なぜ仲直り前にセックスしたがるの?気になる男性心理を調査

10,506 views

風俗部ニュース

ドメスティックな彼女のエロシーン30選|英語教師・義妹のセックスに興奮しまくり!
ケンカした後にセックスをして仲直りしている人はいませんか?なんとなく流されてしまい、問題がうやむやに…という経験があるかもしれませんね。何故男性は仲直り前にセックスをしたがるのでしょうか。実はそこには男性の切実な思いが秘められていたのです…。仲直りセックスしたがる男性の気になる心理状態をチェックしてみましょう!

ケンカをしても正しく解決!彼氏といつまでも仲の良いカップルでいよう

いくら仲のよいカップルでもケンカはつきものです。みなさんはどうやって仲直りをしていますか?すぐに謝って解決する人もいれば、「気まずくて何日か引きずる…」というパターンの人もいることでしょう。仲直りの手段はたくさんありますが、よく聞くのが「セックス」で仲直りしてしまうパターン。ケンカ後のセックスは燃え上がることもありますが、なんだかうやむやになってしまっている気もしますよね。 なんとなく「ごまかされた?」「丸め込まれた?」とモヤモヤとしてしまうこともあります。果たして、セックスで仲直りという方法はアリ?ナシ?ネットの声を参考にしながら考えていきましょう。 また男性は何故ケンカ後にセックスをしたくなるのか?その心理を探ることによってケンカを正しく解決する方法もわかりますよ!

仲直り前にセックスするのは普通?女性にホンネを聞いてみた

「仲直りセックスをすることによってうやむやになる気がする」「逆に燃え上がる!」と意見は様々。女性のリアルな悩みを発信しているanan総研がメンバー200人に実施したアンケートがあります。それによると「彼氏から仲直りの手段としてセックスに誘われるのはアリですか?」という質問に「はい」が56%、「いいえ」が44%とほぼ半々という結果に。
仲直りセックスのアリナシは、だいたい半々に割れました。これは、仲直りセックスのメリットもデメリットもあることを指している証拠。 引用:ananweb
多くの人がメリットとデメリットを感じている証拠ですね。これはアリ、ナシ両方の立場から調査していく必要がありそうです!

「仲直りセックスはするべき!」アリ派の意見

約半数が「あり」と答えた仲直りセックス。もともと日本人はコミュニケーションにおいて不器用な人が多いのが特徴です。そのためなかなか素直に謝れない…という男性も多いかもしれません。 そんな時にセックスで解決するとなれば、これほど簡単なコミュニケーションの方法はないでしょう。気持ちを言葉にすることが苦手な男性は特に「ごめん」という言葉が出てこないことがあります。そんな男性の特徴を理解する女性は「セックスも謝罪の方法のひとつ」と受け取っているようです。何日も口を利かなかったのに、セックスで一発で解決したという意見もありました。 仲直りセックスは盛り上がるともいいます。しかし何故いつもより盛り上がってしまうのでしょうか。脳科学的にいえば、ケンカをするとアドレナリン(緊張・興奮系ホルモン)が分泌されて興奮状態になります。この状態は実は性的な興奮と同じものなのです。 何もない状態でセックスをするよりも、アドレナリンによって興奮状態になったほうが盛り上がるのは当然なのです。口では「ダメ」と言っていても脳と体は準備万端な状態と考えられます。人間の行動は脳が支配しているといいますが、その通りなのかもしれません。 ちなみに人類猿のボノボというチンパンジーの仲間がいます。彼らは雄雌でケンカをしてしまった場合、セックスをして仲直りをするという習性があるそうです。チンパンジーは殺意をもって殺し合うらしいですから、かなりの違いですね! ただしボノボの場合、性別関係なく性器を擦り合わせ、セックスをコミュニケーションのひとつとして生活に組み込んでいます。 男女の仲が悪くなるということは=別れをイメージするため、子孫繫栄の点からマイナスですね。「仲直りセックス」とは、人類のDNAに組み込まれた本能的な行動なのかもしれません。

