• 男が喘ぐほど気持ちいい!上手いフェラの仕方とコツを伝授

    1,124,977 views

    セックステクニック(女性編)

    「抱いて寝た女よりも、お口の上手な女は絶対に忘れない!」by 映画「サムライゾンビ」

    そのくらいフェラが上手な女性は、男性から人気があります。

    セックスは男性が主導な体位が多いため、どうしても男性任せになってしまいますよね?それだと男性は疲れ、毎回のセックスが面倒になり、やがてセックスレスになってしまいます。

    男性だってたまには奉仕されたいんです!
    奉仕するテクニックの中で一番重要なのは、なんと言ってもフェラです。

    女性主導のテクニックをあげてみると主に以下の5つがあげられます。
    ・キス
    ・手コキ
    ・フェラ
    ・乳首舐め
    ・騎乗位

    この中で「男性が気持ちいい」かつ、「女性がコントロールしやすい」テクニックがフェラです。

    騎乗位はペニスを膣に挿れること自体は気持ちいいですが、もし膣の締まりが微妙であれば気持ちよくありません。また気持ちいいダンサーのような腰使いは、簡単に身につくようなものではなく運動神経の領域です。

    手コキは女性自身で簡単に刺激をコントロールできますが、ねっとりとした温もりが足りず気持ちよさに欠けます。また手であれば普段オナニーでもしているため、男性の感動が薄いです。だからまずはフェラを極めることをオススメします。

    この記事をみている女性は、これらのフェラの重要性に気づき「フェラテクを上達させたい」とここにたどり着いている、もしくは今気づいたはずなので、これからフェラが上達する方法を紹介していきます!

    まずペニスの性感帯を理解するため!ペニスの構造の説明


    ペニスのどこを責めればいいのか、ペニスの構造を簡単に紹介します。
    重要なところのみを紹介するため、頭に叩きこんでください!

    ①カリ

    ペニスの上部あたりにあるエラのような出っ張りの部位。ペニスの中でもっとも気持ちいい性感帯です。フェラはここを中心に責めるので覚えておきましょう。

    ②亀頭

    カリから上の部位です。仮装包茎の人はここが非常に敏感なため、フェラする際は丁寧に扱いましょう。

    ③裏スジ

    ペニス裏側のカリ下にある溝の部分。
    神経が多くに集まっていて、女性が意外と知らない性感帯です。

    ④キン玉

    精子が作られる部分。アニメでキン玉蹴りがあるように、実際蹴られたら気絶するくらい繊細な部分のため優しく丁寧に扱いましょう。

    ⑴フェラが上手い女の3条件は「唾液量、フェラの種類、寸止め技術」

    まずフェラを上達させたいなら、目標を設定することが大事です。
    例えばフィギュアスケートも上手になりたいと思っても「ジャンプを高く飛べるようにする」や「この技ができるようになる」など目標を決めなければ、上達したかわからないのですよね。そのために上手なフェラとはなにか目標を設定します!

    上手なフェラになるために必要な条件が、以下3つです。
    ⑴口の中にたっぷりと仕込んだ「唾液量」
    ⑵多くの性感帯を刺激する、「フェラの種類」を巧みに操る
    ⑶男性がイキそうなタイミングがわかり、「寸止め」できる

    これらを達成すると上手なフェラになるため、これらを目標に設定しましょう。
    なぜこの3つが重要なのかこれから説明していきます!

    ⑴口の中にたっぷりと仕込んだ「唾液量」

    男性を気持ちよくさせるために、口の中をヌルヌルさせることが最低限必要です。

    唾液量の重要性がわかるエピソードを紹介します。

    以前私が熟女風俗に行ったとき、想像をはるかに超える70~80歳くらいのおばあちゃんが出てきたんですね。手がシワシワですし、髪も艶がなく、これは騙されたと。まあめったにないからとおもしろ半分にプレイを受け、いざフェラが始まると痛くて痛くてしょうがない。
    老化によって、唾液量が減ったパサパサの口でフェラをしてくるんです。もはや拷問。
    感覚的には乾いた膣に無理やりペニスが入ってくる感じですね。急いでもう十分だから手に戻してとお願いしましたが、乾いた口でフェラされるのはうんざり。

    おばあちゃんも悪気があってやったことではないと思いますが、フェラを上達させるには最低限、唾液量は必要です。

    唾液量は溢れるくらいがちょうどいいですね。するとヌルヌルになってフェラのストローク運動がスムーズになるので、フェラする前に唾液をたっぷりと仕込みましょう。

    「唾液量を増やす」方法は以下です。
    ①事前に水分補給をする
    ②ガムや飴を舐める
    ③梅干しやレモンを思い浮かべる
    ④口を閉じた状態で舌を左右へ小刻みに動かす

    特に③と④はペニスから我慢汁がたれず、口の中がパサパサになったときの緊急対処として使えるので、今試しにやってみてください。すぐ唾液が溜まるのがわかります。

    フェラを上達させる第一関門としてフェラをするときは唾液量を増やしましょう!

