【48手体位】「しがらみ」で肉棒を締め付ける方法

12,709 views

セックステクニック(男性編)

アメリカ美女のオナニー動画おすすめ8選|2020年に日本デビューした最新女優も紹介
正常位でチンポを挿入している時に女性が膣を締める行為は慣れていないと出来ません。女性のガバガバな膣だと刺激が足りず、なかなかイケないこともありますよね。しかし、簡単に女性の膣を締めることのできる体位があるのです!今回はセックス48手の「しがらみ」で肉棒を締め付ける方法をご紹介していきます。

しがらみとは

しがらみ しがらみはセックス48手のうちの正常位にあたります。しかし、普通の正常位とは少し異なります。仰向けになった女性はМ字に脚を開かないで、真っ直ぐに伸ばしたまま行う体位です。男性も脚を伸ばしたままにするのがポイントです。お互いに脚をまっすぐにしていることで、膣の締まりは緩くなるのでは?と疑問に思うかもしれませんが、その反対で膣内がギュっと締まります。しがらみでは女性の太ももにもとても力が入るので、膣が緩い女性も簡単に締めることができます。セックスでは相性が大事なのですが、女性の膣が緩くてイケないとセックスは盛り上げに欠けますよね。 また、妊娠を望んでいるのであれば、中出しをしてもらわなくてはならないので、しがらみは確実にマスターしておくべき体位です。膣の締まりで男性を簡単に射精させることが可能になります。そして脚をまっすぐにしていることで、素股も行うことができます。しがらみで挿入する前は、素股でチンポとマンコをこするのが推奨されていますので、女性のむっちりとした太ももが好きな男性は、太ももの締め付けだけでも大興奮ですね。 しがらみは一見、男性だけにメリットがあるかと思いきや、女性も脚を伸ばした状態でピストンをされているので、クリトリスが刺激されて気持ち良くなれます。マンコの中も突かれて、クリトリスでも快感を感じますから、外でも中でもイケる便利な体位なのです。 しがらみでは女性のマンコがどれだけ濡れているかが、快感度を左右することもあり、ローションでぬるぬるにしてプレイされることもあります。絶妙な摩擦と膣の締め付けで男女共にオーガズムを迎えることができます。 しがらみを実際に体験した人も絶賛しています。

しがらみのもっとも気持ちが良いやり方

しがらみは正常位で行う体位なので、セックス48手の中でも比較的に簡単にできるプレイです。今までのセックスでは女性が脚をМ字に曲げることが多かったかと思うので、脚をまっすぐにしたしがらみと通常の正常位を比べてみるのも面白いかと思います。膣の締まりの違いに気づけるので、遅漏に悩む男性や正常位でイケない男性などは、ぜひともしがらみで挿入するべきです。 ただ、しがらみの大体のやり方を知っていても、いざ試してみたら「あれ、なんか思ったのと違った」と期待が高まっていた分、ガッカリしてしまうこともあるでしょう。そんな風にならないように、次にしがらみの正しいやり方ともっとも気持ち良くなれる方法をご紹介していきます。

しがらみで気持ち良くなるために前戯と素股をする

しがらみで気持ち良くなりたいのであれば、いきなり挿入してしまうのはもったいないです。しっかりと段階を踏んでいき、究極の快感を得るのが良いでしょう。まずはいつものセックスの時のように女性に前戯をします。キスをしたり、おっぱいを揉んだりしてマンコを濡らしていきます。ここで、マンコをどれだけ濡らすかが、しがらみで気持ち良くなるポイントですので、とにかく女性の反応や感度を伺いながら責めていきましょう。 マンコが濡れたところで、女性は足を伸ばしてリラックスをします。男性は太ももの間にチンポを入れるように素股をします。この時に女性は太ももに力を入れておくと、男性が太ももの間にチンポを差し込んだ時に気持ち良くなることができます。足先を絡ませるようにするのもコツです。そして、濡れたマン汁をチンポにまんべんなく塗りたくるように素股をします。出来ればクリトリスと亀頭をこすって女性を気持ち良くさせます。意図的にクリトリスを刺激することで、女性は快感からマンコの締まりがグッと良くなるはずです。

