オーガズムが止まらないのは病気?通称・イクイク病について解説

16 views

性や身体の悩み

オーガズムが止まらないのは病気?通称・イクイク病について解説
エッチな気分でも何でもないのに、突発的に身体がオーガズムに導かれてしまう。最近そんな症状に悩まされてはいませんか? イク感覚がつかめない女性もいるのだから、もしかして贅沢な悩み?いえいえ、とんでもありません。それはおそらく重篤な病気です! というわけで今回はオーガズムが止まらない、通称・イクイク病について徹底解説。 この記事を読めば、セックス依存症との違いからイクイク病との向き合い方まで全部わかります!
記事の目次(クリックで表示)

オーガズムが止まらなくなるのは病気が原因かもしれない

オーガズムが止まらなくなるのは病気が原因かもしれない オーガズムに達するのは、ふつうは喜ばしいこと。セックスでも一人エッチでも、ムラムラした気分の先に訪れる絶頂は素晴らしいものです。 でもエッチな動画を見たわけでもないのに、急に興奮してしまったら?その上オーガズムが止まらなくなってしまったら? 理由のない性的興奮なんて不自然そのもの。快感どころか、原因がわからず不安にさいなまれるばかりです。 もしあなたがそんな症状に悩まされているなら、ある病気が関係している可能性があります。

1日に数十回も絶頂...持続性性喚起症候群(通称・イクイク病)とは

症状の深刻さからするとやや不謹慎な響きですが、俗に「イクイク病」と呼ばれています。正しい病名は、「持続性性喚起症候群」です。 2001年にアメリカで発見された新しい病気で、英語ではPSAS(Persistent Sexual Arousal Syndrome)と呼ばれています。 エッチしたい気分でもなく興奮もしていないときに、突如オーガズムに襲われる摩訶不思議な症状です。 実際に性器周辺への血流が増加し、クリトリスが勃起します。膣壁が充血し分泌液も増えるので、まさに「イキたい」状況に追い込まれるわけです。 普段の何げない動作がきっかけで性的絶頂に達してしまうなど、日常生活が困難になるケースさえあります。

強い恥ずかしさを感じる病気なので誰にも相談できず悩んでいる女性が多い

シモの悩み全般に言えますが、なかなか他人には相談できないもの。世間で認知されている病気ですらそうですから、イクイク病なら推して知るべしでしょう。 ある30代の女性は、意を決して病院を受診。ところが医師もイクイク病の知見をほとんどもっておらず、「色情狂では?」とまるで淫乱扱いされて傷ついたそうです。 男性患者もいるとされますが、患者の多くは女性。中には、1日に100回を超えるオーガズムを経験する人もいると言います。 激しい症状に悩まされ相談もできないまま、結婚や出産を諦めざるを得なくなるケースも。 また恥ずかしさゆえ症例が集まりにくく、一体どれくらいの女性がイクイク病にかかっているのか具体的な患者数すら把握できていないのが現状です。

イクイク病の原因は強い衝撃や薬の副作用が関係?

イクイク病の原因は強い衝撃や薬の副作用が関係? イクイク病の原因は、まだはっきりわかっていません。よって確実な治療法も確立されていませんが、可能性として挙げられている要因ならいくつかあります。 現段階ではあくまで仮説ですが、3つほど紹介してみましょう。

原因①交通事故や転倒などの強い衝撃

症例報告の中に、階段から転げ落ちたのがきっかけでイクイク病を発症したケースがあります。またぎっくり腰と同時に発症したと思われる例も。 こうした事例は少なくなく、たんなる偶然として処理しにくい面があります。 交通事故などで身体に強い衝撃を受けた際、脳の神経系統に何らかの悪影響が及んだのではないでしょうか。 そもそもオーガズムをもたらすドーパミンは、脳内の視床下部で作られる中枢神経系の物質です。 アクシデントによる物理的ショックで精密な神経の仕組みが壊れ、イクイク病の症状につながった可能性は否定できません。

原因②薬の副作用

人間だれしも、服用している医薬品の1つや2つあるものです。そして身近な病気の治療薬の中には、脳の中枢神経系に働きかける薬剤がかなりあります。 たとえばうつ病や不眠症、てんかん、統合失調症などに用いられる薬がそうです。 これらは「中枢神経作用剤」と呼ばれ、脳の中枢神経に働きかけて病気を治していきます。 先ほど説明した通り、オーガズムのメカニズムもまた脳の視床下部と密接な関係が。 服用中の中枢神経作用剤の思わぬ副作用で、イクイク病が引き起こされる可能性はゼロとは言えません。

