果物ナイフで本番強要された嬢が血まみれで応戦!本番できる嬢とは

2,034 views

風俗部ニュース

風俗部ニュース

デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の従業員女性に刃物で切り付け殺害しようとしたとして、群馬県警伊勢崎署は殺人未遂の疑いで同県大泉町北小泉の無職、柳川昌一容疑者(46)を逮捕した。

逮捕容疑は12日午後9時20分ごろ、伊勢崎市連取町のラブホテルで、高崎市の風俗店従業員の女性(30)を持っていた果物ナイフで切り付けたり、殴ったりして殺害しようとしたとしている。

調べに対し、「けがをさせたことは認めるが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

同署によると、女性は頭に軽傷を負った。何らかのトラブルがあったとみて詳しい状況を調べている。

被害者とみられる女性がツイッターで「客に殺されかけたよ!! 命は無事。刃物もって暴れてきたから素手で戦って自力で助け求めて相手は捕まったよ!! 死にたくないって永遠と叫んでたわたし。本番断ったら刃物向けてきたよ! いま病院終わってこれから事情聴取」と報告。

けがをした横顔や血まみれのホテルの床の写真などを投稿したが、現在はアカウント自体が削除されている。

参考元:産経ニュース(https://www.sankei.com/affairs/news/180614/afr1806140020-n1.html)

風俗嬢と客のイメージ

「本番を断ったら刃物向けてきたよ!」

客に殺されかけた嬢が投稿したツイートには、けがをした横顔や血まみれのホテルの床の写真があったといいます。

それにしても、この客は最初から脅して本番をする目的でラブホテルに果物ナイフを持ち込んだのでしょうか。そう考えると、ますますこの事件が気味の悪いものに見えてきます。

果物ナイフで切り付けてまで、本番がしたかったのか……。このニュースを見たとき、私は北風と太陽という童話を思い出しました。旅人の服を脱がせるために、北風は思い切り冷たい風を吐きます。しかし、旅人は寒いので、ますます服をがっちりと着こんで寒さに耐えました。次は太陽の番。太陽はぽかぽかと旅人を温めました。すると、旅人は「暑いなあ」といいながら服を脱いだのです。

まさに今回の事件は北風のやり方。刃物を頬に当てて「本番をさせろ!」なんて言ったら、誰だって恐怖でそれどころではなくなります。この犯人がもしも「追加で何万円か払うから、本番させてくれないかなあ。どうしても本番したいんだ」といえば、もしかしたら本番できたのかもしれないのに……。

さて、風俗と切っても切れない関係のある『本番』という行為。

中には「本番をするほうが楽だから」といって、本番をしてしまう嬢がいるというのをご存知でしょうか。

嬢が本番する理由は大きく分けて4つです。

  • フェラなどをしたくない(サービスを短縮したい)
  • 指名をもらいたい
  • あなたに気があるため
  • 男性の体が気持ち悪いと思っている

このうち、最もパーセンテージが高い理由は、①と②でしょう。ヘルスのサービスには、全身リップや生フェラ、素股など、体力を使うサービスが大半です。中には「サービスの間中、フェラして」というお客さんもいます。イキやすいお客様なら嬢も楽ですが、なかなかイかないお客様の場合、時間いっぱいまでフェラ等のサービスを行わなければならないので、嬢のなかには「本番していいから、さっさといってほしい」と思う子も多いそう。

②の「指名をもらいたい」という嬢も最近増えてきているようです。このタイプの嬢はなかなか指名が入らない人妻系のお店の嬢が多いです。人妻系の店では、「在籍している嬢がほとんど本番OK」というすごいお店もあるので、口コミ情報などを元に探してみるのもおもしろいかもしれません。

最も嬉しい理由は③の「あなたに気があるため」というもの。実はお金を積まれても本番を断る嬢も「好きなお客様とだけは本番でしている」場合も多いんです。

気に入ってもらうコツとしては、①嬢にハードなプレイを強要しない ②飲み物などをプレイ前に差し入れしてあげる ③適度に世間話をするなど、余裕のあるところを見せる など。嬢のほうから「また来てね」「今度いつ会える?」と言われるような男性を目指しましょう。

最後に、④の「男性の体が気持ち悪いと思っている」という場合。風俗店に勤めているのに、潔癖で知らない男性とはキスもフェラもしたくない! という嬢はいます。彼女たちはコンドームをつけて本番をするだけならいいと思っています。

男性の立場からすると悲しいですが、このタイプの女性はプレイに入るなりコンドームをつけて「いれていいよ」と言ってくれるので、一番簡単に本番をOKしてくれるタイプでしょう。

公には禁止されている本番行為ですが、実はひそかに本番行為をしている嬢が多いのも本当です。この子と本番をしてみたい! と思ったら、足しげく通ってみるのもアリだと思います。とはいえ、下心を出してしまうと、最悪『出禁』にされてしまう恐れもあるので、あくまでも『夢』として心に抱く程度にしておいてくださいね!