「仲直りセックスなんてありえない!」ナシ派の意見

仲直りセックスは盛り上がるという意見がある一方で「セックスなんてやる気にならない」という意見もあります。確かに仲直りセックスは仲直りのきっかけとなる可能性は否定できません。しかしかえって問題をうやむやにしてしまっているだけなのです。 セックスの途中に「ゴメンネ」「いいよ」とその場では許してしまっているかもしれません。しかしあくまでセックスの雰囲気の中で言っているだけで、本心から「悪かった」と感じていることって少ないのではないでしょうか。 人は間違いを犯したとき、心底反省し、もう二度と同じミスはしない!と思ってこそ進歩があるのです。仲直りセックスは問題をうやむやにしているだけで、そこに本当の意味での反省はありません。本来であればケンカの原因はなんたるかをしっかりと突き止めなくては根本的な解決にはならないのです。二人でよく話し合わなければ本当の意味での解決ではありません! ネットでも仲直りセックスは解決になっていないから、またケンカを繰り返すという意見が見られました。相手との関係をしっかりと築いていきたいのであれば、仲直りにセックスを使ってはいけません。誤魔化さず、きちんと向き合ったほうが相手との仲も長続きするでしょう。

どうして仲直り前にセックスをしたがるの?彼の5つの心理

賛否両論の多い仲直りですが、仕掛けてくる男性にはどのような心理が働いているのでしょうか。女性からすれば「え、この流れで!?」と驚いてしまうこともあります。実は男性が仲直りセックスに持ち込みたがるのには深い理由があったのです。そこには男性の繊細な思いが隠されていました!順番に見ていきましょう。

①セックスさせてくれることで「俺たちは恋人同士なんだ」という安心感が欲しいから

ケンカはカップルにとっては一大事。人によってはそのまま別れに発展することもある大変なトラブルです。仲直りセックスを求めてくる男性は彼女に受け入れてもらうことによって「自分たちは恋人同士なんだ」と確認している可能性があります。 ケンカをして「もう顔も見たくない」という相手であれば女性側も拒否するでしょう。しかし仲直りセックス受け入れてもらうことによって、「まだ自分に愛情がある」ことを確かめたいのです。良い言い方をすれば、彼の方が別れたいとは思っていないということになります。

②ケンカの途中でムラムラしてくるから

相手に怒っているからケンカになるわけです。これは当たり前ですよね。特に言い争いなどをしていると、体が熱くなって、血管が膨張し心拍数が上がってきます。これにはノルアドレナリンというホルモンが関係します。 ノルアドレナリンは神経伝達物質のひとつでセロトニン、ドーパミンとともに三大神経伝達物質です。神経を興奮させる物質として不安、恐怖、意欲と深い関りがあります。また「怒りのホルモン」とも呼ばれ、外部の刺激に対して敏感になり、交感神経を活発にするのです。 ノルアドレナリンがなくなると意欲、行動力ともにゼロの人間が出来上がり、いわゆる”廃人”になってしまいます。そのため不足すると無反応、無気力となりいわゆる鬱の原因になることも。ノルアドレナリンはいわゆるやる気スイッチのような役目を果たすのですね。 人間の性欲はホルモンによって操作されています。興奮するなどで性欲が高まると、脳と神経から骨盤に信号を送ります。すると血管が膨張して脈が上がり、脳内ではノルアドレナリンやドーパミンが放出され、性欲となって現れるのです。 …怒っている時の脳の状態と性的に興奮している脳の状態ってなんだか似ていると思いませんか?どちらの状態でもノルアドレナリンが出たり、血管が膨張したり、脈が上がっているのがわかります。 このことからもわかるように「怒り」と「性欲」はとても密接な関係にあるのです。ケンカの途中にムラムラしてきてしまうのも理解できるような気がしますね!「仲直りセックスをしたい!」と思ってしまうのも無理はありません。すでにホルモンが出ている状態であるため、仲直りセックスは盛り上がるといわれているのです。

