• スペンス乳腺ってなに?胸のGスポットをあなたに教えます。

    724,095 views

    セックステクニック(男性編)

    AV女優「並木塔子」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

    セックスのとき、多くの女性は胸への愛撫を、普通に受けているだけではないでしょうか。

    もちろん、男性も何も知りませんから、普通に胸を愛撫するだけで終わってしまうケースがほとんどでしょう。

    スペンス乳腺とは

    女性の胸にもGスポットがあると言われているのをご存知でしょうか。
    実は、このことは当の女性もほとんど知りません。

    この胸のGスポットのことを「スペンス乳腺」といいます。
    この女性の胸にあるスペンス乳腺を攻めれば、カップルでさらに気持ちよくなることができるのでおすすめです!

    女性は胸を愛撫されると気持ちいいけど、気持ちよくてたまらないというほどではありません。

    どちらかというと、胸を愛撫したいのは男性のほうで、女性は男性が求めるから触らせてあげているだけなのです。

    だから、胸の愛撫はセックスの前段階として、多くのカップルが「形式的」にやっているにすぎません。

    しかし、それはすごくもったいないことなのです。

    乳首は敏感なのに乳房は鈍感なワケ

    多くの女性は乳首を愛撫すると敏感に感じますが、乳房を愛撫してもあまり感じることはありません。

    その理由は、乳首には神経が集中しているため、少しの刺激でも感じるのに対して、乳房はほとんどが脂肪のかたまりなので、この脂肪が邪魔をして神経まで刺激が届かないのです。

    男性にとっては脂肪があるから心地よく感じるわけですが、女性にとっては皮肉なことに、その脂肪が邪魔をして十分な快感を味わうことができないわけです。

    女性の胸で乳首の次に感じるのは、アンダーバストと「スペンスの乳腺尾部」と呼ばれる部分です。

    胸のGスポット

    このスペンスの乳腺尾部が、「胸のGスポット」と呼ばれる部分なのです。

    胸のGスポット、スペンス乳腺を愛撫すれば、女性が敏感に反応することがわかってきたので、多くの男性がその秘密を知りたがっています。

    では、スペンス乳腺尾部というのは、どのあたりなのでしょうか。

    それがわからないことには、男性も愛撫のしようがありません。

    スペンス乳腺尾部ってどのあたり?

    スペンス乳腺について

    スペンス乳腺尾部は、脇の下と横乳のちょうど境目のあたりにあります。

    スペンス乳腺どこ?

    つまり、上半身裸で気を付けの姿勢をしたときに、ちょうどオッパイと腕が触れるあたりがスペンス乳腺尾部なのです。

    もともと、アンダーバストやスペンス乳腺尾部は乳房の他の部分より感じる部分なので、ここを愛撫すれば乳房全体の感度も上がっていくといわれています。

    男性がここを愛撫しないのは、何とももったいない話なのです。

    スペンス乳腺 場所

    しかし、どうしてこれまで胸のスペンス乳腺がわからなかったのでしょうか。
    実は、その場所が知らずに、愛撫していた人もいるはずなのです。

    そこを愛撫すると女性は激しく反応するはずなのですが、場所がちょうど脇の下あたりだから、くすぐったいのと区別がつかないのです。

    つまり、「わきの下はくすぐったい場所」という先入観から、そこを愛撫して女性が反応すると「ごめん、くすぐっちゃったね」と言ってすぐやめてしまっていたわけです。

    だから、そこがスペンス乳腺だということがわからないまま、今日まできてしまったということのようなのです。

    下記、動画でも説明されています。


    引用;【驚愕】女が悦びオーガズムに達する胸のGスポット(スペンス乳腺)

    胸のGスポットを愛撫したときの反応

    もともとくすぐったい場所なので、胸のGスポットを愛撫したときの女性の反応は3つに分かれます。

    1.背中をのけ反らせるくらい激しく感じる

    2.くすぐったいだけ

    3.くすぐったさと気持ちよさを同時に感じる

    この中で、一番多いのは「3.」の反応だといわれています。

    つまり、まだそこが未開発だから、こういう中途半端な反応になってしまうのです。

    しかし、そこは間違いなく性感帯なのですから、じっくり開発すれば激しく反応するようになるのは間違いありません。

    だから、女性がくすぐったいと訴えても、少しずつ愛撫して性感を高めてあげるようにするのが、男性の務めと心得ましょう。

    女性の新たな性感帯の開発は、男性にとっては密かな楽しみでもあるはずです。

    女性は新たに感じる場所が増えるわけだし、男性にもそこを開発する喜びが生まれるのですから、どちらにとってもうれしいことなのです。

    スペンス乳腺はどう攻める?

    胸のGスポットは、あせらずじっくり攻めましょう。
    脇の下から乳房を持ち上げ、中央へ寄せるようにしながら圧迫していきます。

    これを繰り返すことで、胸の感度が上がっていきます。
    ただし、このときは乳首への愛撫はしないほうがいいかもしれません。

    なぜなら、まだ乳首のほうが敏感に感じるので、快感がぼやけてしまうからです。

    挿入してスペンス乳腺を愛撫できれば!

    ペニスを挿入すると、女性の快感が増すのは当然のことです。

    新たなスポットであるスペンス乳腺尾部への愛撫も、挿入してから行うとよりいっそう効果的です。

    これまでも、多くの男性が挿入時に女性の胸を愛撫していたことでしょう。

    しかし、それは乳房や乳首への愛撫だけで、乳房の端っこであるスペンス乳腺尾部など、見向きもしなかったのではないでしょうか。

    これからは、挿入時に胸の外側から指を這わせて、中央に向かって寄せる動きを加えるようにしたいものです。なかなか難しいかもしれないですが・・・

    スペンス乳腺 愛撫

    また、乳房や乳首を舐めるだけでなく、脇に舌を這わせてスペンス乳腺尾部も積極的に舐めるようにしましょう。

    スペンス乳腺尾部への愛撫を意識して行えば、胸のGスポットが徐々に開発されていくのは間違いありません。

    挿入して腰をふりながらのスペンス乳腺の愛撫は難易度はかなり高いが女性を満足させる為に習得したいプレイです。

    スペンス乳腺はマンネリ防止にも効果的

    胸のGスポット、スペンス乳腺の発見は、マンネリ気味だったカップルにとって救世主となるかもしれません。

    というのは、スペンス乳腺への愛撫が新たな刺激となって、カップルの絆がこれまで以上に深まることが考えられるからです。

    セックスの技法なんて、もうとっくに出尽くしているはず。

    今更新たな性感帯の発見などないと、誰もが思っていたに違いありません。

    ところが、こうして新たな性感帯の発見があったわけですから、このおかげでセックスの楽しみがひとつ増えたことになります。

    もしかすると、これで少子化の流れが変わるかもしれないので、ぜひ都知事にも教えてあげたいですね!


    作品紹介

    スペンス乳腺の動画