    ⑵多くの性感帯を刺激する、「フェラの種類」を巧みに操る

    上手なフェラができるようになるには、多数のフェラを使いこなし舌や唇、口内の接触面積を巧みに使い分けましょう。

    基本的には接触面積を多くする方が気持ちいいのですが、それだと刺激に慣れてしまい気持ちよさが減ってしまいます。なのでフェラはペニスをただ咥えるだけではなく、ペニスにキスしたり、裏スジを舐めたり、さまざまなフェラの種類を使いこなしましょう。

    そうすれば男性は色々なところから新鮮な刺激がくるため思わず「あっ、、」と声に出してしまうくらい気持ちよくなるんですね。

    例えばフェラでイカせることが仕事のピンサロ嬢と、素人のフェラの違いはここが大きいです。素人の子はただペニスを加えて、前後に動かすだけ。ペニスの亀頭を舐めたりもしますが、それだけでは刺激に飽きてしまい気持ちよくないんです。

    ピンサロ嬢は咥えるだけではなく、裏スジや竿の側面、玉など焦らすように愛撫してきます。この焦らしがあるかどうかで男性の興奮度、快感度は大きく変わってくるんです!
    女性が思っているよりもペニスの性感帯は意外と多いですよ。

    例えばクンニされるときも、いきなりクリトリスを舐められるよりも、内ももや膣の周りを焦らされるように舐められてから、クリトリスを舐められた方が気持ちいいですよね。

    こういった多くの性感帯を刺激できるように、フェラの種類を記事の後半で紹介します。

    ⑶男性がイキそうなタイミングがわかり、「寸止め」できる

    男性をぎりぎりイかせないよう、寸止めして射精をコントロールしましょう。これができれば、男性は快感時間が長くなり、セックスの満足度が上がります

    そもそもフェラをするときは挿入前が多いので、挿入する前に射精させないことは重要です。2回戦をすぐ始められる男性ならいいですが、そうでない場合男性は「挿れたかったのに挿れられなかった」とゲンナリしてしまいます。

    残念な彼の顔を見たくなければ、イキそうなタイミングを見極め、寸止めできるテクニックを取得しましょう。

    イキそうなタイミングを見極めるために確認すべきポイントは「キン玉が上がっていないか」です。射精の前兆は、それまで垂れ下がっていたキン玉が、次第にペニスの根元へと上がってくることでわかります。これはキン玉に保管されている精子を外に出しやすくするために起こる現象です。もし見た目で判断できない場合、キン玉が重力に負けてないか実際に触って確認しましょう。

    しかしまれにキン玉が上がっていなくても、射精してしまうこともあります。誤爆を防ぐため「イキそうだったら言ってね」と声かけをしてあげましょう。すると男性がイキそうと言いやすくなり、事前にタイミングがわかるようになります

    上手なフェラには型があります!巧みに使い分けよう

    先ほど上手いフェラの条件⑵で、接触面積を変えながら、「数のフェラ技を使いこなす」と紹介しました。これから多数のフェラ技を使いこなせるよう、目的別に紹介していきます!

    フェラのタイプは以下の3つです。
    ⒈焦らし効果でペニスがカッチコチになる「前戯フェラ」
    ⒉どんな遅漏男でもイキやすくなる「ストロークフェラ」
    ⒊手を使った「コンビネーションフェラ」

    フェラが上手い条件⑵の「多数のフェラ技を使いこなす」は、一番上手い下手が分かりやすいポイント。多数のフェラを使いこなせるようになるだけで、男性は「俺の彼女、フェラが上手いなー。離したら後悔するわ。」とあなたにゾッコンになること間違いなしです。

    絶妙な腰振りが重要な騎乗位と違い、フェラはどこをどのように舐めるか種類を知っているか知らないかで上手いか下手が決まります。覚える価値は大いにありです!

