刺激LIFE

妻の不倫がバレる確率は5%|鈍感な夫でも分かる浮気チェック方法を伝授

7,627 views

セックステクニック(男性編)

風俗嬢イメージ

「最近、妻の様子がおかしい。」そのような疑いを持つ旦那さんが増えています。
原因は妻の不倫を題材にしたドラマ「昼顔」の流行がきっかけです。日本の30~40代女性が熱狂し、その状況を羨んでいました。
「もしかしたら、自分の妻も、、」と心配する男性も少なくないです。

この記事を読めば、
・妻が不倫している可能性
・裁判で勝つには、どんな準備をすればいいのか
が分かります。ぜひ参考にしてください。

既婚女性の不倫状況は?

女性の不倫状況はどうでしょうか。データを見ていきましょう。

2016年9月、既婚女性2,162 人に浮気や不倫の経験があるかアンケートを取ったところ、26%にあたる556 名が経験ありました。つまり4人に1人の奥さんが不倫の経験ありです。

男性からすれば、そんなに多いのかと驚いても全くおかしくありません。
しかし『離婚の学校』などを著作にもつ、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏は
夫の不倫の95%は妻にバレますが、妻の不倫の95%は夫にバレないです」と述べています。

3分で終わる!不倫チェックリスト16

妻が本当に不倫しているのかチェックリストと照らし合わせていきましょう。

(1)スマホをトイレに持っていくようになった
(2)スマホにロックをするようになった
(3)アプリの通知が一切表示されない
(4)携帯を常に下向きで置いている
(5)急に美容に目覚めた

(6)化粧に倍の時間をかけるようになった
(7)見慣れない服を着て出て行くことが増えた
(8)仕事の残業が多くなった
(9)飲み会が急激に増えている
(10)自分の知らない人物の話題が多くなった

(11)やたら上機嫌な時が多い
(12)やたらと外出の予定を聞いてくる
(13)明らかにセックスを拒まれている
(14)帰宅後にすぐお風呂に直行する
(15)食事が手抜きになってきた
(16)浮気を疑うと「信じられないの?」と逆上する

チェック数が4~7個であれば不倫の可能性が60%8個以上だと不倫している可能性が90%以上あります。

妻の不倫を明らかにする3つの方法

不倫の事実を明らかにする方法は以下の3つです。
①妻のスマホをみる
②探知機を仕掛ける
③探偵に依頼する

①妻のスマホの履歴をみる

スマホのロックかかっていない場合

ロックがないなら、履歴などを完璧に消している可能性があります。
そのため、
・履歴が毎回削除されていないか
・予測変換で 「あ」と打って、予測変換に「会いたい」「会えたら」「愛してる」などが出てきたら不倫がほぼ確定です。

特に予測変換は不倫対策をしている女性でも気付かずに証拠を残す人が多くいます。

それでも出てこない場合、「ケルベロス」という浮気調査アプリをインストールして位置情報や遠隔操作、通話履歴を監視することも可能です。

このアプリはスマホ画面上にアプリを表示せず機能できるので、一度インストールして設定さえしてしまえば、バレずに妻が不倫しているか分かります。

スマホのロックかかっている場合

ロックがあるスマホを夫が覗くのは非常に難しいです。

妻なら「スマホ見て〜」や「写真フォルダ見たい〜」などのコミュニケーションをよく見かけますが、夫がそのような会話をするのは不自然過ぎます。

望みが薄いですがスマホを覗けるシチュエーションは、
・妻が寝ている間に指紋認証する
・スマホの充電が切れたふりして、スマホ貸してと頼むなど
やって見てください。

②妻が車を運転するなら探知機

妻が車を運転している場合、車に探知を仕掛けるのもおすすめです。

バレにくいマッチ箱サイズの探知機を2万円から借りれます。スマホのGPS測定精度が平均50mに対して、探知機は1-5m程度のためズレが少なく、もしラブホに位置履歴があれば不倫確定です。

バッグに仕掛けたい人もいるかと思いますが、女性のバッグは男性より小さく、化粧ポーチなど頻繁に中を見るのでバレる確率が高いためおすすめできません。

探知機レンタルはこちら

③探偵に依頼する

探偵は一番不倫が明らかになる確実な方法ですが、平均40~60万円くらい掛かります。

安くなる方法は、「依頼時間と場所」を指定すると安く済むため、妻が不倫してそうな日にあえて、「◯日〜◯日出張に行くから家に帰らない」と伝え、その時間探偵へ依頼しましょう。

不倫相手と一緒にホテルに入る写真を取れれば、確固たる不倫の証拠になるので、慰謝料がほぼ取れます。

妻の不倫を訴えたら慰謝料はどうなる?法律面から解説

以下の内容を抑えたら、妻か不倫相手から慰謝料を得ることは可能です。

慰謝料を請求するための前提条件4つとは

以下の4つの条件が揃っていれば慰謝料の請求ができます。

⑴配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと
⑵5年以上の別居状態ではないこと
⑶夫に浮気歴など落ち度がないこと
⑷不倫を知ってから3年過ぎてないこと

特に⑴は不倫相手と肉体関係があったことを証明する必要があります。
以下のような証拠が必要です。

・2人でラブホテルを出入りする写真
・LINEなどで好きや愛してるなど、友人には送らない内容のスクリーンショット
・2人で行ったとされる旅館やホテルの領収書など

このような証拠をご自身で取ってくるのは難しいので、よほど気になるなら40万円~60万円で探偵を雇うことをおすすめします。

気になる慰謝料はいくらもらえる?

不倫が立証された場合、妻と不倫相手から慰謝料を計200~300万円程度もらえます。

さらに慰謝料は以下の2つ次第で金額が上がります。
⑴婚姻関係や不倫期間が長い場合
⑵不倫した妻の責任が重い

不倫した妻の責任の例をあげると、
・不倫してから家庭料理が手抜きになり、子どもたちの教育をあまりしなくなった
・夫婦の子どもが不倫相手の子どもだった
など、一方的な妻の過失だった場合金額が上がります。

旦那が親権を取るには?

親権は基本的に妻にいくので、妻より旦那の方が養育能力があることを証明する必要があります。
以下の2つが天秤にかけられる指標です。

⑴金銭面の優位
妻の収入より圧倒的に多い。
⑵精神面の優位
日頃から保育園や幼稚園を送迎していたり、妻がいなくても子どもの養育が可能であること。

あくまで指標なので確実ではありませんが、不倫したが子どもの養育能力がないと証明できたら、親権を取れる可能性が高いです。

まとめ

今回は
・妻が不倫している可能性
・裁判で勝つには、どんな準備をすればいいのか
を書きました。

しかし理想は、妻が不倫をしなくてもいい夫婦の関係を築きあげることです。

普段から「今日綺麗だね」や「髪型変えた?」など妻を女性として褒めたり、記念日をちゃんと祝って感謝の気持ちを伝えてください。これらは当たり前のことですが、夫婦関係は小さな積み重ねが重要なので、ぜひやって見てください。