オナニーで快感が得られる仕組を解説|性的刺激・興奮・男性ホルモンが影響

253 views

セックステクニック(男性編)

オナニーをしていると、「あの快感」はどこからくるのか気になりますよね。頻繁にオナニーをしていても、全く飽きることがない「快感」。中毒性がある快感とも、いえるのではないでしょうか そこで、この記事では、オナニーで快感が得られる仕組みを解説します!「男性編」と「女性編」に分けてお伝えするので、男女の快感の違いも把握することが可能です。最後まで読んで、正しい知識を身に着けてください!
  ■この記事を書いている人  

毎日のようにオナニーをしているプロのエロ雑学ライター。オナニーに関する記事を多数執筆している。オナニーについて、科学的なアプローチで記事を執筆するのが得意。

記事の全体を10秒で読む【こちらをクリック】 ■オナニーで快感が得られる仕組みを解説 ■【男性編】オナニーの快感は ・性的刺激による勃起 ・五感による性的興奮 ・オナニー中の男性ホルモン ■【女性編】オナニーの快感は ・排卵前 ・男性ホルモンを増やす ■男女の快感の違い ■オナニーやセックスの快感はギャンブル・アルコール・たばこ・薬物と似ている ■【おまけ】オナニーでさらなる快感を得る方法 ・快感が続く「甘だしオナニー」 ・アダルトグッズ ・感度を上げるペニストレーニング ・精子の量を増やす ・VRや音声AV作品など新ジャンルのオカズを探す ■オナニーの快感の仕組みを正しく知って気持ちよくシコる!

オナニーで快感が得られる仕組みを解説

この記事では、オナニーで快感が得られる仕組みについて、網羅的にお伝えしていきます。オナニーをするときに、どのような理由で快感につながるのか。性的な刺激を受けてから、オーガズムに達するまでを科学的にご紹介します。 ホルモンの働きや五感による性的興奮など、オナニーの快感の仕組みを徹底的に深堀りしました。また、男女によってオナニーで得られる快感の違いなど、男女の快感の違いについてもご紹介します。 この記事を最後まで読むと、オナニーの快感の仕組みについて丸分かりになるので、ぜひ最後まで読み進めてください!

【男性編】オナニーの快感は性的刺激・興奮・男性ホルモンが影響

それではまず、男性がオナニーで快感を得られる理由からお伝えします。男性の理由は次の3つです。 ・性的刺激による勃起 ・五感による性的興奮 ・男性ホルモン それでは、どのような仕組みでオナニーの快感を得ることができるのか、具体的に解説していきます!

性的刺激による勃起

まずは性的刺激により、勃起して射精する仕組みを理解しましょう。まず性的刺激があると、「ペニスに大量の血液が流入」されます。血液がペニスに流れ込むと、海綿体が膨張して、圧力によってペニスが硬くなることが「勃起」です。 そして、射精の仕組みは、自律神経の働きを知ることも重要。
勃起には主に副交感神経が、射精には交感神経が働いています。2種類の自律神経の複雑な働きが勃起や射精をコントロールしています 。勃起や射精には交感神経と副交感神経からなる、自律神経の働きも大きく影響しています 引用:seemLab
緊張したりストレスがかかると、勃起や射精ができないこともありますが、これは自律神経が正常に働いていないためです。 またオナニーで快感を得られるのは、所説ありますが、精子が尿道を通るときの感覚が「気持ちいい」と感じることも。またオナニーをすると、前立腺からも分泌液が出るので、「前立腺が刺激されて気持ちいい」こともあります。 オナニーをすると、金玉と肛門の間の奥側がゾクゾクしますが、この辺りに前立腺があるので、前立腺の刺激は相当強いです。慣れてくると、「ドライオーガズム」が得られる部分でもあります。 オナニーで快感が得られるのは、一つの理由だけではありません。神経の働きや尿道、さらには前立腺の刺激など、複数の理由が重なり合って気持ちいいと感じるのです。