    ただいきなり全部覚えようとすると難しいので、彼とエッチするときに「今日はこのフェラの種類を使ってみよう!」と数個ごとに使っていけば覚えていけばいいでしょう。

    ⒈焦らし効果でペニスがカッチコチになる「前戯フェラ」

    焦らしのないセックスに絶頂なし」と言われるように、いきなり100%気持ちいいポイントを責めるのではなく、徐々に責めていく前戯が必須です。

    女性も分かると思いますが、前戯があるかないかで気持ち良さが変わってきますよね。
    その気持ちは男性も同じ。フェラするときはこれから紹介する前戯フェラをやってあげましょう。

    以下が主な「前戯フェラ」に使える5種類です。
    ・小鳥キス
    ・キン玉愛撫
    ・側面舐め
    ・裏スジ舐め
    ・亀頭トルネード舐め

    これができるかどうかで、フェラで絶頂に導けるかが決まってきます。
    それでは5種類を見ていきましょう!

    ペニス全体にフレンチキス!「小鳥キス」


    小鳥キスはペニス全体に「チュッチュッ」っと軽く突っつくようにキスします。
    コツは軽く唇をしぼませてから前へ弾くようにキスすると、音が鳴りやすくイヤらしい感じになるのでオススメです。

    男性は「あ〜これから舐められるのか。」と期待から興奮してきます。

    ただ注意点として、小鳥キス自体が気持ちいい訳ではないので、あくまでこれからフェラするよと焦らしの目的で使ってください。

    キン玉愛撫

    キン玉愛撫は玉を舐めやすいよう片手で竿を持ち上げ、キン玉をペロペロと愛撫する方法です。舌の中央でペロリと舐めあげたり、舌先でツンツンと突っついてください。

    男性の感覚としては気持ちいいというより、くすぐったさの方が先行します。
    でも「くすぐったい〜!」と言いながら、いつの間にかペニスの硬さはカチカチです。(笑)

    側面舐め


    側面舐めは唇でペニスの側面を挟んだ状態で顔を左右に動かしながら、舌をペロペロするテクニックです。唇を挟む、力具合を変えたりしながらゆっくり愛撫しましょう。

    ポイントはあえて亀頭やカリなど舐めないこと。性感帯である亀頭やカリを舐められそうで舐められない焦らしは、とにかく男性がドキドキすること間違いなし!

    裏スジ舐め

    裏スジ舐めは舌先でペニスの裏スジをチロチロと小刻みに舐めます。性感帯である裏スジは、今まで舐める位置と違い気持ちいいポイントです。

    特にカリ近くで溝になっている部分は非常に気持ちいいため、ここを念入りに舐るといいです。またペニスの神経は上下に渡ってあるため、上下に舐めることをオススメします。

    亀頭トルネード舐め


    亀頭トルネード舐めは亀頭の周りをなぞるように舐める方法です。気持ちよくなるコツは、舌先ではなく舌の真ん中で舐めるようにすると接触面積を増やすことができ、気持ちよくなります。感覚としてはディープキスに近いです。

    舌を上手く回転させるポイントは、舌先を回そうとするのではなく、舌の根元を中心に回そうとすれば上手くトルネードできます

    ⒉どんな遅漏男でもイキやすくなる「ストロークフェラ」


    ストロークフェラはペニスを口に含む系のフェラです。口内36~37度の温もりが、ペニス全体に伝わり快感へと導きます。

    また先ほども述べましたが、口内に唾液を多く溜めましょう。ヌルヌルと滑りがよくなったり、音がクチュクチュと鳴り興奮します。

    以上に注意してストロークフェラの種類をみていきましょう!

