妊活中にオナニーしても大丈夫!細菌性膣炎など衛生面には十分に注意すること

32 views

性や身体の悩み

妊活中にオナニーしても大丈夫なのか?不安を感じる男性は多いでしょう。女性でも多いはずです。しかし妊活にまつわる情報は読み切れないほどある一方で、妊活とオナニーにまつわる情報はあまり多くありません。 そこで風俗部では、妊活中にオナニーをしても大丈夫なのか調べました。男女別に、オナニーがもたらす影響を詳しく伝えるので、ぜひ読んでください。妊活に対する不安を減らせますよ。
記事の目次(クリックで表示)

妊活中はオナニーしても大丈夫!

妊活中にオナニーしても問題ありません。男性も女性も、オナニーが妊活に及ぼす影響はそう大きくないです ただ男性の場合、オナニーをせずに我慢し続けていると、精巣の機能が弱ったり精子の質が落ちたりする可能性があります。そのため男性に関しては、むしろ適度にオナニーした方が良いでしょう。
マスターベーションしすぎると妊娠しにくくなる? 男性も女性も、やりすぎたからと言って体に害はありません。精子は常に新しく作られており、マスターベーションによってなくなることはありません。
「オナニーを頻繁にすると精子が薄くなって妊娠しにくくなるんじゃないか?」そんな声も耳にします。全く関係ないとは言いません。 しかし東京都福祉保健局が伝えているように、精子は常に新しい物が作られています。オナニーをたくさんしたからといって、全くなくなるわけでありません。 そのため、オナニーをしたからといって妊活失敗の可能性が高まるとは言い難いです。ただし、オナニーをする際には注意点もあります。どんな注意点があるのか、次に説明します。

妊活中にオナニーする際は衛生面に注意する

妊活中にオナニーする場合、一点だけ注意点があります。
自慰行為にて妊娠そのものに影響はありません。不潔になることは注意されてください。しかし、妊娠確定後の自慰行為は子宮収縮などのために流産の危険性がありますので控えてください。
引用元:CARADA健康相談
それは不潔な手指でオナニーすること。そもそもオナニーをする際には、あらかじめ手指を清潔にすべきです。しかしできていない人がほとんどでしょう。 筆者もオナニー前に都度手指を洗っている人の話をまったく聞いたことがありません。とはいえ、誰もしていない=問題ないではありません。 とくに妊活中の男女の場合、不潔な手で性器を触り、そのままの状態でセックスするのは好ましくないです
女性の性器は、外からペニスや指などが入ってきて、雑菌が子宮の中を通って腹腔(ふくくう)まで達してしまい、いろいろな性感染症を起こしやすくなります。
とくに女性の場合、不潔な手指で性器を触れると、雑菌が子宮から腹腔まで侵入し様々な症状を発生しかねないので注意が必要です。 また、不潔な手指によるオナニーは、カンジダ菌による体調の変調や細菌性膣炎を生じさせかねません。 これらが直接不妊につながるリスクは限りなく低いですが、たとえば妊娠中の細菌性膣炎は母胎や胎児に悪影響を及ぼしかねない危険性を孕んでいます。 ちなみにここまでの話は、主に女性の話です。「それならば、もしかして男性は不潔な手指でオナニーしても影響は低いのでないか」と思うかもしれません。 そんなわけがありません。そもそも妊活においてセックスは避けられないです。つまり不潔な手指でペニスに雑菌や傷を作れば、そのペニスを通じて妊活中の女性を危険に晒す可能性があります。 だから男性側も、オナニーの前には手指を洗うなど、徹底的な衛生管理が必要です。妊活を何ら支障なく進めたいなら、オナニー前の衛生管理は注意しましょう。

ストレス対策・生活習慣など!妊活が成功しやすくなるコツ4つ

Beautiful Fit Woman Doing Barbell Squats In The Gym
妊活を成功させるのは簡単なことではありません。しかし成功させる可能性をわずかでも上げるためにできることがあります。ここからは、妊活の成功率を上げるのに役立つポイントを4点伝えましょう

