• 気持ちのいいおっぱいの愛撫のやり方|ポイントは性感帯5つを攻略する

    34,272 views

    セックステクニック(男性編)

    AV女優「星咲優菜」の無修正動画ベスト15【最新版】

    前戯でもあまり重要視されることのないおっぱいへの愛撫。しかしここでどれだけ感じさせることができるかで、彼女からの評価もグッと変わります。ただ揉んで舐めて吸うだけのチンケな愛撫はもうやめましょう!今回は彼女を虜にしちゃう、気持ちいいおっぱいの愛撫方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

    おっぱいの愛撫を極めて彼女のセックス満足度を2倍にしよう!

    「前戯ではおっぱいにもっとも力をいれる」そんな男性は少ないことでしょう。しかしおっぱいへの愛撫を疎かにしてるようでは、彼女も内心ご立腹かも…?

    「濡れるけど物足りない」そんなことを思わせるようでは、彼女からおねだりされるようなテクニシャンな男とはいえません。もっとセックスにアクティブになって、淫らに喘ぐ彼女を見てみたくはないですか?

    「あなたとのセックスじゃないともう満足できない」これくらい依存させたいのであれば、おっぱいへの愛撫を極めるべき!これからご紹介する情報を理解し実践することができれば、彼女のセックス満足度を2倍に跳ね上げることだって可能なんです!

    セックス満足度が上がれば、不平不満もなくなり浮気される心配もなくなるでしょう。いつまでもラブラブカップルとして濃厚なセックスを楽しみたいのであれば、ぜひ最後までしっかり読み込んでみてくださいね。

    おっぱいの愛撫を極めるために大事なポイント3つ

    おっぱいへの愛撫を極めるために理解しておくべきポイントは全部で3つです。

    ①おっぱいにある5つの性感帯を知る
    ②焦らすことで感度を高める
    ③時間をかけ開発していく

    これが1つでも欠けてしまえば、彼女を淫乱な女に変えることはできません。
    気持ちいい愛撫方法を知る前に、まずはこの3つのポイントを熟知しておきましょう。

    おっぱいの性感帯は全部で5つ

    おっぱいの性感帯というと乳首くらいしか認知されていません。しかしそれ以外にも5つの性感帯があるのです。おっぱいへの愛撫を極めるのであればこの知識は必要不可欠。まずはそれぞれの場所と刺激方法を理解しておきましょう。

    【①スペンス乳腺尾部】
    横乳のラインよりもやや背中寄りの場所で、おっぱいのふくらみで盛り上がりかけている所がこのスペンス乳腺尾部になります。「おっぱいのGスポット」とも呼ばれていて、極めればここを刺激するだけでイクことだって可能なんですよ。

    〇参考記事:スペンス乳腺ってなに?胸のGスポットをあなたに教えます。

    【②ミルクライン】
    ワキの下から乳首、乳首からおへそまでのラインをミルクラインと言います。

    ここには腋窩リンパ節が通っており、中には副乳とよばれる3つ目・4つ目のおっぱいを持つ女性も。

    ミルクライン上に”副乳”、つまり乳首とは別の乳腺組織を持つ女性が存在するという。
    「私がセックスした女性8000人のうち、10人ほどが副乳の持ち主でした。両腋下に2つの副乳を持つ女性とセックスした時には、副乳を責めると普通の乳首以上に感じていましたね。『そこはイヤ』なんていいながら、ビショ濡れでしたよ」(田淵氏)
    副乳は限られた女性のみに与えられた”奇跡の性感帯”なのかもしれない。
    引用:NEWSポストセブン

    例え副乳がなくとも、フェザータッチで丁寧に愛撫すれば感じさせることができます。

    【③アンダーバスト】
    おっぱいの下、ブラジャーのワイヤー部分がくる場所ですね。アンダーバストそのものに性感帯があるというよりも、アンダーバストに添って指をあてがい、胸全体を揉むことでゾクゾクと背中を走るような快感を与えることができます。

    【④乳輪】
    よく見ると乳輪にはブツブツしたものがあります。これはモンゴメリー腺からくるもので、性的フェロモンの発生装置でもあるんです。「女性のおっぱいは甘い匂いがする」という男性もいますが、これはこの乳輪のブツブツのせい。ブツブツを1つ1つ舐めとるように刺激すれば、焦れったくて腰をくねらせてしまうような快感を与えられます。

    【⑤乳首】
    言わずもがなおっぱい最大の性感帯です。しかし一言で「乳首」とまとめてはいけません。側面と頂点では感覚が違うんです。ここを刺激しわけることで、よりおっぱいへの愛撫を極めることができるでしょう。

    ◯参考記事:乳首イキはクリイキよりも快感!触るだけで逝っちゃう淫乱乳首の開発方法

    すぐに乳首を触らず、焦らすことで気持ちよさは1.5倍に

    5つの性感帯がある女性のおっぱい。開発せずとも感じさせることができる乳首は、前戯の際に重点的に責める人も多いでしょう。しかしおっぱい=乳首ではありません。早々に乳首を刺激するよりも、それ以外の性感帯を刺激しつつ焦らしていった方が、より神経が集中し感じさせることができるのです。

