台湾の風俗はオススメ!日本語も通じる店も!

827,900 views

海外風俗

セクキャバ嬢が教える女が喜ぶディープキステクニック5選

台湾は料理も美味しいし、物価も日本よりもやすいので買い物も楽しめ日本からも近い事から海外旅行先として近年大人気です。 そんな台湾ですが実は風俗も熱いんです。

海外風俗初体験の人ならタイのマッサージパーラーやマカオのサウナもいいですが、台湾風俗もオススメです。

料金も日本の風俗よりやや安く楽しめ、女の子も悪くないので満足度は高いと言われています。

まずは風俗以外の台湾の特徴から

東アジアの島国である「台湾」。正式名称は中華民国。ただし歴史的な名残から、日本国内では台湾と呼ぶのが一般的です。 位置は日本最西端の島である与那国島の西方、距離でいえば東京から箱根までとそう変わりません。

そして琉球諸国にほど近いことから1年中温暖な気候です。 沖縄と同じように四季こそあるものの、とくに春から秋までの変化は小さい傾向にあります。

基本的にいつ訪れても快適な環境なので、旅行には大変適した地域です。

ただし前線の影響で春(3~5月)は雨が多かったり、夏(6月~8月)は台風が上陸したりすることもあるので、

旅行計画の段階で気候については確認しておいたほうがいいでしょう。

台湾は中国やアメリカ、日本などと深い関わりを持った歴史的背景があるために、多様な文化が根付いている地域です。

基本的には漢文化を主体としている一方で、たとえばかつての日本の統治によって温泉、おでん、カラオケなどといった文化はいまでもみられます。近年ではそれらの文化を総称して、台湾文化とする流れもあるようです。

日本語が通じるところも多い

taipei また統治によって同国は日本に悪いイメージを持っていると思われがちですが、統治下では近代化に努めて国の発展に寄与したり、台湾を統一した鄭成功の母親が日本人だったりするために、そう悪いイメージを持っているわけではなく、むしろ親日の傾向があるといわれています。

最近は近場で安く楽しめるアジアに人気が集まっています。その中でも台湾は日本から数時間の距離です。 上記の統治に関連して、日本語が通じるエリアもあります。もちろんすべてが通じるわけではありませんが、多少の意味は伝わりますのでほかの国に比べるとコミュニケーションはとりやすいかもしれません

ホテルはもちろん飲食店や屋台でも片言の日本語で話してくれる店員さんもおり、日本人としてはとっても他の国くらべても安心して遊べる国なんですよね。

中でも台北にある風俗は日本語が通じる店も結構あるので、海外での風俗がはじめてという方も安心して楽しめると思います。

おまけにかわいい子が多い!

台湾風俗の遊びやすい環境

じつは台湾は東アジア諸国では珍しく、一部エリアに限って売春が合法化されています。 そのため日本と比べるとかなり遊びやすい環境です。同国の風俗で遊ぶなら、おもに以下の5つが選択肢になるでしょう。

1、林森北路の無料案内所(店舗型)

台北の林森北路に台湾初の日本人専用風俗無料案内所がオープン!

台北風俗無料案内所とは台北風俗全般を無料で紹介してくれる施設です!
(キャバクラ・KTV・サウナ・ピンポンマンション・デリヘル・ピンサロ・制服店・風俗エステ)

無料案内所の日本人スタッフが丁寧に案内紹介をしてくれます!

ぼったくりや詐欺にあうことがない為、海外が始めての方も気軽に風俗を楽しめることが出来ます。

台北風俗無料案内所
営業時間14:00〜2:00
台北市中山区林森北路409号

林森北路夜遊び無料案内所
林森北路の無料案内所情報部ブログ

ピンポンマンション(店舗型)


台湾式ピンポンマンションは同じ建物内で一部屋に一人の女の子がランジェリー姿で待機しており部屋の中の女の子を見て選ぶことができます。 現地で女の子を見て選ぶシステムなので安心して利用が出来ます!