五感による性的興奮

オナニーの快感は、五感の性的興奮による働きで感じます。上記で医者の記述を引用したように、「神経の働き」もオナニーの快感に強い影響があるのです。五感とは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の5つ。 一つずつ具体的に見ていきましょう! 〇視覚
男は視覚=「見て」楽しむエロが多い。  「これは医学的にも実証されており、男性特有の“狩猟本能”と言われています。獲物を得るにはまず見つけることが重要であるため、男性は本能的に視覚が優位な生物なんです」 引用:exciteニュース
上記に引用したように、男性は「視覚の性的興奮の働きが強い」です。本能的に「視覚からの情報で性的興奮がしやすい」ので、五感のなかでも視覚は、重要な働きがあります。そのため、男性は女性の胸やお尻を見るだけでも、性的興奮が高まるのです。 〇聴覚 性的興奮には、「聴覚」の働きも大切。最近では、「音声に特化したAV」も出てきてますよね。
思わず鳥肌が立つような心地良さを得られることから「脳がとろけるような快感」として表現され、今では世界中でASMRに関連する動画が公開されています。 引用:exciteニュース
ASMRのエロ作品にハマる人も増加していて、耳元でゾクゾクするような囁き声が人気です。またAVを見るときに、無音で見るよりイヤホンをして、臨場感のある音声を聴いたほうが性的興奮は高まりますよね。 〇触覚 「触覚」は、「触られたときの感覚」と「触っているときの感覚」に分類が可能。例えば、「女の子に乳首を舐められながらオナニーするのが好き」な場合と、「女の子の乳首を触りながらオナニーするのが好き」な場合がありますよね。 触覚の感度が高い人は、「オナホグッズ」がおすすめ。乳首責めのグッズから、本当に女性の膣に挿入している触覚を楽しめるグッズまであります。 〇味覚 味覚から性的興奮が高まる場合も多いです。例えば、女の子にクンニをしたときや、キスをしたときの「味覚」で性的に興奮して快感に変わります。 味覚が性的興奮につながりやすい人は、「舐めるプレイ」を多めにするのがおすすめ。 〇嗅覚 嗅覚でも快感は得られます。人によっては、女の子がはいていたパンツなどの臭いを嗅ぐことで興奮する人も。昔は、女の子が着ていた服やパンツ、さらには靴下が「買い取られるブルセラショップ」もあったぐらいです。 そのため、オナニーの性的興奮を上げるために、「嗅覚」を重視している人は多いです。

オナニー中の男性ホルモン

オナニーをすると、「男性ホルモン」が増加することが分かっています。
日本性機能学会で、マスターベーションをしている時のホルモンの変化に関する研究がありました。 (中略) この研究では、射精をする前後で、ダイナミックに男性ホルモンが変化するということが示されたのです。つまり、射精をすることで、男性ホルモンが増加するということがわかります。 引用:ヨミドクター
上記のように、オナニーをすると男性ホルモンは増加。男性ホルモンのなかには、興奮度を高めてくれる「テストステロン」も含まれています。 またテストステロンだけでなく、幸せのホルモンと呼ばれる「ドーパミン」も増加するので、「幸福感」がオナニーで高まるのです。オナニーをすると、「何となく幸福な気持ちになる」のも、科学的な根拠があります。 ただ、オナニーをやり過ぎると、逆にテストステロンが下がるので注意が必要です。 ◯関連記事:オナニーで分泌される男性ホルモン「テストステロン」のメリット5つ

【女性編】オナニーの快感は

次に、女性がオナニーで快感を得られやすい方法をご紹介します。女性の快感を上げやすいオナニーの方法は次の3つです。 ・排卵前 ・クリ派と膣派 ・男性ホルモンを増やす 女性のオナニーも、具体的に科学的根拠に基づいてお伝えするので、一つずつ確認してください!

排卵前

女性の性欲は、女性ホルモン「エストロゲン」の働きが大きいといわれています。エストロゲンは、「女性らしさ」を増加させるホルモンです。卵巣で作られて、年齢的には、20代半ばから30代前半にピークを迎えます。
性欲が高まるとすれば、生理が始まってから約14日目に訪れる排卵日の頃。その直前に、妊娠に備えてエストロゲンの分泌量が急増するので、この時期に性欲が急に高まるのは自然なことと言えるでしょう。 引用:マイナビニュース
また、上記に引用したように、排卵前にはエストロゲンが増加。同時に性欲が急激に高まるので、「オナニーの快感も得やすい」のです。女性がオナニーをするときは、「身体の仕組み」を上手く活用すると、快感を得やすいオナニーができます。

クリ派と膣派

女性がオナニーで快感を得るためには、自分は「クリ派」か「膣派」か、どちらが気持ちいいのかを把握するのが重要です。女性の場合は、「オナニーをする回数が男性と比べて少ない」ので、自分でも「オーガズムを得やすい場所」を正しく把握していない場合もあります。
Q(セックス経験有無問わず)あなたはこの1ヶ月で何回マスターベーションしましたか? (中略) 性別では男性7.1回、女性1.2回。年代別では男女ともに20代が最も多く、年代が上がるにつれて回数が減ります。 引用:SAGAMI
上記のように、女性は月に1.2回程度しかオナニーをしません。そのため、特に膣のオナニーは「開発されていない」場合もあります。オナニーで快感を得るためには、まずは自分がどこを触ると気持ちよくなるのかを知るのが大切です。 ◯関連記事:オナニーで膣開発する方法|5つの性感帯を正しく刺激すれば誰にでもできる

男性ホルモンを増やす

男性ホルモンは、実は女性のオナニーの快感を得るためにも必要なホルモン。
女性の場合、テストステロンの分泌量は男性と同様に10~20代にかけてピークを迎え、それ以降は40歳頃まで一定の分泌が続きます。 引用:マイナビニュース
特に、10代から20代の女性は、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が多いです。そのため、男性と同様にテストステロンを増やすことで、オナニーの快感を上げることが可能。 適度な運動をして筋肉量を増やすと、女性もテストステロンが増加して、オナニーで快感を得やすい身体になります。 ◯関連記事:性欲が強い女性の特徴8つ|彼女の性欲が強く困っている男性の対処法も!