    性急な男はモテませんし、テクニシャンになることもできません。乳首はあくまでもおっぱいの最終ゴールと考え、焦らしに焦らして感度を1.5倍になるまで高めることを意識しましょう。

    おっぱいの性感帯は何度も刺激することで感度が上がる

    ミルクラインを撫でたりスペンス乳腺尾部を指圧してみても、最初からよがるほど感じる女性はまずいません。もしあなたの彼女が最初から喘ぐのであればそれは相当ラッキーなこと。普通は開発が必要なんです。

    例えば1週間刺激し続ければ感じるようになる人もいれば、1カ月かかってやっとという人もいるでしょう。また元々の感度にだって個人差はあります。「1回触ってみたけどくすぐったがるだけだった」、だからといってすぐやめるのはNG。おっぱいで感じさせるためには、諦めずに愛を持って続けることが大事なんだと理解しましょう。

    彼女が「もっとして!」と言うようになるおっぱい愛撫の手順9つ

    3つのポイントは理解できましたか?焦らず彼女の身体をじっくりと開発していくためには、それ相応の愛撫方法が必要になります。「とりあえず性感帯を刺激してみる」これだけでは足りません。

    焦らしながら感度を高めつつ、徐々に強い快感を与えていくことが大事。ここからは彼女がおねだりしちゃうような気持ちいいおっぱいの愛撫方法を、9つの手順で詳しくご紹介していきましょう。

    ①いきなり脱がすのは三流!服の上からおっぱいを優しくほぐすように揉む

    おっぱいの愛撫を極めたいからと、いきなりおっぱいを鷲掴みにしても感じるはずありません。彼女のエロスイッチを入れる必要があります。このスイッチが入っていなければ、同じ触り方をしても全く感じ方が異なるのです。

    エロスイッチを入れるためにもいきなりおっぱいを揉むようなことはせず、まずはキスをしたり首筋に唇を這わせつつ、服の上からおっぱいを優しく揉みほぐしましょう。このとき感じさせるつもりで触る必要はありません。あくまでもおっぱいを優しく触ることで彼女のエロスイッチを入れることが目的です。

    ②ブラのホックを外してズラし、服の上からおっぱい全体をフェザータッチする

    服の上からおっぱいを優しくほぐすように揉んでいれば、彼女のエロスイッチも入りどんどん感じやすくなっているはずです。しかしまだ直には触りません。洋服を脱がすためにブラジャーのホックを外したのであれば、ブラジャーがない状態で服の上から刺激していきましょう。

    先ほどはブラジャーがあったため感度も低いままでしたが、ブラジャーがなくなれば感度は急上昇。洋服の肌ざわりを利用し、フェザータッチでくすぐるようにおっぱい全体を揉んでください。乳首が立ち甘い吐息が漏れ始めることでしょう。

    ③服を脱がせて乳首に触れないようおっぱいにキスをしたり舌先で舐める

    さあいよいよ直におっぱいを愛撫するときがやってきました。しかし3つのポイントでも述べたように、焦らして神経を集中させることが大事。そのためまだ乳首に触ってはいけません。

    唇でついばむようにキスをしたり、舌全体を使って舐め上げてみたりと、おっぱい全体を愛おしむように愛撫しましょう。肉体的な快感度は弱いかもしれませんが、大事にされてる実感やこれから始まるプレイに対する期待度が上がり、彼女もうっとりと身を任せてくれるはずです。

    ④スペンス乳腺尾部を指で優しく撫でたり押したりする

    おっぱいにキスしたり舌を這わせながら、空いてる手でスペンス乳腺尾部を刺激してみましょう。横乳のラインに指を滑らせてみたり、横から持ち上げるように指圧してみることで、この性感帯を刺激することができます。

    最初のうちはくすぐったさを感じることも多いと思いますので、もし彼女が笑ってしまうようであれば少し強めに押してみましょう。肌に触れてから1・2㎝ほど押し込んでもOK。ただ筋肉に触れてからさらに押し込むのは痛みを感じるためNGですよ。慣れてくれば鳥肌が立つようにブワッとおっぱい全体に広がる不思議な感覚を味合わせることができます。

    ⑤ミルクラインを指で優しく撫でたり押したりする

    ミルクラインの中でも、乳首を避けて触ることを意識しましょう。おすすめは口と指を同時に使う方法。ワキから上乳の辺りを爪でなぞりつつ、下乳からおへそにかけて大きく上下させるように舐め上げるのです。このとき肌のかたちが変わり凹むくらい、舌先で強めに押してみてくださいね。

    同時責めはいつのときも女性を感じさせる王道テクニック。1番敏感な乳首を避けているにも関わらず、腰の辺りからうなじまで駆け上がるような気持ち良さを与えられます。特にお腹の真ん中、胃の辺りは刺激されることが少ない場所だけに、敏感に反応してくれることでしょう。

