• コンドームに穴!イソジンに大量のニンニクエキス!風俗嬢同士のいやがらせがハンパない!

    20,163 views

    風俗部ニュース

    風俗部ニュース

    <風俗業界の復讐>
    ◆風評被害は序の口。シャレにならないコンドームに穴、性病に感染させる復讐

    風俗業界の復讐「指名本数」で直接人気がわかる風俗稼業。欲望、嫉妬むき出しの業界だけに、蹴落とされた風俗嬢による、逆恨みからの「復讐」が絶えない、という。

    「女の園だけに、靴やカバンを隠す隠さないのは日常茶飯事だね」(24歳・イメクラ)というのは想像に難くない。

    「風俗嬢版の掲示板『ホスラブ』に悪評を流すのは序の口。ムカつくコが生理休みのときに、『○○ちゃん、性病で休んでる』とか書き込んでやった。あとは、常連客10人ぐらいに頼んで、私にナメた態度をとった女のコのクレームを定期的に店に入れさせたこともあった」(23歳・洗体エステ嬢)

    そんな風評被害で済まされる程度なら、もはや軽傷。

    「ムカつく店のコのイソジンに、大量のニンニクエキスを混入させて、口が臭くなるようにしてやった」(21歳・ヘルス)

    「癒し系気取りがウザすぎる女のローションのなかにハッカ油を入れて、客を絶望的に寒くさせるのがはやっている」(25歳・洗体エステ嬢)などに至っては、もはや「復讐」の目標が、客を巻き込んだ無差別テロ化する始末。そして、さらにエスカレートすると……。

    「以前にナンバーワン嬢にバカにされて腹が立ったので、そいつを休ませて指名本数を減らすために尖圭コンジローマ持ちの男に頼んで感染させたこともありましたね。さらに、『アイツは性病!』と掲示板に書き込み悪評を拡大してやりました(苦笑)」(31歳・デリヘル)

    「コンドームすべてに穴をあけたことがあります。ヤラれた女は真っ青になって待機場に帰ってきて、泣きながらアフターピル使ってたときは笑ったな~」(29歳・本番店)

    もはや都市伝説のような話だが、事実と聞くと、遊びに行く気も萎えそうだ。

    彼女たちの復讐の矛先は、ときに、雇い主にさえ向けられる。

    「フリー客を露骨に自分のお気に入りのコにばかりつけるのにムカついて、店長のセクハラ現場を隠し撮り、奥さんが働くスナックに匿名で届けてやりました」(26歳・ヘルス)

    風俗嬢が店に居着かないというのも、こんな裏事情ならば納得!?

    (引用元:日刊SPA https://nikkan-spa.jp/668614)

    コンドーム

    こんにちは! ライターの白雪です。

    風俗嬢の世界といえば、完全なフリー業。指名があればお金がもらえるけれど、一本も指名がなければ売り上げはゼロというこわい世界です。

    そのためか、「あの子はフリー客をつけてもらえるのにわたしはつけてもらえない!」など、ひがまれることも風俗嬢の世界では日常茶飯事なのだとか。

    今回の記事では、風俗嬢たちの恐ろしいいやがらせがまとめられています。

    要約すると以下の通り。

    ・靴やカバンを隠す

    ・風俗嬢専用の掲示板『ホスラブ』に「性病で休んでいる」などと悪評を流す

    ・常連客に頼んで、ターゲットの女の子のクレームを定期的に店に入れる

    ・ムカつく子のイソジンに大量のニンニクエキスを混入

    ・ローションの中にハッカ油を混ぜる

    ・指名本数を減らすために尖圭コンジローマ持ちの男に頼んで感染させた

    ・コンドームすべてに穴をあけた

    『ローションにハッカ油をまぜる』に至っては、完全に被害者はお客様。たしかにその場の空気は最悪なものになるかと思いますが、お金を払って股間を寒くさせられたお客様が可哀そうすぎますよね。

    さて、これらの風俗いじめを加速していると思われるのが『集団待機』(働く女の子たちが同じ待機所で電話を待つというスタイル)という待機形態にあるといわれています。

    このスタイルのお店の場合、誰に電話がかかってきたのか丸わかりですし、女の子同士の間で小競り合いも起きてしまうというのです。

    『フーゾク業界のぶっちゃけ話』によると、この小競り合いは待機中の冷蔵庫の使い方にも起きるのだそう。

    中国地方のSM女王様まきさん(35歳)は、お仕事のときは部屋持ちのお姉さんから部屋を借りていたそうですが、冷蔵庫が鎖をぐるぐるに巻いて南京錠までかけていたといいます。(そんなことしなくても私は勝手に中のものに手を付けないよ……)とがっかりしたそうです。

    『お前のことをまったく信用していない』と言われたように感じ、気分が悪くなった彼女は2週間くらいでお店をやめてしまったのだとか。

    風俗嬢を選ぶ女の子は、精神的に病みやすい女の子も多く、一般の仕事を続けられずに風俗を選んだ子も少なくありません。

    そのため、このような小競り合いでショックを受け、お店をすぐにやめてしまう子も多いようです。

    この対策として、近年ではお店側も対策に乗り出しており、『個室待機』をうたうお店も増えました。

    個室待機のお店では、待機室がネットカフェのブースのようにパーテーションで区切られており、女の子たちは顔を合わせることもありません。また、個室待機は、女の子同士の小競り合いをなくす効果のほかに、女の子同士が仲良くなり過ぎないようにする効果もあります。

    女の子同士が仲良くなってしまうと、1人が他店に移動しようとする際に、「一緒に行かない?」と女の子を誘ってしまい、集団で抜けてしまう恐れがあるからだといいます。

    とはいえ、この個室待機。私としては「どうなのかなあ?」と思っています。

    私の友だちは風俗嬢をしていましたが、お店にとても愛着があるという話をしていました。スタッフも好きだし、働いている女の子たちも仲がよくて、お店に行くのが楽しい、と。

    たしかに集団待機は嫌がらせを受ける環境になりやすくもありますが、アットホームな関係を気づきやすくもあります。彼女は個室待機のお店にも行ったことがあるようですが、無機質な感じと閉塞感で苦しくなり、すぐにやめてしまったそうです。

    元々、人とコミュニケーションを取るのがあまり得意ではない風俗嬢の女の子たち。孤立せず、嫌がらせを受けることもなく、和気あいあいとした環境の中で仕事ができればいいなあと思った白雪でした。