女性がセックスでイクのはどれくらい気持ちいいの?全5種類の反応をわかりやすく紹介

55 views

セックス

女性がセックスでイクのはどれくらい気持ちいいの?全5種類の反応をわかりやすく紹介
男性の射精はわかりやすいですが、女性のイクは複雑でそう簡単に体験できません。しかしオーガズムに導かれたときの快感は、男性のとは比較にならないほどです。 イッた経験のある女性に話を聞くと、「電気が走った」「頭が真っ白」などみんな感想が違って実態がよくわかりません! というわけで今回は、女性がセックスでイクのはどれくらい気持ちいいか徹底検証。 イクときの反応を5つに分類し、どれほどの快感なのかを突き止めます!
記事の目次(クリックで表示)

女性にとってセックスでイクのはどれほど気持ちがいいものなのか調査

足の感覚がなくなる?ちょっと驚きですが、ふわふわ地に足のつかない感じなのでしょうね。 浮遊感で不安になるのではもちろんありません。カラダごと浮き上がり、まさに天にも昇るような気持ちよさ。 大げさかもしれませんが、この世のものとは思われないような快感に包まれているんです。 のちほどくわしく解説しますが、イク場所によって快感の種類が違ってきます。この方は「奥でイク」と言っていますから、おそらく子宮口を刺激されたのでしょう。 子宮口にある神経は脳の神経ですから、「意識飛ぶ感じ」はじつは当然の結果。 大事なのは膣のどの場所でイクにせよ、もたらされるのは想像を絶するようなレベルの快感だと言うことです!

セックスでイクとどれほど気持ちいいのか?全5パターンを紹介

セックスでイクとどれほど気持ちいいのか?全5パターンを紹介 「イク」を経験した女性にアンケートを取ると、じつにさまざまなたとえで気持ちよさを表現してくれます。でもそこには、いくつかのパターンが見て取れるんですね。 筆者は、大きく分けて5パターンと考えました。感覚的な言葉の形で取り上げた上で、医学的な根拠とあわせてわかりやすく紹介していきます!

①頭が真っ白になって何も考えられなくなる

何も考えられなくなるほど強い快感。この感覚を「頭が真っ白になる」と表現する女性が多いです。 気持ちよさに包み込まれて、快楽と一体化したような状態。 もともとオーガズムは、別の何かが気になっていると起こりにくいところがあります。 しかしいざイク段階になれば、もう他の何かを気にする余裕などなく、快感の大波に包み込まれてしまうわけですね。 アメリカの大学のある研究者によると、女性の場合、オーガズムによって脳全体が一斉に活性化するケースがあると言います。 一部ではなく全部が活性化するとなると、これはまさに過剰反応で、何も考えられない状態そのもの。 「頭が真っ白」は、科学的な真実を言い当てた表現なのかもしれません。

②全身に電流が走るような感覚になる

「イク瞬間にビクッとなる」「雷に打たれたような感じ」などの感想もよく聞かれます。オーガズムのとき、体中を電流が走ったように感じるんですね。 ところでナカ派、クリ派と言われるように、イキやすい場所には差があります。 イク瞬間に電流が走る感覚は、クリトリスへの刺激からオーガズムに達したケースでしょう。 クリトリス由来の絶頂とは、ドーパミンによるオーガズム。 ドーパミンとは中枢神経にある神経伝達物質で、興奮作用がきわめて強く鋭い快感をもたらすと言われます。 稲妻に打たれた感覚とはまさに、痛烈な刺激が1本の銅線となって全身を刺し貫くイメージ。 クリトリスが感じやすい女性ほど、イク瞬間に電撃のごとき快感を味わう理由です。

③骨抜きにされて身体が浮いているような体験をする

イクときの感覚を、「ふわふわと浮いているような気持ちいい状態」と表現する女性もいます。ベッドに寝ていて浮遊感覚とは驚きです。 同じ状態を「どこまでも落ちていく感覚」と、頼りなげに表現する人も。「骨抜きにされたクラゲのよう」と言い表す人もいます。 おそらく快感の波が何度も訪れるために、上昇しては下り、下っては上昇する感覚にとらわれるのではないでしょうか。 男性のオーガズムは一度昇りつめたら終わりですが、女性は長く続きます。 しかも人によって、快感の山が1つの場合もあれば、2~3つ、あるいは山脈のように連続でやってくるケースもあるわけです。 山の数によって、「浮遊感」「落下する感覚」「浮き沈み」のいずれかを味わうのでしょうね。