ストレス対策・適度な運動

ストレスは万病の元と言われるように、妊活中の男女にも多くの悪影響を与えます。たとえば男性の場合、精子の生成に支障をきたすといった悪影響があるのです。 女性にとっても生理の周期が乱れる、ホルモンバランスが崩れるなど、決して良い影響を与えません。そのためストレス対策は、妊活の成功率を上げるには必須です。
適度な運動によって血液の循環をよくすると、女性の場合は骨盤内の血流の滞りが解消され、生殖器官の働きがよくなります。一方、男性も適度な運動を心がけることで体の機能が向上し、勃起力、射精能力が高まります。
引用元:愛成病院
ストレス対策で最もおすすめしたいのが軽い運動です。ストレス発散になるだけでなく、血液循環を改善し、女性の生殖器の働きを良くします。 男性においては、身体機能の向上や勃起力向上につながります。射精力も高まるため、上手く射精できずに妊娠を成功させられない問題も改善できるようになるでしょう。

規則正しい生活習慣を作る(適切な食生活を意識する)

ストレス発散と同じくらい大事なのが、規則正しい生活習慣です。
適切な食事・運動、質の良い睡眠を心がけましょう。また、痩せすぎ・太りすぎを防ぐために適度な体重コントロールを意識することも必要です。過度なダイエットは避け、必要なエネルギーや栄養素をしっかり摂取するために、バランスの良い食事を3食きちんととるようにしましょう。
運動・睡眠・食事の3点は、とくに意識しましょう。ホルモンバランスが良くなるだけでなく、肥満や痩せすぎを防ぐことにもつながります。 また適切なエネルギー確保にもつながるため、妊活というとてもエネルギーを必要とする活動をつつがなく行うのにも役立ちます。

冷え性対策

妊活を成功させる上で、女性はとくに冷えに注意しましょう。
血行が悪いと卵巣に酸素や栄養が十分に届かず、卵巣機能の低下を招く
引用元:愛成病院
冷えは血行不良を招き、卵巣への酸素・栄養の分配を悪化させます。それにより卵巣機能が低下するため、妊活の成功率を下げかねません。 体を冷やすのは良くないとよく言われますが、妊活においても冷えは天敵だと意識しておきましょう。さすがに熱くしすぎるのは問題ですが、日頃から体を温めるよう努めるにしてください。
冷えが気になるときは身体を温める食材を積極的にとりましょう。(中略)肉類などに多く含まれるたんぱく質は熱源となる筋肉を作るほか、シシャモやタラコ、アボカドやアーモンドなどに多く含まれるビタミンEには、末梢血管を広げて血液循環を良くする働きがあります。
「元々冷え性で、体を温めるだけでは十分でないと感じる」そんな女性は、体が温まる食事を意識すると良いです。 肉やアーモンド、にんにく、紅茶など体を温める効能を持った食べ物は少なくありません。ぜひ意識して摂取してください。

あらかじめ性病検査や精子検査など各種検査をしておく

妊活を成功させたいのであれば、あらかじめ失敗する要因を減らすのも良いです。たとえば性病検査で不妊につながる病気に感染していないか確認するのが代表的な対策です。 男性の場合は、性病検査だけでなく、精子の検査もしておくと良いでしょう。自分の精子が妊娠させやすい状態にあるのかどうか知っておくと、不妊対策をしやすくなります。
妊娠前には、排卵しているか、不妊の原因となる性感染症に、かかっていないか、子宮頸がんなどの病気になっていないか、さらに、妊娠前にやっておいた方が良いワクチンなどがあるか、男性ならば精子が極端に少ない、と言うことがないかなど、婦人科の外来では適切なアドバイスを心掛けています。妊娠前に乳がん検診も行っておいた方が良いでしょう。
あらかじめ性病検査などをしておくと、産婦人科医から適切なアドバイスをもらえるようになるメリットもあります。 加えて、自分だけでは知り得ない、他にやっておいた方が良い検査も教えてもらえます。ただ肉体作りをしてセックスするだけが妊活ではありません。医師や医学のサポートを受けるのも、妊活を上手く進めるためには重要な活動です。

妊活中にオナニーしても大丈夫!ただし衛生管理はしっかりする

妊活中にオナニーをしても問題ありません。男性の場合、精子をより良い状態にするため、むしろ適度にオナニーをした方が良いほどです。 ただし男性・女性問わず、オナニーの前に手指を洗うなど衛生管理をしっかりしましょう。不潔なオナニーは、妊活に悪影響を与える可能性があります。 この記事では、妊活中のオナニーの是非や妊活に役立つ情報などを伝えました。ぜひ何度も読み返して、妊活とオナニーの関係性を知ってください。以上、風俗部編集部からのお届けでした。 ◯関連記事 ・オナニーのし過ぎで腰痛になる理由|ずっこけ座りやスマホを持つだけでも腰が痛くなるしこしこオナニーの気持ちいいやり方|基本からマニアック手コキまで解説