プレイ時間40分〜60分本番ゴムあり
一律 TWD6000元(日本23000円支払い可能)
サービス料金のみで部屋代は一切かからず追加料金等もないです!
宿泊ホテルや指定場所からピンポンマンションまで無料で送迎案内してくれます!
利用人数が10人以上でも車2台で迎えにきてくれる為 団体の方も対応可能です!

女の子は20代前半の可愛い女の子が多く マレーシア人やタイ人の他国の女の子がいないのでレベルが高い女の子がそろってます。
こちらが案内しているピンポンマンションは性病検査を毎月しているため病気の心配もありません。

※ポン引きや客引きは一切案内していないピンポンマンションになります!

日本人スタッフがLINEで予約対応してくれます!

LINE ID:go141go

台湾風俗ピンポンマンションナビ

3、デリヘル


台湾デリヘル日本人サポートは日本人スタッフが案内してくれるため、女の子の好みの希望やプレイの要望などがスムーズに伝わります!

60分本番込み TWD 5000元〜 (日本円支払い可能)

出勤の女の子が50名以上います。ムービーがある女の子もいるため、写真詐欺にあう被害も少なく女の子を見て気に入らない場合キャンセル・チェンジが無料で安心して利用ができます。

LINE追加で出勤情報や予約も受付してくれます! LINE ID:go141go

■台湾風俗日本人サポート案内サイト
https://ja.nightlife141.net/

■141台湾風俗日本人サポート案内Twitter
https://twitter.com/@141Taiwan

4、台湾キャバクラ(KTV)

お持ち帰り前提のキャバクラです。基本的に日本人向けとされており、日本語がある程度通じます。 女の子のビジュアルもハイクラスなので、日本人が風俗目的で足を運ぶなら、まず第1候補になるでしょう。

またKTVと呼ばれますが、中国のKTVの場合はアフターが客次第なので、この点で大きく異なります。 遊び方は、店舗にてドリンクやフードなどを注文し、女の子(小姐:シャオチエ)が席につくところからスタートです。 好みでなければチェンジ、好みであればそのままコミュニケーションをとります。

そのうちスタッフからお持ち帰りの有無を聞かれ、問題なければお持ち帰り代とともに料金を支払い、ホテルなどでサービスを受けます。 ちなみに台北の店舗は林森北路(リンセンペイルー)に密集しています。

5、台湾141

香港141が有名ですが、台湾にも141という総合風俗サイトがあります。台湾式エロスセンターです。日本でいう「ちょんの間」をイメージするとわかりやすいかもしれません。 マンション1戸が風俗となっており、1つひとつの部屋に女の子がいます。 ピンポンを押して好みであればそのままサービスを受け、そうでなければ断りを入れて次を探すようなスタイルです。

141には公式WEBサイトがあり、マンションの立地および在籍する女の子が掲載されています。 現地のサイトなので多少勇気が必要ですが、もし好みの女の子がみつければ、電話で予約も可能ですので、あらかじめ目を通しておくとスムーズでしょう。

公式サイトは英語にも対応しています。 →台湾のデリヘル141公式サイト

6、台湾のサウナ式風俗

スパでスペシャルサービスを受ける、台湾ならではの風俗です。一見すると普通のスパにて、温泉やサウナを楽しんだあと休憩室へと向かえば、中高年の女性が「女の子はどうですか?」などと声をかけてきます。

遊びたい旨を伝えると、店舗の奥、もしくは裏口まで案内され、そこにはベッドを備えた個室が。待機していると女の子がやってきて、マッサージからスペシャルサービスをしてくれます。

店舗としてよく知られているのは、「金年華三温暖」「亞太三温暖」のふたつです。

7、ポン引き

日本にもいる客引きです。街中で中高年の女性が声をかけてくるので(もしくはこちらからかける)、料金等に納得すれば店舗やホテルに移動して待機します。しばらくすると女の子がやってきてスペシャルサービススタートです。

いわゆる大衆風俗で、リーズナブルな値段とスピーディーな遊び方から人気を集めていますが、なかには高額な料金を請求してくるところもあります。
要するにピンからキリまであるために、利用するときはできるだけ吟味しましょう。