④深い海に沈み込み、眠りへといざなわれる幸福感

「海の底に引きずり込まれるのなら恐怖感では?」と言われそうですが、受け止め方としては幸福感。重たく沈み込む感覚が、深い安らぎをもたらすんですね。 稲妻に打たれる感じとは異なり、こちらは膣イキ由来のオーガズムによるものでしょう。 俗にポルチオオーガズムと呼ばれたりしますが、その際に活躍するのはドーパミンではなくオキシトシンと言うホルモン。 このホルモンは子宮の筋肉に働きかけることで知られます。 膣イキから来るオーガズムで子宮の収縮が起こり、骨盤そのものがジンワリ揺さぶられるような重量級の快感が広がるんですね。 大地に根を張るような安定感と相まって、快楽のさなかにもかかわらず体中に深い安堵が広がるのでしょう。

⑤足や頭が痺れたように感じて意識が遠のきそうになる

「足が痺れる」「頭が痺れる」そんな感想を述べる女性もいます。クラクラまたはジンジンして、めまいに襲われたように感じるのでしょう。 2つは混同されがちですが、前者はクリイキ、後者は膣イキのオーガズム。 じつはクリトリスは、陰部神経と呼ばれる器官で下半身につながっているんですね。 クリトリスへの刺激だけでオーガズムがもたらされた場合、下半身に痺れが広がるケースが見られます。 一方、頭の痺れは膣イキのオーガズムによるもの。膣の中でも、最深部の子宮口(ポルチオ)が関係しています。 ポルチオに走っている迷走神経は、じつは脳の神経の一種。したがってポルチオへの刺激でイクと、脳天を突き上げるような衝撃に見舞われ、時に痺れを感じるわけです。

イク感覚は温度に近い?女性が本音トークで解説

「イク感覚」について、女性がリアルな感想を語っている動画を1つ紹介しておきましょう!絶頂に達するときの感覚を、わかりやすく言語化してくれています。 まず最初に、イク感覚には個人差がある点を強調。先ほど5つパターンを挙げましたが、実際オーガズムに対する受け止め方は人によりさまざまなんですね。 そしてイク感覚については「温度に近い」と表現。 今あなたが、徐々に温度が上がっていく鉄の棒を握りしめていると想像して下さい。 しばらくは持っていられますが、どこかのタイミングで「熱ッ!」となって手を放すしかなくなるはず。 その「もう限界ッ!」な感じが、絶頂に達するイメージに近いと。 オナニーでは決して声を出さないと言う動画の彼女。でもイクときは「熱ッ!」ですから、どうしても声が出ちゃうそうですよ。

なぜイクと気持ちいいの?気になるメカニズムとは

なぜイクと気持ちいいの?気になるメカニズムとは イクことは「オーガズムに達する」とも表現されます。ではなぜオーガズムに達すると、女性は気持ちよくなれるのでしょうか? ここでは「イク」現象について、その科学的なメカニズムを解説。さらにオーガズムの際に女性の身体に起きるさまざまな変化をまとめてみました!

セックスでイクのは膣や子宮が収縮を起こす反応によるもの

クリトリスや小陰唇が充血してふくらんできたら、オーガズムが起こる明らかな前ぶれ。この状態は、性的な身体反応のうちでも「高原期」と呼ばれる段階です。 そして性的興奮が頂点に達したとき、「オーガズム期」に突入します。男性の場合なら、射精が起こるわけですね。 女性の場合は、カラダの外に体液が飛び出したりはしません。よく観察しないと、何が起こっているかわかりにくい面があるわけです。 しかし体内では、快感によって「筋肉の緊張」と言う大きな変化が生じています。 具体的には、膣の下部や子宮の収縮です。これは、膣内に射精された精液を効果的に吸い取るための自然な反応だと言われています。 同時に肛門括約筋が、すぼんでは開く動きをくり返すのが感じられるでしょう。

性的興奮が最高潮に達すると女性の身体にさまざまな”サイン”が現れる

エッチなものを見たり聞いたり異性の性器に触れたりすると、性的興奮が徐々に高まっていきます。それと同時に、女性の身体にはさまざまなサインが現れるのが特徴です。 ・クリトリスがふくらむ ・小陰唇が充血する まず最初に、このような変化が現れます。膣内が潤滑液で濡れてくるのも、ほぼ同じタイミングです。 そして興奮が最高潮にまで達すると、さらに明確なサインがいくつも見て取れるようになります。 ・汗をかく ・皮膚が紅潮する ・けいれんする 他に、「白目をむく」などの反応が起きるケースも。オーガズムへの到達が女性の身体にもたらす変化は、じつにさまざまです。

女性がセックスで気持ちよくイクためには普段のオナニーがカギ!

