• 初めてのアナルセックスで気持ち良くなる為のコツ5つ

    62,307 views

    セックステクニック(女性編)

    AV女優「深田えいみ」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    アナルセックスに興味を持っている人は多いですよね。普通のセックスとはひと味もふた味も違うと噂のセックスですから、一度はやってみたい人が多いでしょう。でもアナルセックスはなんだか痛そうってイメージもあります。それが怖くて試せない人もいるかもしれません。そこで今回、初めてのアナルセックスでも気持ち良くなれるコツを紹介しましょう!

    初めてのアナルセックスは痛くなる事が多い

    初めてのアナルセックスはどうしても痛くなる事が多いです。アナルはそもそも便を出すところで、何かを入れるような場所じゃないですからね。

    ある程度痛みに耐えられるようでないとアナルSEXは不可能です。
    引用:Yahoo!知恵袋

    痛みに耐えられなければ不可能。この言葉は重いですね。アナルセックスは気持ちいいなんていいますけど、これが本当ならただの拷問にすら感じてしまいます。

    彼氏がアナルセックスをやめてくれません。
    私が痛い痛いと泣きながら言っても
    我慢してっと言います
    引用:Yahoo!知恵袋

    初めてどころか、その後もずっと痛いと泣いてしまう女性もいます。それだけに初めての痛さといったら想像を絶するものがありそうに感じられますね。

    彼女の尻穴にローションをたっぷり塗り込んで、いざ挿入!
    これは、さすがダブル処女、中々入らない。ボーゼンとなってた彼女はこれで目をさまし「ぬあぁっっふあぁぁっっ」とオッサンみたいな悲鳴を。
    引用:初体験のエッチ告白体験談7|エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス

    おっさんみたいな叫び声をあげるほどの痛みとのこと。これは戦慄しますね。こんなセックスをしてしまったら、百年の恋も冷めてしまいそうです。さすがにそんな行為はできませんよね。

    でもアナルセックスは普通のセックスとは違う快感だともっぱらの噂。「これじゃあ全然話が違うじゃないか」って感じです。実はこれにはわけがあります。

    いつも彼女とアナルセックスしてます
    アソコにはバイブを差し込み私は激しくアナルで
    ピストンしてますがかなり気持ち良さそうですよ
    ローションをたっぷりと使って彼女のアナルも
    私の息子に合わせて拡張しましたので
    今では唾つけだけで簡単に挿入出来るようになりました
    彼女もアナル中出しの方が良いと言ってます
    引用:Yahoo!知恵袋

    慣れなんですね。膣での普通のセックスと同じ。やっていく内に狭い穴が広がり、段々と気持ち良くなっていくわけです。最初が痛いのは当然。体が受け入れ可能な状態になっていませんから仕方ないのです。

    受け入れ可能な状態になりさえすれば、あとは快感が得られるだけですから、気持ち良くて仕方なくなります。

    私の経験則から申し上げますと、回数を重ねて慣れれば膣に挿入するより数段快感が高まることは異論のない所です。
    また、アナル内に射精しても妊娠の可能性がないので安心です。
    引用:Yahoo!知恵袋

    実際、回数を重ねればアナルセックス特有の快感が得られるとの話もあります。何よりアナルセックスは中で射精しても妊娠しません。これが心理的にも大きいんですね。やっぱり何も気にせず射精できるほどの快感はありません。

    それができるアナルセックスは、まさに快楽的なセックスの代表格といえるでしょう。女性としても妊娠リスクのある生セックスよりも、そのリスクがないアナルセックスの方がいくらか安心できます。何より、アナルを突かれるのは膣とは違う快感が走るので、くせになります。

    初めてでも痛くせず気持ち良くなれるコツがある

    何度かやれば気持ち良くなるといっても、最初の一回が痛ければ次につなげられません。アナルセックスで気持ち良くなるには、結局初めてでどれだけ気持ち良くできるかが重要なわけです。しかし、先ほど説明した通り、初めてのアナルセックスは痛くなる事が多いです。じゃあどうすれば良いでしょうか?