5、ピンサロ

およそピンサロですが、台湾版は少々過激です。店舗の個室に数10人の女の子が並んでおり、そのなかから好みを選んでテーブルにつきます。

雑談をしたのち、ストリップのように目の前で踊り出して、かなりの露出に。以降は日本のピンサロと変わらないサービスを受けます。上記の風俗に比べると、ライトなジャンルですので、気軽に遊びたいときにはこちらを選びましょう。

各種平均相場

2016年2月時点の料金、相場を記載します。

1、台湾キャバクラ(KTV)の平均費用

飲み放題で1,500台湾ドル、お持ち帰りのショートは7,000台湾ドル、ロングは9,000台湾ドルが相場です。

ショートの時間は2~3時間、ロングは朝までが目安になります。

8、台湾141の相場

1回で6,000台湾ドルが相場です。ただし女の子によってさまざまであり、時間もショートからロングまで幅広いので、デリヘル141の公式サイトを確認してみましょう。

女の子ページを開き、「Service」と書かれている項目が料金です。

3、台湾サウナの相場

1回で4,000台湾ドルが相場です(入館料込)。時間はマッサージを含めると、70分前後が目安です。

ただし時間についてはとくに決まっていない上、サービス中にチャイムなどは鳴りませんので、女の子と相談しながらが基本となります。

4、ポン引き

1回3,000~4,000台湾ドルが相場です。これ以上を提示されても、交渉次第で相場まで下げられる可能性はあるので、臨機応変に対応しましょう。

5、ピンサロ

60分3,000台湾ドルが相場です。指名料等に関しては、そもそも女の子を選んで遊ぶのがルールなので、基本的には追加料金が発生することはありません。かかるとしてもドリンク代になるでしょう。

台湾キャバクラ(KTV)が集まっている台北の林森北路

台北市の林森北路(リンセンペイルー)近辺 日本人が多く訪れる林森北路(リンセンペイルー)は繁華街で有名なところです。

台南赤崁東街

台南市内の赤崁東街は、台南の繁華街で有名です。「忠義路二段」と「民権路二段」交差点の付近にクラブなどの店がたくさんあります。 但し、日本語がほとんど通じないと思われますので、初めて海外の風俗で遊ぶ場合は台北にした方が無難です。

台湾は日本からも近く、土日を利用して気軽に遊べにいけるので魅力的です。

最後に台湾風俗の楽しみ方まとめ

台湾の風俗はそれぞれ特色があり、実際のところ好みはかなり分かれるところです。 ただし初心者が足を運ぶのであれば、台北のKTVキャバクラか141がベターでしょう。

前者は日本人向けのサービスであるために、ほかの風俗に比べると言葉の壁は低いです。 女の子についても見た目はもちろん、コミュニケーションをとりながら選ぶことができるので、とにかく失敗があまりありません。

費用こそかかってしまうものの、それだけの安心感を得られます。後者も台湾キャバクラと同じようなメリットがあります。たとえば、事前のコミュニケーションこそとれませんが、見た目で確実に選べますし、公式サイトの女の子ページには会話できる言語も掲載されており、上手に利用すればリーズナブルな価格で満足のいく時間を過ごせるはず。

実際には会話できる言語に「Japanese」「English」などと書かれていても、カタコトのケースが多いようですが、まったく伝わらないという事態にはなりません。いずれもリスクが少ない遊び方ですので、初心者はふたつから選ぶといいでしょう。

リーズナブルな値段の台湾サウナ式風俗

もし予算などの関係で厳しい場合は、台湾サウナが次点の選択肢です。リーズナブルな値段でスペシャルサービスを受けられる点は、台湾キャバクラと141に大きく勝ります。

女の子を選べないというリスクがありますが、ハイクラスの子が出てくるケースも少なくありません。 失敗談も少ないので、じつは穴場の遊び方ともいえそうです。

台湾風俗に負けていない日本の風俗

日本の風俗もこれらの台湾の遊び場に負けないぐらいの魅力があります。

関東東京なら品川の風俗。五反田も有名ですが、品川もハイレベルです。

四国なら高松の風俗、四国の風俗といったら高松です。穴場ではありません。

中国地方なら人気の岡山風俗と、

カープが熱い!広島風俗

興味がありましたら、一度、風俗ムーブをご利用くださいませ。