• エッチはもっと潮吹きさせることに集中してはどうか?

    280,229 views

    セックステクニック(男性編)

    世の中、新たな刺激が続々登場していますが、セックスですることについてはそれほど違いはありません。
    しかし、人は贅沢な動物でただ交尾すれば満足いく刺激になるものでもないものです。
    マンネリ化したセックスは、二人の関係も先細りとなるのが時代の流れとさえ感じられます。
    そんな話に思い当たる節があれば、是非進めたいのが潮吹きです。
    潮吹きについては、一度覚えればマンネリ化するようなものではありません。
    何度やっても止められないだけの快感の世界が与えられるものとの評判も高いものです。
    そのノウハウについて知らない人が、あまりに多いのは残念な話です。

    潮吹きしたいのが女性の本音

    我々男性の前では知らん顔をしていますが、潮吹きをしたことのない女性の割合は、実に7割もいると言われています。
    どうやら潮を吹いたことが無くて真剣に悩んでいる女性が密かに多いようです。
    これは女友達から聞いただけの話ですから、どれだけ信ぴょう性があるかは微妙ではあります。
    しかし、そんないい加減なことを言う彼女でもありませんから、身の周りに限ってはとりあえず間違いないだろうと思えます。
    確かにどんな潮吹き動画を見ても、それほど簡単な刺激では吹いていないようです。
    見た感じでは、おそらく白目をむくくらいの状態にならなければ無理なようです。
    それにしても、これまで付き合った女の子で潮を吹かせてほしいようなことは言われたこともない男性がほとんどでもあるでしょう。
    女性は恥ずかしくてなかなか言い出せない潮吹き願望が潜在しているものと思っていいのではないでしょうか。

    潮吹きの仕組み

    そもそも潮吹きはAVでさんざん見るだけで何がどうなっているのかがよくわかっていなかったりします。
    それは男性だけでなく当の女性も同じことなのです。
    Gスポットを中心とする性感帯に激しい刺激が加わると、愛液が一気に分泌されます。
    その一部が尿道にも湧き出て噴出するのが潮吹きとされているのです。
    したがって、我慢していたおしっこが刺激によって漏らしてしまっているかのようにも思えるものです。

    それが違うのは慣れてくればわかってきます。
    おしっこは我慢を解放するだけですが、潮は快感を証明するものになるのです。
    一回のセックスで何度も潮吹きするようになれば、セックスも何度もしたくなってくるほどの快感でもあるのです。

    潮吹きテクニックの練習を重ねること

    潮吹きのキーポイントになるのは、いかに強烈な刺激を与えられるかということになります。
    ところが女性の性感帯は、人によって微妙に違うのが難しいところなのです。
    全身が性感帯とさえ言われる女性には、どこがどれだけ感じやすいのか、それを個別に追求できていると潮吹きもより簡単に成功させられるのです。

    指の手入れをしておく

    潮吹きにあっては、かなりの頻度で陰部を指で擦り付けられることになります。
    このため、事前に特に伸びていなくても爪は切ってやすりで丸く手入れしておくことです。
    ちょっとでも爪が引っかかれば、女性にしてみればそれは傷を付けられるという恐怖心に繋がるからです。
    同時にしっかり洗っておいて清潔にしていれば、より安心を感じてリラックスさせられます。

    いきなり攻め込まない

    究極の目標は局部への刺激となりますが、そこに至るまでに間を持たせることをまず考えるべきです。
    女性がイライラして「早く来て!」と叫びたくなるような状態にしてから、局部を攻め込むと愛液も待ってましたとばかりに噴出してくれるのです。
    AVなどでは見る人のために最初からクライマックス部分が強調されていますが、実際に真似をしても映像のようにはいきません。
    ほぼ関係のない肩に手をまわして頬へのキスなど、長い道のりがあると心しておくべきです。
    とにかくリラックスしてくれなくては、思い切り潮吹きするなどあり得ないものでもあるのです。

    Gスポットを探る

    とは言え、大きな問題はやはりGスポットの扱い方に尽きます。
    クリトリスとの刺激の併用具合によってどんなリアクションをするのか、よくチェックするのです。
    ここでも基本は周辺部からの攻め上がりです。
    じらしまくって性器がびくびく震えるくらいになってから、本丸を攻めることです。
    何気なく自分のいいようにプレイを楽しんでしまうのではなく、女性目線で潮吹きテクニックの研究開発をするくらいの気持ちで臨みましょう。

    バイブも頼りになる

    激しい刺激と言っても、指を何本か突っ込んではかき回したりしてなかなか潮を吹かなければ、そのうちに手も疲れてしまいます。
    そんな時、バイブが役に立ってくれます。
    女性によっては、クリトリスにただこれをじっと局部に当てているだけで3分も待てば、潮吹き状態に陥ってくれたりもする優れモノなのです。
    できれば、Gスポットとクリトリスを同時に刺激できるタイプがより効果的でしょう。

    ローションを忘れずに

    また、潮吹きを焦って擦り過ぎると乾いて痛いだけにもなりかねません。
    痛いと感じたら、場所が場所だけに女性は潮吹きを怖がってしまうようになったら最悪なのです。
    そこはローションやクリームを使ったりして予防しましょう。
    愛液の分泌量や痛みの感じ方には個人差も大きいですので、最初から多めに使うようにするのが無難です。

    潮を吹かせてくれるあなたに夢中

    潮吹き依存症になってくれれば、あなたから離れづらくなります。
    それは他の男性では、自分に潮を吹かせるためのテクニックがわからないからです。
    それでは男性としての価値も感じられなくもなってくるでしょう。
    つまり彼女にとって、男性とはあなただけしか見えなくさえなってくれることも期待できるのです。

    自分でする潮吹きが性欲を高める

    潮吹きの快感を覚えてしまえば、きっと自分でも潮吹きしようと手探りでチャレンジするようにもなってきます。
    ところが、自分では上手に潮吹きできないタイプの女性もいるようです。
    その場合は、それとなくあなたへの依頼が舞い込みやすくなるはずです。
    自分でも潮吹きできるようになってしまえば、それはそれで潮吹きが趣味のようにもなるものです。
    このような女性もまた、セックスに誘いやすい女性になってくれるのです。

    (文/だっちゃん)