    彼に時間をかけて開発してもらったので、
    初めてのときでも痛くはありませんでした。
    (開発しているときのほうが、少し痛かったです)
    引用:Yahoo!知恵袋

    実は、アナルセックス経験者の中には初めてのときも痛くなかったって声があります。

    先ほどは開発した結果でしたが、こちらはローションのおかげのようですね。ここから分かるのは、初めてのアナルセックスでもちょっとしたコツで痛みを感じさせずに済む可能性があるってこと!

    アナルは記憶に残るセックスにもなりますから、どうにかしてコツをつかんでアナル処女を奪ってあげたいものですね。失敗すると痛みを感じさせてしまうので、コツを覚えるにしてもしっかり覚えたいところ。ということで、次にいよいよ初めてのアナルセックスで気持ち良くなるためのコツを紹介しましょう!

    コツを紹介しましょう

    さあ、いよいよここから初めてのアナルセックスでも気持ち良くなれるコツを紹介しましょう! アナルセックスを上手くするための方法の中でも、なるべく簡単で誰でもできるものを集めました。ぜひ参考にしてみてください。

    初めてのアナルセックスで気持ち良くなるコツ その①:腸内洗浄で腸をキレイにする

    アナルセックスの痛みを取る方法ではありません。しかし、アナルセックスをするのに何より大事なことです。なぜ腸内洗浄が大事なのか? アナルセックスには多くの人が「汚い」ってイメージを持っているからです。とくに初めての人ならなおさら!

    アナルセックス出来る男性って、汚いと思わないんですか?
    旦那が昔からお尻でしたいようなことを言ってきていて、私は絶対断っています。
    ですが指を入れられるのはしょっちゅうで嫌だ!と暴れて暴れて何とか逃れています。
    引用:Yahoo!知恵袋

    アナルセックスで気持ち良くなれないのには「アナルセックスは汚い」「アナルセックスは異常」っていう心理的要因もかかわってきます。やっぱり嫌だって気持ちがあれば、気持ち良くなれません。

    とくに汚いって感情。これはどんなにいいものでも、たちまち嫌なものに変えてしまう魔法の感情です。たとえば食べ物がイメージしやすいでしょう。どれだけ美味しそうなものも、床や地面に落ちたらマズそうに見えますよね? 食べられないって直感する人がほとんどでしょう。

    アナルセックスも似たようなもの。どんなに気持ちいいことでも、汚いって思っちゃったら気持ち良くなんてなれないんです。そこで腸内洗浄の出番というわけ!

    悪玉菌が腸内で優勢になると便秘、大腸ガンリスクの向上は基より毒素産生、ガスが出る、ガスの臭い、お腹が張る、口臭がする、肌が荒れるなどの原因になるケースもございます。汚れた腸で作られた有害物質は大腸粘膜の豊富な血管から血液中に溶けて全身に運ばれているのです。
    この悪玉菌優勢状態を腸内洗浄していっきにリセットします。すなわち長年蓄積されたあなたのお腹の中の不良債権処理です。
    引用:星子クリニック

    要するに腸内にある悪いものを洗い流すって内容です。一見アナルセックスに関係ないように感じられるかもしれません。しかし、多くの人がアナルセックスで汚いって感じるのは、この腸内の汚れが原因。

    中には老廃物としてうんこが溜まっていて、アナルセックスでそれがこびりついて嫌な思いをする人もいるわけです。腸内洗浄はそういう腸内の汚いものを洗い流し、アナルセックスをより清潔感のあるセックスに変えてくれます

    こうすることで、女性にとってもアナルセックスはクリーンな普通のセックスと同じに感じやすくなるわけです。つまり、アナルセックスに対する不潔なイメージを減らして、心地よい状態でセックスできるようにする効果があります。女性は共感の生き物。この清潔さへの配慮がアナルセックスを良いものにするコツですね。

    初めてのアナルセックスで気持ち良くなるコツ その②:肛門マッサージでほぐす

    アナル開発にも使える手法です。アナルセックスで痛みを感じるのは、アナルがセックスに向く状態になっていないため。なのでアナルをセックスできる状態に仕上げるのが大切です。やり方は簡単。まずは、普通のセックスみたく愛撫などをして性感を高めます。