男女の快感の違い

男性と女性のオナニーの快感の違いで、一番大きいのが「快感の長さ」。男性の場合は、射精をすると一気に快感がなくなり、いわゆる「賢者タイム」に突入します。 ちなみに、男性が射精をすると、なぜ直ぐに賢者タイムに入るかといえば、「プロラクチン」による影響です。プロラクチンは、テストステロンやドーパミンを抑える働きがあります。 射精すると、プロラクチンが一気に増加してテストステロンやドーパミンを急激に下げるため、「だるい」と感じるのです。 一方、女性の場合は、「オーガズムが繰り返し続く」のが特徴。男性のように射精をすると、急激に賢者タイムに入ることがありません。
子宮と膣、肛門括約筋が約0.8秒に1回のリズムで収縮します。このとき女性は、我を忘れてしまいそうなほどの気持ちよさに襲われているのです。男性のオーガズムがペニスと睾丸だけに限られているのに対して、女性はこの絶頂感が全身に広がっていきます。 引用:by.S
上記は、女医による説明を引用しています。女性の場合は、「全身に快感が広がっていく」ので、当然ながら快感も長続きするのです。また女性がオナニーで快感を得るのは、「クリトリス」「Gスポット」「子宮」と3段階に分かれています。 順番的には、クリトリス⇒Gスポット⇒子宮と快感が続いていくので、「連続してオーガズムに達しやすい」性質です。 男性のオナニーの快感は、「射精をしたら終わり」ですが、女性のオナニーの快感は、「快感が何度も続く」という違いがあります。 ◯関連記事:オナニーでやる気がなくなる理由はプロラクチン|やる気が復活する方法も紹介

オナニーやセックスの快感はギャンブル・アルコール・たばこ・薬物と似ている

オナニーやセックスの快感が、「ギャンブルなどに似ている」といわれるのは、「依存症」につながるからです。オナニーやセックスの快感は、「ドーパミンを増やす」ので、幸福感を得ることができます。 しかし、ギャンブル依存症の人も、同様に「ギャンブルをしているとき」はドーパミンが出ている状態です。脳内での働きをみると、ギャンブルで分泌されるドーパミンも、オナニーで分泌されるドーパミンも違いがありません。 さらに、これはギャンブルだけでなく、アルコール・たばこ・薬物の依存症にも当てはまります。依存症になるのは、ドーパミンへの過剰な依存です。 「オナニーやセックスの快感」でも、ギャンブルや薬物と同様に依存症になってしまう人もいます。特に、「生活に支障が出るぐらい、オナニーやセックスをする人」は、依存症になっている可能性が高いです。 そのため、「適度にオナニーを楽しむ」のも、充実したオナニーライフを過ごすためには必須となっています! ◯関連記事:オナニーは麻薬と一緒の効果がある!メリットは多いが恐ろしい中毒症状も

【おまけ】オナニーでさらなる快感を得る方法

オナニーで、「さらに快感を得たい!」という人も多いのではないでしょうか。ここでは「おまけ」として、オナニーでさらなる快感を得られる方法をお伝えします!どの方法も、確実にさらなる快感を味わえる方法ばかりです。 今まで試した経験がない人は、ぜひ一度挑戦してみてください!

快感が続く「甘だしオナニー」

最初におすすめなのが、「甘だしオナニー」。これは、「長時間かけてオナニーをする」方法です。簡単にいえば、イク直前になったらオナニーを止めて、射精感が収まってきたら、またオナニーを再開します。 これを繰り返すことで、「気持ちいい状態が長時間続く」ようになり、快感は倍増。じっくりオナニーをするのがポイントなので、「ゆっくりシゴく」のを意識しましょう。ゆっくりシゴいて、射精感が高まると一旦休憩。そして、またオナニーをゆっくり再開します。 誰にでもできる簡単な方法なので、オナニーの快感を上げたい人は、ぜひチャレンジしてみてください! ◯関連記事:気持ちいい男のオナニーおすすめ10選|甘出しで賢者タイムを無くすと連続オーガズムが味わえる

アダルトグッズ

アダルトグッズの威力も強力です。最近のアダルトグッズは、「科学的に気持ちいいポイントを効率よく刺激する」ので、本当のセックスよりも気持ちいい商品もあります。さらにアダルトグッズには、さまざまな種類があるのもポイント。 オナホから乳首弄り、さらにはエネマグラまで、オナニーの快感を上げるグッズがそろっています。最初はオナホから挑戦してみて、徐々に乳首弄りやエネマグラにもチャレンジしてみてください。 アダルトグッズを一度使うと、「オナニーするときはアダルトグッズが必須」と感じるほど、快感を得ることができます! ◯関連記事:男のオナニー道具20選|アダルトグッズから日用品まで気持ちよくヌケるおすすめグッズを紹介!