    ストロークフェラ

    フェラと言われたら、一番先に思いつくであろうストロークフェラ。ペニスを口に含み、前後へストロークさせる技です。

    唇の先をペニスに密着させて動かすと、適度な摩擦になり気持ちいいです。

    またペニスが歯に当たると痛いため、ペニスと口に挿れる角度を平行にすると、歯が当たりにくくなります。

    慣れてきたら、裏スジを狙って舌を左右に動かすと気持ちよさが倍増するのでオススメです。

    カリストロークフェラ

    カリストロークフェラはペニスで1番気持ちいい性感帯であるカリを中心に、圧迫ストロークする技です。

    先ほどのストロークとの違いはカリを中心に責めることなので、前後に細かく動かすだけではなく、唇の圧迫感を変化させたりすると刺激が変わり気持ちよくなります。

    特にカリ首の凹みに唇の先端が当たるようにすると効果絶大です。

    バキュームフェラ

    バキュームフェラは口とペニスを密着させ、グチュグチュと音を立てながらバキュームのように吸引するフェラテクニック。上等テクニックなため非常にやるのが難しいです。

    バキュームフェラをやりたい人はこちらの記事をご覧ください。
    遅漏男が3分で即イキ!ゲイから学んだ悶絶バキュームフェラの方法とは

    ⒊手を使った「コンビネーションフェラ」

    コンビネーションフェラはフェラをしながら手を動かすテクニックです。手コキやキン玉をさわさわすると男性は気持ちよくなります。

    このコンビネーションフェラはアダルト業界で重要と言われているテクニックです。
    人気AV男優のしみけんさんもフェラの時、両手を遊ばせてはいけないと言っていたり、人気AV女優の紗倉まなさんもフェラは両手を使った3点責めが気持ちいいと言っています。
    フェラをしながら「片手は手コキ、もう片方はキン玉」だったり、「片手は乳首、もう片手で前立腺」など、とにかく性感帯であろうものに3点刺激すると気持ちいいという理論です。

    女性もクリトリスをクンニされながら片手では手マン、もう片方では乳首責めを受けたら気持ちいいですよね。性感帯は責める場所が複数あると、感度が上がり気持ちよくなるので、ぜひお試しください!

    また紗倉まなさんがもう1つ紹介する技が、「手コキとリズムをずらして舐めるフェラ」です。

    動画の内容を要約すると、フェラが得意ではない紗倉まなさんがAV撮影で唯一褒められた技だそうです。やり方は亀頭を舐めるスピードを速く、手でしごくスピードをゆっくりにしてリズムをずらします。すると今まで経験したことのない初めての快感が生まれるそうです。

    紗倉まなさんがこの技をドラム演奏者と例えているように、リズム感がよくないと難しいです。リズム感に自信がある人は、人気AV女優のおすすめ技をぜひお試しください!

    フェラの最中に男性がエロ可愛いと思う仕草3選

    この記事に書いてあることを実践すれば、間違いなく上手いフェラになっています。さらにフェラ中に男性を興奮させる、エロ可愛い仕草を3つご用意しました。この仕草ができるようになれば、まさに鬼に金棒のフェラテクニックですね。

    ①上目遣いで舐める


    フェラをするときは男性につむじを見せずに、相手の顔を見ましょう。こうすることで男性がキュンとする上目遣いを自然にできます。さらに自分のペニスを舐めてくれているという征服感が、男性の興奮度倍増です。

    ②フェラするとき顔を傾けながら髪をかき分ける


    ムラリンちょで有名な芸人の中村愛さんが可愛く見られる仕草に、顔を傾けながら髪をかき分けるという仕草を紹介しています。

    動画では微妙な反応でしたが、男性は間違いなく好きです。なぜなら髪をかきあげる仕草は男性がそもそも好きなので。上目遣いで見られながらこれからフェラするよという合図で髪をかきあげられたら、たまらなくエロ可愛いです。

    ③「ん、んっ、」と感じている

    男性は女性の喘ぎ声が好きなため、フェラをしながら「ん、んっ、」と喘ぎ声を出すのは有効です。

    男性からすると、女性自身で動かしているのに感じている。自分のペニスをおもちゃにして、女性のオナニーを間近で見ているような非日常体験を味わえます。「なに俺のペニスを自分で動かしてるのに、感じてるんだよ。エロいなーと。」男性は思います。

    フェラが上手い女になって、イケメンな彼を離さないようしっかり玉袋ゲット!

    いかがでしょうか。
    この記事で重要な内容をまとめると
    ・フェラが上手い女の3条件は「唾液量、接触面積の変化、寸止め技術」
    ・ペニスを口内に挿れる前に、前戯フェラをする
    ・両手は遊ばず、3点責めする
    です。

    フェラが上手いことは得しかありません!フェラが上手くなって、男女関係がよりよくなることを祈っています。

    ◯関連記事
    今さら聞けないフェラのテクニック、押さえておくべきポイントを解説!
    【フェラチオテクニック】フェラチオ初心者でも、彼をビクンビクン感じさせる方法