    ・肛門の外側から中心に向かってマッサージする
    ・肛門の中心から外側に向かってマッサージする
    ・指の腹でくるくるとマッサージする
    ・軽く指圧する
    引用:きもイク.com

    その後、この手順で肛門周辺をマッサージしましょう。アナル開発となると、いきなりアナルの中を開発しようとする人がいます。しかし、マンコでもいきなりクンニすれば女性は痛がりますよね? アナルも同じで、最初からクンニしても気持ち良くなれません。痛いだけです。だから、最初は肛門周辺のマッサージをして周辺筋肉をほぐします。

    肛門にある2つの筋肉をほぐしていきます。アナルの外側だけでなく、内部をほぐすイメージです。
    そのためには、若干指を挿入しなければなりません。しかしいきなり指を入れたのでは、痛みが伴います。
    アナルの入り口をほぐす効果的なやり方が『指圧しながらのマッサージ』です。
    引用:きもイク.com

    肛門周辺の筋肉がほぐれてきたら、今度はいくら肛門の内部をほぐし始めます。このとき注意して欲しいのは、まだ指は入れないこと。指圧の要領で入り口から少しずつ内側をほぐすようにしましょう。

    こうしていくと、自然と指が入っていくようになります。痛くないか女性に確認しつつ、痛みを与えないように徐々に指圧を肛門内側へと進めましょう。アナル開発はこの要領でアナルに指が入っていっても痛くなくなるまで続けます。

    とっても地味ですし、かなり我慢も必要になります。しかし、初めてのアナルセックスから気持ち良くなるのには、これくらい慎重にやった方が、良い結果を出せますね。丁寧にやれば女性側も安心できるでしょう。アナルセックスは普通のセックス以上に信頼感が大事なので、焦らず進めるのがコツです。

    初めてのアナルセックスで気持ち良くなるコツ その③:アナルプラグなどを使ってアナルを拡張する

    お尻に使う前提で作られた大人の玩具。それがアナルプラグです。アナルセックスに慣れてからより性感を高めるのに使われたりしますが、アナル開発にも使えます。初めてのアナルセックスで気持ち良くなるのには、一にも二にもアナル開発ができているかどうか。アナル開発せずに痛みを感じさせないようにするよりも、事前にアナル開発するのが手っ取り早いのです。この方法なら女性に不信感や不快感を与えずに済みますしね。

    アナルプラグです。小さい物からあるので初心者も簡単に出来ますし、これを使うことでアナルセックスへの入り口が開くと言われています。
    おしりに上手くフィットする形で作られているので慣れていない人でもそのまま上手に使うことができ、使っていくうちにグッズがコーンの形をしているので、徐々に太くなるような設計になっています。
    引用:panpan

    アナルプラグが素晴らしいのは、小さいものから大きいものまで種類が豊富な点。ここまで説明したように、アナル開発は少しずつせざるを得ません。何せ元々性行に使う場所じゃないですし、ものを入れるようにもできてません。

    なので、アナルプラグの様に大きさに種類があると開発しやすくなるんですよね。肛門の大きさって案外人によってかなり違います。アナルプラグはそれにも合わせられるので便利ですね。

    何より手を汚さずに済みます。アナル開発は、たとえ腸内洗浄をしていてもいくらか汚れるもの。この時点で汚さを感じると、女性の方も引きます。アナルプラグはそもそもアナルに入れる前提で作られているので、指とかよりも汚さを感じにくいのが良いですね。

    初心者ほど、手や指を使ってアナルをいじるよりもアナルプラグを使って開発から取り組んでもいいかもしれません。ちなみにアナルプラグは開発後のアナルセックスでも使えるのが良いですね。マンコにチンコを入れて二穴責めなどもできます。指だとかなりキツいですからね(笑)

    初めてのアナルセックスで気持ち良くなるコツ その④:ローションをたっぷり使って滑りを良くする

    アナルセックスの基本中の基本。ローションは必須です。AVなどを見るとチンコをそのまま突っ込んでますが、言語道断。とくに初めてのアナルセックスでは絶対にローションを使いましょう。たとえ開発済みだったとしても、初めてならローションは必須です。