しがらみでチンポを挿入

素股をたっぷりとしてから、ようやくしがらみでチンポを挿入することになります。素股でそのまま女性をイカせても良いのですが、男性はここでオーガズムを感じてしまうと、しがらみで挿入してからすぐに射精しまう可能性があるので、気を付けましょう。素股をしている状態でゆっくりとマンコにチンポを挿入します。あくまでもゆっくりと膣の締まりを感じる体位なので、激しいピストンは控えましょう。 さらにしがらみを盛り上げるなら、男性は上からよだれを垂らしてごっくんをさせたり、同時に女性の耳を舐めたりして徹底的に責めてあげましょう。

ローションを使ってさらに快感を得る

しがらみに慣れてきたら、今度はローションを使ってさらなる気持ち良さを追及しましょう。身体全身にローションを使うことで、お互いの密着度が高まり、肌が触れ合うだけでも気持ち良くなれます。また、女性の太ももにローションを使うと、ほどよい肉厚な太ももがチンポを包みこみ、ぬるぬる感で男性はかなり気持ち良くなれます。マンコにチンポを挿入するだけでなく、しがらみで脚コキも可能です。女性は男性が足フェチだったら太ももの間にチンポを挟んで上げても良いでしょう。 ローションを使うことで、通常のしがらみとは異なった快感を得ることができるので、スパイス的な役割を果たします。

しがらみをやる際の注意点

しがらみは男性が女性の上に覆いかぶさるように行う体位なので、女性は抱きしめられていることで、幸福感を感じるはずです。また、男性が腰をピストンして膣の締まりで気持ち良さそうにしているだけでも興奮する女性はいるのではないでしょうか。セックレスの夫婦やいつも同じセックスばかりマンネリ化しているカップルなどは、ぜひとも一度は試した方が良い体位です。 しかし、実際にしがらみの体位をする前に気を付けてなくてはならない点があります。特に男性が主導権を握る体位でもありますから、慎重に行う必要があります。次にしがらみをやる際の注意点を3つ解説していきます。知っておけば良かった!と後悔する前に頭の片隅に入れておきましょう。

しがらみをやる際の注意点①チンポが小さい人は満足されないことも

しがらみをやる際は正常位で行う体位ですが、チンポが小さい男性は注意が必要です。それは女性が脚を伸ばすことで、膣までの距離が遠くなるからです。通常、脚をМ字にしている体勢だとマンコが上向きになるので、よっぽどチンポが短小ではない限りは、誰でも挿入はできるのですが、しがらみはある程度長さと太さがいります。 挿入できたとしても、チンポを奥まで挿入することができない。ピストン運動が上手くできないなんてこともあります。女性がマンコが下向きについていたら相性はかなり悪く、最悪の場合、チンポがマンコに届かないなんてこともありえます。サバサバした系の女性なら「あれ、今は入っているの?」とストレートに言ってくることもあるので、恥をかいてしまう恐れもありますよね。そうならないようにチンポのサイズに自信がない方は、その分、膣の締まりは落ちてしまいますが、少し女性に脚を開いてもらうのが良いでしょう。

しがらみをやる際の注意点②膣の締まりが良すぎてイクのが早くなる

2つめの注意点は反対にしがらみで上手く出来ると、膣の締まりが想像以上にきつくなることです。普段、正常位をしている皆さんならその差は簡単に気づくでしょう。最初からマンコが小さくて、膣の中が狭い女性などの場合はマンコがどれだけ濡れていたとしても、挿入した時に痛みを感じるほどの締め付けです。ですので、普段のセックスでも早漏の男性はしがらみをすると、いつもよりもさらに早く射精してしまいます。幸いなのは、しがらみは激しく腰を振る体位ではなくスローセックスで行い、男性がピストンのスピードをコントロールできることです。 また、コンドームをつけないしがらみでの挿入はかなり危険です。少し腰を動かしただけでも絞り取られますから、外出しが間に合わない可能性もあります。しがらみは遅漏の男性にはとてもありがたい体位なのですが、早漏の男性は射精しないように常に肛門に力を入れるようにしなくてはならないでしょう。