原因③ホルモンバランスの乱れ

もう1つ考えられるのが、ホルモンバランスの問題。女性の場合は女性ホルモンの影響が大きいですが、卵巣からの分泌をコントロールしているのはやはり脳の視床下部です。 生涯に分泌される女性ホルモンの量は、わずかにティースプーン1杯。にもかかわらず乳房の発達から健康維持、自律神経の安定、妊娠の準備まで驚くべき働きをします。 そして更年期でホルモンバランスが乱れると、さまざまな不調の原因に。その際オーガズムの仕組みにも悪影響が及んで、イクイク病を招くとする仮説があります。 ですがイクイク病患者の女性が、40歳以上に限られるなどと言う話は聞きません。 これは更年期以外にも、ホルモンバランスが乱れる原因があるためです。偏った食生活や睡眠不足によっても起きるため、この仮説を間違いと決めつけるのは早計でしょう。

イクイク病の治療法はまだ研究段階

イクイク病の治療法はまだ研究段階 原因を突きとめている段階ゆえ、治療法は確立されていません。ただしいくつか、効果が期待されている対処法ならあります。 研究段階ではありますが、ピックアップして簡単に紹介しましょう。

心理療法を行いストレスを緩和させる

脳の中枢神経への影響ばかり指摘してきましたが、女性患者の心理状態や性に対する価値観などが関係しているケースも。その場合には、心理療法などのアプローチが有効です。 性的興奮をネガティブに捉える傾向が強い女性には、オーガズムを肯定的に受け入れるためのリフレーミングが役立ちます。 リフレーミングとは、物事を別の視点から見直して認識を改める方法です。 過去にトラウマとなった性体験があったり人間関係で強いストレスを抱えていたりする場合は、カウンセリングを通して心理的な負担を軽くしていく方法も効果があります。

鎮痛剤や抗不安薬の服用

執ようにくり返すオーガズムのため、患者の女性が痛みを感じるケースがあります。その際に鎮痛剤を服用したところ、症状そのものの改善が見られたとの報告が。 またソノ気もないのに何度もしつこくオーガズムに襲われ、そのたびに自己処理で対処している患者もいます。 ただし訪れる絶頂の頻度があまりに激しく、ある海外の女性患者などは1日に50回もオナニーするハメになってしまいました! これでは生活が成り立たないばかりか、神経まですり減らしてオカシクなってしまいますよね。 医師のすすめで抗不安薬を使いはじめたところ、回数を3分の1以下に抑えられたと言います。

骨盤のズレを矯正する

意外に思われるかもしれませんが、骨盤のズレもイクイク病の原因の1つではないかと言われています。そもそも骨盤のズレや歪みは、さまざまな症状の原因です。 足のむくみや冷え性に始まり、坐骨神経痛に生理痛、生理不順から不妊までその悪影響は計り知れません。 イクイク病との関連が疑われるのは、視床下部の機能を低下させてホルモンの分泌を悪くするところ。ホルモンバランスの乱れは、オーガズム異常の原因になりえるからです。 定期的なエクササイズで骨盤のズレを矯正したことで、実際に症状が緩和されたケースがあると報告されています。

イクイク病はセックス依存症とは違うの?

日がな一日欲情していると聞かされれば、世間の人が「セックス依存症では?」と疑うのも無理はありません。しかしイクイク病は、依存症とは縁もゆかりもない別の病気です。 どこが決定的に違うのか、比較しながら説明したいと思います。

セックス依存症とは全く異なる病気

セックス依存症では、まず本人に「エッチがしたい!」と言う強い願望が存在しています。イクイク病で身体が勝手に絶頂に導かれるのとは、ここがハッキリ違うわけです。 ただセックスが好きなだけでは、もちろん依存症とは呼ばれません。 度重なるエッチや自慰行為で自分がどんなに不利益をこうむっても、決して行為を止められない中毒症状を指します。 イクイク病の患者は、そもそもオーガズムを止めたいと思っているわけですから、この点でも違いは明らかです。 誤解を恐れず大胆に区別するなら、イクイク病が身体の病気であるのに対し、セックス依存症は心の病気だと言えるでしょう。