女性がセックスで気持ちよくイクためには普段のオナニーがカギ! 何事も、本番の前には練習が必要。セックスでいきなり「イク」を目指すのではなく、普段からオーガズムに達するトレーニングを心がけたいものです。 何が必要かと言えばセルフプレジャー、ようするにオナニーですね。どこをどう触れば絶頂に達しやすいか、力加減も含めて予行演習しておきましょう!

オナニーで自分が気持ち良いと感じるポイントを探ってみよう

女性の中には、胸を触るだけでオーガズムに達する人もいます。いきなりそうなったわけではなく、オナニーの際の愛撫を通じて自分の「イク」を研究し尽くした結果です。 セックスの最中に、自分が一番感じる場所を探り当てるのは至難の業。そもそも相手がいますし、自分の快感だけに意識を集中してもいられません。 その点オナニーなら触る場所から触り方、力加減を含め思いのままに調整できます。 いろいろシミュレーションができるので、気持ちよいポイントを見つけやすいんですね。 クリなのかナカなのか、やさしくなぜるのがいいか強めに摩擦するのがいいか。 そうしたもろもろを試してみて、「イク」を呼び込みやすい刺激の仕方を発見しましょう。

感じるポイントがわからない女性はクリトリスから試すのがおすすめ

感じるポイントがわからない女性はクリトリスから試すのがおすすめ 性感帯の見つけやすさは人それぞれ。どこから手を付けたらよいかわからない人は、クリトリスから始めてみましょう。 クリトリスは、女性の性感帯の中でも開発しやすい部分と言われています。 男性器の亀頭同様に敏感ですから、うまく行けばオーガズムを呼び寄せる力となるはず。 まずは下着の上からクリトリスをいじってみましょう。触るのに慣れていないと、痛みを伴う可能性があるからです。 なぜたりさすったり、ときには手のひら全体で刺激するのもGood。 慣れてきたら、直接指の腹で刺激を与えます。皮の上から愛撫し、濡れてきたら突起の先端を刺激するのもアリ。 刺激が強いので、皮におおわれた状態でなぜさするだけで十分気持ちいいはずです。

慣れてきたら膣オナニーにも挑戦!

慣れてきたら膣オナニーにも挑戦! 先ほどのはいわゆる「クリオナ」でしたが、慣れてきたらワンランク上の方法にもチャレンジしましょう。難易度は上がりますが、同時に快感も増すのが「膣オナ」です。 やり方をかんたんに紹介します。まず仰向けになり、クリなど刺激しやすい場所を愛撫して下さい。 少し濡れてきたのがわかったら、中指を第2関節まで膣内にゆっくりと挿入します。 膣オナニーで集中的に刺激したい性感帯は、膣道のお腹側にあるGスポット。指の腹でかるくなぞると、そこだけザラザラしているのでわかります。 場所がわかったら、円を描くようにやさしく摩擦しましょう。 焦らずジックリ行なうのがコツ。膣壁を揺らすようなイメージで、軽く押し込むようにすると効果的です。

気持ちよくイクために気をつけたいポイント

気持ちよくイクために気をつけたいポイント オーガズムの仕組みやオナニー法がわかっても、実際イクときにうまく行かないケースがあります。求められる心構えや注意すべき事柄がいくつかあるからです。 ここでは気持ちよくイクために、絶対に押さえておきたいポイントをご紹介します!

①イクことを意識しすぎない

イクことがどんなに素晴らしくても、セックスの目的がそれだけになってしまうのはよくありません。オーガズムを意識しすぎると、かえってイケなくなる傾向があるからです。 イクとは、身体全体の反応。頭でいくら考えても、オーガズムを呼び寄せたり押しとどめたりはできないものです。 「今日こそはイクぞ!」と意気込んで臨むと、その意識が邪魔をしてかえって絶頂に達するのを妨げる結果に。 あくまで気持ちよい愛撫や挿入の「結果」としてイクのであって、イクために愛撫や挿入を工夫するのでは本末転倒です。 また「なぜイケないんだろう?」と焦りをつのらせるのは最悪。快感とは本来、身も心もリラックスしているときに生まれるものだからです。