しがらみをやる際の注意点③口が臭いと萎えてしまう

最初のしがらみのイラストを見てもわかるかと思いますが、男性は限界まで女性に覆いかぶさっているので、顔の距離はとても近いです。お互いのおっぱいが触れるほどの距離になっていますから、相手の吐息などがかかります。つまりは口が臭いと誤魔化すこともできないので、簡単にばれてしまいます。特に女性は男性に乗っかられているので、口が臭くてもなかなか男性に伝えにくいですし、匂いから逃げることもできません。 口が臭いことで女性を萎えさせてしまうと、マンコまで乾いてイキにくくなります。最悪のケースだと女性にセックスを拒まれてしまい、セックスレスになる可能性もあります。ですから、男性は必ずお口のケアを行いましょう。

しがらみの流れで出来る体位を紹介

しがらみで注意しなくてはならないのは主に男性ですね。早漏やチンポのサイズに関してはどうしようもないことでありますから、仕方がありません。しかし、口のケアだけは最低限のエチケットとしてするべきです。そして、最後にしがらみの流れで出来る体位やしがらみまで移行するセックスの流れを提案します。 ここまできて、しがらみのやり方や注意点は頭に入ったかと思うので、後は皆さんが実践するだけです。しかしながら、いきなりインプットした物をやってみると戸惑ってしまうこともあるので、ここでは自分がセックスをしてるのをイメージトレーニングしながら読むと、スムーズにしがらみが出来るはずです。

前戯をしてからまずは正常位でマンコをほぐす

しがらみは足先まで絡み合うので、密着度が高く、かなりイチャイチャできる体位です。女性に人気の体位でもありますので、その期待度と興奮度を最大限に引き出すためにまずは通常の前戯から行います。ここでの前戯はいつもよりも少し時間をかけて、丁寧に行いましょう。普段愛撫しないようにお腹やワキ腹など、女性の感度を上げてマンコを濡らしていきましょう。 前述したようにしがらみはマンコの濡れ具合が気持ち良さを左右します。時間をかけて愛撫する時は、女性をイカせないように焦らしてください。イクのを焦らすほど、しがらみでイキやすくなるからです。そして、前戯を終えたら正常位でチンポを挿入します。チンポをゆっくりと挿入し、膣の中を柔らかくほぐように腰を動かします。激しいピストンは基本的にNGです。正常位で女性が声をあげて、よがるようになったらしがらみに体位を変えます。

マンコが馴染んできたらしがらみで膣の締まりを比較

正常位の体勢では女性はМ字開脚をしているはずですので、リラックスさせるように両脚を真っ直ぐ伸ばしてもらいます。そしてふたたびチンポを挿入するのですが、まずは素股で焦らしてください。クリトリスとチンポを擦り、女性の感度を限界まで高めてマン汁をいっぱい分泌させます。「早く入れて欲しいのに」といった気持ちを逆手にとって焦らせば、しがらみで挿入した時に、想像を遥かに超える快感を女性に与えることができます。 しばらく素股をしていると、女性は我慢できなくなってくるでしょう。その時にようやくチンポを挿入します。この時に女性に出来るだけ太ももに力を入れてもらうようにしましょう。チンポを入れたら、正常位をした時との締め付け感の違いをよく感じながらじっくりとピストンをします。女性を満足させたいなら、同時にキスをするのも良いでしょう。しがらみで深い挿入をしていると、多くの女性がイクはずです。しかし、ここでは男性はフィニッシュをしないようにしてください。

最後は膣奥に責める体位でフィニッシュ

しがらみでスローセックスを楽しんでから、最後は膣奥までチンポがあたる正常位でお互いに気持ち良くなりましょう。しがらみで女性は脚をまっすぐにしているので、その脚を抱えてマンぐり返しをしましょう。今度は脚の上げることによって、また違ったマンコの締まりを感じます。今までに腰を激しく動かすことが出来なかったので、マンぐり返しでは激しく奥まで突いてあげましょう。女性がイクまで腰を振って、絶頂を迎えたら男性もフィニッシュを迎えるようにしましょう。

まとめ:しがらみで膣の締まりを比べてみよう!

しがらみと正常位で女性の膣がどれくらい締まるのかを比べてみるのはとても面白いです。女性の脚をすこし開くだけでも、膣の締め付け感が変わるので何度やっても飽きません。お互いにとって気持ち良くなれるように、こまめに脚の角度や太ももの間隔などを調整するのがオススメです。ぜひ試してみてください。 ◯関連記事 ・腰痛歴10年の筆者が勧める痛みが気にならないセックス体位10選 セックス体位48手パート1