イクイク病は女子色情症とも異なる

女性において普段から性欲が異常に高ぶっている症状に、「女子色情症」が存在します。この病気もイクイク病と混同されがちですが、2つはやはり別の症状です。 イクイク病の患者の悩みは、性的興奮がないのに勝手にオーガズムが訪れること。 一方、女子色情症は性欲が一般レベルをはるかに上回っている病気です。 原因はやはり脳の中枢神経と関係がありそうですが、突発的にオーガズムが起きるイクイク病とは明らかに症状が異なります。 ・イクイク病 まるで性欲なし→身体が勝手にオーガズムを発症 ・女子色情症 異常な性欲あり→自分が求めてオーガズム 並べて比べれば、差は歴然です。 そもそもイクイク病の定義には、「性欲の異常な昂ぶり」は含まれていません。あくまでオーガズムが「多い」のであって、「強い」わけではないんです。

イクイク病に悩んでいる人の声

症例が少ないとは言うものの、現代の集合知であるネット上にはイクイク病に悩む人たちの悲痛な叫びが見つかります。最後にいくつか紹介しましょう。 ツイートした人の友達の話。「風俗が天職」と前向きにとらえたのは立派ですが、職場にうまく適合できたとは言えない状況です。伝説嬢と言ったら聞こえはいいですが、ようするにお客が沢山はとれず収入には結びつきません。
これ私のためのスレじゃん! これなったのよ!去年の今頃!!! まじで大変で仕事中もだし自転車なんてもってのほかだし 死ぬかと思ってピンク版で相談したわ 1ヶ月くらいで治ったけど 質問あったら答えるん
スレタイは「現代の奇病“イクイク病”に悩む女性の告白」。ひと月で治ったとの話は、貴重な証言かもしれません。症状に悩むアメリカ人男性が、トランスジェンダー化のウルトラCで症状を克服した例もあります。 一種の催眠状態でイクのが脳イキ。暗示がかかったままになっていて、何かのはずみでオーガズムがぶり返すだけだと信じたいですね。深刻な症状でないのを、ただ願うばかりです。

イクイク病が疑われる場合は早めに医療機関を受診しよう

イクイク病が疑われる場合は早めに医療機関を受診しよう イクイク病の認知はまだまだ不十分。かろうじて名前は知っていても、興味本位で面白がるだけの人が多いのは残念でした。 現状では、周囲の人に相談しても受け止めてはもらえないでしょう。当てはまる症状に悩んでいるなら、迷わず医療機関へ足を運ぶべきです。 医療従事者は科学者ですから、シモの話題を恥ずかしがったりせず、冷静に見つめられるプロ。 専門のお医者さんなら、あなたの症状がイクイク病なのかセックス依存症なのか、たちまち見抜いて治療の道を模索してくれます。 友達や知り合いに相談しても、おそらく何のアドバイスももらえません。イクイク病の全容がつかめていない以上、専門家以外に頼れる人はいないと心得ましょう。

オーガズム頻発のイクイク病はとても深刻!ただちに病院へ

「何度も何度もイクなんて、夢みたいな話じゃないですか」。当事者の苦しみを知らないと、そんなトンデモナイ誤解をしがちです。 いっさいムラムラしていないのに、身体だけ勝手にオーガズムへと突き進む。時々起こっても困りますが、それが日に10回、20回、いや中には100回を超える人も…。 現代の医学をもってしても、いまだ原因は解明されていません。 ただホルモンバランスの乱れや物理的ショックの悪影響など、脳の神経系との関わりが疑われるいくつかの仮説はすでに上がっています。 恥ずかしいから1人で悩む→医者に診せない→症例集まらず→研究が進まない イクイク病の悪循環の図式です。症状の重さを考えれば、一刻も早く専門家の診断を仰ぐ必要があるでしょう。 強制オーガズムのイクイク病は、本当に深刻な病気です!以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・イクときにおしっこしたくなるのはなぜ?Gスポットのすぐ裏側にある膀胱への刺激が原因だった彼氏がイクのを我慢するのはなぜ?早漏だと思われて嫌われたくない心理など5つの理由を紹介