    ⑥アンダーバストをバストラインに沿わせて揉んだり指先で優しく押す

    アンダーバストに添って、親指とそれ以外の4本指でVサインを作りましょう。下から持ち上げるようにしてみたり、指先で挟むように揉んでみたりしてください。このとき中指の指先辺りがスペンス乳腺尾部になるので、同時に指圧するつもりで優しく押し込みましょう。

    ただし決して強く挟み込んだりしないでくださいね。女性のおっぱいには乳腺がたくさん走っているため、強く圧迫されると痛みを感じてしまうのです。優しくソフトに触るのが鉄則。おっぱいの柔らかさを感じなくなるくらいググっと揉むのはNG行為ですよ。

    ⑦乳首に触れないように乳輪を指先でなぞる

    まだ乳首に触ってはいけません。乳首を触る前の最終段階として、乳輪を責めていきましょう。乳輪をなぞるように指先でクルクルと撫でてみたり、ブツブツを1つ1つ丁寧に舐めとっていきましょう。

    ここまでくればとっくの昔に乳首は立ち、腰をくねらせるようなじれったさを感じているはず。極限まで焦らすことでより感度は高まる、これを念頭に置きひたすら焦らしていきましょう。でも時々乳輪を撫でながら乳首にフワッと触って、ビクッと跳ねる彼女の反応を楽しむのはアリですよ!

    ⑧乳首の感覚神経、マイスネル小体とパチニ小体を刺激

    さあここまできてようやく乳首を刺激するときがやってきました。ただその前に、おっぱいにある感覚神経について知っていきましょう。おっぱいの愛撫を極めるために覚えておくべき神経は、マイネスル小体とパチニ小体という2つの神経です。

    【マイネスル小体】
    皮膚の表面、浅い部分にある神経です。ここは「触覚」と呼ばれる感覚神経で、微振動や低周波を敏感に察知します。そのため乳首の頂点をくすぐるように擦ってみたり、乳首を中指の横腹で弾くようにすることで刺激できます。

    【パチニ小体】
    皮膚の深部、深い部分にある神経です。ここは「圧覚」と呼ばれる感覚神経で、深部圧や強振動に反応します。そのため唇で甘噛みしたり舌先で押し込むように舐める、他にも吸うという行為でも、芯まで響く快感を与えることができるのです。

    例えば左手で乳首をコリコリと挟みつつ右乳首を吸えば、両方のおっぱいのパチニ小体を同時に責めることができますし、両乳首の頂点を指で優しく撫でればマイネスル小体を刺激することができます。

    ただ注意すべきなのがパチニ小体は感覚に慣れるのが早いということ。つまり長時間吸い続けたりコリコリしていると、徐々に感度が鈍ってしまうのです。そのため感度を下げないためにも、同じ刺激方法は続けずにさまざまな方法を駆使する必要があります。

    ⑨手マンしながらマイスネル小体とパチニ小体を開発

    擦ったり弾くようにすることでマイスネル小体を、甘噛みしたり舐めたり吸ったりすることでパチニ小体を刺激できることを覚え、乳首をあらゆる方法で愛撫していきましょう。開発が進みおっぱいそのものの感度が上がれば、乳首だけでイク「乳首イキ」ができるようになりますよ。

    しかしそう簡単に開発が進まないこともあるかもしれません。そんなときは手マンで同時責めしてみましょう。おっぱい以外の性感帯を刺激することで、いくつもの刺激に襲われた身体の感覚神経はマヒします。しかし感覚がわからないということは、肉体にとって最悪死にも繋がりかねない危険なこと。だからこそ感覚神経は刺激を感じようとより敏感になっていくのです。

    同時責めが王道テクニックなのは、この「感覚神経を一旦マヒ→より敏感にさせる」ことが可能だからこそ。手マンとおっぱいの愛撫を同時責めすれば、おっぱいの感度も高めやすく、開発も進みやすくなりますよ。

    〇参考記事:痛い手マンとさよなら。女子のあそこが洪水になっちゃう手マンの方法とは

    おっぱいの愛撫を極めて彼女とセックスしまくろう

    最後にここまでご紹介してきた情報をまとめてみましょう。

    【おっぱいの愛撫を極めるための3つのポイント】
    ①性感帯が5つあることを覚える
    ・スペンス乳腺尾部
    ・ミルクライン
    ・アンダーバスト
    ・乳輪
    ・乳首
    ②焦らすことで神経が集中し感度が1.5倍になる
    ③開発には時間が必要、何度も繰り返し行う

    【おっぱいにある感覚神経2つ】
    ①マイネスル小体
    ・浅い部分にある
    ・微振動や低周波に反応
    ②パチニ小体
    ・深い部分にある
    ・振動圧や強振動に反応
    ・感覚に慣れやすい

    これさえ把握しおっぱいの愛撫を極めることができれば、彼女のセックスに対する満足度も2倍に急上昇!開発の際は感覚神経をマヒさせる同時責めを意識しつつ、乳首イキできるくらいおっぱいで感じさせちゃいましょう!

    ◯関連記事
    クリでイカせるよりも気持ちいい!挿入せず乳首だけで女がイク方法
    上手な前戯とは?絶対に外さないやり方を手順ごとに詳しく解説