    ローションです。
    どれも使いましたが、ローションが一番ちょうどいいですね。べたつき過ぎなくて、痛みも少ないです。
    引用:Yahoo!知恵袋

    ローション意外にもワセリンや軟膏を使うという人もいます。しかし、ローションがメジャーですね。なるべく乾きにくく、滑りが良くなるものを使いましょう。アナルセックスでは、コンドームを使うのが基本。

    射精しても問題ないのがアナルセックスの魅力ですが、それでも性感染症などの病気になるリスクはあるので生はおすすめできません。コンドームを使う場合も、一度使ったものは即座に捨てましょう。

    ちなみに、ローションを使うときのコツですが、アナル以外にコンドームにも塗るのがコツです。ローション同士の滑りの相乗効果でよりスムーズに入れられるようになります。このとき注意して欲しいのは、コンドームが外れないようにすること。ローションをチンコの根元から塗ってしまうと、抜けやすくなりかねないので、この点だけ気をつけましょう。

    滑りが良くなるとはいえ、それでアナルが拡張されるわけじゃありません。挿入するときはできるだけゆっくり、女性がどう感じているかを確認しながら挿れてあげてください。

    初めてのアナルセックスで気持ち良くなるコツ その⑤:ピストンはゆっくり!激しく突かない

    アナルの中はとっても繊細。そもそも何かを挿入するようにはできていないので当たり前ですが、膣内同様傷つきやすいです。なので、挿入できたからといって激しくピストンするのはやめましょう

    アナルセックスされた時に翌朝痛くてちゃんと座れない事とかはたまに
    引用:Yahoo!知恵袋

    オマンコでもそうですが、激しく突くとしばらく痛みが続くこともあります。尻の痛みは椅子に座るときなども痛むのでかなり辛い。現代はデスクワークも増えているので、痛ませるような激しい責めはやめましょう。

    ピストンの際、角度・深さ・速さを意識している男性はいても、女性が快感を高める最重要動作をスルーしている男性、意外と多く出会います。それは……「引く」とき! 突くときよりもカリで膣壁を掻くように引くときのほうが、大きな摩擦(刺激)で気持ちいい!!!
    引用:messy

    普通のセックスにいえますが、激しいピストンって女性からしたら気持ち良くありません。男性は性欲を発散させられるので気持ちいいんですけど、ほとんどオナニーです。とくにアナルは膣内より狭いことがほとんど。ここを激しく突かれたら痛いだけなんですね。

    ここにあるように、女性にとって快感は引くときにきます。勢いよく引かれるよりも、じわじわ時間をかけて引かれた方が感じやすいので、むしろピストンはゆっくりした方が効果的。アナルのような狭い穴はとくにそうですね。

    男性にとっても実はゆっくり抜いた方が気持ちいい時間が長くくるのでイキやすいです。アナルの優位性って狭くて入れてるだけでも気持ちいいところ。なので激しいピストンをするよりもゆっくりと抜き挿しした方がいいんですね。

    ゆっくりピストンをすると、愛撫や会話を楽しみつつできるのもポイント高いです。女性はムードで性感を高めますから、ピストンでイカセようとするより、愛撫や会話、ピストンを組み合わせた全体で感じさせるのをイメージした方が良いでしょう。

    まとめ:初めてのアナルセックスする人でも5つのコツを使えば気持ち良くなれる!

    初めてのアナルセックスで感じるのに重要なのは大きく分けて2つ。開発と丁寧さです。今回はこの2つのポイントに役立つ5つのコツを紹介しました。他にもありますが、できるだけ誰でもできる簡単なコツが今回紹介した5つの方法です。

    アナルセックスは普通のセックスでは感じられない深い快感を得られます。しかし、初めては痛みを感じやすく、失敗しやすいもの。なので今回紹介した5つのコツを使って、最高の初めてを体験しましょう。一度成功すれば、あとはやみつきです! 以上、風俗部(フウゾクブ)からお送りしました。

    ◯関連記事
    今だから話せる元アナルファック嬢が伝授する、アナルセックスの正しい方法
    普通のプレイだけで満足?男性にも風俗嬢にも!アナル性感のススメ