②おしっこをしたくなっても途中でやめない

オナニーでもセックスでも、Gスポットを刺激されるのは女性にとって大きな快感。膣オナニーで開発が進んでいれば、「イク」可能性はグンと高まります。 ところがここで1つ問題が。Gスポットを刺激されると、尿意をもよおすケースがあるんですね。 「エッチの最中にオシッコなんて!」と思うかもしれません。でもおかしな現象でもなんでもなく、じつは当たり前の生理作用。 と言うのはGスポットの近くには膀胱があるため、圧迫刺激を加えれば自然と排尿が促されるからです。 おしっこがしたくなったからと途中でやめてしまうと、いつまで経ってもオーガズムが訪れません。 せっかくのチャンスですから、不意の尿意にも決してあわてないようにしましょう。

③刺激は強くしすぎず一定のリズムを保つのがコツ

早くイキたいと思うあまり、強めに刺激しようとする人がいます。しかしそもそもクリトリスやGスポットは、激しく扱うのには向いていません。 繊細な部位なので、むしろやさしく愛撫するのが大事です。 また意外に思われるかもしれませんが、変化をつけて刺激する必要もナシ。 一定のリズムで、単調な低刺激を与えつづけるのがもっとも効果的です。 強い刺激やランダムな刺激は、少なくともオーガズムにとってはプラスに作用しません。 じっくり時間をかけて、粘り強く淡々と刺激していくのを心がけましょう。

④気取りや見栄を捨てて快感に忠実に

「オナニーではイケるのに、セックスでのオーガズムがなかなか…」。そういう人が多いのは、パートナーの前で欲望に素直になれないからではないでしょうか。 「声が出ちゃったらどうしよう…」「濡れすぎたら恥ずかしい…」そんな気取りや見栄が邪魔をして、「イク」に到達できないケースが実際かなりあります。 気持ちよくイキたいのなら、どう思われるか気にしすぎる段階は卒業しないとダメです。 そういう意味では、日頃のパートナーとの信頼関係作りが大事にもなってきます。 すべてをさらけ出せる間柄であればあるほど、セックスでイク可能性はそれだけ高まるはずです。

セックスで最高に気持ちいいイク感覚を味わった体験談

セックスで最高に気持ちいいイク感覚を味わった体験談 最後はイク感覚をとことん味わった方の体験談を1つご紹介します。職場不倫の1発目で、また12年ぶりのセックスとあって、尋常でないオーガズムに見舞われた女性の話です。 お相手の男性が、iPhoneで一部始終を記録。そのおかげで、「イク」とき女性の体と心に何が起きているか詳細にわかる報告となっています!

スーパーの店長と生涯ただ一度だけの浮気

主人とはお見合い結婚。子作りのためのエッチで、イクとかどうとか考える余裕もありませんでした。 早くに子どもができたので、39歳で一人息子はもう大学1年生。下宿住まいのため入学と同時に家を出たものですから、突然ぽかんと時間ができて…。 主人に話すと、「パートで働いてみては?」と。 それで近所のスーパーでレジ打ちの仕事を始めました。お金に困ってはいませんから、平日の午前中から夕方くらいまで。 生き生きしている私を見て夫も喜んでいましたが、仕事のせいと言うより若い店長の真田クン(仮)の存在が大きかったんです。 年甲斐もなく勝手にときめいていたら、あるとき彼の方からアプローチされて…。 じつはもう10年以上も前に、夫が一度だけ浮気したことがありました。 心のどこかで「一回だけなら自分にも浮気は許される」そう思ってきたんですね。 韓流ドラマの某俳優によく似たイケメン。誘われて拒む理由は、どこにもありませんでした。

12年ぶりのセックスで体に異変が…

あまりにも久しぶりのセックスで、尋常でないほど高ぶっていました。 ラブホテルの狭いエレベーターの中でキスしただけで、内股を愛液がつーっと垂れていくほどに。 真田クンはまだ27歳と若いのにヤリ手で、部屋に入るなりシャワーも浴びずに押し倒してきました。 そのまま彼に身をゆだね、体中むさぼるように舐められながら、私は早くも体の異変に気づいていたと思います。 背筋が終始ゾワゾワして、たしかに気持ちいいのですが、悪寒のような感覚が…。 舌や指が敏感な部分をまさぐると、今度は両足に痺れるような感覚が広がりました。 あぐらをかいた後のようなのではなく、すっかり力が抜けてしまい、腿と言わずふくらはぎと言わず鳥肌が立つんです。 それから上半身。とくに後頭部ですがだんだん重くなって、ベッドに沈み込んでいくような感覚が来ました。 足は痺れて宙に浮くよう、一方頭は布団にめり込んでいくよう。体の上下で釣り合いが取れず、逆向きにでんぐり返ししそうな浮遊感がありました。