③ギスギスした雰囲気を早くなくしたいから

ケンカの後はギクシャクした関係になることが多くあります。仲直りがしたいけれど、なかなかできない。プライドが邪魔をしてしまうこともあるかもしれません。「何かきっかけがあれば…」と考え、仲直りのきっかけとして仲直りセックスに持ち込もうとするのです。 オキシトシンというホルモンがあることを知っていますか?オキシトシンは別名「幸せホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」などと呼ばれています。もともとは飼い主と犬が触れ合うことで分泌されるホルモンされてきました。しかし最近では人と人との肉体的なスキンシップにおいても分泌されることがわかっています。 オキシトシンが分泌されると幸せな気分になったり、ストレスが緩和されます。そのためさっきまでのギクシャクした雰囲気を修復するために大きな効果が期待できるのです。男性が仲直りセックスをしたがるのは、彼女との雰囲気をよくして許してもらおうという考えがあるのかもしれません。 ぎゅっと抱きしめられると、気持ちがきゅんとして許してあげたくなりますよね。彼の「仲良くしたい」という気持ちの表れであるならば、まあ仲直りしてもいいかも?

④本当はちゃんと愛してるということを伝えたいから

ケンカをしてしまうとなかなか素直な気持ちになれないものです。特に口下手な男性であるほど仲直りのきっかけを掴みづらいもの。 本当は彼女を一番愛しているのに、上手く言葉で表現できない…。そんな時に仲直りセックスに持ち込むことがあります。男性はデリケートであるいながらもプライドの高い生き物です。仲直りセックスは不器用な男性にとっての精一杯の愛情表現なのかもしれません。

⑤ケンカするのが面倒で誤魔化してしまいたいから

女性と男性は感覚が違います。男性が「そんな些細なことで…」と思うことでも、女性は本気で怒ったり…。分かり合えないものなのです。そのため彼としては彼女が怒っていることが面倒で仲直りセックスに持ち込んでいるのかもしれません。彼女が流されやすい性格であることを知っていて「ごまかそう」という気持ちでセックスするのです。女性にとっては一番モヤッとする瞬間かもしれません。 セックスをすれば女性の怒りはひとまずは収まります。そしてラブラブな甘い雰囲気と気持ちよさでいろいろなことがどうでもよくなるのです。女性としても雰囲気に見事に流され、「ま、次からは気をつけてヨ」とさらっと流してしまうことも。完全に彼の思惑通りですね。 どのようなカタチであれ、彼が反省してくれればいいのです。しかし問題は何でもかんでも仲直りセックスで解決しようとする男…。逃げているだけで反省していない場合は要注意!これでは解決になっていませんし、今後の二人の仲もよくありません。次は流されないようにし、一度よく話し合ってみるのもよいでしょう。

「仲直りするためのセックス」じゃなくて「仲直りしてからセックス」しよう!

ふたりの仲を盛り上げてくれる仲直りセックスですが、実は男性の思惑が見え隠れしていることがわかりましたね。男性が仲直りセックスをしたがる理由は以下の5つです。 ・「恋人同士である」という安心感を得たいから ・怒っている時はホルモンの影響でムラムラしてくるから ・ギスギスした雰囲気を修復したいから ・愛情を伝えたいから ・ケンカそのものが面倒になったからごまかしたい 女性よりも男性の方がストレートな考え方をしているので、ケンカ→セックスとなってしまうのかも。しかしあまりに仲直りセックスにばかり頼っていると、ケンカの根本的な解決にはなりません。セックスは仲直りしてからするほうが、ふたりの関係もより強固なものになるでしょう。 ◯関連記事 ・2人の寝方で相性がわかる!カップルなら知っておきたい寝相診断10選他人には聞けない「セックスの流れ」5組のカップルに密着ドキュメント