコースを予約し、豊島区内のビジネスホテルの一室でその時を心待ちにしていた。

お相手となった40代の外国人女性は、派遣型風俗店とは正規の雇用関係がなく、顔なじみの店長から声がかかると出勤するという“半分素人”だった。

佐藤容疑者は午後4時ごろに部屋を訪れた女性に対し、驚きの行動に出る。いきなり現金10万円を手渡したのだ。女性は「多いです」といったんは断ったが、佐藤容疑者は聞く耳を持たず、その後も3時間分の延長料金として6万円、「小遣い」として10万円を支払う大盤振る舞いだった。

■馬乗りで女性殴る

気前よく支払った現金とは裏腹に、佐藤容疑者の不満は募る一方だったようだ。

女性が入室してから約3時間50分後、一仕事を終えた女性がベッドの上でスマートフォンをいじっていると、そばのイスに腰掛けていた佐藤容疑者が突然激高する。

女性に馬乗りになって枕を押しつけたり、顔を殴ったりしたため、女性は4階の部屋からフロントまで避難した。女性がホテルの従業員とともに部屋に戻ると、すでにもぬけの殻。料金約26万円が入った女性のトートバッグも一緒に消えていた。

その後、ホテル周辺の防犯カメラの映像などから犯行を特定。佐藤容疑者は「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と容疑を認めており、多額の現金を所持していたことを問われると、「いつもそのくらいは持ち歩いている」とうそぶいたという。

逮捕後の取調べには素直に応じているというが、佐藤容疑者が求めた「プロ意識」の真意はまだ分かっていないという。

論語では「五十にして天命を知る」年齢というが、初の風俗で犯罪の一線を越えてしまった佐藤容疑者は、己の天命を今になって知っただろうか。
(出典元:iza(イザ!))

この事件についてはネットユーザーも困惑ぎみで、SNSなどでさまざまな意見が飛び交っているようだ。
「払った金額が高すぎる」から始まって、「どうして40代の女性にそんなに払うのか」「よっぽど魅力的だったのか」「もっと安いデリヘルを10回呼べるじゃないか」などなど。

一様にみんなが思っているのは、「どうして?」ということのようだ。
風俗嬢がひと仕事終えてスマホをいじっていたって、激高するほどのこととは思えない。やっぱりそう思うのが普通の感覚なのだ。

この教師はキレやすい男なのだろうと思っていたら、ふとあの激高して秘書を叱りつけた女性議員のことを思い出した。
キレやすい人は、どこの世界にもいるはずだ。しかし、これが国会議員や教師だと、マスコミに大きく取り上げられてしまうから、ちょっと気の毒な気がしないでもない。

しかし、事件を起こした教師は風俗嬢に馬乗りになって殴った上に、26万円が入ったトートバッグを奪って逃げたというから、酌量の余地はない。おそらく、女性があらかじめ持っていたお金もあるだろうから、奪った金額は26万円以上になるはずだ。
強盗致傷容疑での逮捕はちょっと重すぎるのではとの意見もあるようだが、この状況ではしかたがないだろう。

ところで、逃げた教師はホテル周辺の防犯カメラの映像などから犯行を特定されたというが、どうしてだろう。

なぜ周辺の防犯カメラに写っているだけで、この教師の身元がわかったのだろうか。風俗も初めてだという「真面目」な男だから、以前からその周辺をうろついてマークされていたとも考えにくい。
この教師は「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と言っているようだが、それは一戦交えたあとにスマホをいじっていたことを指しているのだろうか。それとも、テクニックのことを言っているのか、記事からはわからない。

それにしても、この教師はどういう人物なのだろう。
50歳過ぎて初めて風俗を経験したというのも信じがたいが、240分コースで6万4千円のところを、26万円も払うなんて普通では考えられないことだ。

大盤振る舞いとか言う前に、やっぱりおかしいと見るのが普通だろう。
この教師に妻子がいるのかどうか記事には書かれていないが、もしいたら家庭争議は免れないだろうし、何よりも都立高校教師という肩書はこれで完全になくなってしまう。
魔が差したのかどうかはわからないが、風俗嬢を殴って26万円入りのバッグを持ち去ったために、この教師の人生が大きく狂ってしまったことだけは確かだ。

キレやすいのも、たいがいにしないと後悔することになる。忍従の大切さを、かの女性議員とこの教師が、体を張って我々に教えてくれていると思えばありがたいではないか。

Pocket