体が痺れて重くけだるいのに…気持ちいい

挿入された瞬間、目の前がさっと光に包まれたんです!私は自分がずっと目を閉じていたと、そのとき初めて気がつきました。 真田クンの硬くて太くて熱いおちんちんが、私の穴をぶすりと貫き激しく前後に動いています。 彼の腰が引くと、光が少し弱まります。しかし再び突くと、前にも増して頭の中はまばゆい光でいっぱいに。 その頃にはもう、足だけでなく、手の指先まで軽く痺れていました。自分では手も足も動かす気になれず、マグロ状態で寝ているだけ。しかしそれが、異様に気持ちいいんですね。 あまりに無反応だったからか(はた目には目を閉じて横たわっているだけですから)、その後彼は股間をぐりぐり密着させてきて、私の奥深くにまで侵入してきました。 そのときです。私の頭の中を満たしていた光が一瞬にしてかき消え、たちまち暗闇が広がったのは! じつは奥を突かれた際、雷に打たれたような衝撃が走り、閉じていた目を開けたんですね。灯りを落としたホテルの部屋の天井が、たまたま暗がりに見えただけでした。

コンドーム装着のため抜いた瞬間にオーガズム到来!

「ゴム、着けるよ」店長の声が聞こえましたが、無線を通して届いたかと思うほど小さくかすれています。そのとき私の耳には、砂嵐のごとき静かなノイズがこだましていました。 (何だろう、これは?)ごくふつうの高さの部屋の天井が、銀河のように遠く感じられます。全身を走る心地よい痺れで、けだるくなった体の重いことと言ったら! ホテルの部屋の底が抜けて、奈落へ猛スピードで落ちていくような感覚。私の穴に真田クンのモノはありません。コンドームの装着に手間取って、空っぽだったのです。 にもかかわらず、私は生まれて初めてオーガズムの洪水に呑み込まれていました。 激しい尿意が膣の奥の方で沸き起こり、そのまま一気に膣道を走り抜け、たちまちどこかへ消え去ります。 横たわった裸の私は、そのままグングン落下していきます。天井はますます遠くなり、痺れはまるでそよ風のように体全体を包み込みます。 すると次の瞬間、突如落下が止まりました!子宮でしょうか、体の内側が急速に縮こまっていき、私は自分の体が裏返るような錯覚にとらわれ…。

iPhoneに収められた「イク」5分間

後で真田クンが見せてくれました。あまりにすごいので、あわててiPhoneで撮影したんだそうです。 動画の中で私は、完全に白目をむいていました。足をガニ股に開き、濡れた陰毛をまとう秘肉のあいだから、ジョボジョボといつ終わるともない潮を吹きつづけています。 半開きの口からは泡立つ涎、硬くなった乳首はピクピクと痙攣。動画でもわかるくらい、皮膚全体に気持ち悪い寒イボが浮き出ていました。 時間にしておよそ5分。「これがイクってことなんだ…」私が言うと、「だけど僕はイキそこねちゃった」しぼんだペニスをつまんで苦笑いしながら彼が言いました。

イクのは最高に気持ちいい!焦らず準備もして確実に達しよう

体験談もインパクトがありましたね!思わず我を忘れるほどのイキっぷりは、オーガズムの威力をまざまざと見せつけてくれました。 ただしイクときの感覚は人それぞれ。どのパターンが訪れるかは、オーガズムのそのときまでわかりません。 焦らずに待ちつづけるのが大事。できれば日頃から感じるポイントを見つけておき、自分のペースで絶頂を呼び寄せられれば最高です。 イケないからと自分を責めたり、イラ立ったりするのは一番よくありません。 ポルチオでオーガズムに達する素質のある人はごくわずかなど、個人差も大きいからです。 超気持ちいい女性の「イク」は、気長に待ちつついつか達成しましょう。以上、風俗部編集部がお届けしました。 ◯関連記事 ・オーガズムで失神するのはなぜ?絶頂を迎える瞬間の女性の身体はどうなっているのか解説オーガズムが止まらないのは病気?通称・イクイク病について解説