感度を上げるペニストレーニング

オナニーの快感を上げるには、「ペニストレーニング」も非常に重要です。おすすめなのが、「ジェルキング法」。ジェルキング法は、血流の流れをよくして、ペニスの感度を上げる方法です。 具体的なやり方としては、ローションをペニスに塗って「半立ちの状態」で、ゆっくり亀頭に向かってシゴきます。そして、カリの部分までシゴくと、その状態で10秒ほどキープしてください。 注意点は、「フル勃起の状態でシゴかない」ようにしましょう。フル勃起の状態でシゴくと、亀頭に向かって血流を流しにくくなります。 ジェルキング法をすることで、感度が上がると同時に、ペニスのサイズ増大も期待できるので、ぜひ試してみてください! ◯関連記事:ギンギンに勃起させるペニスマッサージの方法!ペニス増大するツボも紹介

精子の量を増やす

オナニーの快感を上げるには、根本的に「精子の量を増やす」のも大切です。精子が作られないと、勃起することもありません。またストレスや加齢によって、精子の量は減少します。
男性不妊は、不妊全体の約50%を占めるといわれています。原因として、精子をつくる機能に問題がある、精子の通り道が塞がっている、年齢の問題などで精子の量や質が低下していることなどが挙げられます。 引用:スグケア
上記に引用したように、男性のなかには「精子を作る機能に問題がある人」も。精子の量を増やすには、「食事で改善する」のが効果的です。亜鉛やビタミンC、さらにビタミンEが入っている食事を取るようにしてください。 納豆や卵、ブロッコリーを意識的に食べるようにしましょう。また食事で取るのが難しい場合は、サプリで補うのも効果的です! ◯関連記事:オナニーが気持ちよくなるサプリ5選|勃起・精力アップ成分で敏感ペニスへ!

VRや音声AV作品など新ジャンルのオカズを探す

オナニーの快感を上げるには、「新たな刺激」を脳に与えるのも大切。オナニーが習慣化されている人のなかには、「毎日同じオカズでオナニーをしている人」も、多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのが、「VRや音声AV作品」。新しいオカズにチャレンジすると、新鮮な刺激が脳に与えられて、感度は増加します。VRや音声AVは没入感の高い作品が多く、ハマる人はかなりハマるのが特徴です。 今まで一度も見たことがない人は、ぜひ体感してみてください!本当に自分が作品のなかに入っているような感覚を、味わうことができます。 ◯関連記事:VRの中出しシーンがリアルなアダルト動画おすすめ15選|濃厚種付けを主観映像で堪能

オナニーの快感の仕組みを正しく知って気持ちよくシコる!

それでは最後に、記事の内容を簡単にまとめます。 ・オナニーの快感は「仕組みを知る」のが大切 ・男女によって快感の違いがある ・オナニーの快感は依存症につながるリスクも ・感度を自分で上げることも可能 ・正しい仕組みを知ってオナニーライフを楽しもう! この記事では、オナニーで快感が得られる仕組みについて解説しました。勃起から射精までの仕組みや、性的興奮に関する仕組みまでまとめています。さらに、「男女の違い」についてもまとめました。 男女の違いで一番大きいのが、「快感の継続時間」ですよね。男性は射精すると、一気に賢者タイムになり、女性は快感が長時間続きます。 さらに、オナニーの快感は自分で上げることも可能。ペニストレーニングや食事を改善すると、オナニーの快感は倍増します。 オナニーの快感は、適切な回数を守ると、ドーパミンを増やして「幸福感」を味わうことが可能です。ただし、あまりにもオナニーの快感を求めると、「オナニー依存症」になるリスクがあるので注意しましょう。 この記事では、オナニー依存症になるリスクについても書いているので、読み飛ばした人はぜひリスクについても、しっかりと正しい知識を身に着けるようにしてください! 以上、風俗部編集部からのお届けでした。 ◯関連記事 ・オナニーに使える無料サイト10選|無修正動画・エログロ画像・素人オナ声など紹介しみけんのオナニー方法|使用済みナプキンを嗅いでボットン便所を下からのぞく変態だった